日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う

男が本気でぶん殴れば、一発で女なんて気絶するのが本当なんですよ
〜 トリプルライダーに見る、当時の逞しいアクション・ヒーロー

(2014.6.1)
アニメのプリキュアはじめとして、TV・映画問わず女が戦いまくる女への勘違い洗脳工作もひどいけど、男のアクションも含めて、CGはもちろん、今のワイヤーアクションによるバトルもののTV・映画ばかり見てるとバカになります。本物のアクションスターがいなくなってしまいました。とにかく今のアクション?ものは、とても見れたもんじゃありません。
-----------------------------------------------------------------------------
(2012.3.29)
次々に登場した戦いまくるヒロインたち そこには明らかな精神侵略があります

女が本格的に戦ってるのを私が映画で最初に見かけだしたのは、リュック・ベッソンが監督の『フィフス・エレメント』(1997)辺りからでしょうか。リュック・ベッソンは少女スナイパー『ニキータ』(1990)とかも撮ってるし、明らかにフェミに利用されてますよね。また、少女のロスト・バージン推進映画『ラ・ブーム』(1980)や初の女性向けポルノとされる『エマニエル夫人』(1974)もフランス映画だし、1960〜70年代からフランス映画には非常に淫靡な雰囲気漂うものが多かったし、フランスって国はフェミ左翼の総本山のような気がします。
『フィフス・エレメント』は後の『バイオハザード』(2002)などのミラ・ジョヴォヴィッチの人気がブレイクした作品ですが、ブルース・ウィリスとキスして世界が救われるといったファンタジーの極みで、大ヒットしましたが内容的にはチープなおとぎ話的ものでした。黒人のオカマまで出てたし。
今ではポケモンにしろプリキュアにしろ、ハリー・ポッターにしろ、こういうチープで安易なファンタジー、中身がカラッポのストーリー展開の話ばかりなんですね。
あの時はまだ、私だってヒロインのミラ・ジョヴォヴィッチが激しく戦ってるの見て、大変な違和感覚えましたよ。ワンダーウーマンやバイオニック・ジェミーのように宇宙人だったり特別な改造されてるわけでもない普通の女が男たちと五分に戦ってるわけですから。でも私たちには感じられたあの違和感だって、少女が戦いまくるセーラームーンとか小さな頃から見て育った世代なら、きっと何にも感じなかったことでしょうね。

あれからアンジェリーナ・ジョリーの『トゥームレイダー』(2001)など、女が戦うアクション映画が軒並み出てきましたね。
そういうのに慣れて私も、その手の女が戦う映画に違和感を持たなくなってしまい、一時は『バイオハザード』(2002)やケイト・ベッキンセイルの『アンダーワールド』(2003)のようないわゆる主役のヒロインが戦いまくる女アクションものまで好んで見るようになってしまいました。

そんな風に感化されてしまう前は私だって、女が戦えるはずないと思ってたから『フィフス・エレメント』なんかギャグっぽい感じで受け取っていたわけですが、あんなのばっかり見てると、ましてや小さな子供が見てしまえば大変な勘違いしてしまいます。本当は女なんて力ある男が本気でぶん殴れば一発で気絶して当たり前なんですから。
しかも今では女優はもちろん、男優だって昔のような本当に鍛えられた男が出てるわけでもなく、細身の男が戦ってるわけです。つまりゲームの中のような世界と全く同じなんですね。戦うからには本物の肉体派が出演するべきなのに、今の仮面ライダーにしろ戦隊ものとかも普通の男女が出て、CGだのワイヤーアクションだので戦ってるよう見せてるだけでしょう?
ある時から、女に戦わせるフェミ洗脳の意図が見え始め、以来、その手の作品には大変な嫌悪感を覚えるようなりました。

世界でも本格的なアクションものの元祖は 『仮面ライダー』(1971)シリーズからなんですよね。
バットマンやスーパーマンのようなアメコミ系ヒーローはああいった本格アクションではなかったし、ブルース・リーの人気が出たのだって1973年からで、米国での公開はこの年の7月(ちなみにブルース・リーは7月20日に死亡し、米国での公開はその直後になった)、日本での公開は12月からで、それまで世界や日本においてブルース・リーは全くの無名でした。
香港におけるブルース・リー人気が1971年10月に公開された『ドラゴン危機一発』からですが、仮面ライダーの登場はそれに先立つ同年4月からなので、仮面ライダーの方が先んじていたわけです。
その後のシュワルツェネガーやスタローン、他の格闘アクションものに、仮面ライダーは大きな影響を与えてると思います。

しかし当時のライダーに出てくるカッコいい男たちの面影、今やってるライダーには見る影もありません。子供に仮面ライダーの本が欲しいと言われたのでいろいろ探し、どうでもいい今のライダーが載ってる絵本なんて要らなかったので、1号・2号・V3までのものがないかなと探したら、ありました! 『甦れ!仮面ライダー』(詳しくは右写真クリック)という大人向けライダーファンの本で、この筆者は「仮面ライダーはV3で終わった」と言っていて、私もここで書いてるのと全く同じ通りなんですね。リアルで初期の仮面ライダー見られてた方々も、概ねそういう感を持ってるのではないでしょうか。この本は大当たりで、懐かしい昔のオモチャや資料までたくさん出ていて、写真が盛り沢山で子供も非常に喜んでました。

V3より後のものは、主役の俳優の魅力が弱すぎるし、悪役の改造人間たちのデザインも非常に悪くチープ極まりない、ストーリーもマンネリ的に商業主義でダラダラやってるだけで内容的に全くつまらないんですね。最初からそんな風につまらないものから始まっていたのが元祖戦隊モノの『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975)でもあるわけで、しかもこれでは女まで戦いに混じり始めてるし、石森章太郎もこの頃から既に商業主義左翼に利用され、明らかに奴らの手中に落ちてます。『人造人間キカイダー』(1972)とかはまだいいものが残ってたのにね。同時期の特撮ウルトラシリーズにあたる『ウルトラマンタロウ』(1973)以降も全く同じことがいえます。

先日、美容室で見た男性誌では、「細マッチョが好き」とか、そんな女の声ばかりが載っていて、しかも出てる女は皆どう見てもアバズレ、20代後半の〇〇会社勤務とかそんなのばかり。女性誌だけでなく、今の男性誌の洗脳工作も激しいなって思いました。
若い男の側も、周りがそんな調子いいことしか言わないヤリマン女ばかりじゃツライだろうねえ。女だって、「痩せててオッパイボヨヨンの女がいい」とか言ってる男ばっかりだったら、さぞイヤだろうに・・・

惚れ惚れする昔のアクション俳優たち
当時の男の子たちの憧れは、とても健全な強い男の姿でした


『仮面ライダーV3』で唯一、1号2号とV3のトリプルライダーが揃うシーン、本当にワクワクするし、今、改めて見てのこの高揚感、わかっていただける方も多いのではないでしょうか。
あの当時の骨太な男たちのカッコよさ、本当に今と違うんです。もちろん役者ではあるのですが、当時の役者は本物のアクション俳優でなければいけなかったし、役者に求められていたものだって今と全然違いますからね。見ててホレボレします。これだけカッコいいんですから、当時の子供たちが熱狂したのは当然ですね。
だからあんなに素晴らしい初期のライダーをTVで見れてた私たちってのは、本当に奇跡的にラッキーだったんだなって思います。

そして、このトリプルライダー登場シーンの悪役側は女なんですね。見りゃわかりますが、改造人間に変身したなら戦えるけど、普通の女って、男と戦いあえるわけないでしょうがー。だから今のフェミアニメやドラマ見てると勘違いしてしまうんです。
それに今の仮面ライダーにしろウルトラマンにしろ、細身のただのイケメンとか、ちょっとカワイーだけの女が戦いゴッコやってるだけ、そんなので、あげくのはて「ママたちに人気!」だとかマスコミにも煽られちゃってるし、見ちゃいられません。   (続く)

『仮面ライダーV3』 (1973)より 1号、2号、V3 トリプルライダー登場
若き藤岡弘はじめ、3人のカッコよさといったらもう・・・ (詳しくは右画像クリック)
----------------------------------------------------------------------------
(続き)◆ゲイ(同性愛者)と虹とソフトバンク 〜 LGBT=レインボーカラーとは 〜 日本人のモラル破壊プロパガンダ企業の筆頭 SoftBankと電通

◆「男より女のほうが強いの!!」5歳にして終わってる女の子 〜 プリキュアになって戦う勘違い少女たち

◆『リボンの騎士』が暗示するもの 〜 手塚治虫のポジション

◆鼻っぱしらが強い女は引っぱたかれて当たり前ぐらいにならないとね 〜 『妖怪人間ベム』に見る日本の家族愛

◆子供向け 安心できる特撮ドラマ おすすめセレクション

◆男女差別をなくして本当に男女平等にするなら、男女別の競技なんて廃すべき

◆1970年代後半から男を呼び捨て子供番組による男女平等精神侵略 〜 日本人なら、女が男を呼び捨てにしてはいけません

◆フェミと変態オカマを煽るマスコミ 〜 “男の娘”凌辱ものまで

◆『国境がなくなって世界が一つになる』というのは、ショッカーの世界征服が完了するってこと 〜 石森章太郎の世界

◆男の子には、お金や仕事より大切なものがあることを実感させておくこと 〜 子育てについて 男の子の育て方編

◆親日ヒーロー 『 レインボーマン 』を全部見た!

◆草食男は日本フヌケ化のキーワード 〜 日本弱体化を図る売国マスコミの戦略
トップ | 保守系 子供向け作品 | permalink | comments(11) | trackbacks(1) | - | - |

ソフトバンク、電通とかってクズ企業だろ

(2018.12.6)
日本で、お父さん、お母さんという言葉が私の予言通り消されていき、同性愛や獣姦、兄妹などとの近親相姦が煽られ、屍姦も近いうち流行らせられることになるのだと書いておくことで、私の予言をはぐらかすため奴らはあえてすぐにはそういう方向へは持って行かないようにする。株の掲示板で「これからこんな風に値動きしていくよ」なんて誰かが書けば、絶対、その通りにはいかなくなるのと同じ。予言で私に当てられるのが気に食わないこともあろうし。でも伸ばし伸ばしでも、奴らはいずれ必ず日本人の人間性破壊のためそっちの方向へ持っていきます。別にややこしい話でなく、だから獣姦への警告をここでなし続けておくことは意味がある。それゆえ、こういうこと書く私をジャマに思う奴らが必死に侮辱、中傷しまくるわけで、私は私の予言をハズレさせるため、ここに書いてるともいえる。
あちこちで嫌がらせしてるのは大体が朝日新聞の連中、あそこはそういう会社。もちろん電通などマスコミ関係やソフトバンクとかも。ホモや死ね死ね団幹部のような子なしフェミ女、同性愛者や獣姦好きなどの変態性癖者が重用される会社。日本人が生真面目にやろうとすれば高橋まつりのように自殺する。朝鮮人なら別。

尚、欧米では獣姦が禁忌とされてるところも多いが、日本での獣姦は犯罪にならないので日本で作られた獣姦モノも世界に出回ってるらしい。
-----------------------------------------------------------------------------
(2011.5.31)
『 “そ”はソフトバンクの“そ” 』と教える小学校の偏向洗脳教育にも驚くばかりだが、日本の家族をコケにしたSoftBankの白戸家 CMが4年連続 好感度ナンバー1って・・・なわけねえだろ!

こいつら表向きは寄付したとかウソばっかりこいて、テメエのカネで創価のジブリ基金みたいな胡散臭い団体作って資金をプール、カネをグルグル回してインチキ統計や動員かけて、どうせ偏向捏造データをマスコミに発表してるだけだろうが。

TV見てないから知らなかったけど、最近は犬のお父さんや黒人の息子だけでなく、“男の娘”役でマツコ・デラックスのようなオカマまで出てんだな。
“キモキモ”ランキング1位の間違いだろ。まともに統計とれば、ワースト1位で間違いなし。

犬やオカマまで使って男や父親を貶め、これだけ非難轟々のソフトバンクのCMが好感度1位のわけねえだろが。
そんなに犬を使いたいなら、朝鮮人役ででも出演させやがれ! できねえだろが、ボケ!カスども! 朝鮮人役にオカマ使うのでもいいぞ。

こんなクソ ランキングを発表したのはCM総合研究所とか称してる東京企画という会社らしいが、こいつら完全に奴らの手先、どうせD社とかの御用リサーチ機関にすぎない。モニタリング対象もどうせ朝鮮系に偏ってんだろ。
ソフトバンクや電通は論外だが、間違ってもこんな反日売国企業に調査依頼なんかするなよ。  (続き)

「CM好感度企業ランキング」 ソフトバンクモバイル『白戸家』が4年連続1位に
2011.5.26 オリコン
2010年度にCMを放送した全1928社中、視聴者の好感度が最も高かった企業は「ソフトバンクモバイル」だったことが25日、都内で行われた『第22回 日本のベスト・アドバタイザー CM総研フォーラム2011』(CM総合研究所)で発表された。
4年連続の1位となったソフトバンクモバイルの代表作『白戸家』シリーズは、セーラー服姿のマツコ・デラックスといった意外性のあるキャスティングをはじめ、サッカーW杯・参院選といった時事ネタを盛り込む内容、総集編による間違い探しCMなど、視聴者を飽きさせない仕掛けで、今回も圧倒的な支持を獲得した・・・
5位にはヒットCMのトレンドでもある“歌とダンス”の要素を盛り込んだ『Fit’s』CMで好評なロッテがランクインしている。

-----------------------------------------------------------------------------
(2011.6.24)
こんなものやってやがる・・・  イヌのお父さん扇風機キャンペーン実施中
どこがお父さんだよ!!
-----------------------------------------------------------------------------
(2011.6.27)
犬のお父さん ・・・ってのは、つまり、こういうことだよ



↓  イヌのお父さん 衝撃写真! 怖い人は見ないでね



↓  子供がそばにいる時はダメだよ



ソフトバンクのCMが如何に日本人を侮辱しているか。
男のみならず、女に対しても、この上ない恥辱だということ。
早く、気づけよ。  ギャグやネタで書いてるわけじゃねえぞ

吐き気を催すCMのソフトバンクは最低ゲスの国賊チョン企業だ!
これを問題にしない腐れマスコミや怒らない人々も同罪

日本人 獣化計画 着々進行中! 

日本人なら、もっと怒れよ





左翼が同性愛や動物を推す理由
-----------------------------------------------------------------------------
(2012.9.10)
子供へフェミ洗脳、獣姦シーン満載の映画『おおかみこどもの雨と雪』
『おおかみこどもの雨と雪』(詳しくは右画像クリック)、あたかもファミリー向け映画のように大々的に宣伝され、動員200万人を超える大ヒットとされてますが、強い女性像ばかり強調されたフェミ・イデオロギー全開なのに加え、やっぱりセックスシーン(しかも獣姦)満載で、とても子供に見せられない、ひどい内容だったようです。
女と狼によるセックスに加え(もちろんベッドシーンも)、薄着で変に下着を見せながら畑仕事しているヒロインの描写も出てきます。
家族揃って観に行った人たちは、皆さん、気まずい思いしたそうですよ。(DVDでは獣姦シーンはカットされてることが判明。2013.11追記)

加えて、監督 細田守の、この映画についてのインタビューより  2012.7.28 週プレNews

細田 「いやいや。マジメな話、人の成長や人生って、エロス抜きでは語れませんよ。実際、主人公の花が子供を授かったのは、“そういうコト”があったからでしょう。」

―それです! まさか細田監督の映画で、開始10分後にベッドシーンが見られるなんて驚きでした。

細田 「だって、子育てをテーマにするにあたって、その根拠となるシーンを“ほわんほわん”って感じでボカすなんてウソになっちゃうじゃないですか。だから、この映画ではやっぱりエロスにこだわりましたねぇ、うん。」

細田 「ズバリ、見どころは花が農作業しているシーンですね。あそこは、スタイリストさんとずいぶん話し合い、ものすごく体にフィットしていて、かつお尻の見えそうな服にしたんですよ。農作業こそ豊穣を願う場所、エロスを発散する場所ですからね。あそこで軍手とかモンペとかはダメでしょう。よーく目を凝らしていただくと、下着も見えるかも……」

―そんな場所で、花のふたりの子供、姉の「雪」と弟の「雨」は、人間とオオカミの中間のような“おおかみこども”であることに悩みながら成長していきます。これは、ゲイや特殊な趣味を持つ、「マイノリティ」の物語とも受け取れますが……。


細田 「う〜ん。僕はマイノリティを描いたつもりはないですね。だいたい、マイノリティ、マジョリティっていう区別をする人自体が僕は信用ならない。自分はマジョリティ側に立っているって思っているからこそ、大津のいじめ事件のようなひどいことができるんでしょう? でも本当は、誰しもがちょっとずつ違った資質や趣味を持つマイノリティ。そのことを自覚し、「自分は人と違う。おかしいんじゃないか?」と悩みながら生きる人のほうが描きがいがあるというのかな。そのいじらしさこそ、人間らしいと思います。」

子供にこんな映画を見せようとする、この細田も業界も、子供を狂わす、ただの色キチガイ変態集団。
しかも、ゲイどころか獣姦する人だってマイノリティではないし、そういうのも差別しちゃいけないって、細田は言ってるわけですね。
また、フェミ系 富野由悠季(ガンダム)とかも、この映画を絶賛してPRに加担していたようで、やっぱり冨野がどっち側の人間か、さすがにおわかりでしょう。

今のマスゴミが子供向けだと騒いでる作品なんて絶対見てはいけません。子供たちをバカにしてしまうフェミニズムやセックス洗脳が、もれなく待ち受けてます。
昨年の『のび太と鉄人兵団』も卑猥な内容で、とても子供向けなんていえる代物ではなかったそう。『ドラえもん』なんて、もうとっくの昔からやられてますからね。
-----------------------------------------------------------------------------
(2014.8.13)
どこがいいのかサッパリわからない、大人気とされてる“ふなっしー”とかいうキャラ。うちではTV見ませんが、ずっと前たまたま病院のTVで見かけた時、なんだこの汚らしいデザイン、バカっぽいキャラはと思ったのですが、あとで大人気だと持ち上げられてるのを知って、なるほどと思いました。
もう、この種のマスコミのゴリ押しに何の違和感も覚えない人たちってのは、完全に思考停止、まっとうな日本人としてのデザインセンスが死んでると思います。家畜化されたバカ官僚や政治家たちも、もはや救いようがありません。他の誰かに何と言われようと、私の主張が揺らぐことはありえません。あんなものを追っかけてるとろくなことにならないよと、少なくともここの読者には警告し続けてるわけで…… 既に見る目の死んでる、わかんない人には何を言ってるのかサッパリわかんないかもしれないけど、私はメジャー志向で媚びるつもりも一切ないし、ついてこられる方だけでいいんです。
このひどさ、私からすれば完全に典型的な朝鮮系デザイン。子供たちの間で大人気とされてる『妖怪ウォッチ』とかも、あんな醜悪デザインに子供が夢中になってると、子供達のデザインセンスがぶっ壊されますからね。飼い慣らされて家畜化。ポケモンも、もう完全にダメです。
-----------------------------------------------------------------------------
(2012.1.20)
明日、電通への抗議デモが開催されます。
お時間ある方、参加されてはいかがでしょうか。
昨年、11月の第一回目の電通 抗議デモでは、何と朝鮮系の電通元社長が同日死亡するという珍事も起こりました

ちなみに、オカマのマツコ・デラックスの韓流叩きなんて、奴らの自作自演 不満派へのガス抜き工作の茶番にすぎませんからね。

【1月21日】  第2回 電通抗議デモ     詳細はコチラ
日時    1月21日(土)
集合場所  水谷橋公園(東京)
最寄り駅  JR東京駅八重洲南口から徒歩約8分
地下鉄有楽町線銀座一丁目駅7番出口から徒歩約1分
集合時間  11時00分
出発時間  11時30分 雨天決行
主催    2ch大規模off 第2回電通デモ 実行委員会

1月21日 デモ行進当日の映像はコチラ
-----------------------------------------------------------------------------
(続き)◆朝鮮人の家族のお父さんキャラは何がいい? 〜 マスコミの大八百長に比べれば、相撲八百長問題なんて子供の遊び

(始めから)◆反日企業の雄 ヤフー、ソフトバンクの正体 〜 男をイヌに仕立て貶める!

◆支持率などリサーチのバイアスのかけ方について 〜 広告の神様と電通創業者たちが泣いている!? 銀座電通ビル

◆犬が亭主の人気漫画と日本の伝統文化“化け猫”の話 〜 同性愛、フェミニズム、オタク、ペットはワンセットの日本破壊工作

◆“恥の文化”から“恥知らずの文化”に成り下がった日本

◆腐った左翼マスコミの総本山!? 電通という会社 〜 スタッフは自由業同然、サラリーマンとは名ばかり

◆反日マスコミの本丸は電通!〜メディアをウラで操る電通を攻撃すべし

◆ゲイ(同性愛者)と虹とソフトバンク 〜 LGBT=レインボーカラーとは 〜 日本人のモラル破壊プロパガンダ企業の筆頭 SoftBankと電通

◆キムチ臭いデザインのハイジやミッキー、ピーターパンに北斗の拳

◆そして左翼マスコミは、働く女性と若いママ向けにはこんなものを用意

◆『 ないしょのつぼみ 』 小学生向け性教育漫画 〜 狂っている日本の児童向け出版社

◆売国企業はユニクロだけじゃない。言い始めればキリがないし、もっと現実を見なければなりません

◆音楽でも男女観を破壊し続ける左翼 〜 坂本冬実「また君に恋してる」演歌の皮を被ったアンチ演歌

◆今の宮崎駿/ジブリ作品は本当に日本のアニメなのか!?〜 ディズニーだって、創価の配下?
トップ | 左翼マスコミ・反日企業の大罪 | permalink | comments(52) | trackbacks(6) | - | - |

反日企業の雄 ヤフー、ソフトバンクの正体 〜 男をイヌに仕立て貶める!

