日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う

プリンやケーキを食べる、ホテル1泊男子会が流行ってるって!?
〜 ホントに食べたいものって違うだろ!!

(2018.11.28)
【18歳の男の子大歓迎】未経験問わずの高収入売り専アルバイト! --- ゲイ求人情報
■募集ジャンル
ウリ専・ホスト
■給与
【雇用形態】バイト/パート 【給与形態】日給 2万〜5万円以上可能 歩合制
例)60分 7000円 ロング 16000円


「売り専 バイト」って検索してご覧。↑こんな風なバイトがいっぱい募集されてるから。
どんな仕事かというと、こういう仕事(←閲覧注意)。
“LGBT”だの“レインボー”だの“BL”だの、まやかしキラキラ言葉が使われてますが、要はアナル変態SEX好き畜生にすぎません。真実を知っておいて。
男女による本物の性交だと売春で犯罪になりますが、男同士だと性風俗と同じようなもので売春扱いにならないんですね。
こんな奴らを優遇させようとするLGBT保護法案なんて進める連中はブッ殺していい連中。ホモレズ推進条例制定した東京都知事 小池百合子はキチガイ、悪魔、若い男をお膝下 新宿二丁目の店とかで売らせてる人間のクズ。
この通り、ホモはカネになるんです。ただ男の場合、女ほど寿命が長くない。だからこの種の仕事やってる男は、どうせ男相手なら自分が女だったらいいのにと考えたりすることがあり、それで女になろうとする者も中にはいる。だから、そういう仕事が出来なくなった奴へ生涯にわたってカネを支給してやったり、ホモに男を買うためのカネを支援してやったりというのが小池とかの政策。
若い男同士でホントに恋人同士になる真正ホモなんて、まず、いないから。ゲイというのは、そのほとんどがカネで男を買ってるだけ。こういう男遊び覚えて味をしめてるような奴には、ちょっとインテリで金持ってるようなのが多い。芸能系とかにも。
ジャニーズ事務所ってのは、つまりクソジジイにこういうことされることによって人気者になれるんですよ。ロリコンホモ変態クソジジイに手つけられることわかってて、ジャニーズに息子を売った母親はクズ。

ここの読者は、もしも子供がこんなバイトやったりしたら切腹モノではないですか。容赦なく子供を殺して、自決するでしょう。
----------------------------------------------------------------------------
(2017.4.9)
虐待で保護されてたという子がゲイ夫婦(男性同士)に預けられたという恐ろしい現実。児童相談所にさらわれた子供たちが変態異常者のオモチャにされる。
ロリコン変態ホモの群れに放り込まれた子供には、これまで以上の地獄の性的虐待が…… これを公然と進めるキチガイ政府。アブノーマル男夫婦の異常環境に子供は逃げ場もなく人間性破壊、虐待を合法的に組織ぐるみで推し進めるクズ政治家ども。ホモ、レズビアンを増やすキチガイ政策。
これを批判する政治家も、保守(笑)言論人もいない。あいつらは皆、クソじじいや変態どもの利権を守るための子飼い。持上げられてるあいつらクズども、皆、朝鮮人。
----------------------------------------------------------------------------
(2015.5.11)
少女に援交を煽ったり早期処女喪失を推奨して女のアバズレ化が図られてるのと、男(少年)への同性愛引き込み工作というのは、その意図するものは同じ。男性へのホモ化推進も、基本的には普通の同性少年同士で愛し合ったりとかいうより、ホモ・オヤジが若い青少年の抵抗感をなくさせて手を回しやすくするための工作だからね。金持ってる各界の自称インテリどもの変態ホモ行為(ゲイ、バイ)道楽のために。朝日新聞とかは特に多そうだね。

マツコ・デラックスなんて、毎夕やってた東京MXのトーク番組に出始めてた駆け出しの頃から、「私のお母さんとか、夫が男性として初めてで、そういうのが殆どの世代だからー」とか言って、「もっと自由に性を楽しむべきよ」なんてのたまい、そんな理由で自分の母親やその世代を見下してたのを私は今でもシッカリ覚えてるよ。当時、「なんでこんな気持ち悪い顔のデブの変態女装オカマが出てんだろう」って思ってたけど、あんなつまらないトークする奴がまさかここまでメジャーになるとはね。日本破壊企てる暗黒勢力に持ち上げられてるせいで、発言権を与えられて偉そうにツケあがってるけど、せいぜいデブ専ゲイ・バーで勤めてるぐらいが、本当なら関の山。大体、マツコ・デラックスなんて、名前からしてふざけてるし、マツコ・アブノーマルくらいでちょうど合うのに。
あの頃から既に、奴らの壮大な仕掛け工作がなされてたってこと。
----------------------------------------------------------------------------
(2014.4.9)
お若い男性は、むやみに自分の体を売ったりしないでくださいね。童貞でもお尻は処女(?)じゃないような方が、実は結構多いのではないかという気がしてるのですが……
最初は興味本位だったり、おカネのため、あるいは現代の女に幻滅してたりする方も多いのかもしれませんが、それでも大切な自分の体を安っぽく弄んではいけませんよ。性病だってありますからね。
◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
「梅毒」患者数、若年層に増加 昨年1200人超え 2014.4.7 産経新聞
主に性行為で感染する感染症「梅毒」の昨年の患者数が、現行の統計法になった平成12年以降、初めて1000人を上回ったことが6日、分かった。過去には大流行も引き起こした病も、現在は抗生物質で治療可能。そのため「過去の病気」と思われがちだが、ここへ来て若年層を中心に感染者がじわじわ増加中だ。専門家は「早めに治療を受け、感染拡大を防いでほしい」と話している。
国立感染症研究所(東京)によると、25年に梅毒と診断された人は前年比351人増(1.4倍)の1226人(速報値)。22年の621人から3年連続で増加している。男性が989人と8割を占め、特に25〜39歳と若年層での感染が目立つ。感染研細菌第1部の大西真部長は「増加の原因は不明だが、患者の多くは男性同士の性的接触の経験を持っている。こうしたコミュニティーに梅毒が入り込んでいる可能性がある」と指摘する。
梅毒は梅毒トレポネーマ菌が性行為などによって皮膚や粘膜の傷口などから侵入することで感染する。皮膚が赤くなったり、リンパ節が腫れたりすることから始まり、現代ではまれだが進行すると脳や神経が侵され死亡することもある・・・
-----------------------------------------------------------------------------
(2011.9.27)
男同士 ホテルで1泊2日「男子会」が人気 週末スイーツオフ会など (朝日新聞 2011.8.19)
男同士がホテルに集まり、1泊2日を過ごす「男子会」が意外な人気を集めている。30〜40代の中年男性が多く、ケーキやプリンを好きなだけ食べられるプランが一番人気だ。好評だったことから、ホテルでは期間を延長し、今月末まで受け付ける。

・・・彼ら(右写真)はホテルが企画した「男子会」プランのお客。4人の年齢は20代から50代。職業も学生から自営業、会社員とさまざま。
・・・お菓子のおいしい店などの情報を交換しながら、数時間を過ごし、ホテルの部屋に引きあげた。

同ホテルは2月15日から「男子会」の募集を開始。値段は1人1万5千円から。プランは「飲み会」「スイーツ」「うたごえ」など五つあるが、週末や祝日に35種類のケーキやアイスクリームをバイキングで選べるプランの「スイーツ」が一番人気。「飲み会」が次となっている。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
コメントでいただきましたが、本当はただのホモ会にしか見えない、こんな怪しげで危険なものを、わざわざ流行ってるなんて提灯記事で紹介する変態 朝日新聞。もう完全に地に堕ちてます。(この記事への各人の寸評は左画像クリックをご参照)

援交・同性愛推奨 モラル破壊にいそしむ朝日新聞

ホモは差別用語だとか言ってくるアホがいるようなので、今日はゲイと言わず敢えてホモと言います。
専業主婦を蔑視し、早期セックス、お金を貰ってのセックスを推奨している朝日は、かつて少女の援助交際を認めるよう主張してました、

男を立てたり、男に尽くしたりといった大和撫子的な素養が日本女性から消え去り、仕草や振る舞い、言葉遣いに女らしさなんて微塵もないのに、座って股も閉じないくせ化粧だけは着飾っていたり・・・
ジェンダーフリー 男女の性差がなくなり、女らしい女、男らしい男がいなくなってしまった・・・これじゃあ結局、恋愛対象が男でも女でもどっちでもよくなるのは当たり前。
ホモ、レズビアンなど同性愛者が増えるというのには、こういうところも非常に影響してます。
かつての日本女性、男をしっかり立て、男に尽くす・・・それに男が応え、女を守る・・・往年の日本人は見事でした。

もちろんホモ、レズビアンもひどいですが、特に許せないのがバイセクシャル。自らの快楽を貪るためだけに人をオモチャにしようとしか思ってないし、都合いい時に男になったり女になったり・・・節制の欠片もなく、人間としてのモラルが底抜けした調子いいだけの最低の連中です。

左翼マスコミはLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)らを差別するなと大騒ぎしてますが、同性愛なんてほとんどが後天的なものであり、左翼反日マスコミらは日本民族の破壊目指して日本人のホモ・レズビアン・バイセクシャル化を推進してます。

マイノリティの人権を守れだのと騒いでる奴らがいるが
女の援交と同じように、ホモも実はお金に始まることがほとんど


そしてホモやバイセクシャル、実は遊びやお金から始まることが非常に多い。
上のような“男子会”記事に影響受けて、女に嫌気さしてるような男が寂しくてフラフラ行ってしまうようなことも多いのかもしれませんが、そこでホモ爺から誘い受けて味をしめてその道に入ってくといった、少年・青年の援交の巣窟になる可能性が極めて高い。

見てくれのいいサクラの若い男もいたりで、その筋の変態オヤジたちをその気にさせてリピーターにするようなシステムだって仕組まれてることでしょう。

新宿二丁目とかだと、きっと今なら男一人買うのに1万円もしないと思いますが、若い体を武器にカネが欲しいような男なら、こういう場なら店のピンハネとかもないしマルマル自分のカネに出来て・・・
レベルの高い少年系となら、きっと4〜5万円払ってでもやりたがる、カネ持った男性というのもいることでしょう。当然、芸能界にはホモやバイが多いし、マスコミやある種のインテリ富裕層にも確かにホモやレズビアンは多い。

ゲイは現代の宦官であり、一過性の消費傾向は女と同じ

昨日のLGBTとソフトバンク - 電通の濃密な関係について書いた記事で引用した、GQに出ているゴールドマンサックスのゲイを公言して同性結婚までしているスタッフ、これって要するに、使いやすい宦官化したスタッフを会社が優遇してるってことだろ。子供も作らないし、あとあとそのスタッフの子孫が組織に紛れ込んでくる心配も要らないからって。かつての中国を考えればわかりやすいでしょう。

そしてLGBTというのは、マーケティング的に見ればGQの記事にもある通り、基本的に自己のためにしかお金を使わない女性的な消費志向と同じであるということ、ここがポイント。要するに頭にあるのは目先、今だけで、子孫代々の繁栄なんて全く眼中にないということ。

デモまでして人権アピール、政治活動でシャシャリ出てくる同性愛者(LGBT)たちに、お子さんたちが変な風に感化されないよう警戒を怠らないでくださいね。むしろ実態は、ホモよりレズビアンの方が数は増えてるようなので、女の子をお持ちの皆さんも気をつけて! 同性愛への抵抗心は、既に男よりも女の方が薄らいでしまってます。

『愛にすべてを』 クイーン
Somebody to Love - Queen (1976)

ボーカルのフレディ・マーキュリーがゲイであって、既にエイズで亡き人になってしまってるため、クイーンは今、LGBTのシンボル的に利用されてるみたいです。フレディ本人はそんな政治的活動なんて全く考えていなかったと思うし、奴らにそんな風に利用されてることを思うと非常に悲しいです。これは私がクイーン(詳しくは右画像クリック)で一番好きな曲だけど、同じくゲイのジョージ・マイケルの歌でもリバイバル大ヒットしました。こんなところにも明らかに奴らの思惑が隠されてますね。尚、英国のクイーンは米国より先に日本で人気に火が点き、女子にも大人気のロックバンドで私も大好きでした。この歌の頃はフレディがゲイだなんて、まだ知られてなかったのだと思いますが、後にゲイだって話を聞いて驚きました。
----------------------------------------------------------------------------
◆ゲイ(同性愛者)と虹とソフトバンク 〜 LGBT=レインボーカラーとは 〜 日本人のモラル破壊プロパガンダ企業の筆頭 SoftBankと電通

◆同性愛についてです◆淵曠癲法 同性愛者が知的なんて言ってる連中は戦車で轢き〇すべき!