(2018.11.26)
反日朝鮮人の堂々たる筆頭工作員の孫正義だと思いますが、奥さん日本人で娘が二人いるけど、どうも跡継ぎがいない雰囲気がありますね。孫正義ですら娘さえいなくなれば、結局、このままでは金融勢力に数兆円の資産を持ってかれるってことですね。どっちみち男子はいないわけなのでキャロライン・ケネディみたいなチヤホヤされるパッパラパー娘しか残せなさそうだし。それとも実は隠し子いたりするんでしょうか。
具体名は言いませんが、きっと日本のカルト教団とかも最初はすごく優しく接触してくるんでしょう? それも本人が亡くなった後、全財産を収奪していくために。老人の財産が狙われるのはもちろん、女に対してもわざと離婚や家族バラバラにさせたり、独り者や母子家庭に追い込んだりで子供も上手く取り込めば洗脳部隊に使えるし、生涯独身でいさせたりすれば同じように全財産奪取できるわけですね。
芸能系やスポーツ選手にしろ、言論人、政治家等、チヤホヤされる有名人の取り巻きはそういう金融勢力のろくでもない走狗ばっかりで、結婚相手から何から何までそいつらタニマチにほとんど世話になるわけですね。大スターは豪邸や高級車与えられ、クスリ漬けや女漬け(男漬け)にされてヘロヘロになって惨めな死に方する人ばっかり。跡継ぎいない彼らの著作権等はすべて金融勢力企業に持っていかれ、好き勝手に利用されていきます。たとえ跡継ぎいてもやっぱり寄ってくるのはいい人ぶるろくでもない連中ばかりで、子供なんかひとたまりもありません。やっぱり取り込まれてヘロヘロになって偉大な親の権利や財産をすべて収奪されていきます。
マスコミが華やかに持ち上げる、いわゆるその種の成功者に若い頃は憧れたりもしてたわけですが、今にしてみると、そういう成功者たちってのはほとんどが可哀想な人たちにしか思えません。庶民で誰もが届く幸せをつかむのが一番です。その辺で撒き散らされてる1%の支配層なんて言葉に惑わされちゃいけませんよ。妬み僻みの左翼脳の人は感化されやすいのでしょうが。一見、今はきらびやかな世界にいるようでエラそうにして支配層に見える連中も男子に恵まれなかったりで、没落する連中がゴマンと出ます。現代日本における洗脳が解けて覚醒さえ出来れば、誰もが彼らに勝てるチャンスを持ってます。いくらお金なんかあっても、子供や家族の世話をすること以上の幸せなんて存在しないってこと、今の私はハッキリ言いきれます。家のことをやるのが苦にしか感じない人ってのは、それだけで大変不幸です。もはや日本人全体がそんな風に洗脳されてしまったわけですが。
-----------------------------------------------------------------------------
(2015.1.13)
今では日本の電話通信キャリアとして普通に存在するソフトバンクですが、かつては日本テレコムを買収しようとして英国のボーダフォンに敗れました(2001)。当時のソフトバンクは今のような朝鮮イメージもなく、孫正義は日系資本家のヒーローのような存在だったし、ヤフーも垢抜けた先進的なIT企業として絶大な信頼・人気があった。私も日本テレコムをソフトバンクが買収すればよかったのにと思ってたくらいですが、ソフトバンクが在日朝鮮人の企業である内情を知ってた官僚や日本テレコムの重役達も当時はいて、あの時からソフトバンクに経営権が行かないよう激しい駆け引きがあったのではないかとも思ってます。ボーダフォンも外資ではあっても、ソフトバンクよりマシってところだったんでしょうか(仏ルノーによる日産買収はそれに先立つ1999年)。そして結局、ボーダーフォンも日本の通信キャリアを手放し、今のソフトバンクに渡ってしまいました(2006)。J-Phone&日本テレコム……それを巡っての攻防、あの頃の感覚が懐かしいですね。
-----------------------------------------------------------------------------
(2013.7.25)
自由貿易、関税がかからなくなる、価格競争で安くなる、とか言うと、一見、いいことのようにも感じます。
でも、自由競争という理念は確かに素晴らしいのですが、現実はそんな風にうまくいかないでしょう。
TPP参加、電力や水道等の自由化は、実際はソフトバンクのような巨大金融勢力の支援を受けた企業が利するだけ。

フェミニズムや人権・平等洗脳による道徳否定は、人心を乱れさせて国を内側から崩壊させるもの。対してTPP、電力や水道などの自由化による規制廃止というのは、(経済)システムを変化させて外側から国を崩壊させるもの。
今の政治劇の茶番は日本を内から壊すか外から壊すかでモメてるだけでしかなく、その行き先はいずれも日本崩壊です。
奴らは、この二手をうまく使って日本への攻撃を続けてます。

つまり、これら重大なインフラ系国営企業(それに近い企業含)の保護を撤廃し、一般企業の参入を許していくということは、悪意ある者が外側からインフラ侵略等を駆使して国を乗っ取っていけることに他なりません。

TPP、電力自由化、水道自由化・・・これらでは第二、第三のソフトバンクが現れるだけでしょう。売国企業、外国企業に日本の食料供給や重大なインフラへ侵入され、鍵を握られ、やがて乗っ取られ、国民の命運を握られうるリスクがあることを認識しておかねばなりません。

私はNTTの民営化さえ必要なかったと思ってます。民営化前と比べてサービスが向上したかというと、それは怪しいものがあるでしょう。電話番号案内サービスが無料だった、あの頃が懐かしくて仕方ありません。
NTTがソフトバンクに吸収される日、近いようにも感じます。
-----------------------------------------------------------------------------
(2011.5.22)
小学校のひらがな学習で、『“そ”と言えばソフトバンクの犬のお父さん』だと!

信じられないような話を見つけました。
『英語教育を心配する前にママ達に知って欲しいこと』より
こちらのルナさんには小1のお子さんがいらっしゃるようですが、宿題に出ていたひらがなのプリントで、”そ”のところに、何と犬のお父さんのイラストが登場しているというのです。
「“そ”と言えば、ソフトバンクだ」と小学校の学習プリントに載せられ、要するにSoftBankの宣伝までされてるというわけ。
クラスの子供たちには受けていたそうだが、何と恐ろしい精神侵略工作であろうか。
加えて、お父さんが犬にされても、怒りはもちろん何の疑問も持たない現代の日本人、子供たち。

日本人なら、“そ”と言えば、大概は“そら”でしょう。
そのプリントが、一教師個人で作成したものなのか、それとも市販されている教材なのかは、この記事からだけでは不明ですが、教師にしろ会社にしろいずれにしろ、本来なら大クレームをつけ、実名公表で晒し者にして猛抗議していいくらいだと考えます。
でも、親からすれば子を人質にとられてるも同然、先生に言いたいことあっても報復が恐くてハッキリ言えないもどかしさ。
せめてここでは厳しく糾弾したいと思います。   (続き)


-----------------------------------------------------------------------------
(2010.3)
ソフトバンク(SoftBank)のCMでは、お父さんはイヌ。
人を犬に仕立てることは、韓国では最低の蔑視表現(韓国では人を中傷する際、【ケッセキ=犬の子】と呼ぶ)。制作も電通の朝鮮系ディレクター。
もちろん、ソフトバンクとヤフーはグループ、首領(ドン)は朝鮮系の孫正義。

反日ソフトバンクでは、日本のお父さん(男)をイヌに仕立てて貶め、日本男児のフヌケ化を扇動しています。
さらに息子にもなぜか黒人を起用。外国人差別の激しい韓国では、黒人も最低の蔑視対象。
母親と娘には正常な女優を起用して、父親と息子だけを貶める。しかも、お父さんを犬にしてまで男をおちょくる。
“お父さん犬”がカワイイー、なんて間違っても思ってはいけません。
明らかに父親・男性蔑視、日本人の男の立場のイメージ劣化を無意識下で刷り込む手法がとられています。
日本でも、“○○のイヌ”と言っては、だれそれの手下を貶めたりする表現が使われますよね。
つまり“イヌ”には、日本でも奴隷的な意味合いが含まれるわけです。
これを見慣れることで、男の立場を軽んじ、男はおちょくるべき存在と、潜在的に植え付けられていくわけです(精神侵略によって気づかないまま洗脳される)。

さらにソフトバンクでは、何と朝鮮人の料金を優遇、大幅割引していることも発覚してます。在日向けの民団新聞で「韓国人なら料金を安くします!」と広告まで打たれており、つまり日本人の負担を重くし、在日を優遇しているとんでもない日本人差別企業だということ。さらに社員採用でも、韓国系大学ばかりが優遇されてるそうです。

反日ソフトバンクのCMについて
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1616.html

ソフトバンクの在日割引について
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1381.html

さらに、ヤフー(Yahoo!)の掲示板や知恵袋など投稿サイトでは、反日投稿が優遇され、日本を賛美するような投稿は削除されてしまい、その管理の実態は驚くべきもの!

掲示板の管理人自らが一般投稿して、都合の悪い投稿は削除する!?

普通の人は連続投稿できないのに、なぜか反日的な投稿している者だけが、連続投稿できているという実態。この理由は、掲示板管理人自らがやっているからだという説が濃厚。
事実、ヤフー管理人による掲示板荒しも発覚しています(後述)。

そして、検索サイトはどこも同じと思われてる方が多いのではないでしょうか?
しかしヤフーで検索すると、反朝鮮人や反特ア、反民主党のような親日・愛国的なサイトがなかなか出てきません。
当サイトだって、GoogleやGooなら一発で出てきますが、まずヤフーだと普通に検索しても全然出てこないのです。(ただし、後になってチェックしたら、現在は少し改善されてる模様で、少しは当サイトが見つけやすくなってるようです。2011.5)

この通り、ヤフーという企業の反日性は際立って顕著。その偏向管理・偏向検索ぶりは、大手マスコミの偏向報道どころでなく、ひどいものです。

加えてヤフーも、やたら草食系男の持ち上げに必死! ヤフーは朝日新聞と並んで草食系男を賛美、男のフヌケ化による、日本弱体化を率先、扇動しています。
(参照) 草食男と肉食女を賛美して男をおちょくる、腐ったヤフーの広告  (2009.5)

この頃、“男の子牧場”なんてネーミングで、男の子を家畜にたとえて友達募集、女たちがボーイフレンドを共有する出会い系サイト(Amebaのサイバーエージェントの運営)が問題となり、閉鎖される事件も起きました。上の広告イメージは、正にそのイデオロギーと同質のもの。
とにかく反日左翼・フェミニストは、男を貶めることだけに躍起なんですね。

反日 ソフトバンクとヤフーのサービス、もし利用してるようなら、一刻も早く解約しましょう。検索の利用もやめましょう。

さらに以前、掲示板管理スタッフ自信による不適切な投稿や、一般の投稿者が持つ他のIDをバラすという、信じられない不祥事が明るみに出たことさえあります(下記)。
◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆

【ヤフー掲示板における同社不祥事の詳細】
http://messages.yahoo.co.jp/notice/20061120.html  (2010年3月現在)

Yahoo!掲示板サポートスタッフによる不適切な投稿についてのお詫びとお知らせ
このたび、「Yahoo!掲示板」サポートスタッフによりYahoo!掲示板への不適切な投稿が行われていたことを確認いたしました。そのことをお詫び申し上げ、ここに報告させていただきます。
これは、1名のサポートスタッフ(違反投稿削除の業務を行っていたスタッフ)が複数回にわたって行った行為で、以下の2つの点で不適切な投稿にあたるものです。
■本来禁止されている業務時間中・業務執行場所からのYahoo!掲示板への投稿を行った。
■業務上知り得たお客様のメールアドレスなどを投稿に記述した。
このような不適切な行為がサポートスタッフにより行われたことで、Yahoo!掲示板をご利用の皆様にご迷惑とご心配をお掛けしました。ここに深くお詫び申し上げます。
詳細は以下の通りです。
■投稿者
弊社に常駐する業務委託社員(1名)


■投稿期間と件数
2005年11月〜2006年11月の期間に、全部で7件の不適切な投稿が行われていました。

■不適切な投稿に含まれる情報の内容(全7件の内訳)
お客様のメールアドレスの一部を含む投稿:2件
お客様のメールアドレスを含む投稿:1件
お客様のYahoo! JAPAN ID(お客様が投稿時に使用したニックネームにひも付けられているYahoo! JAPAN ID)を含む投稿:3件
お客様のYahoo! JAPAN ID(お客様が投稿時に使用したIDとは別にお客様が所 有されているID)を含む投稿:1件
※いずれの投稿もすでに削除しました。
※調査の結果、不適切な投稿は上記7件以外には確認されませんでした。
※上記7件に該当するお客様には、メールで連絡し、お詫びと説明をいたしました。
なお、本件については総務省へ報告いたしました。また、弊社からの要請に基づき、業務委託先会社の社内規程に則った厳正な処分が当該業務委託社員に対してなされた旨報告を受けております。

今後は、サポート担当者への禁止行為についての教育を徹底し、禁止行為への監視を強化することで、再発防止に努める所存です。
このたびは、Yahoo! JAPANをご利用のお客様にご迷惑をお掛けしました。重ねて お詫び申し上げます。
--------------------------------------------------------------------------
(2012.8.28)
メール内容を解析し利用者の興味にあう広告表示を開始へ --- ヤフー Yahoo!
実はGoogle では、前から
       2012.8.26 FNNニュース
ヤフーは、メールの内容を自動的に解析し、利用者の興味にあった広告を表示するサービスを9月にも始める方針を固めた。
このサービスは、「ヤフーメール」のタイトルや本文を自動的に解析し、メールの利用者が興味のある広告をメールのそばに表示するというもので、ヤフーは、このサービスを9月にも始める方針。
メールを解析して表示する広告は効果が高いといわれているが、このサービスをめぐっては、電気通信事業法で保護される「通信の秘密を侵害するおそれがある」として、総務省が、利用者からの同意をその都度取るべきだとする一方、ヤフーは「利便性が損なわれる」と反対している。
電気通信事業法は、国内に通信設備を持つ事業者が対象だが、アメリカのグーグルなどは、すでに日本で同様のサービスを行っていて、ヤフーも今回、サービス開始に踏み切る方針を固めたもの。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
すべてのメール内容が網にかけられるというわけで・・・ヤフーもグーグルも信用ならないからね。危ないよ。
ヤフーのみならずグーグルのおかしさにも気づいてたので、私はどっちも使ってませんが。
Youtubeも今はグーグルなんだよね・・・
-----------------------------------------------------------------------------
(続き)◆ソフトバンク、電通とかってクズ企業だろ

◆朝鮮人の家族のお父さんキャラは何がいい? 〜 マスコミの大八百長に比べれば、相撲八百長問題なんて子供の遊び

◆ゲイ(同性愛者)と虹とソフトバンク 〜 LGBT=レインボーカラーとは 〜 日本人のモラル破壊プロパガンダ企業の筆頭 SoftBankと電通

◆最低モラルの店員のいる 朝鮮人の店 ドン・キホーテ

◆うるさい街宣右翼 実は反日朝鮮人 〜 愛国心を貶める反日分子たち

◆水道民営化の恐怖

◆日本が朝鮮人の植民地に!売国 民主党政権 〜 犯罪率4倍!朝鮮人の実態

◆草食系男で日本男児を貶める朝鮮 〜 浮かれ草食男よ、恥を知れ!

◆朝鮮人は、朝鮮半島に住んでいた古代日本人を蹂躙した侵略者!

◆女の腐ったような左翼 講談社 〜 日本最大の反日左翼出版社

◆「 日本は朝鮮人のもの!」 朝鮮人が参政権獲得に決起 〜 亡国 民主党政権

◆腐った左翼マスコミの総本山!? 電通という会社 〜 スタッフは自由業同然、サラリーマンとは名ばかり

◆朝鮮・同和・原爆・弱者 ← 左翼の食い物 〜 利権あさりと誹謗中傷に明け暮れる左翼

◆精子の薄くなった日本人 〜 日本人のオタク化がどんな末路を迎えるか
トップ | 左翼マスコミ・反日企業の大罪 | permalink | comments(32) | trackbacks(7) | - | - |

“日本海”が歌詞に多数含まれる、日本の演歌文化を守りましょう!!

(2012.1.29)
艶やかな和服姿で唄うのが王道の日本の演歌。民謡や浪曲をベースにしたものも多く、演出的には歌舞伎や祭囃子などの影響も強く伺えます。
しかし、何でもかんでも朝鮮由来だと触れ回っては日本文化ジャックを世界中で図ってる朝鮮人、最近では演歌まで朝鮮由来だとほざいては、日本の演歌が貶められてることもあるようです。
そしてそれは、演歌に“日本海”という言葉の入った歌詞が非常に多いことによる、奴らの演歌潰し工作ではないかという声をいただきました。

そこで、日本海のつく歌を調べてみましたが、実際この通り殆どが演歌でした。
北島三郎、八代亜紀、五木ひろし、日野美歌、森昌子、川中美幸など、演歌の大御所たちも軒並み“日本海”の付く歌を唄っており、あの演歌破壊に利用されている坂本冬実にもありました。

 【タイトルに“日本海”の付く歌】
日本海    北島三郎
日本海    八代亜紀
日本海    石原裕次郎
日本海    テレサ・テン
日本海 '88    水原達矢
日本海(うみ)の詩(うた)    石川さゆり
日本海は雪ですか    黒木梨花
日本海ひとり旅    テン・リー
日本海ブルース    坂本冬美
おれの日本海    新川二朗
おんな日本海    日野美歌
おんなの日本海    島津悦子
ここは日本海 浜坂の駅    真木柚布子
ひとり日本海   石原詢子
ひとり日本海   夏木綾子
ふたりの日本海    森宮幸子
ふりむけば日本海    五木ひろし
哀愁特急・日本海    秋山涼子
親子日本海    そら・きたぞう
女の日本海    三船和子
女ひとりの日本海    大月みやこ
女 泣き砂 日本海    川中美幸
哀しみ本線日本海    森昌子
大漁日本海    石川二郎
泣いて日本海    井上りつ子


上記は曲名に“日本海”が含まれるものだけですが、ジェロの『海雪』のように歌詞に含まれるものまで加えると結構な数に上るでしょう。

しかも演歌の名曲には、日本海のみならず日本の地名にちなんだ曲がとっても多いですよね。日本人には非常に馴染みがあり、それぞれの地方でも愛されてます。
代表曲だけでも『津軽海峡冬景色』、『みちのくひとり旅』、『奥飛騨慕情』、『函館の女』、『襟裳岬』、『よこはま・たそがれ』、『能登半島』、『天城越え』、『足摺岬』、『博多純情』・・・といった具合に、皆さんでもたくさんの曲が思い浮かぶことでしょう。このように地名の付いた演歌、全部挙げると膨大な数になります。

私は基本的に、これまで演歌は全くと言っていいほど聴かなかったし、決して演歌が好きというわけではありませんでした。
でも日本の演歌文化がなくなるということは、これらすべての歌が消滅してしまうことを意味します。

もちろん、あのNHKでは、こういう歌が普通にいっぱい唄われるようならなければいけませんね。
“日本海”が歌詞に出てくるジェロの『海雪』だって、今の売国朝鮮NHKなら、きっと紅白には出れなかったことでしょう。
皆さんもカラオケでも行った際、たまには“日本海”の演歌でも歌ってみませんか?
演歌を守りましょう。

『海雪』 ジェロ (2008) (詳しくは右画像クリック)
「あなたを追って出雲崎 悲しみの日本海」。ジェロのお婆ちゃん(お母さん?)をテレビで見たことありますが、見かけは黒人でしたが(ハーフかクォーターだったと思います)、日本語の話しぶり、仕草は日本人のお婆ちゃんそのものでした。彼は単なる企画モノでなく、本当に日本と演歌が好きで、その家族も演歌好きな家に生まれたんです。
-----------------------------------------------------------------------------
◆音楽でも男女観を破壊し続ける左翼 〜 坂本冬実「また君に恋してる」演歌の皮を被ったアンチ演歌

◆気になる、近所の学校の運動会 〜 男女問わずシャラシャラの振付ダンス、音楽はAKB48

◆手軽に茶の湯体験 開催中の『東京大茶会』

◆日本にはもう、強い男がいなくなるの!? 〜 文化に愚鈍な保守が多すぎる!

◆現代は中世ヨーロッパ暗黒時代にも匹敵する文化不毛カルトの時代   ギリシャ時代に帰りましょう

◆『お正月』の歌に見る、日本の子供文化の完全崩壊!〜 独楽、羽根つき、凧揚げ、マリつき・・・どこいった!?

◆歌に見る男女観の変遷 〜 失われた自然に叶った男女観

◆日本の民謡ばとっても明るい気分にしてくれます 〜 東北への応援歌

◆謡曲の魅力 〜 日本人の心としての能の世界

◆もはや日本文化の区別、正常な判断すら出来なくなった、おバカな日本人!〜 中国の英雄 孫悟空を冠した『ドラゴンボール』の奇妙さにすら気づけない

◆坂本冬実『 また君に恋してる 』ヒットは反日勢力の陰謀(続き)〜 仕掛けた勢力が判明

◆日本に漫画・アニメ文化が興ったのは、痛い敗戦があってこそ 〜 石森章太郎の世界
トップ | 日本の伝統・文化・わきまえるべき礼 | permalink | comments(7) | trackbacks(1) | - | - |

現代は中世ヨーロッパ暗黒時代にも匹敵する文化不毛カルトの時代
〜 アラビアンナイトに見る豊かな心を持った自由な奴隷

(2011.4.28)  (始めから)
ギリシャ神話に続いて、アラビアン・ナイトを題材にずっと前から考えていたお話です。ネタは用意してあったのですが、アホ左翼どもの曲解で、奴隷制度を礼賛してるかのよう騒がれても困るので、伸ばし伸ばしになって、こんなに遅れました。

左翼・フェミの価値観では、お金をもらわず家事する主婦は奴隷

フェミニズムの根底には、賃金契約のない主婦らを奴隷と見なすイデオロギーがあって、それは『女は世界の奴隷か!』というジョン・レノンの歌などに、明確な言葉となって表れてます。しかしそれは裏を返せば、単なる拝金主義にすぎません。
たとえば女中は賃金契約で働いてるわけだけど、妻には賃金契約なんてない。だから妻というのは奴隷と同じだと。

左翼からすれば、今でも主婦は奴隷、無償で家の手伝いする子供だって奴隷です。
「普通の仕事はお金がもらえるけど、主婦の仕事や家事なんて、いくらやってもお金もらえないし、やりがいがないから・・・」なんて言ってた覚えある方は、もう既に完全に拝金主義に脳ミソが侵されてるということです。
子育てや家族に対する仕事で、「お金がもらえないから」、なんて発想してしまう・・・もう末期的、完全に狂ってますよ!

拝金主義、あるいは賃金労働者の対極的存在として、奴隷があげられますよね。
ある意味、奴隷が買われてきた者であって相続権等ないことを除けば、確かに左翼の言う通り、主婦や家庭内労働者である子供達ら家族まで含めて、やってること自体は奴隷と大差ないと言えるでしょう。

時々、「私たちは将来、奴隷にされてしまう!」といったのを見ることありますが、前に私は“奴隷”というより“家畜”にされるのだと書いてます。要するに奴隷は自ら考える頭を持っているが、家畜は自ら考えたり反旗を翻すことはない。たとえ自分では考えてるつもりあっても、戦うことが悪だと洗脳されていれば、もはや誰も戦おうなんて思わない。さらに奴隷は自らが奴隷であることを自覚しているが、家畜は自らが家畜であることすら全く認識してないところが決定的に異なります。
そして、ジョン・レノンの「イマジン」の世界、実は人間が家畜のように飼われた世界にすぎません

現代では考えられませんが、昔は奴隷なんてどこにでもいました。
日本に奴隷制度はありませんでしたが、現実には闇で人の売り買いが存在していた時期もあります。森鴎外の「山椒大夫」のような話が残っていることからも、それは明らかです。

世界では奴隷制度が公然と行われてました。つい最近までアメリカにだって存在していたこと、誰もがご存知でしょう。

加えてイエスとかも、神のもとの平等は説いても、実社会における左翼的な人間の平等は説いていません。当時は当たり前にあった奴隷制度だって、イエスらは現実として普通に受け入れてました。
さらに聖書には、当時の奴隷たちに対して次のような言葉も残されてます。
**************************************************************
エフェソ 6:5-9 新約聖書 より
奴隷たち、キリストに従うように、恐れおののき、真心を込めて、主人に従いなさい。
人にではなく主に仕えるように、喜んで仕えなさい。
あなたがたも知っているとおり、奴隷であっても自由な身分の者であっても、善いことを行えば、だれでも主から報いを受けるのです。
主人たち、同じように奴隷を扱いなさい。彼らを脅すのはやめなさい。あなたがたも知っているとおり、彼らにもあなたがたにも同じ主人が天におられ、人を分け隔てなさらないのです。

**************************************************************
奴隷といえば鎖でつなげられ、足かせ付けられて強制労働に服されてるようなイメージがすぐさま思い浮かぶでしょうが、しかし本来、昔の奴隷でそこまでひどかったのは少なかったはずです。米国の黒人奴隷だって、そんなことされては畑仕事なんて絶対できません。

イエスたちの時代、街頭で説教するイエスや使徒たちを、奴隷だって普通に聴いていられました。
そんな奴隷たちに対して、必ず報われるからと、彼ら使徒は説いて廻っていたわけです。「奴隷も主人も、神のもとでは同じ人間」、奴隷たちが前向きに生きれるよう、希望を与えていたんです。
場合によって、死ぬことでしか報われないとすることだってありました。これは奴隷如何を問わず、アンデルセン童話とかにはその傾向が顕著に表れてます。だから先人たちは、死ぬことに光と希望を見出すことだって出来ていた。

豊かな心を持った、奴隷のモルギアナ
かつての奴隷よりも貧相な現代日本人の価値観


右オススメでも紹介の、美しいビジュアルで定評の『家庭画報』という女性誌などを発行している割と保守寄りな世界文化社という出版社から出ていた、『ドレミファランド』というシリーズ絵本があります。いわゆるCD付き絵本で既に絶版ですが、前に図書館で見つけ、あまりに内容が素晴らしかったので、ずっと前にオークションで全巻揃えました。
アニメのような固定化された映像と異なり、絵とCD(音)だけで素晴らしい音楽も付いてるし、アニメのように見すぎを心配する必要がなく子供にも健康的。私にとっても読み聞かせしなくていい分スゴイ楽だし、絵本読んではCD聴きたいと子供も言っくるので、よく聴いてます。

その絵本シリーズにある、「開け、ゴマ!」でお馴染みのアラビアン・ナイト(千夜一夜物語)、『アリババと40人の盗賊』から。
盗賊たちが宝物を隠す秘密の洞窟、そこの扉を開ける言葉「開け、ゴマ!」を知った実直な青年 アリババは大金持ちとなり、モルギアナという奴隷の女を雇います。
そして、宝を盗んだアリババの家を突きとめ、アリババの家に印をつけた盗賊たち、モルギアナはアリババの家がわからなくなるよう、盗賊がつけた印と同じ印を周りの家につけます。その後もモルギアナは機転を利かし、家にやって来た盗賊たちを見事に壊滅させ、最後はアリババとモルギアナが結婚するハッピーなお話。

以下はドレミファランド『アリババと40人の盗賊』絵本から。各画像クリックで拡大されます。






アリババのような男一人の家なら、きっと買い出しでおつかい行かされたり、実質的にモルギアナは殆ど妻と同じ役割を元から担っていたのだと思います。
モルギアナは自由に外に出て、買い物に行っては家事もやり、普通の主婦と変わらないような生活を送っていたことでしょう。
昔の奴隷ってのは、比較的に自由に動き回れ、実は現代人みたいにセカセカしておらず、ずっと人間味があったように思います。

当然、話の中で、子供にとっては初めて聞く言葉である“奴隷”、子供から「奴隷ってなに?」と尋ねられました。とにかくご主人様のいうことを聞かなきゃいけない人たちだって教えました。賃金労働の意味もよくわからない子供たち、なかなか奴隷の意味を捉えることは難しいかもしれません。

もちろん、この絵本には大人が思い浮かべるアラビアン・ナイトのような性的表現なんて一切ないし、モルギアナを見てると、「奴隷って案外いいじゃん」とか思ってしまう子供たち、きっと多いのではないかという気がします。少なくとも絶望的な存在には思えない。
内助の功で主人を助けるモルギアナとアリババのダイナミックで愉快なストーリー展開、きっと当時の世界中の子供たちが、男も女もワクワクした気分で楽しんでいたことでしょう。

昔の奴隷たちは、必ずしも欲にまみれた現代人が考えるほど不幸な存在ではなく、
彼らなりの幸福観を持っていた


奴隷だったモルギアナが、これほど主人であるアリババに忠実だったのは、やはりアリババの人徳によるものが大きかったでしょう。もしもアリババが非道な主人であったなら、モルギアナもヘタすりゃ盗賊たちの味方になってアリババ殺しに加担する可能性だってあったわけですから。でも賢いモルギアナは、当然そんな愚かなこと、考えたりしません。もちろん、奴隷のモルギアナがここまでアリババに尽くしたのは、お金のためなんかではないし、後で妻の座を射止められるなんて、きっと夢にも思ってなかったことでしょう。

現代人が考えるのと違い、当時の奴隷たちは、モルギアナのように外で各戸の扉に印をつけて廻れるほど、自由に外に出られていました。
アメリカの黒人奴隷だって、一般にはこれと同じだったはずでしょうし、どうせ彼らは逃げても、他に食っていく術がありませんから、普通なら逃げようなんて考えもしなかったはず。ヘタに逃げると、もっと劣悪な環境の元で働かされることだって大いにあり得るわけですから。当時の奴隷たち、一応は自分の部屋?だって持ってました。
現代的感覚では、賃金契約なく無償で働かされていれば異常とされ、人権侵害と非難されるであろうことを除き、基本的に奴隷は普通の人間だったわけです。

こういうのは現代にも共通します。一見、主婦が奴隷みたいで辛いからと、今ある家庭を平気で捨てようとする女性たちが今ではたくさんいるわけですが、果たしてその後、本当にもっといい世界なんて訪れるものなのでしょうか?
よくなることばかり考えるけど、悪くなることは考えられない。まるで、とにかく変わりゃあいいだろうってことで、民主党に投票した愚かな民衆たちのようですね。
対してモルギアナは、現代の人々と違い、本当に豊かな心を持った女性だと思います。

そして、今の絵本では“奴隷”という言葉、まず使われていません。アリババの話だって、モルギアナは必ず“召使い”とされてるのが殆ど。奴隷だって主人に忠義を尽くせば報われることがあると訴えたかった話のはずですが、それが召使いに置き換えられてしまったら、最早そういう大事なメッセージが失われてしまいます。

主人のアリババが、奴隷に命まで助けられ、奴隷と結婚して二人で幸せになる話。
奴隷の子供たちがこういう話まで聞かされていたかは知りませんが、奴隷を使う側にこういう話が語り継がれていたのなら、それはそれでとってもよいことでしょう。この話が謂わんとすることを理解していた奴隷の主人たち、きっと奴隷たちにも優しく接したはずです。そこに、この話が存在していた大きな意味があったと思います。

つまり奴隷を使用する側が、奴隷に辛くあたりすぎたりせず、優しく接していれば、奴隷が主人の命を助けてくれることだってある。場合によっては階級の壁を越えて、結婚までして幸せになることだってできる。
こういう教訓を、当時の民衆に知らしめる効果があったはずです。
必ずしもカネなんかにこだわらなくとも、いいことがたくさんある。
具体的なカネに結びつかなくとも、やらなければならないこともある。
戦時の若者たち、一応、給料はもらってましたが、彼らが命までかけて戦っていたのは、もちろんカネのためなんかではありませんでした。今の私たちの価値観なんて、先人たちの足元にも及びません。

元々「それは奴隷と同じだ」と、“奴隷”という言葉を頻繁に使って騒いでいたのは左翼であり、だから、賃金を貰わない労働者である“奴隷”を貶める発言するのは、割と左翼の戦略に叶っていることになってしまいます。このように奴隷とは実は、とっても高尚なところもあるからです。
だから、将来は人間性を骨抜きにされて“奴隷”にされてしまうと言うのでなく、人格も思考能力もない“家畜”にされると言った方が適切だと、私は前から言ってるんです。

このアリババとモルギアナの話、女性にとってはシンデレラと同じく、夢のようなサクセスストーリー。もしも奴隷が存在しなかったら、こんな風なイスラム版シンデレラ・ストーリーだって生まれなかった。ただしシンデレラは奴隷ではありませんでしたが、状況としてはこのモルギアナより、ずっと悲壮感がありましたよね。

最近の代表的なシンデレラ・ストーリーとしては、映画『プリティ・ウーマン』(1990)があります。これは売春婦がとってもハンサムな大金持ちに見初められてのサクセス・ストーリー。そして似ているのが、『プリティ・ウーマン』もきっかけは金で買われて、いい男と出会ったこと。モルギアナも奴隷としてどっかで買われてきたのでしょうが、この『プリティ・ウーマン』のヒロインは売り飛ばされてきたわけでなく、自ら売春婦となり、自ら体を売ってるはず。
しかし、少なくともモルギアナは、自ら奴隷に身を落として売り飛ばされたわけではありません。だから一見、似たような話に思えるかもしれませんが、そのクリーン度、清楚さや崇高さは、アリババとモルギアナの話の方がずっと上だし、格が違います。
しかし現代では、汚らしい売春婦を扱った『プリティ・ウーマン』のような作品は大々的に放送、マスコミも全力PRするくせ、ずっとクリーンなモルギアナのような話だけは奴隷の話だと言っては否定、なかなか表に出そうとしない。こう考えると、ああいう映画を作って流行らせた勢力の正体、何となく見えてくるのではないでしょうか。
『プリティ・ウーマン』は女の子の間で大ヒットしましたよね。シンデレラ・ストーリーでもあるせいか、あの映画がすごく好きという言う女性、当時とっても多かったですが、骨の髄まで洗脳され、深刻な病に陥ってる女たちが、当時からそれだけたくさんいたということなのでしょう。

平等、人権、自由、民主主義、平和・・・に反すると言っては、なんでもかんでも「差別だ!」で言論封殺。
中世ヨーロッパは暗黒の時代だったと言われてますが、今に比べれば当時の方が遙かに表現の自由があったように思います。ただしアラビアン・ナイトは、中世のアラブで生まれたお話。
モルギアナは“召使い”でなく、原作通り“奴隷”でなくてはならないし、よくある召使いと主人の話にされてしまっては、このような深い意味を持たない軽い話になってしまいます。
差別的と騒がれては、“奴隷”という言葉すら使えない現代は異常なんです。

女の奴隷だけでなく、実は当時、男の奴隷の方がずっと多かったわけですが・・・   (続く)
-----------------------------------------------------------------------------
(2011.9.8)
こういうのを書くと左翼がヒステリー起こして、その貧脳性が顕著に表れます。
「奴隷制度を礼賛するのか」、「アメリカの黒人奴隷は悲惨な環境だった」、云々、全然こちらの主旨と違うところばかりつついて、要するにただの揚げ足とり・・・左翼メディアのやり方ってのが正にそうですよね。

こうやって全文を見れば、論点は全然違うところにあるのに、変なところだけ歪曲して取り上げ、私が政治家なら「辞めろ辞めろ」と辞めるまで大合唱されるわけです。

要は、“幸せ”というのはその人の考えよう。
もちろん、悲惨な労働環境の奴隷もたくさんいたわけでしょうが、当時の奴隷にだって今の不満タラタラの現代人よりずっと幸福感を持って生きていた人は山ほどいたということ。
聖書の出エジプト記にあるユダヤ人たちだって、奴隷だったのにみんなで揃って出て行けたくらいだから、当時の奴隷なんて意外と自由でした。ローマ時代は奴隷たちが結束して、たびたび反乱だって起こしてたくらいで、それだけ奴隷同士のコミュニケーションだって取れていたわけです。

そしてここを読まれてる方が気づいておくべきは、カネをもらって、一見、自由に生きてるよう思えても、実は当時の奴隷よりも貧しい精神風土で生きてるような人がたくさんいるということ。

モルギアナは忠実で、もちろん拝金主義にも侵されてないし、とっても心が清らかな女性ですよね。
当然、彼女は賃金なんてもらってなかったはずですが、アリババがとっても優しい人だったから、彼を盗賊たちから守ろうとしたのでしょう。

でも、盗賊たちが「たんまり報酬出すからアリババを殺すのを手伝え」と言ってきて、それにそそのかされてアリババ殺しにモルギアナが動いていたらどう思います?
なんだか、きたならしい話になってしまうし、モルギアナの心もきっと汚れてしまうだろうし、それでは彼女も地獄に行ってしまいそうな気がしませんか?

今ではモルギアナのような女性は稀で、盗賊たちに「金をやるから、こっちの味方になれ」と言われたら、平気でアリババを裏切る人が多い気がします。
なんせ、カネもらって働くのはよくても、カネをもらわない家事は嫌だと言って家庭から逃げ出すような女がいっぱいいるわけですからね

盗賊たちから、「奴隷でなく高い賃金やるので女中として働いてくれ」と言われて、まんまとついっていって、こき使われたあげく体も盗賊たちに廻されてしまう、今ではそんな人が多そうに思います。
現実にそんな風になってる人、ゴロゴロいるのではないでしょうか。
表向き自由なようで、実は廻されてるだけという人がたくさんいますよね。

『ア・トリップ・トゥ・ザ・フェア』  ルネッサンス
Trip to the fair - Renaissance (1975)

アニー・ハズラムの美声Voをフィーチャーした英国のクラシカルなプログレ・バンド。アラビアン・ナイトをモチーフにした傑作アルバム『シェーラザード夜話』に収録(詳しくは右画像クリック)。
-----------------------------------------------------------------------------
(2012.3.20)
そういえばダース・ベイダーになった『スター・ウォーズ』のアナキン・スカイウォーカーが子供の頃も最初は奴隷でしたよね(エピソード1)。でも母親と一緒に住んでいて自由に外出だってしていたし、街中で一見しただけでは奴隷だなんてわからない。ただ、財産は持てないし、結婚や仕事の自由等はない。けれどもアナキンがあのまま奴隷であそこにいたなら暗黒面に陥ることもなかったでしょう。

日本の『山椒大夫』の奴婢とかで考えると本当に悲惨ですが、あっち側の奴隷ってのは日本人が思い浮かべる奴隷よりも意外と普通に生活出来てた人々の方が多かったんだと思います。もちろん当時の一般人に比べれば不自由ではあったでしょうが、奴隷だといろんな支払だとか食べ物など生活の心配する必要もなかったでしょうし、もしかしたら現代人よりも自由度が高かったのかもしれない、そんな風に感じてます。
-----------------------------------------------------------------------------
(続き)◆奴隷だって飼い主次第、奴隷自身の心の持ちようで幸せにも不幸にもなる 〜 対して欲に際限ない現代人は不幸にしかなれない

(始めから)◆現代は中世ヨーロッパ暗黒時代にも匹敵する文化不毛カルトの時代   ギリシャ時代に帰りましょう

◆コスプレやるのはバカの証。ハロウィンもコミケも単なるバカの集まり 〜 コスプレより中身にこだわれ!

◆夫・子供のため無償で働くのは嫌でも、カネさえ貰えるなら売春だってやる 〜 拝金主義に侵された女とは

◆専業主婦の出現が抜群の家庭安定をもたらした!〜長期で見る日本の離婚率推移

◆ちょっと未来へ行って、家畜と化した人類を見てきました 〜 映画『タイム・マシン』 H・G・ウェルズ原作より

◆女が仕える価値ある男、男が守るべき価値ある女 〜 今の“男女平等”社会のままで目指せると思いますか?

◆消されたウィンピーとキチガイ博士 〜 なんでもかんでも差別! 言葉狩り? 殺されるイメージ表現

◆『フランダースの犬』のネロは不幸だったと思いますか?〜 唯物史観、拝金主義で教えられないこと

◆安直に女性の自由や自立を煽るフェミニストは、詐欺犯罪者も同じ!

◆家族の絆さえシッカリしてれば、人間は幸せでいられます!〜 腐りきった価値観を捨て去りましょう

◆結婚に魅力がなくなってリスクになった 〜 本来、結婚や花嫁ってのはね

◆子育てに失敗しないために 〜 ある保守系教育機関より - PART 1

◆そもそも、生きるとは辛いもの 〜 ピープル・ハブ・ザ・パワー
トップ | 保守系 子供向け作品 | permalink | comments(16) | trackbacks(3) | - | - |

ビートルズ初挑戦! 9歳 ピアノ弾き語り Martha My Dear

(2018.7.24)
音楽好きならビートルズは聴いておこう
私の若い頃は、日本の流行歌(今はJ-POPと呼ばれる)しか聴かない者と外国の音楽(いわゆる洋楽)を聴く者たちには相当なギャップがあり、双方はまったく話がかみ合わないほどでした。日本のアイドル系しか聴いてない人と洋楽を聴く人には天と地ほどの意識格差がありました。そういう男女がカップルでくっつくなんてのもありえなかった。当時は今のネットのように情報がリアルタイムで流れるのでなく、特に洋楽系の情報については月刊誌やあとは隔週のFM情報誌のみ。主流はグラフィックな洋楽情報月刊誌がありましたが、それとは別に毛色の異なるrockin'onはじめFOOL'S MATEのようなコラム中心の洋楽系音楽誌があり(それらはプレイヤーが読む情報誌というより音楽オタク向けの評論誌ですね)、あとは有名ミュージシャンについての情報はFM局が時折流してたくらい。TVはもちろん中波ラジオも、ジョン・レノンが殺されたみたいなニュースほどなら流しても、洋楽系の情報はまったくというほど扱われることがなかった。つまりTVしか見ない人は必然的に日本の音楽しかわからないし(TVしか見ない今のいわゆる狆霾鷦綣圈匹汎韻犬任△襦法⇒粒擇鯆阿人は自らいいものを探そうという意志を持ってないと聴くことが出来なかったのです(当時はそういう洋楽好きな人の影響を受けて洋楽に触れはじめた人も多かったと思う)。

1970年代後期まで日本にはロックやポップスといったジャンルのメジャーはほぼ存在せず(はじめてそういうジャンルと見なされたのがゴダイゴ、世良公則とツイスト、チャーら)、演歌含む歌謡曲系が主体で、80年代以降から日本のロックやポップス情報についてレコード会社とのタイアップでPR兼ねた音楽情報誌が出始め、以後は国内のミュージックシーンについての情報は割りと豊富だった気がします。日本でニューミュージック(フォーク含)と呼ばれるジャンルが存在していた70年代までの時代はニューミュージック系ミュージシャンの情報は多くがTV出演を拒否していたこともあり洋楽系と同じくかなりヴェールに包まれていました。

陰謀論系サイトにあるような、ビートルズは演奏も出来ず作曲すらやってなかったとか、すべてナンチャラ研究所の産物だとかいうのはデタラメです。私はビートルズは聴いておくべきだと言います。1960年代以降はビートルズの影響なしの大衆音楽はないのです。偉大な芸術がそうあるのと同じく、偉大な音楽にもすべて系譜があります。1960年代以後の日本の音楽もビートルズの多大な影響を受けてます。確かにビートルズにまつわるプロモーションには元々ありえなかったような手法も使われたのでしょうが、音楽は本物です。あくまで4人のメンバーあってのビートルズの音楽なのです。ビートルズ売り出しのシナリオや、特定の思想や社会現象を引き起こすためのシナリオのためにビートルズが利用されたのではなく、プロデューサーもスタッフも元々はあくまでビートルズのサウンドイメージ実現のため、それ以外のスタッフもビートルズの支援のため存在してました。けれどもリーダー格だったジョン・レノンは半ばからドラッグ漬けにされ金融勢力の手中で操られる存在となり、ユダヤ人でも良心的なマネージャーだったブライアン・エプスタインも殺され(今の私はそう見てる)、宙ぶらりんとなったビートルズメンバーはまとまることが難しくなってしまいました。金融勢力はビートルズの莫大な音楽遺産を当時から狙っていて、そのためには相続者を手籠めにして、やがてすべての権利を奪い取ろうとし、ジョン・レノンも殺され、二人の息子は未だに独身、彼らは音楽活動を自由にやらせてもらえるような待遇に甘んじてるだけで、恐らく自分が父 ジョンのために何をすべきかというのはわかっていないことでしょう。酩酊、飼い殺しの家畜状態なのか……このまま子供もなく終わるのでしょうか。ヨーコが死に、二人の息子もいなくなれば、ジョンの遺産すべてが金融勢力の思いのままとなります。今もビートルズの遺産は金融勢力にツケ狙われ続けてます。メンバーの子供たちは飴を与えられながら、彼らにチヤホヤする取り巻き達は金融勢力の配下ばかり。その取り巻きは彼らを支援してるように見せかけてますが、実は彼らを監視するために配されているのです。ビートルズの子孫は厳重な監視下に置かれています。
ブルース・リーの遺産継承者であった息子ブランドン・リーが撮影中に誤って実弾で撃ち殺された不可解な事件も間違いなく、ブルース・リーの偉大な遺産をツケ狙う金融勢力による計画的な暗殺だろうし、マイケル・ジャクソンだってそうです。有名人の周りにはそんな奴らしかいないんです。だから彼ら有名人の家庭というのはほとんどが不幸なのです。子孫を残させない、あるいは子孫あっても手籠めにされるのです。