◆ド底辺!? 援交アバズレ年増女の増殖

◆フェミと変態オカマを煽るマスコミ 〜 “男の娘”凌辱ものまで

◆近いうち、3D世界で性器まで完全装備 大掛かりなセックス・マシンも出現!〜 萌え系やオカマ、ゲイなど政治利用されてますが、3Dには細心の注意を!

◆精子の薄くなった日本人 〜 日本人のオタク化がどんな末路を迎えるか

◆“オタク” が違和感持たれなくなってしまった時代、そしてこの先は、“オカマ” が違和感持たれなく ・・・

◆フェミニズム家庭崩壊=左翼 朝日新聞=朝鮮 〜 腐った反日新聞の朝日

◆日本にはもう、強い男がいなくなるの!? 〜 文化に愚鈍な保守が多すぎる!

◆フェミと、生き方の自由を主張するオタクは同種のもの 〜 たとえ独身で子供がいなくとも、やれることはあります

◆同性愛の罪 〜 同性愛、ホモ、レズ、オカマの蔓延も日本破壊工作ですよ!

◆“恥の文化”から“恥知らずの文化”に成り下がった日本

◆日本破壊・売国バラ撒き“クールジャパン”国策で支援されるキチガイ劣悪音楽・アニメ・デタラメ日本文化(=暗黒勢力・朝鮮文化)
トップ | フェミニズムで腐った男女観 | permalink | comments(13) | trackbacks(1) | - | - |

歌に見る男女観の変遷 〜 失われた自然に叶った男女観

(2018.11.18)
ここに貼ってある青山テルマの『そばにいるね』(2008)は日本音楽史上、最もヒットした曲としてギネスに載ってるそうですね。日本での最大売上レコードは500万枚の『およげ!たいやきくん』(1975)ではあるのですが、レコード、CDにデジタルダウンロードを加えた総数では何とこの『そばにいるね』が1000万近くになりトップになるそうです。しおらしい女性の心情を歌った普通にいい曲だし、日本音楽終焉前の典型的なアダ花ですね。
-------------------------------------------------------------------
(2016.12.22)
ZARD(詳しくは右画像クリック)の初の大ヒット曲『負けないで』(1993)の次にリリースされたのが、この『君がいない』。明らかに男に対して女が歌ってる歌だと思うのですが、この歌の「キミ」という言葉に、私はすごい違和感を覚えたんですね。他の人とこんな話をすることはありませんでしたが、当時は私と同じように感じた人はきっと沢山いたと思います。当時は男に対して女がこんな風に言う歌はなかったんです。これは男性の立場で歌った曲なのかな……とかいろいろ考え悩んだくらい不思議な感じがあって、「否、やっぱり女性が男性に対して歌ってる曲」だって結論づけざるを得ないということで、人によってはつまんないことに思えるかもしれないけど、当時の私は大変な疑問を持ち、現代、今になってあの時この歌を出してきた目的が見えるようになってきたわけです。『おどるポンポコリン』(B.B.QUEENS)(1990)の大ヒット、そしてB'zの成功で一気にトップ音楽事務所となったビーイング、その代表がZARD(Vo 坂井泉水)のプロデューサーでもある長戸大幸。一世風靡したビーイング系の音楽センスはそれまでの日本になかった垢抜けたサウンド、アメリカの一流スタッフたちも制作に関わり、当時の日本の音楽レベルからすれば全く別次元の音楽でした。初期のZARDに欠かせなかったのが織田哲郎の楽曲でしたが、長戸は坂井に手をつけ、織田がそれに激怒、以後、長戸と織田が絶縁するほどの事態に。私は長戸大幸の秘書をやってた人も知ってましたが、長戸は坂井の録音の時には誰一人として絶対にスタジオへ入れさせなかったそうです。つまり、坂井泉水は楽曲上ではいろんな人と共演してもいるようではあるけど、実際に他のミュージシャンと顔を会わすようなことは殆どなかったのだと思います。長戸は結婚してて子供もいたはずだけど、坂井は結婚せず子供もないままガンとの闘病ということになり、40歳で不可解な死に方をしてしまう。長戸は坂井泉水の弔い行事をやったそうだけど、その時さえも織田哲郎を呼ばなかった。
この『君がいない』はそんなにいい楽曲には思えないし、『負けないで』の大ヒットの後にあえて坂井に男を「キミ」と呼ばせる詞を書かせ、こんなタイトルでそんなにいい歌でもないこの曲をなぜかリリースしてきたのはなんらかの目論見、計画があったからだと思います。アドバルーンへの反応見るためのリサーチ兼ねてたりとか。
女が男性を思う歌に、このタイトルをつけさせたのは、あの頃ではそれほど奇怪なことだったんです。これ以後はZARDは男性を「あなた」と言う歌がほとんどだし、ヒット曲もほとんどが「あなた」と呼んでる曲ですね。きっと女が男を「キミ」と呼ぶ歌を浸透させるのは、まだ難しいと感じたことでしょう。
業界ではあれだけ有名なのに、仕掛人の長戸大幸の人物像というのはまるで流れない。ネットでもその顔の一つさえ出てこない。この男、どういう筋の人間、いったい何者なんだ……

『君がいない』 ZARD (1993)

-------------------------------------------------------------------
(2010.3)  (戻る)
ちなみに1960年代前半まで、日本には、恋愛の別れをテーマにしたような歌はほとんど存在していなかった。
それまで男女が関係を持つことは、当然、結婚が前提だったからだ。
1960年代半ばから性の自由が謳歌されはじめ、学生運動気運も高まる。
フォークや歌謡曲で、別れをテーマにした歌が流行るようになった。
それまでに存在した別れの多くは、淡い恋心からの決別でしかなかったが、それ以後は男と女の関係を持った後の別れが、現実として常態化する。

しかし、80年代の松田聖子の時代までは、それでも男がリードする正常な男女関係が主流だった。
男女雇用機会均等法の施行で、それは木っ端微塵に破壊され、1990年前後を境にエセ男女平等がはびこり、何かあるとセクハラだの男女差別だのと、左翼マスコミが即ヒステリックに騒ぎ立てる時代を迎える。
それまで女性の多くは一般職採用で、より厳しい労働条件の総合職と区別されていたが、1990年頃に一般職の制度は廃された。
当時は派遣なんてごく少数で、たとえ一般職でも正社員なのだから安心感があった。

加えて株価で日経4万円の天井をつけたのも、1990年頃。以後、下がり続ける
それに対して欧米は下がっていない。下がり続けているのは、何と日本だけだ。

一見、男女平等でも、欧米の価値観の実態は全く異なる。
イエスは言っている。

「夫は妻を守れ。妻は夫に従え」

これが、正常な夫婦、男女の関係。
熱心なクリスチャンなら、当然この教えを尊ぶ。
今の日本にはキリストやイスラムにおける、男女・夫婦間の教え、勤労を尊ぶような国民共通の教えに匹敵するものは存在しない。
それに欧米には、日本のような在日・同和といったエセ弱者利権も存在しない。
もともと、そのような道徳的な社会規範に関する教えが、日本における教育勅語・修身教育であった

こうなると、国や人間は必ず衰退する。
退廃的な色欲にまみれた都市が滅ばされる、ソドムとゴモラの逸話はその代表例。
実際は外敵に滅ぼされたのを、聖書では神に滅ばされたとしているだけなのだろう。
フリーセックスに溺れた人々は、防衛や戦闘意識が希薄となる。それが今の日本。

松田聖子の時代までの歌詞では、女は男に対して「アナタ」と呼んでいた。内容もごく一般の恋する女の歌が主流。
80年代まで、女が男を「キミ」と呼ぶ歌なんて、ほとんど存在しなかった。
90年代のZARDあたりから、「アナタ」と「キミ」が混在し始め、男女関係が対等となる兆しが出てくる。
それでもモーニング娘の全盛期頃までは、まだまだ女が男を「アナタ」と呼んでいるものが主流だった。
そして今の歌詞では、女が男に対して「キミ」と呼んでいるものが主流。
むしろ、女が男を見下してるような内容も多く見受けられる。

ただし、演歌など一部の範疇では、今でも女が男を「アナタ」と呼ぶものがほとんど。
しかし、これも反日勢力の手にかかれば危ないものだ。

そして現在、女が男を「キミ」と呼ぶ傾向が最も強いのが、朝鮮系と言われているエイベックスである。
今の浜崎あゆみなんかの歌では、もちろん男に対して「キミ」と呼んでいるものがほとんど(初期の浜崎では「あなた」と呼んでいた)。
現代の歌の多くには、明確なフェミニズム洗脳の隠れた意図がハッキリ垣間見える。
ソニー系もこの傾向が非常に強い。
そのうち、女が男を「オマエ」と呼ぶようなるかもしれない。

こうして見ると、日本の歌一つとっても、ここ20年ほどで何と大きく変わり果てたことか。

しかし、女が男を「キミ」と呼んでいる歌には、これからずっと名曲として心に残っていくようなものは生まれなさそうだ。
これまでも、ほとんど存在していない。
ジェンダーフリーだのエセ男女平等の結果、多くの男女が不幸となり、罪のない子供まで巻き込まれ続ける。

確か、一昨年の大ヒットだと思うが、青山テルマの『そばにいるね』。
今でもカラオケで大人気。
サウンドはラップ調で新しいが、この曲では主に、女が男に対して「あなた」と呼び、返す男も女に対して「オマエ」と呼んでいる。
歌ってる主体も、いつまでも男を待ち続ける古風な女と、それを気遣う男の物語。
女だって本心、心の奥底では「アナタ」と「オマエ」、自然の摂理に従って本能的にそう呼び合うような関係を無意識下で求めているところがあるのだろう。
だから『そばにいるね』はロングヒットとなり、人の心を長く引きつけているのである。

この曲以後、恋愛がテーマで多くの人の心に響くような本物のヒットらしいヒット曲が、今のところ日本には生まれていない。
このところTVと同じく、音楽界も非常に低迷しているのである。

TV、アニメ、映画などの映像だけでなく、日本では音楽の世界にも、反日左翼がのさばっている!
ちなみに『そばにいるね』(詳しくは右画像クリック)は、朝鮮系の影響を受けていないと思われる外資系ユニバーサルだ。 (続く)

『そばにいるね』  青山テルマ feat.SoulJa (2008)
-------------------------------------------------------------------
(続き)◆自然の摂理に反し続ける日本 〜 歪曲された男女観と価値観

(戻る)◆腐った価値観を決定づけたもの 〜 節操ない男女観とセックスに毒された日本人

◆坂本冬実『 また君に恋してる 』ヒットは反日勢力の陰謀(続き)〜 仕掛けた勢力が判明

◆イザナギとイザナミに見る、日本における男女のあり方 〜 日本神話を題材に

◆1970年代後半から男を呼び捨て子供番組による男女平等精神侵略 〜 日本人なら、女が男を呼び捨てにしてはいけません

◆あるのは商業主義だけ。必死のアニメ・漫画 マスコミ業界 〜 幽遊白書に見る古き良き最後の日本

◆反日企業の雄 ヤフー、ソフトバンクの正体 〜 男をイヌに仕立て貶める!