ロック、ポップス系を聴く順番としてはリアルで聴いてきた人たちがそうだったように、ビートルズを聴いてから他の1960〜80年代、あるいはそれ以後のメジャー系も聴いた方がいいだろうと私は思ってます。もっといいのはビートルズ以前の音楽、1960年代初頭までのロックンロール、黒人モータウン、黒人や白人のブルース系、50年代の白人ポップス系などを一通り聴いておくことですね(昔と違って今はその種のCD集等すごく安く入手できますよ。そういうのを聴いてるか聴いてないかでやっぱり情報格差がつきます)。そうすることで戦後の大衆音楽の系譜がほぼわかるようになれるでしょう。それらを聴いて、以後の音楽や日本の大衆音楽も聴けば、それまで見えなかったいろんなことが見えるようになっていくでしょう。

ロックバンドであったとともに、最初で史上最大のアイドルでもあったビートルズ。今のアイドル映画のルーツもビートルズにあります。面白いですよ。子供も本当に好きでよく見てました。

映画『ヘルプ』 The Beatles (詳しくは右画像クリック)
Help! 予告編(1965)

映画『ハード・デイズ・ナイト』 The Beatles (詳しくは右画像クリック)
A Hard Day's Night(邦題:ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!)
予告編 (1964)

-----------------------------------------------------------------------------
(2015.11.29)
いつもありがとうございます。
ビートルズの分厚いピアノ曲集(詳しくは右画像クリック)に収録されているものから、今日は子供のピアノ弾き語り2曲を披露させていただきます。

2曲共に(通称)ホワイトアルバム(「The Beatles」)(詳しくは右画像クリック)に収録されてます。一つはポールのピアノが印象的な佳曲『マーサ・マイ・ディア』。(耳コピでなく)ず〜っと昔から私も正確な楽譜で弾きたかったのですが、日本の出版社からはこの曲のピアノ譜が出てないようで、手つかずじまいでした。最近はネットでシッカリと洋書含めて丁寧に探せば殆どの曲の楽譜を見つけられるようになり、昔は楽器屋さんとかで偶然見つけることでもない限り、まず入手することもなかったようなものが手軽に手に入れることが出来るようになり、いい時代になりましたね。

もう1曲もポールのユニークな傑作曲『Why don't we do it in the road?』。これも譜面があればいいなとずっと思ってた曲ですが、国内出版社の楽譜には絶対収録されないだろうなと思ってました。

ちなみに子供の英語力ですが、昨年3年生の時、英検5級を取得してまして、4年生になってる今秋に4級にチャレンジして合格できました。家で親が教えての自宅学習です。受かったこともあってか、子供は「3級もやりたい」と結構、積極的に考えてるよう。そういうのもあって、これから英語曲にもいろいろチャレンジさせていきたいと思います ^▽^)

『マーサ・マイ・ディア』 ザ・ビートルズ 9歳 ピアノ弾き語り
Martha My Dear - The Beatles(1968)

ピアノソロ向けの楽譜のようなので弾き語りでそのままやると歌いにくく、ほぼ楽譜通りですが歌いやすいように部分的に直してます。シングルカットされてないし凄くメジャーなわけではない曲ですが、人気があるようでYouTubeにはたくさんの人のカバーがアップされてますね。でもワンマンバンドのパフォーマンス等、いろんな面白いものがありますが、純然たるピアノ弾き語りは殆どないようで、たぶん子供はウチが初めてでしょう。日本人によるものもなさそうだし。結構、難しかったし、まだまだ雑ではありますが、子供はこの歌がとっても好きになったみたいですよ。

『ホワイ・ドント・ウィー・ドゥー・イット・イン・ザ・ロード』
ザ・ビートルズ 9歳 ピアノ弾き語り
Why don't we do it in the road? - The Beatles(1968)

「なんで道路でそれをやっちゃいけないんだ!?」って叫び続けるだけのギャグ的な歌です。もっとこの曲の面白さを出してほしかったところですが、今までの歌とは全然違って、子供にとってこんな曲は初めてだったし、ちょっと硬すぎてぎこちないですが、どうぞ聴いてあげてくださいませ。

原曲はこちら。
The Beatles (1968) Martha My Dear  Why Don't We Do It In The Road?
 
-----------------------------------------------------------------------------
◆保守の基本は『三匹の子ぶた』〜 日本をワラの家にしてしまう亡国 民主党政府 〜 対照的なビートルズのアニメ『 イエロー・サブマリン 』

◆幼い子には、やっぱりお母さんの子守歌を毎晩、聴かせてあげましょうね!

◆光GENJI『ガラスの十代』を9歳の子供にピアノ弾き語りで唄ってもらいました!

◆大日本帝国の唱歌を歌い継ごう! 〜11月3日は明治節。明治天皇の遺徳を子供たちと共に祝おう!〜『明治節』を9歳の子供にピアノ弾き語りで歌ってもらいました!

◆大日本帝国の唱歌を歌い継ごう! 11月23日は新嘗祭 〜『新嘗祭』を9歳の子供にピアノ弾き語りで歌ってもらいました!

◆オフコースの『さよなら』を9歳の子供にピアノ弾き語りで唄ってもらいました!

◆ビリー・ジョエル オネスティ(Honesty) ピアノ弾き語り(12歳)

◆マイケル・ジャクソンやデヴィッド・ボウイのような天才たちと共に、ヒトラーと対話してみませんか?

◆7歳 子供ピアノ イージーリスニング編 〜 『愛のオルゴール』『夢見るピアニスト』を弾いてもらいました!

◆スティーヴィー・ワンダー(弾き語り&ソロプレイ)を子供にやってもらいました!

◆日本破壊・売国バラ撒き“クールジャパン”国策で支援されるキチガイ劣悪音楽・アニメ・デタラメ日本文化(=暗黒勢力・朝鮮文化)

◆日本文化を売り込み!? (笑)(笑)(笑) 日本文化破壊の間違いだろ 〜 「クールジャパン戦略」なんてのは、腐れ映像音楽コンテンツ業界利権保守のための新たなるバラ撒き政策

◆子供の5歳卒業前にピアノを弾いてもらいました   ディズニー アメリカ音楽編

◆今のTV・TVゲーム・音楽・映画・ファッション……全部注意を!特に子供 〜 サイト開設は左翼・外国人の異常性に気づいたからだが・・・

◆『スーダラ節』を9歳の子供にピアノ弾き語りで唄ってもらいました!

◆クイーンの『手をとりあって』を9歳の子供にピアノ弾き語りで唄ってもらいました!
トップ | 子供のピアノ・歌 演奏 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

奴隷だって飼い主次第、奴隷自身の心の持ちようで幸せにも不幸にもなる
〜 対して欲に際限ない現代人は不幸にしかなれない

(2015.6.3)
『お金は奴隷の新しい形です。それは人格を持たないことから特別扱いされてきました。主人と奴隷の間に人間的関係などないのです。』 トルストイ

『自分は自由だと誤って信じている者は、奴隷以下である。』 ゲーテ

-----------------------------------------------------------------------------
(2012.3.22)   (始めから)
いつもご来訪ありがとうございます。アラビアンナイトの幸せな奴隷ネタの続編として、今日は前々から構想にあった男の奴隷絡みネタ。
奴隷問題は短絡的なアホが騒いで物議を醸しそうなので、ずっと前からこのネタは頭にあったけど躊躇気味、でもとりあえず本日アップしちゃいます。

奴隷だと食い物やお金、いわゆる衣食住の心配する必要がない。もしも、いい持ち主に恵まれれば、病気になったりすれば、きっと持ち主が必死にお金だって工面して病院に連れてってくれるので医療費の心配もいらない。筋さえよければ、いいものだって食わせてもらえるし、服だってなんだって買ってもらえる。結婚相手の女も男も用意される。

昔の奴隷への扱いは今のペットやサラブレッドに近いものが多かった

競馬のサラブレッドというのは、いいもの食わせてもらって交尾だってやり放題。病気になれば金に糸目をつけないで必死に看護もしてくれる・・・これと同じだったわけ。
要するに筋のいい奴隷ってのは、サラブレッドや、現代人に大切にされてるペットと大差なかったってこと。
もちろん日本人の持つ奴隷イメージそのまま、過酷な条件で強制労働に服させられる奴隷も多数いたでしょうが、欧米における奴隷ってのは、むしろ今のペットに近いものだったでしょう。

でも、要するに現代人ってのは拝金主義の奴隷にされてるってことなんだよね。
お金がもらえない家事イヤ、子育てイヤ、家族への奉仕だってまっぴら・・・目先のお金にだけはこだわる。加えて、いつも不満ブーブー。

だからこういう人ってのは、お金をもらうことが自己の尊厳を守ってるかのよう勘違いしてるだけで、既に無意識のうちに目先のお金の奴隷に成り下がってるわけだけど、本人にはそんな自覚なんてまるでなく、自分が自由だと信じきっている。つまりこの状態は自分が奴隷状態である認識なんてまるで持たない飼い慣らされた家畜と同じなんだよね。

ただ、犬や猫ら動物に自分がペットや家畜だって認識はないけど、奴隷には自分が奴隷だって認識がある。そして犬猫、動物とかには、人間に対する洗脳のようなものを施す必要はなく、単に飼い慣らせばいいだけ。
奴隷は力で従わせてるけど、完全に洗脳されてるのかというと、それはちょっと違う。
でも拝金主義の奴隷は洗脳され、完全に家畜として飼い慣らされてる。お金という餌付けで調教されたサルやイルカと同じ。

ペットなんてそもそも動物なんだから、野生でいるのが本来の姿であって、人間に飼われた状態というのは、本来の左翼的発想でいけば動物が野生で生きていく権利を侵害してるわけで、犬権だの猫権だのの重大な侵害に当たってるはずなわけ。だけど奴らは今のところ、そこまでの糾弾はしていない。
人間については、女の権利主張に続いて子供の権利主張への流れが既に出来上がっちゃってるし、次はこれに倣って動物の権利主張していくのは奴らの習性からして当たり前。
左翼的な人権主張の次は動物の権利を強力に主張する流れは当然であって、いつそっちの方に奴らが大きく踏み込んでいっても不思議ないと思う。

何かで家畜の大量死とかあると、よくネット上で大騒ぎされてるのを見かけることあるけど、そういう大量死については騒いでも、どうせ殺されて食べられる運命にある動物だったはずなのに、そういう人間によって大量に殺されて食べられることについての非難までは、奴らも今のところしていない。
こうやって考えると、「大切な食糧が死んじゃった! もったいない!」と大騒ぎするならまだしも、元々食べられることにもなってたような動物に、動物の尊厳や権利なんてあるはずないし、家畜の大量死なんて本当なら騒ぐ価値すらないものだと思う。

アメリカの黒人が優秀なのは奴隷制度の名残

それとアメリカの黒人ってのは、それこそ本当の強制連行で連れてこられた先祖がいるのが殆どなわけで、連れてこられた時は衣食住保証だったけど、これからは自分で自由に生きていきなさいとか無責任に言われて、一部の黒人は一定水準で普通に生活できても、多くはスラムなど社会の底辺に存する立場になってしまい、今のアメリカの暗い側面、社会が歪んでる原因として問題が残り続けている。一方ではオバマみたいなエリートもいるわけだけど。
大騒ぎされてる日本の従軍慰安婦問題みたいに、そんなことで米国が黒人への生涯補償なんてするはずないけど、朝鮮人や左翼は、どうせ騒ぐならそっちの方で世界でもっと大騒ぎすべきなのにねぇ。

かつてのアメリカの黒人奴隷たち・・・
アメリカの奴隷牧場を舞台にした映画『マンディンゴ』(詳しくは右画像クリック)。
白人男が結婚した白人妻が処女でなかったことを知り、怒った白人男は奴隷の黒人女を寵愛。
黒人女奴隷を可愛がる夫に対抗して、白人妻は奴隷のサラブレッド 黒人男を愛する。
妻が妊娠し、出産を待ち受けていた夫、しかし妻が産んだ子は黒かった。
すべてがバレてしまった後の黒人奴隷と奴隷牧場の一家、その顛末は・・・
フィクションだけど似たようなケースは実際にゴロゴロあったと思う。この作品には、いろんなヒントが隠されている。これに出てくる飼い主たる白人たちって不幸の極みにも思えてならないが・・・

マンディンゴとは黒人のサラブレッド。
競馬のサラブレッドのように大切にされてた、筋のいい黒人と思えばわかりやすい。
サラブレッドは筋のいい馬ばかり交配させて良質な種を残させてきたわけだけど、それと同じ感覚で白人が黒人を養殖していたのであれば、これでアメリカの黒人がオリンピックとかでも優秀な選手がやたら多い理由がわかる。かつて米国は、優秀な種の黒人だけを残そうとしていたんだから。だから米国の黒人に優秀なのが多いのは奴隷制度があったおかげ。
別に奴隷制度を賛美するつもりはありません。ただ、事実と思えることを書いてるまでですよ。

では、人間の飼い主になった気持ちになれば・・・
筋のよさそうな人間だけ残していき、他は死のうがどうなろうと知ったこっちゃない・・・でもそうすれば強い遺伝子、優秀な遺伝子を持った人間だけが残っていく。だから日本だって戦前の人は皆いい顔をしている。
筋がいい、悪いに関係なく、「何より命が大事!」で、すべての人間を残そうとしていけば、必然的に残った遺伝子は劣化していき、やがては・・・

映画 『マンディンゴ』 MANDINGO (1975) 予告編
監督:リチャード・フライシャー  出演:ジェームズ・メイソン 他

ヒロインは『わらの犬』のスーザン・ジョージ。リチャード・フライシャーはディズニーの『海底二万哩』(1954)や『ミクロの決死圏』(1966)、『トラ・トラ・トラ!』(1970)などの監督。
-----------------------------------------------------------------------------
(2014.7.11)
アメリカの黒人で、スポーツや音楽とかでスゴイのが沢山いるのは、かつてのアメリカがスゴイ黒人ばかりアフリカから連れてきたから。スゴイのは全部捕獲され、連れてこられた。プロの目利き、黒人奴隷商人のおかげ。

『アイム・ア・スレイブ・フォーユー』  ブリトニー・スピアーズ
I'm A Slave 4 U - Britney Spears (2001)

ブリトニーの魅力満開だった頃、全盛期の大ヒット曲(詳しくは右画像クリック)。あいつらは、主婦は奴隷とか言う反面、カワイー娘を使って性奴隷への男の欲望をこんな風に煽ったりもするんだよね。最高のスタッフの英知を結集させて。金儲けのためのダブルスタンダード。
-----------------------------------------------------------------------------
(2016.8.27)
オリンピックになると名前のよくあがるジャマイカですが、アメリカとジャマイカ、キューバやトリニダードトバコなどには、丈夫な昔のスゴイ奴隷たちがたくさん集まってたのでしょうね。対して、ジャマイカには元々、アラワク族(右写真)という先住民がいたのですが、スペイン人に奴隷にされた後、白人の持っていた病原菌への抵抗力がなかったことなどにより絶滅してます。アメリカインディアンも絶滅寸前に追い込まれましたね。
つまり、今のオリンピックに出てきて賑わす国々の人々なんて、本来のその国とは何のゆかりもない人が多数を占めてるわけで、歴史ある日本のような国とは全く異なり、その国のルーツや伝統とは何の関係もない人々が国籍だけ持って集まり、国別で争ってるにすぎず、あれで国を分けてることはなんの意味もありません。実態はバーチャル上の国分けごっこと変わりないのです。だけどスター選手がいれば、業界は儲かる。
これからの日本も…… 本物の奴隷にされてしまう、魂の伴わない押しつけの愛国心の欺瞞にはウンザリです。
-----------------------------------------------------------------------------
(戻る)◆現代は中世ヨーロッパ暗黒時代にも匹敵する文化不毛カルトの時代 〜 アラビアンナイトに見る豊かな心を持った自由な奴隷

◆家族分断・人民奴隷化めざす左翼 〜 北朝鮮化への入口に立つ日本!社民 福島みずほの思想に見る

◆フェミ政策全力推進! やっぱ、安倍ってパッパラパーだろ! 〜 安倍と自民党なんて、パッパラパー集団だってことがよくわかった!

◆ちょっと未来へ行って、家畜と化した人類を見てきました 〜 映画『タイム・マシン』 H・G・ウェルズ原作より

◆DVやセクハラは存在しないが、虐待は存在する 〜 女権洗脳の次に来る、子供の権利洗脳

◆犬が亭主の人気漫画と日本の伝統文化“化け猫”の話 〜 同性愛、フェミニズム、オタク、ペットはワンセットの日本破壊工作

◆平和ボケ左翼は、自らが悲惨な目に遭うまで気づかない 〜 映画『わらの犬』に見る、フヌケ左翼男の豹変ぶり!

◆夫・子供のため無償で働くのは嫌でも、カネさえ貰えるなら売春だってやる 〜 拝金主義に侵された女とは

◆左翼メディアの日本人白痴化洗脳工作について 〜 『 人間獣化計画 』 と 『 中共対日工作要綱 』

◆なぜ『ちびくろさんぼ』を左翼は嫌ったのか? 〜 殺されて生き返った絵本

◆子供が親との平等、子供の権利を主張する時代が間近 〜 デモをする子供たち

◆アカデミー賞の短編アニメ 『つみきのいえ』 について
トップ | 日々雑感 | permalink | comments(10) | trackbacks(2) | - | - |

子供に見せるなら、『ハリー・ポッター』より『スター・ウォーズ』だな

(2018.7.3)
性的少数者の登場人物含む作品増加を-----LGBT擁護団体が要請 (2018.5.23 ロイター)
22日に発表された報告書によると、2017年に米ハリウッドの主要映画スタジオが制作した映画のうち、性的少数者(LGBT)のキャラクターが登場する映画は全体の12.8%と、2012年以来の低い水準となった。
報告書はLGBTの権利擁護団体、GLAAD(中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟)が発表したもの。それによると、7つの主要映画スタジオが17年にリリースした109作品のうち、LGBTのキャラクターを含んだ映画は14作品にとどまった。
GLAADはハリウッドに対し、1年間にリリースされる作品のうち、LGBTの登場人物を含む映画が占める割合を2021年までに20%に引き上げるよう呼び掛けた。
GLAADは、「ワンダーウーマン」や「ブラックパンサー」のヒットについて、女性や有色人種が活躍する作品は世界的に注目されないというハリウッドの古い概念を打ち破ったと指摘。
同団体の代表者は「こうした議論にLGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア)が仲間入りする時が来た」と指摘した。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
今のスター・ウォーズはかつてのファンからは酷評されてるようですね。
これからの映画、TVドラマの類には、すべて政治的な意図でホモレズ、オカマが登場人物に押し込まれていくわけですね。くだらないことで噛みついては自由な作品制作を侵害するこいつらキチガイ勢力。そんな狂人どもの言いつけ通り押し進める製作者、政治家もキチガイ。女性管理職や女性政治家などの比率を上げさせたり、創作物にまでLGBTを多数出演させろと強要する暗黒勢力に世界は支配されてます。かつてのソ連の5カ年計画のようにこういう変な政策を打ち立てるのは共産主義者的な特質でもありますが、これからはこんな変なドラマばかりになっていって、子供たちが洗脳されて変態になってしまわないよう家庭で正していくしかない。
----------------------------------------------------------------------------
(2015.11.14)
「スター・ウォーズよりもスター・トレックの方が世界観が素晴らしい!」とか書いてる人を見たことあるのだけど、何をもって『スター・トレック』(邦題:宇宙大作戦。詳しくは右画像クリック)の方がいいと言ってるのか最初はよくわかんなかったんだよね。その人の他の書き込み内容を見ると結構左寄り。でも後になって考えて、どういう理由かよくわかった。それは、『スター・トレック』(1966)で活躍する人々には、黒人や女がたくさんいるってこと。『スター・ウォーズ』(1977)にはそれがない。宇宙人はいるけどね。レイア姫はあくまでお姫様であって、スター・ウォーズの登場人物には、戦士や乗組員に女はいません。フェミ左翼は作品を見る上で、やっぱりそういうのにこだわってるわけ。だからもちろん作品作りに対してもそうだし、当然、スター・トレックは先発ながら、そういうイデオロギー(差別なき平等思想)に基づいて設計されている。私は女は守られるべき存在と考えてるから、戦争に女はいらないし、「ジャマだ!女はスッこんでろ!」というのが正論だと思ってる。
----------------------------------------------------------------------------
(2013.2.14)
『スター・ウォーズ』までディズニーに買収されましたよね。流れはそうなってるってことでしょう。
きっと、お花畑フェミ色が強くなるでしょう。今後の作品に価値はありませんね。
ディズニー、「スター・ウォーズ」スピンオフ2作品の構想発表   2013.2.6 CNN
-----------------------------------------------------------------------------
(2011.11.4)
ここをやり始める以前からハリー・ポッターの4巻入りDVDを持っていて、子供がそれを見つけて「見たい、見たい」と言ってくるので、あまり気が進みませんでしたが、しょうがなく見せたのですが、やっぱりあれはファンタジーの極みであり、宮崎アニメと同じく子供を脳内お花畑のバカにしてしまいそうです。そもそも魔法なんか使って戦ったり、乗り物ではないホウキなんかに乗って空を飛びまわる・・・もちろん日本的ではないし、内容的にも決して保守志向の映画とも言い難い。子供は気に入って何度も見たがるのですが、私はそれ以降も、子供が見たいと言ってきても「見すぎるとバカになるから」と言って、できるだけ見せないようしてました。

今日の表題タイトルは、ずっと前から構想があったのですが、もう一度『スター・ウォーズ』を見直してからにしようと思いながら温めてました。そして少し前から子供にも『スター・ウォーズ』を見せているのですが、この映画はすごくポピュラーではあっても、本当に優れた作品。
以下、『スター・ウォーズ』のいい点を簡単にまとめると、

・戦うのは男だけだし、フェミ色も全くなく安心して見てられる
・数世代をまたいだストーリー展開のため、近視眼的でなく長期的視点に立って見れる目が養える。因果応報などの概念もわかりやすい
・国の中枢に敵側のスパイが多数いたりで、今にしてみると陰謀渦巻くリアルな世界観がある


作者兼監督のジョージ・ルーカスは、非常に多作なスピルバーグなんかと違って、安直な商業主義に陥らない極めて寡作な人ですよね。
これはもう一人 私の好きな映画監督 デヴィッド・リーンとかにも共通しており、こういうのは信念を持たないと決してマネできないと思います。
それにもともとルーカスは、『スター・ウォーズ』の原型ともいわれる黒澤明の『隠し砦の三悪人』のリメイクを検討していたこともあったくらいで、大の往年の日本映画ファン。
キスシーンがあるのは気になるし、帝国側が悪役にされてるのも皇室のある日本人としては痛い部分もありますが、ジェダイたちの武具の光線剣 ライトセーバーはじめ、日本映画や侍など日本文化の強い影響が随所に感じられます。エピソード1に出てくる敵役なんて、どう見ても日本の赤鬼だし。

もちろん私は、今ではエピソード4と呼ばれる1977年のオリジナルから見た派ですが、子供には後作のエピソード1(1999年)から見せていて、最初は子供だったアナキン・スカイウォーカーを見て「カワイー。大好き」なんて言っていたのですが、アナキンが悪い奴となりダース・ベイダーにまでなってしまうところなんか、かなり衝撃的だったと思うし、せっかちで傲慢でいたらどんな末路が待ち受けているのか、とってもいい教訓を示していると思います。「アニー(アナキン)、どうして悪い奴になってしまったんだろう・・・」って感じで、子供は嘆いてます。

アナキンと、師匠で親代わりでもあったオビワンが戦うことになってしまった場面で、「おまえの育て方を間違えてしまった!」と、オビワンがアナキンに放つ言葉が非常に心象に残ります。
どんなに頭がよく能力が高くても、育て方を間違えれば悪い人になってしまう・・・親としていろんな説明を子供にする上でも、とってもわかりやすいです。

どっちかと言うとオリジナル『スター・ウォーズ』が話題になっていた当時、「スター・ウォーズなんて・・・」とバカにしていた私でしたが、数々の悲しく骨のあるエピソードを今あらためて見ると、とっても勉強になったし、今の下らない作品群と違い、『スター・ウォーズ』は非常にポピュラーではあっても、子供にもきっといい影響を与えてくれるに違いない作品だと思いました。これは、作者であるジョージ・ルーカスが堅実なイデオロギーを持っていることによるところが大きいのでしょうが、こういうのもきっと、ルーカスが亡くなったりすれば、今の仮面ライダーやウルトラマンのように商業主義による駄作が次々と作られてしまうのかもしれませんね。

思えばIT革命まっただ中でもあった2000年前後というのは、この後作『スター・ウォーズ』シリーズや『マトリックス』シリーズのようなある種、何かを象徴するような作品が生まれています。あの時期の優れた作品はいわば、世界の文化の終焉前の最後のアダ花だったのではないかと、私は見ています。
共通してるのは、『マトリックス』『スター・ウォーズ』も、『ハリー・ポッター』みたく商業主義的にダラダラと連作を作らなかったということですね。こういうところに作者のポリシーがしっかり見受けられます。

その後の大ヒット作『アバター』なんか私は見てもいませんが、ヒーローでなくヒロインが主役的なところとか何となくフェミ臭が漂ってたし、きっと私の勘は当たってることでしょう。

映画 『スター・ウォーズ』  「ジェダイ vs シス 運命の闘い」  STAR WARS
-----------------------------------------------------------------------------
(2015.12.20)
コメントにも頂いてました通り、スターウォーズ新作(右写真。STAR WARS フォースの覚醒)、すごくわかりやすいでしょ? 主役は女でしかも戦士の設定、そして黒人の扱いも大きい。とにかく世界の暗黒金融勢力 フェミ・左翼の策動は、女を全面的に前に出すということで一貫してるわけ。黒人を目立たせるのもお決まり的。とにかくシンプルなんです。こういうのにさえ気づいていれば、次にどんなのが来るかなんてすべて見通せるし、用心してれば、流行ってるからと無知ゆえに変なもの見せられて(子供たち含め)洗脳されるようなこともないでしょう。私なんかとっくの昔からそれに気づいてるから、予言的に、こんなの最初から簡単に予測できるわけ。

この傾向は近年のNHK大河ドラマとかも同じで、今の『花燃ゆ』にしろ、少し前の『江〜姫たちの戦国』『八重の桜』とかもまるで同じ。更にこれらは、ただ女を前に出すのでなく、ヒロインには何度も結婚を繰り返してるような女を選んで、したたかに生きる女性像ばかりを礼賛。
神話期ではなく、確かな実在女性として戦前は理想の女性の鏡とされた献身的で死をも恐れなかった静御前のように、(側室であっても)最期まで夫を想い、自らの身も捧げた本来あるべき武家の女性たちとはかけ離れた女たちばかりが、今のマスコミでは全力で持ち上げられ賛美されているわけです。夫が死ねば、妻は(たとえ側室でも)自決あるいは尼になるのが美徳とされ、尊敬されていた時代(子供がいればまた変わってくることもあるでしょうが)。今のNHKがヒロインに仕立て上げる女たちというのは、それら往年の歴史ある日本武家女性の理想像とは真逆的な悪意の扇動工作なわけ。

また先日、フェミや世界平等思想のプロパガンダ・ドラマとしての引き合いに『スター・トレック』を出しましたが、そのカーク船長役がスター・トレックの熱狂的ファンたちに送ってる言葉が面白いので張っておきます。

カーク船長から、スター・トレック ファンへ
「自分の人生を持て! あれはただのTV番組だ。君らは時間をムダにしてる。君は30近いが、女性にキスしたことは?」

----------------------------------------------------------------------------
◆「日本の妖怪が勝ったぞ!」、いやあ、昔の日本映画は本当に素晴らしい

◆“なでしこ”女子サッカー選手もファンも在日の手の中

◆三船敏郎、チャールズ・ブロンソン、アラン・ドロン 往年の豪華キャスト 〜 侍の武士道の美徳が満開! 映画『レッド・サン』を見ました

◆世界で忍者のイメージを決定づけた、最初の特撮TV時代劇 『隠密剣士』

◆本来の日本人の作法、立居振舞を子供たちに習得させましょう 〜 学校教育に責任転嫁したり期待しすぎてはいけません

◆日本に漫画・アニメ文化が興ったのは、痛い敗戦があってこそ 〜 石森章太郎の世界

◆男の子には、お金や仕事より大切なものがあることを実感させておくこと 〜 子育てについて 男の子の育て方編

◆特に女の子の場合は、育て方をハッキリさせておかないとヤバイことになりますよ 〜 子育てについて 女の子編

◆子供向け 安心できる特撮ドラマ おすすめセレクション

◆紅白出場者予想・・・さりげない記事に秘められた、同性愛による日本人破壊を狙った強烈なメッセージ 〜 音楽でも何でも新しいものを追わず、古いものを遡って見ていこう!

◆シロクマくんの二つのお話 〜 子供の創作絵本から

◆父子のパッパラパー化を狙った“イクメン”なんて目指すな 〜 往年の父子が描かれた『逝きし世の面影』と『子連れ狼』より
トップ | 保守系 子供向け作品 | permalink | comments(17) | trackbacks(2) | - | - |

なぜ『ちびくろさんぼ』を左翼は嫌ったのか? 〜 殺されて生き返った絵本

(2010.8.20)
恐らく30歳以上の方なら、誰もが見たことある絵本『ちびくろさんぼ』
ご存知ない方も多いかもしれませんが、この本はなぜか奇妙なことに、20数年前、黒人差別だとの猛抗議があり、突然、絶版されてしまいました。
なぜ、この本の出版に対して、これほど強い圧力がかかり、当時の出版社が一斉に販売を取り止めるほどになったのでしょう。

『ちびくろさんぼ』は、19世紀末、軍医であった夫とインドに滞在していたスコットランド人 ヘレン・バンナーマンが、自分の子供たちのために書いた手作り絵本に始まり、1899年に英国で初刊行。(詳しくは左画像クリック)
日本でも1953年(昭和28年)に岩波書店版が登場して以来、人気の高い絵本として、多くの出版社からいろんな形で出版されてました。けれど黒人差別的だとの抗議があり(世界的にもそういう動きがあった)、1988年、事実上すべての出版社がこの絵本の出版を自主的に取りやめてしまうこととなりました。岩波はこの本を絶版にし、他の出版社もこれに追随、以降、『ちびくろサンボ』は書店の店頭や図書館の書架から完全に姿を消してしまいます。
しかし、2005年6月に著作権の切れた岩波版を瑞雲舎が復刊、なんと5カ月で15万部を売るベストセラーになったそうです。

こういう左翼の圧力で消されたものは、きっといいものに違いないと思って、私は昨年、子供のためにこの本を買い、読んであげていました。
3歳だった子供は、この本をとっても気に入り、1、2度読んであげただけで、文字がよくわからなくても、驚くことに絵本を見ながら暗唱できるほど、スンナリと頭の中にストーリーが入っていったようです。

とにかく『ちびくろさんぼ』は、優れた絵本だということを申し上げておきます。
間違いなくウチにあるものでも最高の絵本といえます。
なぜ、左翼はこの本を嫌い、抹殺したがったのか・・・
中身を分析してみましたが、どうやら黒人差別問題だけではなさそうです。
まず始めに、小さい子供向けなのに、とても細かな状況描写的な表現が含まれていること。

【 お母さんが作ってくれたもの 】
綺麗な赤い上着
青い綺麗なズボン


【 お父さんが買ってきてくれたもの 】
緑色の傘
底が真っ赤で、内側も真っ赤な、可愛い紫色の靴


このカラフルな色彩感覚、子供にとっては、これらをイメージするだけで、とっても楽しくなるようです。
特に、“底が真っ赤で、内側も真っ赤な、可愛い紫色の靴”という表現。
ヨチヨチ歩きの幼児に与える、この細かい微妙なイメージ。こういった表現を幼児が感じとれるという素晴らしさ。

そして終わりに、お母さんの“まんぼ”と“お父さんの“じゃんぼ”、子供の“さんぼ”で、それぞれホットケーキを食べるシーン。
ここでも作者の、巧妙な気遣いがなされています。
ただ、食べるのでなく、

お母さんが20と7枚、お父さんが55枚、さんぼは169枚も食べた

という細かな数値を伴った表現。

幼児にとって、ニ桁、そして百を超える数をイメージさせる上でも、これ以上ないといえるほど、作者の見事な計らいがなされています。
169コものホットケーキ食べることをイメージするだけで、子供は大喜び。
ウチの子は、「イチロクキュウも食べました」と読んでましたが・・・ ^▽^)



下画像クリックで、一部のページが見れます

今、小さなお子さんをお持ちの方なら、きっとおわかりでしょう。
こういった、モノの微妙な状態を細かく捉えたり、100を超える大きな数値表現が含まれた幼児向けの絵本って、見たことないのではありませんか?(特別な知育系のものは別にして)
フヌケ化 左翼教育が蔓延った現代の幼児向け絵本では、どこもかしこも、ただ、“ドワーン”とした感覚を子供に与えるものばかりです。
既に子育てを終えた方も、思い出してみてください。こういう細かな表現がされた幼児向けの絵本、なかなか見る機会がなかったと思います。
ウチにも絵本はたくさんありますが、こういった類のは、これしかありません。

それと、この物語ではお父さんとお母さんの役割も、ハッキリ打ち出されています。
お母さんは、家で洋服を作り、ホットケーキ(料理)を作るという役割。
お父さんは、お店で洋服を買ってきて、トラがぐるぐる回って出来たバターを外で見つけて持ち帰り、お母さんに渡すという役割。
つまり、女は家庭、男は外で仕事。

要するに、子供の愚民化と男女観の破壊を目指す左翼にとって、この絵本の中身は、すべてが気に入らないものだらけだったわけです。
左翼は、「お爺さんは山へ芝刈りに、お婆さんは川へ洗濯に」というのさえ、男女平等に反する差別だと、今や騒いでるくらいですから。

結局、こういったことすべてを原因として、『ちびくろさんぼ』は当時、抹殺されてしまったのだと思います。

では、なぜ2005年の復刊の時は、マスコミや左翼はあまり騒がず、スンナリいけたのでしょう・・・

たまたま運がよかった? そうあることを望みますが、何でも疑うクセがついてしまってるので、もしかして出版社が左翼・在日利権屋だからとか・・・児童書出版社と左翼って結びつきやすいし・・・疑いだすとキリがありません。
この瑞雲舎の他の書籍を見てみましたが、普通に左寄りの児童書が多そうだし、特段、保守寄りの出版社というわけでもなさそうです。

それでも『ちびくろさんぼ』は、とにかく、とっても優れた、いい絵本であるということに違いはありません。
ぜひ、お子さんやお孫さんに読ませてあげてみてはいかがでしょう。
今、小さなお子さんがいらっしゃらない方も、ぜひこのことを覚えておいていただければ幸いです。

--------------------------------------------------------------------------
◆シロクマくんの二つのお話 〜 子供の創作絵本から

◆消されたウィンピーとキチガイ博士 〜 なんでもかんでも差別! 言葉狩り? 殺されるイメージ表現

◆日本が好きな親なら子供には教育勅語! 〜 小学生以上なら暗唱できるよう覚えさせてみませんか?

◆子供も大人も注意! 講談社は最大の左翼出版社 〜 女の堕落と男のフヌケ化はワンセット 〜 『 のだめカンタービレ 』に見る、現代の病理とヒトラーの予言

◆親がどれだけ遊んでくれたか、子供は必ず覚えています 〜 親に対する“好き嫌い”の根底にあるもの

◆フェミニズム・アニメと単に強い女が出てくるアニメの違い 〜 反日ドラマと仮想敵を日本にしただけのドラマの違い

◆女の子には“赤い靴” 〜 親不孝娘を描いたアンデルセン童話のダイナミズム

◆『フランダースの犬』のネロは不幸だったと思いますか?〜 唯物史観、拝金主義で教えられないこと

◆働かなくても、金目教さえ信じれば幸せになれる!? 〜 『仮面の忍者 赤影』 金目教 = ミンス教 編

◆『ぐりとぐら』 『こどものとも』の児童書 福音館は反日出版社 〜 天皇を貶め、自虐史観に満ちた子供向け絵本

◆最も有害なのは反日法案より今のフェミニズムだと早く気づいて!〜 聖書を曲解、悪用してフェミニズム運動に利用する狂ったキリスト教団

◆左翼教育者が持ち上げる、フランス革命を引き起こしたルソーの人間獣化思想 〜 ルソー生誕300年で、日教組やPTA左派が暗躍中

◆アカデミー賞の短編アニメ 『つみきのいえ』 について
トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(26) | trackbacks(3) | - | - |

朝鮮人の家族のお父さんキャラには何がいい?
〜 マスコミの大八百長に比べれば、相撲八百長問題なんて子供の遊び

(2011.6.29)
女装したスマップが出てるということで気になってましたが、私はTVを全く見ないので知りませんでした。同じようにTVを見ない他の方のためにもご紹介。
はたして屈辱のイヌのお父さん役は・・・

ソフトバンク - SoftBank  スマップ SMAP  スマケー CM
----------------------------------------------------------------------------
(戻る)   (2011.6.1)
大手出版社の講談社小学館はじめ、こいつらはどうでもいい相撲八百長や歌舞伎の海老蔵事件なんかは、しつこく報道するくせして、電通ら各種マスコミのインチキ八百長リサーチ、捏造ランキングを糾弾出来ないマスコミなど、どこもクズ集団にすぎず。

日本人が犬やオカマ、黒人に仕立てられて、これほどコケにされてるのに、こんな悪意の塊のソフトバンクのCM非難すら出来ないマスコミなんざ、どこも要らねえよ。

インチキ出来レース ランキング、インチキ大賞、こいつらの八百長 社会的影響の大きさに比べれば、相撲の八百長なんざゴミ同然の話題。

メジャーから何か出してる奴らも、信用するに値せず。そんな奴らに媚びるな!
クリエーターや編集者、本当に自信があるなら、これからは独自情報発信、独自出版を目指すべき。
朝鮮パチンコに食い荒らされたカス集団のメジャー・マスコミなんかに頼ってはならない! 奴らに頼れば手先にされるだけ。
音楽も本もみんなみんな、今やアニメーションだって自分で作れる時代。
優秀な編集者、ミュージシャン、クリエーターなら、こういうところに大きなビジネスチャンスだってある。もはや利権で腐りきった大手なんか相手するな!

ところで、奴らは日本人の父親や子供たちを、犬やオカマにして日本人を貶めてますが、朝鮮人 家族の父親キャラにするのは何がいいでしょうね。

映画『ウィークエンド (デッドエンド・ホリディ)』(1976) DEATH WEEKEND
監督:ウィリアム・フリュエ  出演:ブレンダ・バッカロ、他

別荘を訪れたモデルとボンボン男のカップルに襲いかかる狂気の暴漢たち。昔TVで見た時は、確かヒロインに「あなたたちはウジ虫よ」と言われ、ぶちキレて大暴れする衝撃的なシーンがあった気が。『わらの犬』も大変な迫力ですが、この『ウィークエンド』の芸術的ともいえる暴力シーンも映画史に残るもので、私の心象にも強烈に刻まれたバイオレンス映画(詳しくは右画像クリック)。奴らの火病の最たるイメージとは、およそこんなものでしょう。
----------------------------------------------------------------------------
(2012.4.24)
『わらの犬』も大変な傑作ですが、この『ウィークエンド』の破壊の美学とも言うべきバイオレンスシーンも圧巻。この映画は、その後のいろんな映像のモチーフにされてるよう思います。CGは決して実写には勝てませんね。
追い詰められてのヒロインの様変わり、その強いことといったら! 強いといっても、もちろんプリキュアみたいな殴る蹴るじゃないよ〜
----------------------------------------------------------------------------
(戻る)◆ソフトバンク、電通とかってクズ企業だろ

◆特定業者・業界の利権を確保し、個人への厳罰を狙い撃ちした著作権保護期間延長〜ダウンロード刑罰化〜クールジャパン戦略〜そして児童ポルノ禁止法改定への流れについて

◆朝鮮人は、朝鮮半島に住んでいた古代日本人を蹂躙した侵略者!

◆紛れもなく陰謀は実在しますが、表に出てる陰謀論者は結論を誘導し、真実を誤魔化します

◆古代日本史における朝鮮半島の倭国領を歴史から取り返さなければならない! 〜 朝鮮に文化をもたらし、古代朝鮮半島南部を支配した倭人

◆朝鮮人による朝鮮人叩き。いわゆる“在日認定”のカラクリ 〜 左翼による左翼叩きの目論見まで  ≪工作員入門≫

◆未来の歴史教科書より 〜 ルーツを守らない日本人の未来

◆最近の女の子とプリキュア 〜 男の子が女の子にケリ入れられて入院

◆近いうち、3D世界で性器まで完全装備 大掛かりなセックス・マシンも出現!〜 萌え系やオカマ、ゲイなど政治利用されてますが、3Dには細心の注意を!

◆“オタク” が違和感持たれなくなってしまった時代、そしてこの先は、“オカマ” が違和感持たれなく ・・・

◆陰謀論と新世界秩序、そして3S政策について 〜 NY911事件を予言していたハリウッド

◆草食系男で日本男児を貶める朝鮮 〜 浮かれ草食男よ、恥を知れ!

◆ウルトラマン円谷がパチンコ傘下に! 〜 女子供の洗脳に熱心な左翼売国勢力
トップ | 左翼マスコミ・反日企業の大罪 | permalink | comments(16) | trackbacks(2) | - | - |

共産主義は資源のない日本では成功しない
〜 たとえ日本が海底資源大国でも楽園になるのはありえない

(2015.5.23)
経済ネタは今ではほとんど書きませんが、結構、私の経済ネタ記事は定評あって今でも結構アクセス多いんですね。ただ、経済優先に行くと拝金主義に直結しやすくなるので、書かないようになっただけです。書いててもつまらなくなったというのもあるし。
記事は大したことなくとも、ここに張ってあるMilli Vanilliのビデオはカッコいいですよ。今じゃダンス音楽なんてつまらないものばかりで、ダンス自体が無個性で、しかも下品、ひどいものばかり。でも1980年代から90年代初頭のブラックミュージック全盛期、あの頃の人たちは本当にカッコよかったですね。ここの一連のエントリーに張ってあるダンス系ミュージックの代表曲たるビデオだけでも、今の人は見る価値あると思いますよ。ダンス好きなら尚更。
-----------------------------------------------------------------------------
(2009.4)  (始めから読む)
資源国でもある米国が、資源だけに甘んじず、あくまで厳しい自由競争主義をとるのは、何よりもそんな愚民の国に成り下がってしまわないためだ。
だから米国は、今でも日本と並び世界のトップ技術をたくさん持つ。

もしも日本の海底資源が、本当に膨大で実用化できるようなれば、もしかしたら豊富な資源を元に共産主義化することで、あくせく働かなくとも中東のように高所得で豊かな生活が送れるようなる可能性があるかも?

しかし日本は、アラブと違って人口が多すぎる(1億2700万人、しかも人口密度は先進国トップの337人)。ちょっと資源があったぐらいで豊かになることはありえないぞ。

革命前の王政イランは、豊富な石油資源の権益が独占されて、大変な貧富の差があったが、革命後の今でも世帯所得は8000ドル程度。アラブにしては人口が多いことも影響してるが、それでも人口密度は43人(人口 7400万人)。
サウジアラビアは人口密度13人と人口が少ないことも幸いし(人口 2600万人)、世帯所得は2万4千ドル。サウジは革命前のイランと同じ王政でも、革命が起きる気配はない。
アラブ首長国連邦やクウェートのような小国にいたっては、何の技術もなく、豊富な石油以外なんのとりえもない国だが、日本よりも高所得だ。

スウェーデンはじめ北欧諸国、ベネズエラなど、共産化(社会主義化)で成功している諸国も、すべて資源国。
アラブ諸国だって、今のところ石油の恩恵が国民にもたらされているから、大した技術などなくても、生活水準が高いだけ。
イランは、石油の富が国王に独占されていたから、革命が起きた。

資源さえあれば、国民が多少ラクしても、資源の富を分配することで、国民全員がそこそこやっていけるようになる。
ただしこれは、人口が多すぎては実現不可能。

スウェーデンの人口密度はわずか20人(人口 930万人)、米国でもわずか31人だ。

こんなんじゃ、たとえ日本がイランの石油埋蔵量並の海底資源を獲得して、共産主義化したとしても、とても全国民がその恩恵を享受できるなんてことには、到底なりえない。

たとえ莫大な海底資源があっても、人口が多すぎる日本は共産化ぐらいでは支えられない。
日本の共産化、高福祉な社会主義政策では、100%日本はもたない。

日本が楽園になるなんて、全くありえない話といってよいだろう。
優秀、謹厳さこそが、日本と日本人の宝、財産。
そういう無形の財産とでもいうべきものを、共産化で分配するというのは、不可能なのだ。

結論として、日本を支えてきた国民が持つ勤勉性というものを、共産主義化することなどできない。だから、日本が共産主義化すれば必ず失敗する。

勤勉で、そういう優秀なハイテク技術などに関わって頑張る人たちを支えてくれる政策なら、これからも日本はドンドン伸びよう!