◆音楽でも男女観を破壊し続ける左翼 〜 演歌の皮を被ったアンチ演歌

◆男女雇用均等法から株価が下がり続ける日本 〜 世界で日本だけ沈没!

◆津川雅彦さんは真の愛国者! 〜 芸能人にはめずらしい。 日本人の誇り

◆最も有害なのは反日法案より今のフェミニズムだと早く気づいて!〜 聖書を曲解、悪用してフェミニズム運動に利用する狂ったキリスト教団

◆“美人は得”のウソ 〜 “カツマー”、“アムラー” バカ女の総称と思え! 共通するのは自己犠牲精神のなさ

◆“初音ミク”だって、草食系男子と同じフヌケ化工作の一貫ですよ!〜 ボーカロイドだって将来のセクサロイドへの試金石
トップ | フェミニズムで腐った男女観 | permalink | comments(20) | trackbacks(2) | - | - |

アバズレ主婦増産のため、左翼マスコミからの贈り物

(2017.10.16)
女子(笑)が集まって、「恋」を話題に自分の付き合った男ネタをエラそうに武勇伝のように(小娘に)話してくるオバちゃんとかって、例外なくクズだから。「こうした方がいいよ」とかね。たとえ何人かの男と付き合ったことある女でも、賢い女はそんな話、まずしません。節操なく恥ずかしいことと思ってるはずだから。もちろん、その種の話を自慢する若い娘や、男だってクズ。

それと少し前に今井絵理子とか上原多香子、斉藤由貴とかの不倫ネタが席巻してたけど、なんでこんな汚らしい日本女性が大手ふる社会になったんだろうね。ましてや今井なんて政治家、自民に限らず政治家になる奴もそれを選ぶ奴もクズだらけ。今井も上原も沖縄出身でちょっと毛色が違うのかもしれないけど、斉藤由貴とか50になるんですよ。50にもなって盛りのついたメス豚みたく…… 老人の世界も今じゃムチャクチャで、オレオレ詐欺は元より、老人向けに出会いパーティやろうとしたり、今や日本はヤクザもカタギも役人も含め、ろくでもないことばかり考える人間のクズに溢れてます。エロサイトからの請求絡みの老人相談まで増えてるみたいだし。老人向け出会い企画なんてのには、資産狙いのクズ婆あしか、まず、いないから。企画者も人間のクズでグル。
その歳になっても性欲だの金銭欲だのそういう欲望だけはあるようだけど…… 思い出を秘めて過ごしていこうとか、美しい人生を生きようとか少しは出来ないのかね。大体、互いに若かった頃のそういう楽しい思い出とかあるから老後を世話しあったり、子供だって小さい頃に面倒見てもらったからこそ親の面倒見てあげようとかいう気持ちも生まれ得るのであって。とってつけたように年寄が結婚して、すぐ病気になって、それで世話なんかするはずないし、狙ってるのは早く死んでもらってどんだけ遺産もらえるかとか……こいつらにはそんなのしか頭にない。大体、有名人や資産家老人とかにくっついてくる奴はほとんどが財産や名声狙いのどっかの怪しい組織やカルト教団の回し者、工作員しかいない。
----------------------------------------------------------------------------
(2011.3.31)
『婦人公論』は1916年(大正5年)創刊の女性誌、元から「自由主義と女権の拡張を目ざす」がテーマのフェミ系女性誌だったが、発行部数は今も20万部を超え、これは『Ane Can』の25万部と大差なく、『Ane Can』等と変わらないくらいのミドルエイジ女性への影響力を持っている。
今では中央公論新社という会社が発行してるが、実は既にここは読売系の会社で、読売のアカ化・フェミ化にも大きな影響を及ぼしてる気がする。しかも共産党の不破哲三の恋愛話まで連載なんてね・・・アッハッハ。

小学館の『Ane Can』は女のアバズレ化というより寧ろパッパラパー化を狙ったような雑誌であるが、『婦人公論』は昨秋頃から露骨に離婚や不倫を煽るインモラル傾向が顕著となり、正に中年アバズレ女増産のための雑誌と化している。女性誌らしく一見キレイに着飾ってるが、内容的には低俗極まりなく、朝鮮 電通の匂いプンプン、韓流タレントの記事も目につく。
大体、片や女に婚外恋愛を煽りながら、夫への離婚慰謝料請求の特集までやってるモラル感のなさって、なによ。

こんな本が『Ane Can』並みに売れてるってことは、要するに、こんなタイトル並んだ雑誌を見て、フラ フラッと行ってしまう中年女性が相当いるってこと。こんなものにすがるなんて、ホント痛々しい。スピリチュアル系やカルト宗教にコロッと騙されたり、嵌りやすい状況ともいえます。
こんなのがお母さんだったりしたら、もう最悪。子供の将来まで決まってしまいます。

少なくとも、ここを読まれてる今の若い方は40、50になった将来、こんな本を読んでフラフラした中年女になってしまわないため、何をすべきかよーく考えてくださいね。
40代でトキメキを欲しがっている・・・いい歳こいた女がこんな本読んでるなんて、気持ち悪いと思いせんか? もちろん男も同じだし、女も男も50、60歳になった自分、必ず来ます。地に足つけてくださいよ。

予防法としては、とにかく耳障りのいい言葉やフレーズには最大限注意すること。だからもちろん、保守層や右派にとって魅惑的な言葉というのも存在します。実はそういうものほど、危険なものはないと思ってください。特に、「人気がある」「売れてる」・・・等、今どき騒がれるものはすべて怪しいと思えばいい。左翼、プロパガンダのプロは必ずそこを狙ってワナを仕掛けてきます。どんな人にだってスキはあるんです。

 『 婦人公論 2011/02/22日号 』
【特集】40代から始まる妻たちの婚外恋愛白書
〈親友どうしの“ガールズトーク”〉たとえ隠し通せても、もとの自分には戻れない 井上荒野×江國香織
〈読者アンケート結果・赤裸々レポート〉「私、夫あり、子どもあり、そして恋人ありです」
・〈Part1〉禁断の恋の効用は?
・〈Part2〉婚外恋愛のリアル
・〈Part3〉夫はただの「子どもの父親」


『 婦人公論 2011/04/07日号 』
【特集】40代からの結婚・再婚最前線 ――ときめきと安定が欲しい
〈人生の終着点が見えている年代だから〉「相手のおしめを交換できるか」をまず自分に問いかけて 工藤美代子
〈ルポ・運命の相手を探して〉婚活にゆれる女心 条件は、金か見た目か安心か 高木温子
〈超実践的アドバイス・今からだって遅くはない!〉“素敵な夫”を見つけるための9つのポイント 塩坂佳子
〈第一印象5割アップ作戦〉(1)姿勢篇 あなたを一瞬で若返らせる簡単レッスン 長坂靖子/(2)心構え篇 コミュニケーション力で「もう一度会いたい人」になる 竹内一郎
〈女ひとり、60にして立つ!〉私の“公開誌上婚活”敗戦記 松田美智子
〈夫たちによる覆面座談会〉“再婚”“年上”の壁を乗り越え、彼女と結婚したいと思った理由は……
〈読者体験手記〉要注意! ネットで出会ったトンデモ男 ●出会い系で知り合った公認会計士の正体は、古アパートの汚部屋に住む性病持ちだった(主婦・40歳)/●彼の子どもの手術費用から、投資や起業資金、時計まで26歳の青年に870万円もつぎ込んで(派遣販売員・53歳)



『 婦人公論 2010/11/22日号 』
【特集】決意したあなたに贈る離婚講座
〈エッセイ 私が信じる、別れの作法〉どんな謗りを受けようとも 島村洋子
〈お金・住まい・メンタル〉泣かないための離婚塾 岡野あつこ
・お金篇 相手からもらえるだけもらうための、8つの裏ワザ
・住まい篇 今の家に住み続けたい! そんな願いを叶えるには
・メンタル篇 迷った時、支えにしたい 3つの心がまえ
〈もめない、めげない、長引かない〉血液型で診断 上手に別れを切り出す方法 〈いつしか、娘が母で息子が恋人になって〉子どもはわかってくれていた 高畑淳子 〈弁護士が手ほどき──裁判に勝つための「事実」の集め方〉「浮気の証拠」と「不貞の証拠」は違います 西田研志
〈ルポ・調停離婚を経験した女たち〉夫のあきれた品性に、愛想も未練も尽き果てて 篠藤ゆり
〈割引から融資まで〉意外と知らない「母子家庭補助金・サポート」徹底リサーチ 〈読者体験手記〉うちの母は「シングルマザー」
●名字の変更3回、引っ越し13回、複雑な生い立ちのなかで、いつしか「恋愛下手」に(会社代表・25歳)
女の気になるキーワード ●韓国驀進 ●エシカルファッション

----------------------------------------------------------------------------
(2012.2.9)
AKB48 高橋みなみの母(43) 息子の友達15歳少年と淫行で逮捕 週刊文春 2012.2.16号

こんな事件あったこと知れば、この種の本を読んでるのがどんなバカ女たちか、とってもよく見えてきますよね。
フェミの行き着く先なんて、いい歳こいてスケベなオッサン化した、まだまだイケると勘違いした汚らしい阿婆擦れ女の大量発生! こんなの氷山の一角。
でも、男だとマスコミにボロクソ叩かれるのに、女でしかも力ある(AKB48)芸人だと外圧でマスコミは黙殺、隠蔽・・・

ちなみに今、出てる『婦人公論』 2012.2.22号 特集   着物を貶めるな!
婚外恋愛白書 2012 ―― 『もう夫では満足できない!!』
      「彼は恋する人、夫は愛する人」


----------------------------------------------------------------------------
(2013.10.7)
このところの婦人公論。

『夫は犬だと思えばいい - 夫を捨てたい妻たちの本音』

『ダンナ生態図鑑 - 一緒にいるのが恥ずかしい』

『アラフィフ女子よ、欲望を肯定しよう! - 心とからだを癒すセックス』

こんな見出しに共感覚えて、「おー、そうだ!そうだ!」となってるような人、恥ずかしくありませんか? 自らの心の汚らわしさを鏡で見てくださいね。
たとえ別れても、こういう思考性の女を大切にしてくれる男なんて、誰ひとりいませんよ。
ただし、短絡的に女叩きだけしてる男たちというのも、この種の本に入れ込んでるバカ女どもと同類ですからね。