その正反対に、そういう優秀でガンバって国を引っ張る日本人が、たくさんの怠け者で無能な弱者を食わせて支えなきゃ・・・
でも、別にガンバらなくたって、いくらでも国からカネもらえるんだよ・・・

……なんて政策ばかりとられるようなれば、日本は潰れる、崩壊する。

だから、働きもしないニートや母子家庭ばかり保護してると、ロクな結果にならんということだ。

それさえわかってれば、支持する政策なんて自ずと決まる。
支持する政策はあっても、それを実現しようとする政党のないのが、今の日本の不幸な現状である。 (続く)

『 Baby Don't Forget My Number 』Milli Vanilli (ミリ・ヴァニリ) (1989)
引き続いてブラック系。グラミー剥奪されたルックス抜群の黒人デュオ ミリ・ヴァニリ(詳しくは右画像クリック)。一時はスゴイ人気だったが、グラミー受賞後に口パクがバレ、賞が剥奪されるという大スキャンダルで世界を騒がせた。しかし歌はウソでも、このカッコよさは本物。この頃、男は男らしさを強調、女は女らしさを強調する時代であった。セクシャルな中にも今と違って、ずっと品があった。
---------------------------------------------------------------------------
(続き)◆共産主義は資源のない日本では成功しない 〜 真っ先に共産化すべきは利権を貪る巨大メディア

(始めから)◆共産主義は資源のない日本では成功しない 〜 日本の財産は国民の勤勉性(だった?)

◆そもそも、生きるとは辛いもの 〜 ピープル・ハブ・ザ・パワー

◆あなたは反米? 親米? それとも反ユダヤ? 〜 硫黄島の戦いとマッカーサーを改心させた朝鮮戦争

◆『昔の日本はアメリカと同じくらい広かった!』〜 日本人としての自信を持たせた祖母の言葉

◆働かなくても、金目教さえ信じれば幸せになれる!? 〜 『仮面の忍者 赤影』 金目教 = ミンス教 編

◆日本のGDP 外需が内需を支えている 〜 輸出潰滅なら日本のGDPは半減!

◆反日左翼 民主党共産政権なら2千万人虐殺! 〜 天皇処刑!

◆大手マスコミに限らず、ネット上に蔓延る売国勢力 〜 愛国派が叩かれ続けるNHK経営委員問題に敢えて私はこだわる

◆特定業者・業界の利権を確保し、個人への厳罰を狙い撃ちした著作権保護期間延長〜ダウンロード刑罰化〜クールジャパン戦略〜そして児童ポルノ禁止法改定への流れについて

◆東京都の尖閣諸島買い取りがヌカ喜びにならないように 〜 目立つ情報に踊らされず、左翼の次なる手を常に警戒しよう

◆奴隷だって飼い主次第、奴隷自身の心の持ちようで幸せにも不幸にもなる 〜 対して欲に際限ない現代人は不幸にしかなれない
トップ | 共産主義は資源のない日本では成功しない | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

ワン・ワールド体制への仕込み工作に重宝する劇団イスラム国の虚像
〜 作られるテロと悪役による世界劇場。対立に利用される“差別との戦い”

(2017.1.15)
IS(ISIS・イスラム国)やアルカイダが米英やイスラエルを主体とした自演工作組織とすれば、ロシアに対抗するためという側面も基本的に担ってることになりますね。
-----------------------------------------------------------------------------
(2015.11.19)
フランスとロシアが「イスラム国」空爆強化へ、EUにも協力要請2015.11.18 ロイター
フランスとロシアは17日、シリアにある過激派組織「イスラム国」の拠点を空爆した。13日のパリ同時多発攻撃と10月のロシア旅客機墜落に関与したイスラム国への報復が目的で、両国はさらなる攻撃強化に向けて連携に動いている。
ロシア大統領府はこの日、10月31日にエジプト・シナイ半島で起きたロシア旅客機墜落について、爆発物が原因で墜落したと発表。プーチン大統領は犯人を捜し出すとともに、イスラム国への空爆を強化すると表明。

17日のロシア軍による空爆の標的にはイスラム国が「首都」とするラッカが含まれた。フランス軍も同日夜にラッカを空爆した。
17日の攻撃では両国は連携していないが、オランド仏大統領はパリ事件を受け、対イスラム国で国際社会が共闘するよう呼び掛けている。

ロシア大統領府によると、プーチン大統領はオランド大統領と電話で会談し、ロシア海軍に対し、地中海東部に向かうフランス海軍の部隊と連絡を取り、同盟軍として扱うよう指令を出した。大統領は軍幹部に対し、海軍と空軍によるフランスとの合同作戦計画を練る必要があると述べた。
フランス大統領府は17日、オランド大統領がイスラム国への対応を協議するため、米国とロシアを来週訪問すると発表。オランド大統領は24日にワシントンでオバマ大統領と、26日にモスクワでプーチン大統領と会談する。

一方、欧州連合(EU)はフランスの要請に応じ、EU条約に基づく集団的自衛権の行使を初めて決定。加盟国がどのような支援をするかは現段階で不明だが、ルドリアン仏国防相はシリア、イラク、アフリカに展開するフランス軍への支援を期待していると述べた。
◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆

今回の同時多発テロでフランスのパリが狙われた(2015.11.13)のは、アメリカ同時多発911テロ(2005)の時はイラクへの米軍中心の多国籍軍への参加を拒否したのがフランスだったから。爆弾仕掛けられて旅客機墜落させられたロシア(2015.10.31)も、米国のイラク侵攻にフランスと同じく批判的だったから。
前の米同時多発911テロの時に、米のイラク侵攻に非協力的だった仏露両国をまずは狙い撃ち。これで今度は旅客機墜落させられたロシアと、テロ起こされたフランスが手を結んで、戦争引き起こし工作部隊の虚像 劇団 イスラム国(IS)討伐のための多国籍軍に先頭きって積極的に参加。
世界各国が反発するよう、挑発的にわざわざ世界に嫌われるよう犯行表明までなすイスラム国自体が、あからさますぎて後のワン・ワールド体制への仕掛けであることがバレバレです。これからのシナリオが読めますか? 順番に、いずれ間違いなく日本も狙われますよ。

白人による暗黒勢力によって、白人に対するイスラム系民族としての憎悪が増長させられ洗脳されて工作員化した連中によって仕掛けれたテロ。目的は、対立を激化させ、目下の紛争誘発による軍事需要獲得、そして作られた悪役劇団 仮想反社会組織 イスラム国鎮圧後のシリア、アラブ利権やワン・ワールド体制(グローバル社会の完成)ですね。

主に1980年代に活躍していた、リントン・クウェシ・ジョンソンという在英のジャマイカ人歌手がいます(詳しくは右画像クリック)。
この「The Great Insurrection」という曲のビデオは、この通り物凄く政治的な内容で、黒人差別を激しく糾弾するものとなっています。

The Great Insurrection(1984・Di Great Insohreckshan)

どうして白人や世界から総スカンを食らって、かえって袋叩きにされるような愚かなテロ工作に、イスラム信者(ムスリム)の一部が安易、単純に加担してしまうのか、不可解に感じてる方も多いことでしょう。黒人としてこれほど痛烈に、白人による差別社会を批判したこの人の歌とか聴けば、それが理解できるのではないでしょうか。黒人やイスラムには、本気で“差別との戦い”と称してその奮闘に明け暮れてる人々がいますから。黒人やイスラム教に対する差別は、実際に白人社会の海外では根強く残ってるのだと思いますが、彼らの心情は、同じように勝手な思い込みで“差別との戦い”を標榜して過激な行動に走る、偏狭な日本の左翼たちと似ているものがあるのかもしれません。

コチラで紹介したアパルトヘイトに反対するミュージシャンたちのプロジェクト AUAA(1985)にも参加してるジャマイカなまりの英語を使う、歌手で詩人のリントン・クウェシ・ジョンソン。キング牧師にしろ南アのマンデラ師にしろ、この人にしろ、日本の下品な左翼たちと違って物凄く知的ですけどね。尚、このリントンが活躍し、A.U.A.A. が登場した当時は世界的なワールドミュージック(民族系音楽)ブームが湧きおこっていた時期です。

「Inglanはビッチです」
今回、テロの標的にされたのはフランスですが、下の英国を歌にした曲では、白人社会をこんな風に蔑んでるわけです。
Inglan Is A Bitch、要するに「英国とは、カネの好きな汚らしい売女だ」と言ってるわけで、こんな過激な言葉が出てきてること自体、白人社会への並々ならぬ怨念が感じられるものと思います。偏狭に排外的な日本人が「朝鮮人は皆ビッチだ」と、わざわざ歌にしてその憎悪を公で歌ってるぐらいのインパクトがあるわけです。
今では多くの日本人がいい国だと信じている英米とは、彼ら黒人やイスラムにとっては所詮こんな風にしか思われてないってところなんです。

「イングランドはビッチ!」、ジャマイカなまり英語による朗読調の映像、こんな歌なのに50万回を超えるすごい再生数ですね。

こっちが通常リリースされているスタジオ録音版

下記はその訳詞。おそらくこれは翻訳ソフトによる直訳ですが、それでも概ねの内容は十分おわかりいただけると思います。

『イングランドはビッチ(雌犬)です』 リントン・クウェシ・ジョンソン 
Inglan Is A Bitch - Linton Kwesi Johnson(1980)
 参照サイト

私はちょうどに来たいとき ロンドン タウン
私は地下の時に働いていました
しかし、地下の際の作業
あなたの周りのあなたの方法を知るために得ることはありません
イングランド 雌犬です
何もそれをエスケープはありません
イングランド 雌犬です
何のランニングは、それから離れてありません

私は、大きなホテルで少し仕事を得ました
そしてしばらくして、私は非常によくやっていました
彼らは食器洗い機として私をオフに開始しました
私はスタックを取ったときには、私はクロックウォッチャーをオンにしませんでした
イングランド 雌犬です
何もそれをエスケープはありません
イングランド 雌犬です
何それから隠そうと気にしません

彼らはあなたの小さな賃金パケットを与えるとき
その大きな税ラケット [詐欺]の最初の彼らを奪うこと
あなたはやりくりに苦労しなければなりません
あなたがあなたのベッドに行くとき、あなたはただ眠ることができません
イングランド 雌犬です
何もそれをエスケープはありません
イングランド 雌犬は、真のために、あります
それは私が言っているうそ、真実ません

それは格好いい [うそ]寒かったとき、私は溝を掘って動作するように使用
私はラバのような強力だったが、少年は、私が愚かでした
その後しばらくして私は残業をして停止しました
その後しばらくして、私はちょうど私のツールを置きます

イングランド 雌犬です
何もそれをエスケープはありません
イングランド 雌犬です
あなたはそれで生き残るために方法を知っている必要があり
よく私は一日の仕事を行なったし、私は夜の仕事をしました
私はきれいな仕事を行なったし、私は汚い仕事をしました
彼らは黒の男は非常に怠惰であると言います

私が働いてどのように見ていた場合しかし、あなたは、私は夢中だったと述べているだろう

イングランド 雌犬です
何もそれをエスケープはありません
イングランド 雌犬です
あなたはそれまでより良い顔をしていました

彼らはBracklyではほとんどの工場を持っています
このここに工場で彼らが行うすべては、パック食器です
過去15年間、彼らは私の労働力を持っています
今15年後、私は好意から落ちたんです
イングランド 雌犬です
何もそれをエスケープはありません
イングランド 雌犬です
何のランニングは、それから離れてありません

私は、彼らが仕事を持って知っている豊富で働きます
それでも、彼らは私を冗長に
今五十から五で私はかなり古くなっています
それでも、彼らは失業手当を描くに行くために私を送って、[失業給付]
イングランド 雌犬です
何もそれをエスケープはありません
イングランド 雌犬は真実のために、あります
それは私たちがそれについてどうするつもりです何ですか?
-----------------------------------------------------------------------------
◆“人類、皆兄弟”、“肌の色が違っても人間みな同じ”・・・〜 左翼的に思える言葉でも時代考証が必要ですね

◆陰謀論と新世界秩序、そして3S政策について 〜 NY911事件を予言していたハリウッド 〜 世界全体が巨大劇場と化した現代。アルカイダやISIS(IS)は劇団と同じ

◆日本人なら『ねずみの嫁入り』の世界観を!〜 陰謀の黒幕を考えるのでなく全体として捉えられる感覚を持ちましょう

◆革命に成功したイランの実態 〜 権力者とアラー(神)、日本における将軍と天皇の関係に似ている

◆仏教も乗っ取る、反日・フェミ・同和・在日朝鮮人 キチガイ勢力の猛威〜 部落差別につながるからと、廃止が進められる“お清めの塩”

◆どうでもいい、集団的自衛権行使問題……そして自衛隊は、“国防男子” “国防女子”なんだって、プププ 〜 韓国カルト団体に熱烈支援される売国 自民党の、世界のため日本人に死んでもらう憲法改正案

◆東京都の尖閣諸島買い取りがヌカ喜びにならないように 〜 目立つ情報に踊らされず、左翼の次なる手を常に警戒しよう

◆朝鮮人というより問題はパチンコ。国連も左翼も朝鮮パチンコが支配

◆「 日本は朝鮮人のもの!」 朝鮮人が参政権獲得に決起 〜 亡国 民主党政権

◆紛れもなく陰謀は実在しますが、表に出てる陰謀論者は結論を誘導し、真実を誤魔化します

◆朝鮮学校への在特会街宣に人種差別だとして賠償命令出たのを、どう思う?

◆消されたウィンピーとキチガイ博士 〜 なんでもかんでも差別! 言葉狩り? 殺されるイメージ表現
トップ | 日本の知られざる社会・経済事情 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

私の大好きなプリンス パート1 〜 神国・日の丸のハチマキ

(2016.4.23)
好きなミュージシャンはたくさんいたけど、そういう人たちが死んで、心にポッカリ空洞が生まれたような感覚を覚えたのはこれが初めてです。昔ならともかく、57歳という、今では早死にといえる歳での予測してなかった意外な終わり方。彼はここに書いてる通りとっても親日家だったし、日本にも何度も来てるけど、私が直に見たのはレインボウ・チルドレンツアー(おそらく2002年)で日本に来たときだけ。武道館だったかな。もう40歳過ぎだったはずですがとっても元気で演奏も素晴らしかったし、『パープルレイン』もちょっとだけやってくれたりでファンには涙ものだったと思います。

プリンスと同じ1958年生まれにはマイケル・ジャクソンやマドンナのようなポップス史に残る超大物が揃ってます。彼には一度子供が生まれますが、その子は幼くして死に、次を考えることもなく離婚。その後も子供はいないのではないでしょうか。どんなに才能や名誉やお金まであっても、女にモテモテだったとしても、これではいったい何だったのだろうって思っちゃうわけですが、プリンスの曲をこれだけ世界中で聴いてる人がいるわけなのでその存在自体がムダだったわけでは決してない。子供が死んだ後も音楽活動へのエネルギーは途切れることなく、生涯を通じて大変な多作家でした。でもマイケルも死んでるし、結局みんな死んじゃうんだなって、あらためて思い知らされたし……こういうことによって自分がとるべき道、そして子供にもしっかり生き方を教えこんでおかなければならないと、あらためて強く感じてます。

パート1にしてるくらいだし、早くこのエントリーの続編を書こうと思ってましたが、大変な思い入れがありすぎて決してテキトーには書けませぬ。そうこうしてるうちに先立たれてしまいました。でも今の30代半ば以下の人たち、10代20代の人たちにはこういう昔の洋楽はもちろん、昔の歌謡曲だって全然知らない人がたくさんいるんだろうなって思うし、私にとっては洋楽好きなヒト回り上のイトコの存在が大きかったけど、親が子供のいる家でどういう音楽を聴いてるかはとっても重要なんだろうなって、あらためて思ってます。きっと子供の学校の友達でも今のテーゾクなアニメソングやアイドルの歌、今の流行ってるとされてるモノしか聴いてないような子と、いわゆる昔の優れた楽曲群をよく聴いてる家では、その音楽センスや蓄積されるものに雲泥の差が表れるはずです。私の若い頃だって、洋楽を全然聴かず日本のアイドル曲等(日本のニューミュージックやポップス系含めて)しか聴かない人がたくさんいましたからね。別に日本の音楽にもいいものはたくさんあるのですが、洋楽の方がやっぱり優れたものも多くて、洋楽メインだった私は日本の歌謡曲しか聴いてないような人たちとは全然合わなかったし、当時からその種の人たちとは非常に距離が遠く感じてました。当時から私と同じ感覚でいた人はたくさんいることでしょう。たとえ洋楽聴いてる人々の間でも、マイケル・ジャクソンは聴くけど、プリンスは気持ち悪いから聴かないって人も結構いたし、そういうのにもかなり性格やその内面性がそれぞれ表れてたものです。

記事に貼ってた動画が全部切れてたので張り直しました。プリンスは異常に著作権にうるさい人で、動画はこれまですぐ削除されてた。曲名入れずにアップすれば長く残れることでしょう。でも彼が死んだのに、これからも著作権にうるさくある必要あるのかなって気がしますし、そもそもレコード会社のやり方が気に食わなかったのが一番の理由なわけだったろうし…… もはや彼自身のなきあと、彼がお金の取り分などにこだわる必要もなくなったわけで、著作権を守り続けて一般の人がなかなか聴けないようクローズ状態にしておく理由はないと思います。業界のろくでもない連中を儲けさせるより、少しでも多くの一般の人々に聴いてもらえるようあるべきです。
-----------------------------------------------------------------------------
(2014.8.21)
世間では下らないモノばかりがゴリ押しされていて、今のクソ音楽やクソ映画ばかりの実情を見てると、私の好きなものについてどんどん紹介していきたくなってます。政治絡みではウンザリするような話ばかりだし、政治ネタを扱うことがバカバカしく感じてきていて、本当は政治色のない音楽や映画のサイトでもやりたいと思ってるくらい。
そうはいえ、サイト・コンセプトと関係ない、単なる私の好きなものについて、ここで話しはじめてはついてこれなくなってしまう人も多そう。そんなところではあるのですが、前にここでも『LoveSexy』のライブ映像張ってますが、私の大好きなプリンスのご紹介。20代以下だと殆ど知らなさそうだけど、そういう人たちにこそ聴いてほしいな。

でもプリンスには、ただ私が好きってのではなく、ここにも合う、とってもいいネタがあるんですよ。
『パープルレイン』マイケル・ジャクソンマドンナと並べられるほどの大スターになる前、まだ一部のファンだけが熱心に聴いていた頃のプリンス。メジャーになっても「気持ち悪い」なんて言ってる人が沢山いたけど、私は何から何まで大好きだった。
そして、アルバム『1999』(1982年・詳しくは左画像クリック)時のPVでは、何と神国・日の丸のハチマキしてるプレーヤーがいるのですよ。
ギターのデズ・ディッカーソン(写真右)。このデズは、残念ながら大ブレイクした次作『パープル・レイン』ではいなくなってしまいます。でも私はこの『1999』の頃のプリンスが一番好き。とにかく最初にこの『1999』のビデオを見たときの鮮烈さ、プリンスとメンバーの神国・日の丸のカッコよさ! このハチマキはきっとプリンスの意向があってのものだと私は思ってます。
プリンスはきっと親日家で、武士道や神風特攻隊などについての知識もあって、白人と戦ったりもした日本人の精神性が好きだったのだろうと思います。大変な美意識を持つプリンス、でなきゃ、このパフォーマンスは出来ないでしょう。あの時代のアメリカの黒人が、神国・日の丸のハチマキ。このことに触れてるのを他に見たことないので、ネットで紹介したの、恐らく私が初めてではないでしょうか。
以下はすべて、アルバム『1999』に収録。プリンス、聴いてくださいね! (続く)

『1999』 (1982年)   PRINCE - 1999
突撃隊として斬り込むような女性コーラスで始まり、続いて日の丸のデズ、そしてプリンス登場の流れ、加えてこの斬新なサウンド、ファッションセンスも凄い! 当時、大変な衝撃を受けました。このカッコよさったら、もう! シビレます。

『リトル・レッド・コルベット』  PRINCE - Little Red Corvette
『1999』に続いてのヒット曲で、プリンスで私の一番好きな曲でもあります。この頃のプリンス、ホントにカッコいいんです ^▽^)

『オートマティック』  PRINCE - Automatic
プリンスの妖しい魅力、ある種の変態性とナルシストぶりが炸裂してるわけですが、プリンスならではの曲の流れ。ハチマキの文字が裏返しなのは、ご愛嬌ということで ^▽^) (出てくるコメントはをクリックすれば消えます)
-----------------------------------------------------------------------------
◆AKB48の現代と25年前のおニャン子クラブに見る日本人の反応の様変わり 〜 やっぱり幼稚化!? あの頃の素直な感情どうだった?

◆特攻隊の青春群像 映画『決戦の大空へ 』と、フィリピンの神風記念碑

◆日本破壊・売国バラ撒き“クールジャパン”国策で支援されるキチガイ劣悪音楽・アニメ・デタラメ日本文化(=暗黒勢力・朝鮮文化)

◆世界で忍者のイメージを決定づけた、最初の特撮TV時代劇 『隠密剣士』

◆往年の日本映画を子供が見はじめました! 〜 『山椒大夫』 『隠し砦の三悪人』

◆芝浦で見つけた芸者宿跡と、日本の芸妓文化 〜 映画『流れる』

◆北朝鮮の幼児ダンスにソックリな “ポケモン” ダンス

◆最悪の“ダンス必修化”だが、それでも生き残りのため   せめて先回りで、男には男らしい、女には女らしいダンスを仕込んでおきたい

◆子供には生の声、楽器音を聴かせましょう 〜 ボーカロイドなんかダメ

◆日本人の美的センスは世界一!〜日本人はジャポニスムを忘れてしまった?