-----------------------------------------------------------------------------
(2016.8.29)
俳優の高畑裕太容疑者を逮捕 ホテルで強姦致傷の疑い (2016.8.23の各社報道)
ホテルの女性従業員に性的暴行をしたなどとして、群馬県警は23日、俳優の高畑裕太容疑者(22・母は女優 高畑淳子)=東京都渋谷区大山町=を強姦致傷の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認め、「女性を見て欲求が抑えられなかった」などと話す一方、「企ててはいません」と計画性は否定しているという。
県警によると、高畑容疑者は23日午前2時〜2時半ごろ、前橋市内のビジネスホテルの客室で、40代の従業員女性の手足を押さえつけるなどして強姦し、右手親指などにけがを負わせた疑い。高畑容疑者は歯ブラシを部屋に届けるよう要望。客室へ届けに来た女性の手首をつかんで、無理やり部屋に連れ込んだという。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
婦人公論で威勢よく、“離婚のススメ”〈子どもはわかってくれていた。弁護士が手ほどき──裁判に勝つための「事実」の集め方。「浮気の証拠」と「不貞の証拠」は違います〉等エラぶっていた高畑淳子でしたが、その息子が強姦罪で逮捕されました。この高畑、今ほど父親の必要性を痛感してる時期はないでしょうね。母がこれだから、もちろんその息子も……欲求を制御できない、正に“歩く性器”という形容がピッタリですね。娘の方はどうだろう……まあ、男の子は絶対かかわらない方がいいタイプの娘でしょう。
男と女というのは対立する存在ではなく、続いてる存在ですからね。女は男の子に続いてくし、もちろん男だって女の子へ続いていく。マスコミや今の教育では近視眼的に男女が相対立してるかのようウソばかり教えられてますが、絶対、勘違いしないでくださいね。まさかここの読者にそんな愚か者はもういないと思いますが。

私はよく知らないけど、この高畑淳子って、何と50代になって起用が急増した女優なんだとか。大した実力もないのに、きっと離婚を機に母子家庭、働く女フェミの広告塔として持ち上げられてたのでしょうね。息子の事件は、それでつけ上がってたツケでしょう。
----------------------------------------------------------------------------
◆そして左翼マスコミは、働く女性と若いママ向けにはこんなものを用意

◆ド底辺!? 援交アバズレ年増女の増殖

◆『エマニエル夫人』〜『失楽園』〜『千と千尋の神隠し』 女への阿婆擦れフシダラ洗脳工作の時系列ポイントと『或る女』

◆プリキュア洗脳されたパッパラパー母娘たち 〜 こんなのが今の女性の目標!?

◆フェミ系右翼の台頭 〜 フェミ系右翼と排外主義は相性がいい

◆保守・排外系団体に、人権左翼やフェミ左翼がいっぱい紛れ込んでますね 〜 引っぱたくことは覚醒作用を起こす

◆白昼から子供向けにポルノを垂れ流す変態TV局ども!

◆30歳以下で女性が男性の収入を上回ったというショッキングな現実!〜 ついにここまで来たかって感じ

◆働く女を30%増やすって、働けない男が30%も増えるってことでしょ! 〜 女優遇が日本を滅ぼす!

◆家族の絆さえシッカリしてれば、人間は幸せでいられます!〜 腐りきった価値観を捨て去りましょう

◆女が仕える価値ある男、男が守るべき価値ある女 〜 今の“男女平等”社会のままで目指せると思いますか?

◆半開きの目、恍惚の表情でアイスを舐めるサザエさん 〜 壊したくてウズウズしてる危険な左翼のサイン

◆男女雇用均等法から株価が下がり続ける日本 〜 世界で日本だけ沈没!
トップ | フェミニズムで腐った男女観 | permalink | comments(62) | trackbacks(3) | - | - |

30歳以下で女性が男性の収入を上回ったというショッキングな現実!
〜 ついにここまで来たかって感じ

(2018.10.10)
女子の大学進学率、男子と格差  2都県のみ女子が上、45道府県で下回る
都道府県別の4年制大学、進学率の男女格差
 2018.10.9 朝日新聞
女子の4年制大学進学率が男子より低いのは全国で45道府県にのぼり、男子と最大で約16ポイントの格差があることがわかった。朝日新聞が2018年度の文部科学省の学校基本調査(速報値)をもとに、都道府県別・男女別の大学進学率を試算した。今春、女子の大学進学率も初めて5割(全国平均)に達したものの、男子より約6ポイント低く、女子のほうが高い傾向にある経済協力開発機構(OECD)諸国の中で際立っている。
文科省は都道府県別・男女別の大学進学率を公表していない。朝日新聞は同省の算出方法を参考に、「出身高校の所在地県別大学入学者数」(浪人生らを含む)と18歳人口(3年前の中学校卒業者および中等教育学校前期課程修了者)から試算。女子が男子を上回ったのは東京都(女子73.2%、男子72.2%)と徳島県(女子47.3%、男子45.3%)のみで、男女格差が最大なのは山梨県(女子53.0%、男子68.7%)だった。
大学進学率が50%を超えたのは、男子は22都道府県ある一方、女子は東京、神奈川、山梨、愛知、京都、大阪、兵庫、奈良、広島の9都府県にとどまった。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
朝日新聞は、「女子の大学進学率が男子より高いのは東京と徳島しかないじゃないか!」と狂乱してるようですが、そんなことより「既に東京では女子の方が大学進学率が高いのかよ!」と驚く人の方がほとんどじゃないですか? 女性の一番の使命、天賦の仕事こそ、子供を産んで育てること、つまりお母さんになることですよ。男は出来ないそれこそが女性として一番の幸せにつながるわけですが、なんでそれなのに女がそんなにいっぱい大学行く必要あるんでしょう。大学卒業して22歳、4〜5年仕事続けたら、もう26〜7歳ですよ! この頃から結婚相手として必要な無垢な女性としての魅力が急激になくなっていきますよ! 私の若い頃は25歳を超えたらオバンという認識が非常に強かったです。これは別に男女問わずだったし、オバンという言葉は今じゃ死語でしょうが、当時は女だって普通に言ってましたよ。実際、20代後半になってくると、変に男のことを知りすぎたりするようになって、急激にスレッカラシのようになっていくんです。そういう遊びまくった人とは逆に、それまで男と付き合ったことがない人なら、変に頭ばかりデカくなって、女性として本来必要な柔軟性や人当たりのよさがなくなってったりします。だけど仕事でキャリアを積もうなんてやってくなら、まともにポスト付けるようになるには最低でも4〜5年経ってからであり、26、27、本当なら女として、もう後がないという時期に仕事を続けなきゃいけなくなってしまうはず。悪循環しか繰り返せず、もうこれからは生涯独身 子なしの気の狂ったような女ばかりが増えていくようになってくのでしょうね。もう今の30代、40代の半分は、子供がいませんよ。既にそんな状況ですが、それ以上にひどい世界がこれからすぐ待ち受けてます。
それに子育ては半端な気持ちじゃ出来ません。どっかに預けっぱなしで物理的に育っていっても、ろくな子に育ちませんよ。

大企業の相手と接したら、先輩に連れられて新入社員ですと言って紹介されてくる人が多かったりするわけですが、今年はそれが女ばかりでした。仕事勤めの方なら、私以上に、「なんでこんなに女ばっかりなんだ」って、尚更、肌で感じてるのではないでしょうか。地方の大学出て東京で就職したってパターンの人も多いのでしょうか。それまでの学生生活では何をやってたのでしょう。地元に彼氏とかいなかったのでしょうか、そういう相手はまったくいなかったのでしょうか。それとも彼氏を置いてきて「これから仕事で夢を叶えて輝くぞ!」(笑)なんて、バカマスコミのフェミ左翼に洗脳された、とんでもない幻想抱えて仕事に就いてるのでしょうか。彼氏も一緒に東京に出てきたならまだいい方ですが……
新入社員ってのは男も女もとっても魅力的ですが、女子でしかも優秀なのに、元々は器量もよくていいお母さんになれそうって人がいっぱいいるのに、男みたいにバリバリ最前線で働いて、5、6年経ったら新入りだった頃の面影は……

パッパラパーフェミは「女だけに厳しいのかよ」とバカ言うでしょうが、うちの男の子にも、とにかく早く結婚しろと私はいつもうるさいですよ。一流大学とか出ても、仕事に就いてチヤホヤされて初めて女遊び覚えるようなクズになってもらっては困るし、学生のうちに彼女ぐらい見つけてほしいし。女まで大学行く時代だというなら、男女とも学生時代は重要ですね。見合いが出来る家柄の娘なら男と付き合ったりせず、貞操を守るべきですが。
女の場合、これからは仕事を始めてからの出会いはほとんどなくなりそうです。男は「セクハラー!」とか騒がれるのが怖くて、まともな男ほど今の時代、メッタに声なんかかけませんよ。そういうことするのは後先考えない犯罪者的クズのような男ばかりしかいなくなってしまうでしょうね。それと外国人ぐらい。あとは現実の女と付き合えず、ゲームやアニメキャラ、低俗なアイドルなどにハァハァ言ってるだけの(二次元)オタク男とかばっかりに。それが女がエゴイスティックに権利主張なんかした自業自得の顛末です。
-----------------------------------------------------------------------------
(2010.10.14)
最も結婚適齢期である20代、日本の若年層で、ついに男女の所得が逆転したという衝撃的な事実が判明!
男性の正規雇用が激減しつつある現実!

まあ、これでますます女は結婚しなくなるし、結婚の価値だって、男女共にとって消えつつありますね。子供だって生まれません。
このニュースに、きっとフェミ左翼は狂喜乱舞!?

右のグラフ見てわかる通り、ここ5年の男女所得の逆転ぶり、尋常じゃないよ。当然、今後もっとひどくなるでしょう。
男の子を持つ身としては、ゾッとする内容。
今の若い男女事情がわからないご年配の方々も、さすがにこれを見れば、「こんなにひどいのか!」って、感じでしょ?

「男は女を守れ」と息子に教育してる方は、息子が現実を見て破綻しないように、相手を選ぶことをシッカリ教えておかないと、現実社会でコンパスを見失っておかしくなりますよ。
まっとうな保守的価値観持ってる女性も少なくなってしまったので、これと思ったらとにかく早く、すぐにでも結婚してしまうこと。
でないと、あとあと苦労するでしょう。

このニュースの最後、慶応大の教授も完全に左翼フェミの手先のようなコメント。家庭破壊への重大な影響なんて、これっぽっちも考えてない。
女性に対して、社会で働くことこそ最も大事な価値観であるかのような、犯罪的な家族破壊洗脳活動。
中韓や反日法案より先に、日本をメチャメチャにしてしまうのはフェミニズムです。エセ男女平等・逆差別の女権活動。

本来、男女とは二人でなく一対。一人、二人という数え方でなく、一組、二組。
男と女は、仕事を取り合って相対立すべきものなんかじゃありません。
男と女で限られた仕事を奪い合うなんて、最悪の状況だってこと、早く気づきましょう。
◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
30歳未満の若い女性の収入、男性抜く 2009年調査  (2010.10.14 日本経済新聞 より)
単身世帯を対象にした総務省の2009年の調査によると、30歳未満の女性の可処分所得は月21万8100円と男性を2600円上回り、初めて逆転した。
諸外国に比べ大きいとされてきた日本の男女の賃金格差も転換点を迎えつつある。

総務省がまとめた09年の全国消費実態調査によると、勤労者世帯の収入から税金などを支払った後の手取り収入である可処分所得は、30歳未満の単身世帯の女性が21万8156円となった。この調査は5年ごとに実施しており、前回の04年に比べて11.4%増加した。同じ単身世帯の若年男性は21万5515円で、04年と比べ7.0%減少。調査を開始した1969年以降、初めて男女の可処分所得が逆転した。

男性の雇用者に占める非正規労働者の比率は07年時点で3割を超えた。女性は4割以上を占めるが、増加率は男性の方が大きくなっている。
完全失業率もこのところ女性が男性を下回っている。

女性は30歳以上になると結婚や出産などに伴って仕事を辞めて収入が大きく落ち込むケースも多い。収入水準が高まることで女性が働き続ける意欲も高まれば、少子高齢化で減少する労働力人口を補い、世帯全体の消費を下支えする可能性もある。慶応大の樋口美雄教授は「結婚後も女性が仕事を続けられるような環境整備を企業や政府は進める必要がある」と指摘している。


『 変わらぬ想い 』 グレン・メディロス  (1986)
Nothing Gonna Change My Love For You - Glenn Medeiros

大好きなラブソングですが、最近のこんなニュース見てると、この手の曲って何だかバカバカしくなってきますね。
-----------------------------------------------------------------------------
(2011.7.6)
今春の大卒者 正規雇用率 女子が男子を上回る  2011.7.6  読売新聞
今春卒業した大学生のうち、正社員など正規雇用で就職した割合は、女子が66.4%で男子の57.7%を8.7ポイント上回っていたことが、読売新聞の「大学の実力 教育力向上の取り組み」調査でわかった・・・
◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
所得だけでなく、正規雇用率でも女子が男子を上回ってる。こういうの見てると、今の20代から大学生世代で、日本は既にもう終わってる感があります。このことは朝鮮人問題より重大です。
このままだと、30年後には全世代でこうなってるよね。
女にはほとんどアバズレしかいなくなってるだろうし、子供の将来の結婚を考えると頭が痛い。 (参照:女の子の育て方
-----------------------------------------------------------------------------
(2012.6.15)
子育てママ 「働きたい」86% 所得伸び悩み背景に  2012.6.5 毎日新聞

子育て世帯の妻の86%が何らかの形で働きたいと希望していることが内閣府の調べで分かった。政府が5日午前の閣議で決定した2012年版「子ども・子育て白書」に調査結果が掲載された。背景には所得の伸び悩みなどがあるが、現実には出産を機に約6割の女性が退職している。白書は「子どもを安心して産み育てていくため、若者の就労支援と合わせ、雇用対策や働く環境の整備が必要」と指摘している。

調査は2011年11月に18歳以下の子を持つ夫婦(1万2289組)を対象に実施した。現在無職の妻が就労を希望する理由(複数回答)を尋ねたところ「家計の補助」(72%)が最も多く、「将来のための貯蓄」(61.3%)、「生計維持」(42.7%)と経済的理由が上位を占めた・・・

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆

左翼やフェミ、共産主義者というのは、このニュースを見て「だから女性の雇用支援をしなきゃ!」ってなります。
でも、それこそが奴らのミスリードの典型、洗脳工作の最たるもの。

私にとってはこの調査や、今や国勢調査さえインチキだと思ってるので、このデータさえ怪しいものなのですが、この調査結果を受けたとしても、ここの読者にはおわかりの方多いでしょうが、女性の働きたい理由で「所得不足による家計の補助」が多数を占めてるのなら、「だから女性に働かせよう」となるのでなく、男性が一人働けば一家を養えるだけの収入が得られる社会を目指せばいいんですよね。
女性の雇用支援なんかでなく、男性一人が普通に働きさえすれば年収500万円ぐらいは誰もが稼げる社会、かつてはそうだったわけで、そういうのがスタンダードな日本を目指せばいい。そうなれば女性が外でまで働く必要なんてないんですよ。

だからといって女を甘やかしてるだけだとロクなことにならないので、主たる稼ぎは男に任せても、きちんと働き手である男性を立てることが出来て、家庭と子育てをシッカリ切り盛りできる腕と人徳を備えた女性を増やすための施策をとっていかなければならない。

こんな風に、左翼と、私のような志向性の保守とでは、向いてるベクトルというのが全然違うわけ。

もっとわかりやすく言えば、男も女も皆労働者となる共産主義・男女雇用均等下では、男・女どっちが働いてもやがては一人の年収が250万円という社会になっていくけど(実際は共産主義国の事例からすれば、もっと下がることが目に見えてる)、私の主張する方向でいけば、女は家のことをやって男がとりあえず働いていれば年収500万円が確保できる・・・要は、この二つの社会でどっちがいいのかということ。
一つ言っておくと、誰もがお金を得ようとして自分のため働くより、働き手となる人を周りの皆が総出で守って支えてやるような環境にある方が、働いてる人の収入は絶対に伸びます。これは自然の法則、摂理といってもいい。皆が目先のお金にこだわるだけの拝金主義の奴隷に成り下がってはいけない。

女も男も同じように皆働くべきだという人は、どうぞ男女揃って低年収を目指す方向で勝手にやってくれと言いたいところですが、私たちにまでそんなの押し付けないでくれ、っていうこと。どっちであれ、火の粉は飛んでくるわけで、要するにこれは、イデオロギーの戦いなんだよね。

ここをご覧の皆様、そして特に政治に関わってるような方おられましたら、ぜひ今の日本の政治の方向転換をなし、舵取りを誤らないようお願いいたします。
-----------------------------------------------------------------------------
(2013.5.21)
女性管理職を2.5倍に 20年度まで目標 - 日立 -  2013.5.20 朝日新聞
日立製作所は20日、女性の活用に向けた目標を発表した。2020年度までに課長級以上の管理職に就く女性を、現状の2.5倍の1千人に増やすほか、15年度までに社外取締役以外で初となる女性の役員(執行役を含む)を登用する。
目標が達成されれば、管理職に占める女性の比率は3.5%から8%に増える。日立は技術系の採用が多く、女性は新卒採用の約20%、全社員の約15%ともともと少ない。より多くの女性が管理職に就けるよう事業部ごとに目標をつくるほか、育児と仕事とを両立する実例を学ぶ研修などでも後押しする。
安倍内閣は4月、経済界に女性の活用を求めた。日立は90年代から育児休職制度などで出産後も働きやすい環境をつくり、「管理職を狙える人材が育ってきた」(広報)ため、具体的な目標を決めたという。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
これは女性の役員・管理職登用を推し進める安倍自民党政権からの、経済界に対する「女性の活用」要請への答えとしてのアドバルーン的要素が非常に強いニュース。日本中が否応なしにこんな風に流されていきます。

「女性の活用」なんて言葉からして、まるで女を“モノ”や“資源”のようにしか見てないことが伺い知れるし、それこそ言い換えれば「女を家畜化しよう」って宣言してるわけ。
こんな言葉が平然と使われる現代日本の恐ろしさに気付けない人ってのは完全に狂ってるし、これで女性の権利や生活が向上するなんて考えてるような大馬鹿者ってのは、最早もう救いようがないと思います。
子供産んだ女が外で働きやすい環境なんかでなく、子供が出来たら男の収入一つで女が子育て・家庭に専念できる社会を作らなきゃいけないのに、この政権・政党は向かうべきベクトルが完全に間違ってるし、今の自民党政権なんて狂気のカルト集団と同じ。

女に無理やり下駄履かせて底上げされたエセ平等意識、バーチャル世界がそのまま現実化された現代日本。
ごく一握りの女性の出世成功例をやたら持ち上げて、そんな目標像・幻想を女に抱かせる……女を家庭から追い出しワケのわからないところに子供を預けさせて洗脳工作、女までを過酷な受験戦争や出世競争社会の中に一人で放り出させようとしてるのが極左フェミの安倍自民党政権です。

アベバブルなんてモルヒネ同然の痛みを和らげる麻薬にすぎないのに、そんなものに一喜一憂して未だにこんな政府に期待してる人ってのは、某学会信者とかと変わりない気がします。ここの記事のように民主党政権のずっと前から、日本は既に若年層男女の所得が逆転するほど、自民党によって過激な男女観変貌・社会激変が進められてきたわけですから。

だけどそれでもここについてきてくれてる方のため、どうやったら“家畜化”を逃れられるか、いろんなヒントを私はここに残してます。中学生ぐらいになったら子供にもここを読ませるつもりだし、子供に彼女や結婚相手とか出来たらやっぱりここを見ておいてほしいし、子供自身も周りにそれなりの思想的影響を与えられる者に育ってくれることと信じてます。私自身ママ会とかで、さりげなくここにあるような話をすると、相手が目を見張るような顔するのがよく受け取れますし。

いろいろ忙しく、新たに書き続けることもあまり出来なくなっていきましょうが、書くべきことの多くは書いてるつもり。20年後もここは残しておくつもりだし、今は何だかよくわからなくても、将来何か思い当たるようなことがあれば、ぜひここを思い出して見に来てくださいね。これから結婚されて子供を持つことになるような方は特に。
-----------------------------------------------------------------------------
◆昔は “所帯をもって一人前” が当たり前の価値観だった

◆男女雇用均等法から株価が下がり続ける日本 〜 世界で日本だけ沈没!

◆今の格差社会は男女雇用均等法が廃止されないとなくならない 〜 雇用均等法前の日本はこんなだった

◆女が自分のため好き勝手やりだしたら、男にとって守るべきものも守るべき国もなくなってしまいます!

◆“道徳教育”と称して進められる、これからの日本人家畜化教育について 〜 もはや大多数の家畜化は逃れらない

◆日本の男女平等度が先進国最低水準とインチキ格付けする、国連オブザーバー団体 “世界経済フォーラム” とは

◆フェミ系右翼の台頭 〜 フェミ系右翼と排外主義は相性がいい

◆働く女を30%増やすって、働けない男が30%も増えるってことでしょ! 〜 女優遇が日本を滅ぼす!