◆日本に漫画・アニメ文化が興ったのは、痛い敗戦があってこそ 〜 石森章太郎の世界
トップ | 日々雑感 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

日本人の心を奪われた日本人 〜 世界最強だった日本軍
〜 守るものを失った日本人

(2010.5.7)
戦前の日本軍はおそらく世界最強だったろう。
装備や技術のことではなく、その精神力ではどこの国にも負けていなかったはずだ。
当時の日本軍が米軍と同じ装備と資源を持っていれば、米軍など相手にもならなかったろう。

日中戦争時、「蒋介石は敵の日本軍を模範としろ。」とまで言い、決して装備が優れているわけではなかった敵軍である日本軍の不屈の精神力を賛美し、自分の軍を叱りつけた。(日中戦争初期の中国はドイツ製の武器を使用していた)

しかし敗戦後、エセ民主主義やエセ男女平等主義で、日本の精神、魂などが根こそぎ崩壊させられた。
父権の失墜による家庭崩壊など、男は女の顔色ばかり伺い、くだらんスキャンダルを恐れるだけで、強力なリーダーシップによる、強い国づくりが完全に放棄されてしまった。

戦後間もない頃の女性は食べ物すらない中で、子供をたくましく育てていったが、戦争を知らない世代に移り、さらに戦争を知らない世代の親が子供を育てていき、武士道など日本の誇り高い精神などモヌケの殻。
大した理由もなく離婚をし、働きもしない自堕落な女が生活保護もらって子供を育てる、そんな風に育てられた子供がまた親になり、ろくでもない大人を次々に世に送り込んでいく。

もし戦争になれば、今の日本は韓国や北朝鮮などには絶対に勝てない。
たとえ装備や技術が優れていても戦争はそれだけでは決まらない。
韓国の日本に対する異常な敵対心や根性に、完全に負けているのである。
それは日韓のスポーツ試合を見てれば明らかであり、奴らの勝利への執念は日本の比ではない。
装備や技術だけで勝てないのは、ベトナムでの米軍の敗戦や、たとえ勝ってもイラクやアフガンの不安定な惨状を見れば明らかである。

さらに北朝鮮軍などは、おそらく戦中の日本軍と同じような教育をされているのは間違いなく、その不屈の精神、国のために命を惜しまない強靭な精神力に対して、サラリーマン感覚の甘ったれで腑抜けた今の日本軍(自衛隊)が戦っても勝てるはずないのである。
たから米国は、昔の対日戦並に苦労することが見えている、北朝鮮との戦争など絶対にやりたくないと、北朝鮮には恐れを抱いている。
要するに、北朝鮮軍は恐ろしく強いのである。イラクやアフガン、ベトナムなど比べものにならないほどに。

本来、日本もたとえ米軍に占領されても、イラクやアフガンのように、魂や価値観を否定せずにおくべきだったが、信仰を持たない日本人は、完全に日本の魂を捨て去り、あっという間に洗脳され、エセ民主主義やエセ男女平等主義がはびこることとなった。経済的には豊かになったが、日本人の心まで占領され奪われてしまったのである。

原点に立ち返り日本の魂、心を、なんとしても取り返すべきであろう。
それが今後、日本が世界を相手に強く対等にやりあっていくに必要不可欠な条件である。

イラクやアフガンは、たとえ米軍に占領されても、心までは支配されていない。
しかし、日本はその魂を奪われ、心まで占領されてしまった。

シングルマザーやキャリアウーマンを賛美する『セックス・アンド・ザ・シティ』(1998)のようなイカレタ米国映画が日本の女の間でも流行り、そういう母親に育てられた子供がますます日本をメチャメチャにしていく。
シングルマザーの代表 勝間和代の傲慢性。父親もおらず、こんな女一人に育てられる子供のストレスは相当なもの。こんな女が母親だったらと思うとゾッとする。
勝間和代 対談で「だめだこれ」とひろゆき氏をコケに
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/387990/

細木数子は、日本の女がバカになったから日本がダメになったと断言していたが、同じことをマスコミや男性政治家が、今のこの国で言えば袋叩きにされるのが現状だ。
細木数子や新宿の母など、著名占い師の指導に共通してるのは、一貫して「男を立てろ」ということ。
同じことを男から言うと、今の女性には反発されるので、この手のことは女性自身から言うしかない。
今の女のバカさを認めた、辛口なアドバイスを、力ある女性から言い続けてもらう必要があったのである。細木はそれをわかっており、役割を認識していたように思える。

安易に離婚したり、男を立てないバカ女の激増で、家族すら結束できない国が、国として結束して他国と戦ったりできるはずないのだ。

イラン、アフガンなど、中東で米国が排除されたのは、やはり女性が社会に進出しすぎて、家庭や家が崩壊することに反発したからである。
イランでは、米国文化の流入で、ディスコなどで踊り狂う女どもに国民が嫌悪感を抱き、貧富格差も増して革命が起こった。
他のイスラム諸国でもそれは変わらず、彼らは米国文化をかたくなに拒否し続けている。
経済的豊かさ、ウワベの豊かさなんかでなく、豊かな精神の方が彼らには重要なのだ。

極論では、今のバカ女からは参政権さえ剥奪すべきに思うが、アホな男も増えてしまったので、最近はそいつらからも参政権を剥奪すべきに思うようなった。
いくら非難されようと、私はこの考えを通すことにひるまないだろう。

先日、子連れで伊豆大島に行ってきたが、船の上ではやたら外人が多かった。
米国人をはじめとする欧米系が多く、そしてそのグループにくっついてるのは、チャラチャラした格好の日本の女。
若く着飾ってはいるが、恐らくいい歳で、30過ぎとかもかなりいるのではないか。
昔から伊豆の島巡りでは、アバンチュールを求める若い男女が集まっていたはずだが、今では、あまり若者とは言えないようなのも沢山いるようだ。

ウチの子を見ると、「カワイー!」と言って、いきなり女が船の縁付近で抱き上げ、自分も冷やっとしたが、子供は海に落とされるのではないかと思ったようで怯えていた。
女たちは、ウチの子をダシに、外人男に子供好きであることでもアピールしたかったのか……
連れの米国人男性に「気をつけて!」と、女たちが注意されるありさま。
その米国人男性と話したが、船に乗る時、その女たちと知り合って、ずっと一緒に行動しているという。元は6人組みの男で来たそうだが、そこに集まってるグループを見ると20人は下らないように思う。米国人は日本の某自動車メーカー勤務のエンジニアと言っていた。

近場の行楽地だと、どこに行っても中国系やフィリピン系とのカップル・家族が目立つが、海の島系だと欧米系の外国人が圧倒的に多くなるようだ。
千人以上は乗れる大型客船だったが、船の上はホントに多国籍状態。
白人と日本人のカップルは、女が日本人のパターンがほとんど。まるで戦後まもない頃のパンパンを彷彿とさせるような光景。尤も、この頃のパンパンというのは映画とかでしか見たことないが……

恐らく、この女性達は白人男性との結婚を狙ってるのだろうが、果たしてこんな女たちが結婚してうまくいくのか……
白人と付き合うのをファッションのように考えてるのではないか……肉感的な白人や黒人が好きなのか……敬虔なクリスチャンとかならともかく、こういうタイプが結婚して、うまくいった話はあまり聞かない。混血児を抱えたシングルマザー、よく見るぞ。
離婚の多い米国ですら、敬虔なクリスチャンの女性なら、安易に離婚なんてしない。
やはり、信仰を持ってるかどうかは非常に重要。結婚後も、それがイザという時の防波堤になるからだ。

聖書にある、イエスは言った。
「夫は妻を守れ。妻は夫に従え。」

これがどんなに時代が変わろうと、男女の本質であり、夫婦の本来のスタイルなのである。
動物、人間として男女のあるべき正しい姿であり、クリスチャンであろうがなかろうと、世界中の多くの人々が、このイエスの夫婦としての信条に賛同しているのだ。

昔の日本人は、イエスを知らずクリスチャンでなくとも、誰もがこのイエスの言葉通りの価値観、夫婦観を持っていた。

エセ男女平等がはびこり、古き良き価値観は見事に崩壊、日本は心まで占領され、今や日本人の魂は根こそぎ奪われてしまったのである。

そんな中、ひとつだけいい傾向が見られるようだ。
それは今の一部の若い女性の間で、戦国武将ブームが起こっているということ。
武将好きの彼女らは、当然、強い男に憧れ、一応は男を立てることを美徳としているようではある。
今ならまだ、まっとうな親のいる家庭で育った子供だってたくさんいる。
男が結婚するなら、武将好きのギャルを狙え、だ。
それが幸せな家庭を築いていく、第一歩になるかもしれない。

イスラムを含む全世界で受け入れられてる、数少ない欧米のものにムーミンがある。
冒険心あふれるムーミンパパ、安定と安心をもたらすムーミンママ。
これは全世界共通の理想の家庭像だ。

『 男は仕事、女は家庭 』

昔は当たり前だった、このことが日本では軽んじられるようなった。
キリスト教色がないムーミン。いつもウチにいて家族に安心を与えるムーミンママのいる幸せな家族イメージは、イスラム諸国でも安心して子供に見せられる数少ない欧米文化の産物のようだ。
日本のドラエもんも、ママはいつもウチにいて家庭を守っている。元々は同じようにイスラム諸国はじめ全世界で受け入れられていたのだが……今のドラえもんは……

男は働き、女は家庭を守る。基本はこれだろう。これをスタンダードとした社会が作られるよう、日本もこれに帰すべし。
全世界共通の家族の理想像。

TVアニメ『ムーミン』(1969) テーマソング
私はDVDが発売されてない『ムーミン』TVアニメ旧バージョン(DVD化されてる『楽しいムーミン一家』ではないもの)のビデオ(詳しくは右画像クリック)をオークション等で入手し、何本か持ってます。この主題歌が大好きだし、声もこの方がとってもなじみやすいから。
---------------------------------------------------------------------
◆敗者の名誉を重んじた日本人 〜 日本で切腹が存在した意味

◆天皇陛下万歳! 大日本帝国万歳! 〜 愛国者なら大ヒット作『明治天皇と日露大戦争』は必見!

◆本物の“大和撫子”入門 〜 我の否定、徹底した自己犠牲精神 新渡戸稲造『武士道』より

◆戦前の絵本から 〜 真実の日本軍。最強だったその勇姿

◆日本の繁栄を信じて、ふるい立った英霊たちの思いにつながりましょう 〜 貴方も英霊たちの本当の仲間になるために

◆ベルマークは朝日新聞と日教組の利権 〜 朝日新聞が嫌いならベルマークへの協力やめよう!

◆「原爆は天罰!」公明党=創価学会教祖 池田大作の歴史観〜朝鮮人の発想だろ

◆水面下で進む中国の人口侵略 〜 日本の女は悪魔の洗脳で家庭離れ

◆女子供の洗脳で男もバカになった! 〜 ジェンダーフリー 日本総フヌケ化

◆自然の摂理に反し続ける日本 〜 歪曲された男女観と価値観

◆失われた日本人の精神性と天皇の祈り 〜 信仰とは信条を持つこと。神を信じる否かは関係ない 〜 母と子が父の無事を祈る『里の秋』

◆売国政策に関わらず日本人は滅亡だ!〜急増する外人女との結婚 〜 貞操観念最悪の現代日本女性

◆ジョンとヨーコの愛と平和は、誤魔化しのインチキ! 〜 家族を捨てた逃げ口上

◆子供向け 安心できる日本のアニメ おすすめセレクション

◆萌えキャラに熱を上げる男の子たちってのは・・・マスコミの白痴化政策に注意!
トップ | 世界に比類なき日本人の精神性 | permalink | comments(11) | trackbacks(0) | - | - |

“人類、皆兄弟”、“肌の色が違っても人間みな同じ”・・・
〜 左翼的に思える言葉でも時代考証が必要ですね

(2015.11.17)
ここで紹介のA.U.A.A. がどうしてもシッカリ聞きたくて、ずっと前にCD買おうかと迷ってたけど大変なプレミアムで、アナログレコードを探したらまあ適切な価格で買えたんですね。アナログの方が音が太い太い、迫力もあるし。マイナーだけどこのアルバム凄いいいわ。昔の曲はCDより、状態のいいレコード買って高音質でCDに落として聴くのが一番いい。
-----------------------------------------------------------------------------
(2010.9.11)
ここでも絶賛している川内康範氏のレインボーマンの主題歌 歌詞に、「肌の色が違っても人間みな同じ」といった、左翼的な歌詞が出てきますが、今これだけ聞くと、「左翼だ!」とか思ってしまいますよね。
コメントで教えていただきましたが、これは当時の時代状況を考えて、全然違う捉え方をすべきです。
当時(1972)はアパルトヘイトなどの黒人差別が歴然と存在し、白人が東洋人を見下す傾向だって今以上にずっと強かった。日本人だって当時、欧米人に対するかなりの劣等感がありました。海外旅行なんて、庶民には高値の花。

だから当時の、「人類、皆兄弟」的なキャッチフレーズが、国を否定する世界市民的な左翼イデオロギーに端を発してるかというと、それは明らかに異なります。
「オレたちだって、白人と変わらない人間なんだ」という、差別を受ける黒人はじめ有色人種側の言い分を訴えたものと考えれば、全然違うメッセージになってしまうわけで、日本人だって人種差別撤廃を主張していた有色人種の一つにすぎません。

しかし、国連を最たるものとする今の左翼は、「人類、皆兄弟」、「肌の色が違っても人間みな同じ」といった、当時、流行していた言葉の意味を歪曲し、民族の文化や国家までも否定させるなど悪用しているということです。
元々はいろんな民族の文化や風習を守ってあげなきゃ、という意味も含まれていたはずなのに、それとは正反対に単なる画一化を目指すためのスローガンに利用され、さらには男女の区別まで無くそうという、とんでもないものにされてしまった。
そのうち、「付いてるものが違っても人間みな同じ」、なんてキャッチフレーズが出てきたって不思議ないくらい。

だから、レインボーマンの一部の歌詞や、『仮面ライダー』でも「世界の平和を守るため」といった歌詞があって、これら言葉から川内氏や石ノ森氏らの作者が、地球市民的な世界統一まで考えていた左翼かというと、それは全く異なります。

でも卑劣な現代の左翼は、こういった利用できそうな言葉を本来のメッセージとかけ離れた意味に転化して、どんどん悪用していくということです。
おわかりでしょうか。この種の異常に飛躍的な左翼の歪んだ論法には、十分ご注意ください。

現在、保守・タカ派を代表する政治家である、現 東京都知事 石原慎太郎氏が若い頃、どんな小説を書いていたかご存知でしょうか?

『太陽の季節』『狂った果実』予告編はコチラ)など、その内容は、不倫、背徳、享楽的なセックスに溺れる若者たちの世界が描かれ、要するに左翼的な反道徳小説の草分けであり、その筆頭ともいえます。
しかも、石原氏原作・脚本の映画は、当時の未成年者の観覧を禁止させるほど、一大社会問題にまで発展しました。
映像規制をかける、今の映倫(映倫管理委員会)ができたのも、石原氏の過激な映画内容に端を発したからなんですよ。(Wiki参照:太陽の季節

そういう意味で、石原氏は現代の享楽的な左翼文化を作った張本人、時代の革命児でもあったわけです。じゃあ、石原氏も左翼かというと、明らかにそれは違い、紛れもなく保守政治家でしょう。
でも彼自身、若い頃に面白がって作った反社会的な小説に対する反省の念を持ってる可能性、ないとはいえないでしょうね。
彼自身、若い頃かなりの浮き名も流していたようですから、「あんな奴が保守を気取るなんて、とんでもない!」、石原なんか大嫌いという人、彼の年代周辺の方にはたくさんいます。

映画『狂った果実』などが公開されたのは1950年代なので、団塊世代だってこの頃はまだ小学生。
石原氏の映画をリアルで見て育った世代というのは、平沼赳夫氏らがギリギリで、それよりちょっと上の人たち、現在70歳半ばの方々が中心。

『 サン・シティ 』  AUAA(1985) 詳しくは右画像クリック
Sun City - Artists United Against Apartheid
サンシティとは、南アフリカのサバンナに開設されたカジノ、コンサートホールなどを擁していた一大リゾート施設で、クイーンやエルトン・ジョンといった大スターを高額の出演料で呼び寄せ、連日公演を行っていた。しかし1985年、「アパルトヘイトに反対するアーティストたち」(Artists United Against Apartheid)という音楽業界人の政治活動グループでアパルトヘイト(特に南アフリカにおける黒人などに対する差別的な人種隔離政策)を象徴するものとして取り上げられ、シングル『サン・シティ』が発表された。マイルス・デイヴィス、リンゴ・スター、U2のボノ、ブルース・スプリングスティーン、ボブ・ディラン、Run-D.M.C.、パット・ベネター、ピーター・ガブリエル、ホール&オーツ、キース・リチャーズ、ロン・ウッド、ジョーイ・ラモーン(ラモーンズ)、マイケル・モンロー(ハノイ・ロックス)、ルー・リード、ジャクソン・ブラウン、ピート・タウンゼントなど合計49人・組のアーティストが参加し、「こんなリゾートでは演奏しない」と歌い上げた。豪華ミュージシャンの参加は大きなニュースとなったが、保守系ラジオ局ではかけられなかったこともあり、曲自体はあまりヒットしなかった。このCDは現在、大変なプレミア品となっている。
---------------------------------------------------------------------------
(2011.9.15)
ここで紹介の、人種差別に反対していた当時のAUAAの顔ぶれと対照的に、当時の人種差別の象徴として非難されていたサンシティのショーにはクイーンやエルトン・ジョンが協力していたという事実・・・あれ? クイーン、エルトン・ジョン・・・この二つって、どっちかというと今ではゲイを象徴するようなアーチストですよね。

さらに当時、AUAAに参加していたU2の側が今ではグローバル化に反対し、今や左翼の巣窟となって世界の文化破壊を進めている国連や男女平等・環境保護等を主張する国連の関連団体“世界経済フォーラム”などの欺瞞性を糾弾しているという事実。

当時、人種差別に反対していたU2のようなアーチストが今のグローバル化に反対していて、人種差別の象徴であった施設へ協力・出演していたアーチストの側には同性愛やトランスジェンダーを代表する(今の左翼に政治利用されている)ようなアーチストたちがいた。
これはわかる人にはわかる、非常におもしろい現象ですね。いかに今の差別撤廃や環境保護を主張する連中(左翼)がエセであるか端的に表れてます。
ただ、世界のグローバル化に反対だというU2のボノも反捕鯨のグリーンピースを支持してる噂もあって、結局どっちも左翼じゃんって感じ・・・

左翼の巧妙な文化破壊・男女観破壊等の精神侵略を見抜けない鈍感保守には、わかりにくい内容かもしれませんが。
---------------------------------------------------------------------------
(2012.10.20)
坂本龍一の『Zero Landmine』(N.M.L)は日本ではオリコンナンバー1を記録するほどのヒットでしたが、こっちのA.U.A.A.(Artists United Against Apartheid = アパルトヘイトに反対するアーチストたち)の方は、当時の日本のラジオでは結構かかってましたが、海外では保守系ラジオが流してくれなかったりとかで、いろいろ苦戦したようですね。このA.U.A.A.では、このジャズ・バージョンがすごく好きだった。マイルス・デイヴィス、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウィリアムスなど、そうそうたるメンバーが参加していて、マイルスのトランペットが非常に耳に残る。先の『サン・シティ』の出だしでも、マイルスの奏でるトランペットが非常に印象的。
アパルトヘイトへの関心なんて当時から全くありませんでしたが、こんな世界になってしまうくらいなら、今では別に南ア一国くらい、そういう国があってもよかったように感じてます。

The Struggle Continues  A.U.A.A.  (1985)
-----------------------------------------------------------------------------
◆専業主婦の出現が抜群の家庭安定をもたらした!〜長期で見る日本の離婚率推移

◆最も有害なのは反日法案より今のフェミニズムだと早く気づいて!〜 聖書を曲解、悪用してフェミニズム運動に利用する狂ったキリスト教団

◆正に神がかり!予言者 川内康範 〜 レインボーマンの世界は現代日本そのもの

◆“初音ミク”だって、草食系男子と同じフヌケ化工作の一貫ですよ!〜 ボーカロイドだって将来のセクサロイドへの試金石

◆なぜ『ちびくろさんぼ』を左翼は嫌ったのか? 〜 殺されて生き返った絵本

◆“神”、“カリスマ” 左翼プロパガンダの常套手段 〜 本物の神を貶め、“神”を安売りする貧脳 左翼メディア

◆平和ボケ左翼は、自らが悲惨な目に遭うまで気づかない 〜 映画『わらの犬』に見る、フヌケ左翼男の豹変ぶり!