◆子供も大人も注意! 講談社は最大の左翼出版社 〜 女の堕落と男のフヌケ化はワンセット 〜 『 のだめカンタービレ 』に見る、現代の病理とヒトラーの予言

◆最も有害なのは反日法案より今のフェミニズムだと早く気づいて!〜 聖書を曲解、悪用してフェミニズム運動に利用する狂ったキリスト教団

◆誇りある日本人の精神性復活のため、メスを入れるべき二つの条件 〜 パチンコと男女雇用機会均等法の廃止

◆フェミニズム家庭崩壊=左翼 朝日新聞=朝鮮 〜 腐った反日新聞の朝日

◆夫・子供のため無償で働くのは嫌でも、カネさえ貰えるなら売春だってやる 〜 拝金主義に侵された女とは
トップ | フェミニズムで腐った男女観 | permalink | comments(28) | trackbacks(4) | - | - |

『 また君に恋してる 』 ヒットは反日勢力の陰謀(続き)
〜 坂本冬実に仕掛けた勢力が判明

(2018.10.8)
小池百合子都知事が推し進めた、東京都でのLGBT保護・ヘイト対策と称する日本民族弾圧政策【参照:都人権条例が成立 ヘイトスピーチ規制 性的少数者差別禁止。何が一番やりたかったかというと、LGBT向けと称する相談窓口の設置です。わけのわからない反社会的な団体から相談員(カウンセラー)らを呼び込んで取り入れる(そのためだけに莫大な予算を正当な理由でもって充てることができる)。畜生政治家どもや反社会勢力の半永久的な利権になります。そのカウンセラー集団というのが現代では左翼・フェミの巣窟であり、DV・セクハラ・他○○ハラの類、児童虐待や自殺相談など、今では数え切れないほどたくさんの相談窓口が設置されており、奴ら反社会勢力の巨大資金源になってます。DVや児童相談窓口だけでも、創価系や共産党系など、たくさんのものがあります。各学校などにも今では怪しげなカウンセラーがゴマンと配されています。どういう連中がカウンセラーやってるかというと、このページにある斉藤学のような左翼・フェミに偏向した専門家どもに仕込まれた、ただの気狂いの集められた団体から派遣されてくるのです。
-----------------------------------------------------------------------------
(2014.11.4)
「いいちこ」の三和酒類、意外ですが、広報誌『iichiko』では随分昔から極フェミ的な記事が多いようで、とっても偏向した広報誌のようです。
*************************************************************
IFF 斉藤学メッセージ  『フェミニズムと臨床』 より
http://www.iff.co.jp/ssworld/mssg/mssg_15_2.html
「・・・チョドロウの著作でおそらく母親業の本以上に衝撃を与えたのではないかと思う論稿があります。これは母親業の出版と同じ年の1978年4月、バーナード大学での「第6回・学者とフェミニスト会議―「差異の未来」」の席での講演をまとめたものです。私も実はこれに衝撃を受けた1人で、いつかこの人と会ってみたいと思いました。それに、母親業の方は読むのがなにしろ大変ですが、こちらはチョドロウの論点が圧縮されていてわかりやすい。翻訳は「精神分析的パースペクティブにおけるジェンダー・関係・差異」(季刊iichiko,1986)に出ていますのでお勧めします。」
*************************************************************

斉藤学とは心理カウンセラーであり、フェミ・左翼筋では知る人ぞ知る人物。チョドロウとは、『母親業の再生産―性差別の心理・社会的基盤』(1978年)という代表的著作のある、アメリカの著名なフェミニスト・社会学者 ナンシー・チョドロウのこと。
上記サイトを見ていただければおわかりですが、山本哲士が書いてるものと同じように、小理屈こねてるだけのようにしか感ぜず、まともな人間には到底、書いてることの理解はできないと思います。が、それでも努力して読めば、フェミニズムには“社会主義派フェミニズム”と“精神分析派フェミニズム”という区分がある(笑)ことなどが知れ、フェミや左翼の思考回路が少しはわかるようなれるでしょう。

三和酒類、この会社は広告代理店にうまく企画を押し付けられただけなんだろうなと思っていたのですが、30年も前から会社の広報誌でまで、こんなフェミ学者の論文を掲載してるとなると、正に会社ぐるみの確信的なフェミニズム推進企業。(酒飲ませて)女のフシダラ化を狙ってるわけです。

心理カウンセラーも、左翼・フェミ・人権屋の巣窟と化している

ちなみにこの斉藤学のカウンセリング会社IFFは、人権派・フェミニスト精神科医 カウンセラー団体として、その筋では有名なよう。上記サイトでは“ジェンダー”などの言葉はもちろん、夫のことを「パートナー」と呼んでいたり、実にフェミ・左翼的な言葉ばかりが多用されてます。
そして斉藤は、何と日本で「児童虐待」という概念を本格的に定着させた人物であり、子供の躾けにも人権侵害だとして反対してるようです。つまり、この斉藤が主張するまでは、日本には「児童虐待」という概念は存在しなかったわけです。日本に「DV」なんて言葉が昔はなかったのと同じように

こんなフェミニスト・左翼筋によく読まれている、三和酒造の広報誌『iichiko』なんですから、インテリ自称のフェミニストたちには意外とよく知られた名広報誌(?)なんでしょうね。
たとえ三和酒造『iichiko』に社会的影響力はさほどないとしても、それより何より、こんな偏狂思想集団が専門家と称して、もろもろの悩みを抱えられてる方々の相談窓口として学校など各所でカウンセリングをやり、しかもそれが国費から支援されてるとするなら、そのことの方が何百倍も国への脅威、重大な問題であり、今の日本はやっぱり最悪の状態だといえましょう。
-----------------------------------------------------------------------------
(始めから)   (2010.5.10)
私は、坂本冬美の『また君に恋してる』(2009)のヒットは、正常な男女観や日本の演歌文化の破壊を狙った反日左翼の暗躍だと主張していたが(詳しくは【音楽でも男女観を破壊し続ける左翼】を参照)、このことに異常なキナ臭さを感じていたので、さらに調査してみたところ、なんと驚くべき事実が判明してきた。

今回のヒットの仕掛けは、大分の三和酒類(株)という会社の焼酎酒『いいちこ』のCMソングに起用されたことによるものだが、その後のカネのかからないダウンロード100万件とかいうウソっぽい話題づくりでのやり口。
さらにこの会社は『iichiko』という文芸雑誌(広報誌)を発行しており、その編纂に山本哲士という社会・教育学者が当たっている。

ちなみに、この山本哲士というのは、一般人の感覚からすると、明らかに学校破壊、ジェンダー破壊(男女観破壊)論者である。
多くの著書があるようだが、そのタイトルには『身体/セックスの政治』(左写真)、『経済セックスとジェンダー』、『ジェンダーと愛』、『教育の分水嶺―学校のない社会』、『学校の幻想・幻想の学校―教育のない世界』、『教育の政治 子どもの国家』といった風に、やたら著書のタイトルには“性”や“セックス”、“ジェンダー”といった、まっとうな保守派なら即座に毛嫌いするような言葉が多用されており、こんなタイトルのつけ方からして、この山本という人物の異常な性やフェミ思考、フリーセックスや教育破壊への思い入れと執着が感じられる。

過激な左翼の匂いがぷんぷん、とてもまともな思想を持った者には思えない。要するに“セックス”と“経済”や“政治”という言葉が頭の中でリンクしている、イカレタ思考回路の持ち主であろう。

さらに以下は、この山本 本人のブログにある、坂本冬実『また君に恋してる』への異様な思い入れが感じられる長文の論評から引用したもの。

これを読めば、こんな曲を意図的に女性演歌歌手に歌わせてヒットさせたことによる、日本人の男女観破壊への目論見、ジェンダー破壊にかける奴らの異常な執念深さが、よくおわかりになるだろう。
男女観・ジェンダーの逆転を明確に意識していることが、山本のブログからもハッキリ伺い知れる。

また、この曲を最初に大きく取り上げようとしたのがテレビ朝日であること。
こういったことから、この曲の不自然なヒットにどんな勢力が暗躍しているか、反日左翼の強力な支援があったことに、もはや疑いの余地はないだろう。

しかし最大の問題は、これを日本的なものの象徴である演歌の久々のヒットだとか思って喜ぶ、愚鈍な者が多いことである。

ここまで調べていって確証を得たことで、ある意味、自分のアンテナ感度の高さにも、とても自信を持てたとも言える。
◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆

以下、山本哲士 公式ブログ【ホスピタリティの場所】より (2010.5.10現在)
http://hospitality.jugem.jp/?search=%B7%AF%A4%CB%CE%F8%A4%B7%A4%C6%A4%EB

中性化された歌だとTVでは解説していたが、ちがう。
ジェンダー反転がおきている。
そして、決定的なのは、聴く者は、自分のプライベートさとある自分の場所とが、
一転に結び付くのを実感するのだ。
自己が忘却していた非自己の、対の場所を感覚的に見出せるのである。
この凝縮は自己閾ではおきえない。
坂本冬美が自己を消し去ってうたっていることから表出してくる。
ビリーバンバンでは自己がある。

「坂本冬美との対談を行なった際、兄の孝は、「また君に〜」の音階が急に上がる部分が不自然であると感じ、当初は「変えたい」と考えていたことを明かしているが、弟の進は「いや、不自然じゃないよ。あれがポップなんですよ。イギリスの音楽にはよくあるんですよ。森君もそこを考えてやったんだと思います。新鮮に響くように。曲の出だしからしてきれいだからね。映画音楽というか。ヨーロッパの町並みと、そう霧のかかった田園地帯とかが浮かんでくる。この曲を坂本さんが歌う時は女性から見た世界、僕らが歌う時は男性から見た世界。違った世界がきっと浮かび上がっているんだと思うよ。」(wikipediaより)
(略)

同じ歌が、逆向きから、ともにわたしたちをゆさぶるが、まったく反転してである。
女性が坂本冬美のこれをきいたとき、そのままの自分へかさねられる、
しかし男がこれを聴くと、女性の側へたてる、豊かになる、
女性の気持ちがわかる成熟さへいたれるのだ。
(略)

今朝もTV朝日で、坂本冬美、河北秀也、ビリーバンバンがインタビューされていた。
坂本冬美は、やはりとても謙虚に、天からふってきた、わたしではないみたい、オリジナルではないからといっていた。

まず、わたしではないみたい、つまり坂本冬美の非自己の表出である。演歌・着物・コブシの声など坂本冬美が20数年間かけて作ってきた自己の域がある。そこに、「君に恋してる」非自己の閾がひらかれた。 (引用終わり)
-----------------------------------------------------------------------------
(2012.11.19)
私はずっと前から気づいてましたが、これで、さすがに日本の音楽業界なんて完全に終ってることおわかりですよね。
あるのはやらせ、マスゴミ揃っての露骨な自作自演ヒット仕掛けのみ。
そして、AKBの握手券付CD等の悪質商法やサブリミナル、イデオロギー刷りこみの横行。
今はTVはもちろん、映画の仕掛けもひどいし、マスコミがヒットしてると騒いでるものなんて、ろくなもんじゃないと思っといてくださいね。
そして忘れてならないのが、もちろんネットのランキングだって、今の音楽チャートと同じで、本物のランキングの体なんてなしてないってこと。
    ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
【邦楽完全終了のお知らせ】2012年オリコン年間シングルランキングトップ20
ついにAKB48グループとジャニーズで埋まる!

(参照サイト http://entamesokuhou.livedoor.biz/archives/19828771.html

2012年 オリコン年間シングルランキング暫定トップ20
***1位 : 182.0万枚 … AKB48 「真夏のSounds good !」
***2位 : 143.7万枚 … AKB48 「GIVE ME FIVE!」
***3位 : 129.2万枚 … AKB48 「ギンガムチェック」
***4位 : 112.9万枚 … AKB48 「UZA」
***5位 : *64.9万枚 … 嵐 「ワイルド アット ハート」
***6位 : *62.0万枚 … 嵐 「Face Down」
***7位 : *59.3万枚 … SKE48 「片想いFinally」
***8位 : *58.2万枚 … SKE48 「アイシテラブル!」
***9位 : *57.8万枚 … SKE48 「キスだって左利き」
**10位 : *55.9万枚 … 嵐 「Your Eyes」
**11位 : *44.9万枚 … NMB48 「ナギイチ」
**12位 : *38.5万枚 … NMB48 「ヴァージニティー」
**13位 : *37.6万枚 … NMB48 「純情U-19」
**14位 : *37.5万枚 … エイトレンジャー 「ER」
**15位 : *35.2万枚 … Kis-My-Ft2 「WANNA BEEEE!!!/Shake It Up」
**16位 : *32.0万枚 … 関ジャニ∞ 「愛でした。」
**17位 : *31.9万枚 … Kis-My-Ft2 「We never give up!」
**18位 : *31.7万枚 … NMB48 「北川謙二」
**19位 : *30.4万枚 … NEWS 「チャンカパーナ」
**20位 : *29.1万枚 … Hey!Say!JUMP 「SUPER DELICATE」

14年ぶりに前年比増の勢い" のCD市場に苦言続出……
「実感できない」「音楽を売れよ」など厳しい声多数

http://www.tnsori.com/archives/51934164.html
-----------------------------------------------------------------------------
(始めから)◆音楽でも男女観を破壊し続ける左翼 〜 演歌の皮を被ったアンチ演歌

◆フェミニストはキチガイ。小池百合子もカルトに頭を侵されたキチガイ

◆私的ダウンロード刑罰化、DVDリッピング違法化の危険性 〜 動画の拡散が妨害され、言論弾圧、情報統制に利用されます

◆キチガイ講談社『たのしい幼稚園』付録の卑猥な最低デザイン 〜 最近の書店の子供向けコーナーから

◆萌えキャラ自衛隊、K-POPとか見てるだけで、この国は終わってる感が・・・〜 現実として、今の日本でいいものって何がある?

◆反日マスコミの本丸は電通!〜メディアをウラで操る電通を攻撃すべし

◆“日本海”が歌詞に多数含まれる、日本の演歌文化を守りましょう!!

◆民主党ピンク女優 田中美絵子 保存版写真付!=菊地美絵子

◆特に女の子の場合は、育て方をハッキリさせておかないとヤバイことになりますよ 〜 子育てについて 女の子編

◆最近の女の子とプリキュア 〜 男の子が女の子にケリ入れられて入院

◆アバズレ主婦増産のため、左翼マスコミからの贈り物

◆日本は早急に離婚抑止政策をとれ!〜 韓国に見習うべきこと

◆最悪の“ダンス必修化”だが、それでも生き残りのため   せめて先回りで、男には男らしい、女には女らしいダンスを仕込んでおきたい
トップ | フェミニズムで腐った男女観 | permalink | comments(13) | trackbacks(2) | - | - |

「男より女のほうが強いの!!」  5歳にして終わってる女の子
〜 プリキュアになって戦う勘違い少女たち

(2016.11.12)
交際相手の顔を拳で殴り暴行した疑いで女逮捕、男性は死亡 TBS系 2016.11.12
さいたま市で、交際相手の男性の顔を拳で殴り暴行を加えたとして、飲食店従業員の22歳の女が逮捕されました。男性はその後、死亡しました。
暴行の疑いで逮捕されたのは、さいたま市の飲食店従業員・山崎桃子容疑者(22)です。山崎容疑者は11日、さいたま市北区の自宅で、同居する交際相手の男性の顔を拳で殴り、暴行を加えた疑いが持たれています。
山崎容疑者の母親からの通報で警察と消防が駆けつけたところ、男性は部屋で衣服を着たまま倒れていて、その後、死亡が確認されました。
取り調べに対し山崎容疑者は、「買い物から帰宅するとドアの鍵が掛かっていたので頭にきて殴った」と容疑を認めているということです。
警察は暴行と死亡の因果関係を調べています。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
実は今朝も、子供が「児童館で、いつも蹴とばしてくる娘がいて、時々やり返してやってる」なんて話してきたので、「本気でやっちゃダメだからね。相手にケガさせたら、相手が先にやっててもお前がワルモノにされちゃうから」なんて話をしたばかりだったのですが、直後にこんなニュースまで入ってきて……
男はそういう時って普通なら手加減するけど、女は手加減せず本気でやるのが多いんだよね。まして男は女の顔を本気で殴ることはまずないのだけど……ビンタすることはあっても。このニュース聞かせて、「今はプリキュアとかの影響で、パンチ、キックとかを平然とやるようなバカ女だらけだから、お前もホント将来、そういう乱暴なキチガイ女と関わらないよう気をつけなさいね」って、あらためて言っておきました。
-----------------------------------------------------------------------------
(2014.11.24)
昨日、作り物(工作)をする子供向けのイベントに参加したのですが、そこにいた10歳ぐらいの女の子がお爺ちゃんと来ていて、お爺ちゃんに「マジむかつく〜!」とか最低の言葉遣い。さらには「私、パンチ得意なんだよ」と言い、お爺ちゃんに対していきなり、パンチ、キックとやりはじめ、しかも手加減してる感じもない。おじいちゃんが「ちょ、やめろ!」と言っても一向にやめず、おじいちゃんの太ももにヒザ蹴りを食らわし、その瞬間、お爺ちゃんは崩れ落ちました(完全に倒れた)。さすがにその子もやめ、「ゴメンネ ゴメンネ」と謝ってましたが。
とにかく今の女の子、本来なら売春婦が履くようなホットパンツの類を普段から着ていて、男の子を呼び捨て、言葉遣いもサイテーなんです。まともなのはごく一部で8割ぐらいそんな感じですね。
今はお店の店員に女性が多かったりして、女だと当たりが柔らかかったり、女の方がよく気が付くイメージあったりしますが、あと10数年経つと、日本の若い娘は無神経でガサツで何の気遣いもないクソ女だらけになっていくでしょう。そのくせ、やたら体の露出だけは激しかったり……このこと皆さん覚悟しておいてください。そんな中で生き残りを図るにはどうすればいいか、考えておきましょう。
----------------------------------------------------------------------------
(2012.5.22)
いつもご来訪ありがとうございます。
今日はリアルでこんな話があったという方の声、下記の通りご紹介。
*************************************************************
親にケリ入れてくる女の子

『小学生の娘さんがいらっしゃる父親と、絵本などのお話をしました。
今の絵本に欠けていることや、テレビ番組がおかしい事についても、軽くお話しました。
「昔の仮面ライダーとかは分りやすかった、今のは複雑で分らないんです」等、おっしゃってました。
絵本も、子供の頃はたくさん読み聞かせされてたそうです。
そう伺った後に、「昔は可愛かった」と何度も言われるので、今は?という話になったとき、「(女の子なのに)キックしてくるんですよ」と言われました。
直ぐ、こちらのご指摘が思い浮かび、「もしかして、プリキュアとか見てらっしゃいますか?」とお聞きしましたら、「(娘は)プリキュアが好きで、ずっと見てます」とおっしゃいました。
サファイアさんのご指摘されてたことが、リアルに起こってるんだと感じました。
「あれは、女の子が戦うお話だから、あまり影響が良くないそうです」と、お伝えしましたところ、「だからか〜!」と、気づいたように納得されました。
可愛いお子様の思わぬ変化に、ずっと疑問を感じておられたのだと思います。

他の方からも、お嬢さんがプリキュア好きなので心配ですと聞いたこともあります。
ただ、かわいい子供が好きなものなので、どう対応していいのか迷われている気もしました。
何かお役に立てば嬉しいです。』
*************************************************************

プリキュアになってパンチ! キック! 戦う少女

よもや子供向け人気アニメとされるプリキュアが、女のアバズレ化、狂暴化、フェミ化につながってるとは普通の人は思ってもいないことでしょう。
最近の男親も、女の子しかいなかったりで、娘が男みたいに強い女になること目指させてたりで、倒錯してるところがありますからね。
でも、それでは女らしさなんて微塵もない、たとえ仕事なんかは出来ても、“女として使えない女”になっていくだけです。そんなの、男から見た女としての魅力はゼロですからね。

うちの子も小学生になって、クラスの「〇〇ちゃんはカワイー」 「〇〇ちゃんが好き」とかそんな話を最近してきたことありました。
そういう話してきた時、私は「〇〇ちゃんは座る時、脚を閉じてる?」「男の子を呼び捨てにしたりしてない?」とか、そんな風なこと尋ねました。

男の子をお持ちの親御さんが、息子さんのお嫁さんに求めるべき、まずは二つの条件として

・座ったら脚を閉じてる


・男を呼び捨てにしない  (昔から親しい間柄による、〇〇ちゃん等の愛称はまだいい)
また、大人の男を、〇〇君(クン)と呼ぶのもダメ。「男の子への“くん付け”運動」は男を見下すためのフェミの匂いがするし、「夫を“主人”と呼ぶのをやめよう」なんて運動やってたフェミや左翼の嵌め込み偽装保守工作っぽい。

もちろん上記二点に加え、「女は(一歩二歩引いて)男を立てる」という基本スタンスが備わってることは言うまでもありませんが、それさえジェンダーフリー・男女平等教育(これって現代のカルトですよ)のせいで反発覚える人が今では多いですからねぇ。男の子を“くん”付けで呼ぼうなんて言う前に、「女は男を立てるべし」ということを教えておかなければ話にならないわけ。

男を呼び捨てにする女が如何に異常でひどいものであるか・・・少なくとも私の世代の普通の男性なら、妻に呼び捨てにされたりしようものならムカついて当たり前ではないでしょうか? でも30代前半以下の方だと違和感持たない人も多いのかもしれない。
嫁に呼び捨てにされてる息子をイメージするといいでしょう。どうですか? 私の世代の方ならおわかりでしょうが、もし、そんな風に男がムカつくような口の利き方してくる女に娘を育てたくなければ、お嬢さんがそんな女になってしまわないよう、シッカリ躾けてくださいね。でなきゃ、ちょっとぐらい仕事出来たり運動出来たりしても、お嬢さんが“女として使えない女”になってしまいますよ。
----------------------------------------------------------------------------
(2011.11.25)
いつも私は子供に、「プリキュアを見てる女はバカになる。結婚できなくなる」、「悪い女と結婚したらダメ」とか、よく言ってるわけですが、保育園ではプリキュアごっこやってる女の子も多いみたいだし、昔の仮面ライダーや最近は『スター・ウォーズ』とかで戦う男ばかり見てるうちの子が、「ボク男でよかった〜。だって男は強いから」とか保育園で言ってたら、「男より女のほうが強いのぉ〜!」なんて言い返してきた女の子がいるらしい。

前は「悪い女の区別がつかない」と嘆き、「プリキュアを見てるとバカになる」の意味がよくわかってなかった息子ですが、「男を立てないバカな悪い女と関わると不幸になるからね」と、このところ事例を挙げてわかりやすく説明することが出来るようなりました。幼いながら子供も意味がわかってきたようです ^▽^)

「男より女の方が強い」なんて言ってる女の子・・・男から見たら魅力のカケラもないこと、まるでわかってないだろうし、まだ年長組ですが、もう将来が決まったも同然です。こんなままでは、その娘を守ってあげようとするいい男が現れること、永遠にないでしょう。

勘違いバカ女とフヌケ男・オカマを増産する、子供向けクソTV番組の有害性、早く気づいてくださいね。

こんな悲観的な状況でも、保育園には感じよく優しそうな女の子も中にはいます。その違いの第一要因はやっぱり親にあります。

『恋のメガラバ』  マキシマム ザ ホルモン  (2006)
ライブ行ったことあるんですよー ^▽^) 詳しくは右画像クリック
-----------------------------------------------------------------------------
◆男が本気でぶん殴れば、一発で女なんて気絶するのが本当なんですよ 〜 トリプルライダーに見る、当時の逞しいアクション・ヒーロー

◆わが子の育て方、しつけの仕方 〜 母親のための人間学 家庭教育の心得

◆同性愛の罪 〜 同性愛、ホモ、レズ、オカマの蔓延も日本破壊工作ですよ!