◆ジャイアンを除け者にして、いじめるのが左翼 〜 “力を合わせて権力者を倒す” これも左翼プロパガンダの定番

◆朝鮮・同和・原爆・弱者 ← 左翼の食い物 〜 利権あさりと誹謗中傷に明け暮れる左翼

◆ドラえもん、仮面ライダーだって、今や子供を左翼洗脳で堕落させる道具

◆フェミニズム・アニメと単に強い女が出てくるアニメの違い 〜 反日ドラマと仮想敵を日本にしただけのドラマの違い

◆終戦日に寄せて。世界各国が自国のため戦ったことを歌っている、ドノヴァンの『ユニヴァーサル・ソルジャー』について
トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(10) | trackbacks(3) | - | - |

反シナ・反朝鮮というだけの短絡的なネトウヨがマンセーする、日本における拝金主義・フェミニズムの権化 福澤諭吉について

(2014.5.22)
黒人にひれ伏し、英米とは日本国民一人残らず命を棄てて戦えと言う福澤諭吉

ここで福沢のシナ人への論評=「シナ人などの如く、我国より外に国なき如く、外国の人を見ればひとくちに夷荻々々(いてき)と唱え・・・」 (『福翁自伝』)を引用してますが、この文、実は次のように続きます。

『・・・理のためにはアフリカの黒奴にも恐れ入り、道のためにはイギリス、アメリカの軍艦をも恐れず、国の恥辱とありては日本国中の人民一人も残らず命を棄てて国の威光を落とさざるこそ、一国の自由独立と申すべきなり。』

この中の【日本国中の人民一人も残らず命を棄てて】という文言が非常に気になります。誰もが後の「一億総玉砕を!」を想起することでしょう。命を懸けてなら、まだ少しはわかります。道とか理とか国の恥辱とか一国の自由独立とか、日本人の好みそうな言葉が上っ面では使われていますが、(はなから)命を棄てて…… 戦時でもないのにちょっと勇ましすぎませんか。
要するに国のためなら、日本人全員死のうと別にええじゃないかと言ってるわけですが、全員が命を棄てたら国は失くなります。福澤の言う国ってのはなんなんでしょう。
伝統的な日本人の文化・価値観のような中身にこだわらない福沢のイデオロギーでは、たとえ日本が左翼国家、共産主義国家になっても、国の中身を問わずそれを守れと言ってるようにしか私は思えない。
それなのに、こんな風に命を棄てて国のため戦えとだけは、福沢は言ってる。しかし、これでは国のため死ねと言ってるだけで、何のため死ななきゃいけないのかまるでわからない。福沢の人の命に対するこの発想は、人を道具や肉の壁のようにしか扱わない典型的な旧ソ連型の左翼、これではソ連みたいな国で、ただ死んで来いと言われてるに等しいものにしか思えません。

少なくとも、軍の司令官が福沢と同じようなことを言うタイプだったら大変なことですよね(実際、戦中はそういう猪突猛進の指揮官も大勢いたわけですが)。私はそんなリーダーの元では命を懸けたくありません。命をつなぐための戦いではなく、自滅するための戦いにすぎないからです。

人権は、もちろん左翼の利権の温床になってますが、否定の仕方によっては、戦時の闇として、命が使い捨て消耗品のように扱われることになりかねません。
人が戦うのは本来、家族や子孫のためであるべきと私は思っています。
それなくして、いきなり国のために皆、死ねとなるのは、ここでも書いてますがソ連のような第二次世界大戦で最も命を粗末にした共産主義国家と同じになります。
また圧力による義務感より、まずは奉公・忠義心の美徳を育てるのが正しいやり方と思います。

上記『福翁自伝』文言と『脱亜論』をつなげば、福澤はつまり、こういうことを言ってることになります。
「朝鮮、シナとは縁を切る。そしてクロンボ(や他の有色人種には)にひれ伏すこともあれど、英米との対決では国民総玉砕をもいとわない」、これって完全に、「アジア解放のため」なんてうまくおだてあげて日本人をその気にさせて無謀な戦いに引きこみ、実は日本弱体化、滅亡を企む某勢力筋にとっていいこどだらけ。

「英米をも恐れず、一人残らず命を棄てて」、福澤のこの言葉は後の戦争の予言といえるほど大そうなものではないでしょう。アッチ側のエージェントでもあった福沢は、アチラさんからそういう話を暗に指し示されることもあったのでしょう。戦前(特に朝日新聞等)に「鬼畜米英!」と罵りながら、一億玉砕まで煽って戦争継続を主張していた勢力にもピッタリ重なってしまう。
しかしWW2戦前の実際の歴史は、福澤晩年に書かれた『福翁自伝』上記引用の言葉とは違い、福澤が没した1901年の何と翌年である1902年、日本は英国と同盟を結んで当時の覇権国であった英国側についたので、まだ日本は現実的な選択をすることで、日露戦争、第一次世界大戦と、うまく勝ち組となって日本は躍進、繁栄しました。英米と強力なコネクションを持つ高橋是清らが殺され(二・二六事件・1936)、石油も止められて(1940.7)英米と対決せざるを得なくなってしまうまでは。

日本に浅はかな戦争させ、日本人滅亡を図る勢力が当時から存在していたということ、留意しておくべきでしょう。そいつらは道とか理とかキレイな言葉を並べてくることがあろうことも。
福澤が1901年に没していなかったら、もしかしたら日英同盟もなく、もっと早く「鬼畜米英!一億総玉砕!」が声高々に叫ばれ、英米と対決することになっていたこともあったかも……しれませんね。
-----------------------------------------------------------------------------
(2012.12.5)   (始めから)
四民平等を唱えながらも、娘婿には士族出身でないと拒否
ルソーと同じく、早期教育を否定していながら、いち早く幼稚部を設置
金儲けだけはうまい、信念なき、ルソーと同じ“矛盾の人”


1874年(明治7年)に発足した慶應義塾幼稚舎では、1877年(明治10年)以降しばらくの間、男女を共に教育していました。これは近代以降の日本における、いち早い男女共学であり、希有なことでした。

福沢諭吉には4男5女の子供がいますが、自伝たる『福翁自伝』(1898・詳しくは右画像クリック)には、こんなことが書かれています。
*************************************************************
『福翁自伝』 より 「子供の教育法」
子供の教育法については、私はもっぱら身体の方を大事にして、幼少の時から強いて読書などさせない。まず獣身を成して後に人心を養うというのが私の主義であるから、生れて三歳五歳まではいろはの字も見せず、七、八歳にもなれば手習をさせたりさせなかったり、マダ読書はさせない。それまではただ暴れ次第に暴れさせて、ただ衣食にはよく気を付けてやり、また子供ながらも卑劣なことをしたり賤しい言葉を真似たりすればこれを咎めるのみ、その外は一切投げやりにして自由自在にしておくその有様は、犬猫の子を育てると変わることはない。すなわちこれがまず獣身を成すの法にして、幸いに犬猫のように成長して無事無病、八、九歳か十歳にもなればそこで初めて教育の門に入れて、本当に毎日、時を定めて修業をさせる。なおその時にも身体のことは決してなおざりにしない。
*************************************************************

早期教育の否定、幼少期の放ったらかしはルソーの主張と同じであり、福沢の教育理念にはルソーの強い影響が感じられるのに加え、子供の教育に“犬猫”とか“獣身”という言葉を使ってるところからして、あの人間獣化計画まで思い起こさせます。
しかも福沢は子供の早期教育を否定していながらも、実際は、いち早く自分の学校には幼稚部をちゃっかり設置するなど、その金儲けのうまさには特筆すべきものがあります。

福沢の本の詳細も知らずに短絡的に福沢をマンセーして保守派を自認してるなんてのは、ルソーの本の中身も知らず、一部の言葉だけ取り上げて、これこそ真の保守教育だなんて言ってるパッパラパーに同じ。さも日本的愛国者なんだとそのイデオロギーすり替えで福沢を持て囃す、アッチ側のマインド・コントロール工作の成果ともいえましょう。福澤のイデオロギー中身を知ってる確信犯は論外だが、無知だから許されるってものでもない。

フランス革命において、その思想基盤としてルソーのものが元になったのと同じように、今の拝金主義的な“日本革命”における思想基盤はすべて、福澤諭吉のものが元になっていると言うことができます。

福沢はさらに、上っ面では“四民平等”「人の上に人を作らず」と唱えながらも、次女 房の結婚相手となる士族出身でない男との縁談を、「娘の相手とするには身分が違う」と言うことで破談させたことがあります。こと自分のことになると、やっぱりそうなってしまうわけですね。結局、房の娘婿となったのは、甲斐の武田家に仕えていた家柄の岩崎家の桃助という人物ですが、その福沢桃介は後に巨万の富を蓄え、“電力王”とも呼ばれるようなったということで、なんか今の電力を巡る攻防を考えると意味深です (笑)。

戦前の福沢諭吉は本は売れていながらも、その存命中から民権論者やフェミニストの頭領のような存在に見なされていて大した評価されてなかったし、今のような神格化もなされてなかった。
対照的に、江戸時代の教育指南書『和俗童子訓』などを著した貝原益軒は、戦前までの教育では偉人として当時の教科書に何度も登場します。
福沢が評価されだしたのは戦後であり、特にその傾向が強まって、さも代表的なカリスマ日本人であるかのよう持ち上げられ、それを象徴するかのよう肖像が一万円札に採用されだしたのが1980年代半ばから。
福澤諭吉こそ、拝金主義蔓延による混乱する現代日本の象徴であり、1万円札で使用されてるのも、それを端的に示しているわけ。福沢のイデオロギーに現代日本人が無知であることを利用して、福沢なんかが代表的日本人であるかのよう勘違いさせるため、奴らにプロパガンダが図られてるにすぎない。

だから、ネット上に愛国保守を装って福沢諭吉なんかをマンセーする勢力がいることからしても、表のマスコミが煽ってるものに限らず、マスコミにはない、ネットで派手に煽られてるものについても、その逆を行かなければならないということ。奴らは当然、ネット上にも手は打ってあるのだから

福澤諭吉の『学問のすゝめ』(1872)は明治期に40万部以上売れたようで、現代なら人口比で100万部超のベストセラーに匹敵。また女権推進を奨める『女大学評論・新女大学』も以後の自由民権運動や女権拡張運動の隆盛に併せて五十版もの増刷が重ねられてます。この大ヒットは、今の左翼マスコミの作為的なヒット捏造と同じ、最初のアッチ側、日本史上初の左翼・金融勢力筋による話題作り、日本人に欧米かぶれ洗脳を施すための扇動仕掛け工作だったのではないかとさえ私は疑ってるよ。

過激なフェミ・左翼の福澤諭吉なんかをマンセーするアホなネトウヨを見て、左翼はニンマリ。フェミウヨともいうべき片山さつきや小池百合子なんかをやたら持ち上げてる発信源も、同じような筋なのでしょう。
また拝金主義・資本原理主義的な、かの小泉、竹中のような市場開放グローバル化全力推進の一派とも非常に相性が良さそうに感じます。ていうか、きっと福澤マンセーの発信源もこの筋に近いことでしょう。

加えて『学問のすゝめ』序文にあるシナ人についての論評から。
「シナ人などの如く、我国より外に国なき如く、外国の人を見ればひとくちに夷荻々々(いてき)と唱え、四足にて歩く畜類のようにこれを賤しめこれを嫌い、自国の力をも計らずして妄り(みだり)に外国人を追い払わんとし、却ってその夷狄に苦しめらるるなどの始末は、実に国の分限を知らず」(夷狄とは、未開の民や外国人、野蛮な民族を指す)

どうも、今の短絡的で排外的なだけの日本のネトウヨに向けて言ってるにも等しい内容に思えてなりませんが、こんなことまで言ってる福沢を、ましてや日本の排外主義者がマンセーしてるとするなら、サル、ピエロでしかありません。

日本にフェミニズムを輸入し拝金主義の権化ともいえる福沢諭吉なんかを、シナ・朝鮮叩きしてるというだけで短絡的にマンセーしてるネトウヨは、その無知蒙昧ぶりを曝け出してるといえましょう。
拝金主義、フェミニスト、平等論者、武士道精神の否定・・・福澤諭吉のような超リベラリストをマンセーしてる無知なネトウヨでしかないのなら、B層D層だの揶揄されても当然。そんなの左翼の思うツボ、ただの操り人形じゃん。

反朝鮮・反シナなんてだけで、到底、真の保守と言えるはずもありません。
軽々しく福澤諭吉なんてマンセーする前に、今も入手可能な『学問のすゝめ』や超強烈なフェミニズム啓発書『女大学評論・新女大学』とか読めばわかりますが、まともな保守層からすれば、福澤の思想書なんてとんでもない悪書だし、とても頭に入ってくる内容のものではないです。

坂本龍馬がユダ金(グラバー)の手先だったとか叩かれてるのはよく見るけど、ああいうのもどうでもいい方向へ陰謀論で誘導を図って攪乱、あっち側の工作にすぎないもの。
短絡的なネトウヨのシナ・朝鮮叩きに利用され、今や日本のおカネの顔にも成り上がり、拝金主義や平等・フェミニズムのイデオロギー基盤とされた福沢諭吉こそ、それこそユダ金・金融勢力の手先・筆頭だったと考えてしかるべき。ユダヤ陰謀論で坂本龍馬だのH・G・ウェルズだの、どうでもいいの叩いてるくらいなら、まずは福澤諭吉を叩けよ。

私は前から福沢諭吉が何となく好きになれませんでした。理由として、まずはあの顔です。これは冗談でなく、あの顔に嫌なものを感じるし、私は福沢の顔が嫌いです。これは私だけでなく、福沢の顔が、生理的だか直感的だかわからないけど、嫌いとか、気持ち悪いと感じてる人というのは、実は案外多いのではないかと思ってます。
要するにあの顔は理屈っぽい左翼の顔なんです。だから受け付けられないものがあったってこと。
あの気持ち悪い『こびとづかん』を意図的に流通させて子供に見慣れさせてしまえば、あんなのでさえ気持ち悪いと思わなくなってしまうわけで、それと同じく福沢の顔が日常的に誰もが使う紙幣に映っていれば、あの顔を見慣れさせてしまう効果を与えることになるのでしょうね (^^;

最後に、「シナ、朝鮮とは付き合うな」と書かれてるということで、福沢諭吉マンセーの元とされてる『脱亜論』について。
*************************************************************
『脱亜論』  (現代語訳)   (1885.3.16 時事新報)
日本の不幸は中国と朝鮮半島だ。
この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。
情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。
この近代文明のパワーゲームの時代に、教育といえば儒教を言い、
しかもそれは表面だけの知識であって、現実面では科学的真理を軽んじる態度ばかりか、道徳的な退廃をももたらしており、たとえば国際的な紛争の場面でも
「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
・・・
もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。
「東アジア共同体」の一員としてその繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
日本は、大陸や半島との関係を絶ち、先進国と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。
*************************************************************

『脱亜論』には、シナ・朝鮮が堕落したのは儒教のせいであるかのよう書かれてますが、よく読めば儒教本来の教えをこの『脱亜論』で福沢が否定したというところまでには至らないのですが、他の著作を読めばわかりますが、いずれにしろ福沢は儒教に否定的でした。

ただし福沢が『脱亜論』で言う、“儒教について表面だけの知識”というのは、俗にいう「論語読みの論語知らず」という言葉が示す意味と同じでありましょう。当時のシナ・朝鮮は既に、国・国民全体がそんな「論語読みの論語知らず」ともいうべき状況に陥ってると福沢は見なしたわけです。
つまり当時の朝鮮やシナにおいては、既に奥の深い儒教文化なんて形骸化し、中身の伴わないスッカラカンとなった退廃した精神しか残っていなかったという風に、『脱亜論』で福沢は言ってるわけです。

しかし、日本の武士道にもつながる忠義・奉公精神の拠り所とされたのが四書五経をはじめとする、それこそ儒教の教えが元でした。江戸時代までサムライの子女たちは必ず四書五経(詳しくは右画像クリック)を、現代のような解説書からでなく、原文の素読みによる読破で勉強させられていました。そして儒教の教えは日本の封建制度下においても脈々と守られ続けてきたし、当時の武士が最大の価値を置いたのはカネではなく、俗物を超越する忠義心などの崇高な精神が美徳とされました。

そして、この福沢諭吉の『脱亜論』を利用しての、よくある「朝鮮には手を出すな」なんて言葉をやたらマンセーしてるのには、偽装右翼勢力が多そうです。少なくとも発信源は極めてその可能性が高い。
日本が朝鮮・シナに全く手を出さないなら、それで喜ぶのは寧ろ朝鮮とシナの方です。日本がシナ・朝鮮に何も仕掛けないというなら、日本はこのまま負けてしまいます。そして現代の日本がやるべきは、領土侵攻でなく精神侵略でしょう。
あっち側(朝鮮の方)は日本に手を出しまくって、こっちはやられっぱなしで乗っ取られそうなのに、こっちには朝鮮に手を出すなと言ってるってことは、実は奴らが本当に守ろうとしてるのは日本ではなく朝鮮の方なのだと考えた方がいい。朝鮮系エセ右翼の方にこそ、この『脱亜論』の福沢の言葉は利用価値がある。

では、福澤諭吉の朝鮮人に対する実際の心象とはどういうものだったのか。『福翁自伝』に福澤の出身地たる中津藩(今の大分)の武士についての論評にこんな記述があります。
*************************************************************
【本藩に対してはその卑劣、朝鮮人の如し】  『福翁自伝』 より
日本国中の大名の家来は大抵みな同じことであろう。藩主から物を貰えば拝領と言って、これに返礼する気はない。馳走になれば御酒下されなんと言って、気の毒にも思わずただ有難いとお辞儀をするばかりで、その実は人間相互いの附き合いと思わぬから、金銭のことについてもまたその通りでなければならぬ。私が中津藩に対する筆法は、金の辞退どころかただ取ることばかり考えて、何でも構わぬ、取れるだけ取れという気で、一両でも十両でも旨く取り出せば、何だか猟に行って獲物のあったような心持がする。拝借と言って金を借りた以上はこっちのもので、返すという念は万々ない。かりそめにも自分の手に握れば、借りた金も貰った金も同じことで、後のことは少しも思わず、義理も廉恥もないその有様は、今の朝鮮人が金を貪ると何にも変わったことはない。嘘も付けば媚も献じ、散々なことをして、藩の物をただ取ろう取ろうとばかり考えていたのは可笑しい。
*************************************************************

福澤は、とにかく朝鮮人は金に目がない人種だと見なしてるようですが、朝鮮人に限らず日本のサムライだって、金を見ればただ貪ろうとする朝鮮人と変わりなく、それは中津藩に限らずサムライ全般に亘って皆こんな風に浅ましいもので、だから日本のサムライだってそんな大した存在ではないのだと言ってるわけで、サムライさえも貶めようとしてる意が見えるんですね。

福澤の『脱亜論』は、日本にそれまでの日本を捨てさせて近代化させることが第一義
その近代化・欧米化を、同じアジア隣国のシナ・朝鮮と共に目指そうというのでなく、
単に、シナ・朝鮮は見捨てて日本のみで目指そうと主張してるにすぎない


福澤が『脱亜論』を書いた背景には次のようなものがあります。
福澤は当時の朝鮮国内の開化派であった金玉均を支援したが失敗してしまいました。だから福澤には日本の近代化・西洋化を、朝鮮も混じえて一緒に推し進めていこうという目論見が当初はあって、その延長上に出来ればシナも一緒にというのが、福澤の眼中にあったのですが、福澤はそれは叶わぬことだと判断、見切りをつけたわけです。

だからこの『脱亜論』、福澤の頭の中では、とにかく日本はこれから近代化、西洋化を目指していかねばならないという命題ありきだったわけだけど、歴史的に古くから付き合いのあったシナや朝鮮と共にそれを目指そうなんて愚かなことは考えず、シナ・朝鮮と付き合っても足を引っ張られるだけなので、日本だけが今までの日本から生まれ変わっていこうという、単にそれだけの意図、視点から書かれたものにすぎません。
日本が“新しい日本”を目指していく上で、その後の国策ともされた“脱亜入欧”という言葉が示す通り、“脱亜”すなわち欧米化することで、それまでの日本的・封建的なものサムライ的なものを含め、日本の伝統・文化的な価値観など捨ててしまう方向へ持っていくために必要だとする“脱亜論”なのです。
当時の日本の“近代化”(あるいは合理化や欧米化)に近いイメージとしては、現代なら“グローバル化”という言葉がそれに匹敵するでしょう。要するに福澤諭吉という人物像は、「(現代日本で)何が何でもグローバル化」と考えてるような人をイメージすればわかりやすいでしょう。

要するに福澤諭吉の『脱亜論』には、日本が伝統・文化を守りながら、これからも日本が日本たりえるため、日本らしさを守りながら、それなりの近代化を図ろうといった、良識的な保守系知識人のような観点は完全に欠落してるということです。古き良き日本を捨て、それまでの日本を破壊するための“脱亜論”であって、言い換えれば“日本革命論”の一端にすぎず、日本を欧米的な社会とする“日本革命”を達成するための過激な“脱亜論”にすぎなかったのだということ。
『脱亜論』の一文を取り出して、福澤諭吉が愛国保守かのよう取り上げるなんてデタラメ、とんでもない欺瞞、詭弁といえます。仮に愛国左翼とはしても、到底、保守とはいえない。

福澤の視点というのは常に唯物的であり、そこには心が感じられません。カネに拘らなかったサムライや、いざとなれば命をかけて忠義を尽くすという、日本人が有していたそれまでの武士道精神の高尚性など、福澤には何も見えてなかったに等しいのだと思います。
むしろ福澤の頭の中は、そういう日本の古い封建的な価値観こそ日本の近代化を阻害し、人の自由まで侵害・束縛してしまう有害なものだという認識、思いでいっぱいだったのに違いありません。

福澤諭吉がおカネの代名詞にされてるのは、決して日本で一番偉大な人物だから一万円札の顔になってるというわけでなく(左翼やフェミニストにとってはそうかもしれないが)、福澤のイデオロギー中身を知るアッチ側の連中からすれば、福澤は大いに利用価値ある人物だということ。

福澤のイデオロギーは、とても日本的な真の保守と言える代物ではないよ。
福澤諭吉は、いわば日本におけるフェミニズムや短絡的なフェミウヨの教祖。

ここまで書いて、福澤諭吉のイデオロギーを知った上で、日本で保守派称して福澤なんかをマンセーする者がいるとするなら、もはやそやつは精神論なき、ただの拝金主義の奴隷たるエセ保守を自称してるにすぎない。福澤諭吉マンセーなんて、あっち側の手先と化してるも同然です。  (続く)

『トゥー・トライブス』フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド
Two Tribes - FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD(1983)

昨日の『リラックス』に続いてフランキーの代表曲の一つ(詳しくは右画像クリック)。“Two Tribes”とは、二つの民族の意。当時の米ソ首脳、レーガンとチェルネンコのソックリさんの格闘シーンは今見てもおもしろい。過激なビデオが大変話題となり、英国では9週連続1位という大ヒットした反面、当人のいる米国ではいまいちヒットしませんでした。
<
-----------------------------------------------------------------------------
(続き)◆慶応大 広告学研究会 女子大生集団レイプ輪姦 凌辱撮影ビデオ バラ撒き事件の顛末 〜 続・エセ保守がマンセーの福沢諭吉

(始めから)◆反シナ・反朝鮮というだけの短絡的なネトウヨがマンセーする、日本における拝金主義・フェミニズムの権化 福澤諭吉について

◆左翼教育者が持ち上げる、フランス革命を引き起こしたルソーの人間獣化思想 〜 ルソー生誕300年で、日教組やPTA左派が暗躍中

◆要するにアリの世界 〜 男女共同参画だの左翼の社会ってのは

◆戦前の道徳教科書『修身』に見る加藤清正の武勇伝 〜 自虐史観の正反対から見る豊臣秀吉の朝鮮侵攻

◆仁・義・礼・智・忠・孝……五倫、四徳、五条、四端の心から道を修むる 〜 侍が学んだものを学び、偉大な先人たちと志を一にす

◆朝鮮人による朝鮮人叩き。いわゆる“在日認定”のカラクリ 〜 左翼による左翼叩きの目論見まで  ≪工作員入門≫

◆キチガイ講談社『たのしい幼稚園』付録の卑猥な最低デザイン 〜 最近の書店の子供向けコーナーから

◆反シナ性を利用して、チベット、ウイグル問題から保守層・保守系政治家を左翼に取り込むカラクリ

◆男の子が赤いランドセル背負ってるのってどうよ? 〜 男女観破壊、左翼イデオロギー刷り込みのベネッセCM

◆日本人なら『ねずみの嫁入り』の世界観を!〜 陰謀の黒幕を考えるのでなく全体として捉えられる感覚を持ちましょう

◆エセ保守 捏造ノスタルジーの映画『ALWAYS 三丁目の夕日』について

◆シナ人のモラル劣化より、日本人のモラル劣化の方が心配

◆ちょっと未来へ行って、家畜と化した人類を見てきました 〜 映画『タイム・マシン』 H・G・ウェルズ原作より
トップ | 福沢諭吉は拝金主義とフェミニズムとの教祖 | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |














2010.3〜