◆鼻っぱしらが強い女は引っぱたかれて当たり前ぐらいにならないとね 〜 『妖怪人間ベム』に見る日本の家族愛

◆最近の女の子とプリキュア 〜 男の子が女の子にケリ入れられて入院

◆マジで、男が女に食われる時代は起こりえます

◆日本の男と外人女の結婚が急増の元凶は?

◆気持ち悪いフェミ女、勘違い女ばかりの、今の日本のTV、CM

◆本当に男女平等、男女差別をなくせというなら、男女別の競技なんて廃すべき

◆イザナギとイザナミに見る、日本における男女のあり方 〜 日本神話を題材に

◆白昼から子供向けにポルノを垂れ流す変態TV局ども!

◆プリキュア洗脳されたパッパラパー母娘たち 〜 こんなのが今の女性の目標!?

◆今の格差社会は男女雇用均等法が廃止されないとなくならない 〜 雇用均等法前の日本はこんなだった
トップ | フェミニズムで腐った男女観 | permalink | comments(36) | trackbacks(3) | - | - |

女が自分のため好き勝手やりだしたら、男にとって守るべきものも守るべき国もなくなってしまいます!

(2018.9.8)
有名女性タレントが轢き逃げ。【参照:元モーニング娘 吉澤ひとみ 飲酒運転でひき逃げ 逮捕】(2018.9.8 週刊女性)
とにかく現代日本は、何の価値もないクズ女を、女性たちにとって理想の憧れ女性像であるかのよう見せかける洗脳がすごいのです。商売女でもないのに、酒にタバコなんて昔の女はまずやらなかったし、まして酔っぱらって轢き逃げなんてのは考えられません。前代未聞ではないでしょうか。これからこういう女の事件が増えそうな気がするけど、本質問題の発覚をゴマかすため、結局アッチ系マスコミやフェミや悪徳権力者にモミ消されるようなっていくのでしょうね。
それとちょっと前に有名だった女性タレントを、何かのニュースなどで久しぶりに見た時の顔というものが、当時の顔とはまるで違ってるのがほとんどですよね。昔の女性タレントはちょっとぐらい時を経てもさすがにあの人だって、見りゃすぐわかったものですが、今の女性タレントって、あの人だとか言われても、パッと見では「オマエ誰だよ!」ってのがほとんど。整形も度が過ぎますね。それにしても目がギョロギョロして異様に大きかったり……そんなのばっかり。マイケル・ジャクソンなんかも晩年はホントひどい状態でしたが、特に女だと次々ロマンスが終わっても、いつまでもいい歳してギラギラ、男ばかり求めて、まだまだイケルととめどなく整形して……周りに止める人がいないんでしょうね。吉澤にはダンナも子供もいるようですが、ダンナはやっぱりアッチ系なんでしょうか。
それに最近の「ママタレ」なんて種族、昔はそんなもの売りにやってるタレントなんて一人もいるはずなかったのに、母親であるのを売りにして仕事につなげていく……サイテーだと思います。すごく腹が立ちます。これこそ理想の母親と言わんばかりに、デタラメ屑マスコミに持ち上げられて「ママタレ」なんて称してやってる奴なんて全員ブッ殺されていいと思います。いったい子育てを何だと思ってるのでしょう。
いつも、自分が自分が、自分らしさを、女性が輝く、夢をあきらめず実現……等、献身性のかけらもない女が増えてるのです。カワイー子供は仕事につなげるネタ?道具?ペット? とにかく今の芸能界はもちろん、その系統の女たちの顔、何と汚らしいのでしょう。世の中、傲慢で汚らしい顔の女で満ち溢れてきてます。それと情けない顔つきの男が増えてます。
整形してるにしろしてないにしろ、バッチリ決めてるつもりのこの種の女たちの顔、見る人によってはキレイに見えてる人も多いのかもしれません、が、今の女性タレントの顔って、ここの皆さんにはキレイに見えます? とにかく汚い顔の女ばかりになったなってのが、私の率直な感。こういう女がキレイに見える人はまだまだ修行が足りないのでしょう(笑) 中身のない整形韓国女のように、いい歳の日本女性の朝鮮人化も進みそうです。
-----------------------------------------------------------------------------
(2016.3.11)
昨日に続いて、保育園落ちて「日本死ね」とブログに書いた女への共感が集まり(ブログ内容は右画像クリック)、保育園拡充求める膨大な署名が政府へ提出されたって話題(詳しくは上写真クリック)……この署名出してる連中って、ここのウィメノミクスの記事で安倍と一緒に写ってる女たちと、その汚らしさがまるで同じだよね。こいつら子供のことなんか何も考えてねーだろ。

それと、この汚らしい女どもが、安倍総理や政府と対立関係にあるかのよう、ネットにウジャウジャいる自公の安倍マンセー隊によるデタラメ印象操作がされてるけど、この子供をダシにしてるクソ女たちって、女性を外へ働きに駆り出して家庭を空洞化させるという共通目標が安倍と同じなわけで、対立どころかキチガイ同士、安倍とこの女たちは完全な仲間、同じ穴のムジナだからね。政府が「女が家庭や子育てで頑張ってるのは輝いておらず、女性は外で働いて活躍してこそ輝く」なんて徹底プロパガンダやってるから、こういう女組織がパフォーマンス兼ねて「家で子育てやってるだけの私たちは外で働いて活躍できないぞ!保育園増やせ!」って国に要求してるだけなんだから。今の国の理にかなったことを、この女たちは当然としてやってるだけ。「女性は外に働き出て、すべての女性が輝く社会を目指しましょう!」って言ってる本尊こそ日本政府、安倍政権なんだよ。
ネット工作隊の政治統制にウンザリ! SNSとかはもう死に体。安倍が「日本死ね」の女どもと対立関係にあるなんてデタラメ虚構、こいつらクソ女に負けないよう頑張ってるかのよう見せつける言論統制圧力が物凄いけど、女を家庭外に駆り出して日本を殺そうとしてるのこそ、実は安倍政権。あいつら安倍ヨイショのクズ工作隊にダマされないでね。
-----------------------------------------------------------------------------
(2015.9.8)
安倍首相、女性支援に熱心な首脳トップ10入り UN Women2015.6.19 産経
外務省は19日、男女平等や女性の活躍推進を進める国連の専門機関「UN Women」が、女性活躍を戦略的に進める世界上位10人の首脳の一人に安倍晋三首相を選出したと発表した。首相が2013年9月の国連総会で、紛争下での女性の権利保護などに3年間で3000億円超の政府開発援助(ODA)供与を表明したことや、成長戦略で女性の活躍推進を重視する姿勢が評価された。
他に選ばれた首脳は、フィンランドのニーニスト大統領、アイスランドのグンロイグソン首相など。UN Womenは今年1月の世界経済フォーラム(ダボス会議)で、世界で女性支援に積極関与する国と企業、大学それぞれトップ10を選び、女性の活躍推進を加速すると発表していた。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
twitterとかすごく多いけど、フェミを批判しながら安倍政権を応援してる連中……安倍の政策ポリシー知ってて、あれはありえんわ。あいつらみんな左翼、(天然含む)安倍批判を封じ込めるための工作員。
「保守のくせに安倍さんや自民党を応援しないなんて」とか因縁つけてくるのがいるけど、おまえらみんなクズ!
凶悪なフェミ・共産主義者、日本人家畜化推進の安倍を応援しないと左翼?(笑)(笑)

それと、あの国が陛下に謝罪要求してきたとか、どうだっていいじゃん。「陛下に対して無礼だぞ」とか、外人に言ってもしょうがないじゃん。謝罪しなきゃいいだけだし、無視してりゃいいんだよ。炎上用話題として配信提供された、あんな対立偽装ネタに食いつく奴はただのバカ。

上のニュースはちょっと前のだけど、安倍総理、日本人滅亡企む世界の死ね死ね団から選出される名誉の勲章受章、おめでとうございます! (この選出にあたった世界経済フォーラム・ダボス会議についてはコチラもご参照)

先日、安倍自民党政権のもとで、わけのわからない女を日本企業の経営に置かせることを強制させるための、女性活躍推進法なるものが成立してしまいました。
(大体、男でもなれないのに)普通の女がなれるはずもない大企業の役員や部課長に、幻想の目標像を持たせて女に働かさせるためのお飾りとして配置されるごく一部の女たち。
企業なんて変なのが一人いるだけで潰れることだってあるのに、だいたい仕事やりたがって地位につきたがる女なんてろくなのいないし、そこを根城に反日工作員やスパイだらけになることがわかりきってるのに。在日やマイノリティたちがデカイ声あげて、日本を乗っ取ってきたのと同じように日本企業もこれからどしどし乗っ取られていくだけなのに。
死ね死ね団の強力な支援を受ける、被害者ヅラする声の大きなヒステリー女を経営や部課リーダーに置いてったりするだけで、日本企業なんてすべて息の根を止められるんだよ。
男の子をお持ちの親御さんなら、その不安がわかるだろうけど、息子が将来、おかしな有害極まりない女上司の元へ配属されることになってしまうというハイリスクな状況。

ここの読者こそ真の皇軍。体制に屈せず、陛下のため、決して魂だけは汚されない、偉大な先人、武士の矜持を引き継ぐ男女、日本人であり続けましょう!
神風連の乱(1876・下絵。月岡芳年画)、萩の乱、秋月の乱、西南の役(1877)…三島事件(1970)…ラスト・サムライたちに思いを馳せましょう!
たとえ陛下と対立する行動をとっていたとしても、これこそ陛下のためと信じて、命をかけて行動するのが本物の侍なんですよ。これをわかってない人が多い。明治維新期の反乱軍とされてた人たちは皆、皇神の旗を掲げて戦って散っていったのですよ。そこが現代日本の反体制的なカス左翼どもとは決定的に違うのです。

第二民主党なんて言葉がよく使われるけど、自民党なんてそれ以上の日本破壊党とか日本人家畜化党、実態は第一共産党といったほうがいいわけで。それどころか他の政党だって、第二日本破壊党や第二家畜化党、第三日本破壊党だらけだし。今の日本の政治スポンサーってのは、結局どこに行っても一緒。
安倍親衛隊から攻撃された程度で、ひるむ必要なんてない。
-----------------------------------------------------------------------------
(2014.7.16)
応援のコメント等、いつも嬉しく頂戴しております ^▽^) ありがとうございます。

アベノミクスの次はウィメノミクス(笑…えない)

今度は女性シンポジウムでウィメノミクスだそう。何で女だけのビジネス会議なんてやる必要あるんでしょうか。大体、男と女で対立軸作ってること自体、不自然、有害きわまりありません。
それにしても、本人たちはキレイでいるつもりなのかもしれないけど、家庭の匂いのカケラもしない、この女たちの汚らしさ。しかも写真の雰囲気からして輪をかけてバカっぽいのばかり。安倍もバカっぽいけど。
この辺りの連中、創価臭いのが多そうな感じもするし、集団的自衛権で公明党が反対してるとか騒がれてたけど、ホントは集団的自衛権なんて公明はどうでもよくて、同じように激しく反対してるフリするマスコミも茶番であって、中・韓が猛反発してるなんて演出も茶番、過激なフェミ政策を引き出して譲歩させたりするための手だてだから。
*************************************************************

安倍首相、次はウィメノミクス 国際女性シンポ開催へ 2014.7.13 朝日新聞
安倍晋三首相は13日、東京都内で開かれた国際ビジネス女性会議に出席し、「女性が輝く社会に向けてウィメノミクスを発信する」として今年9月に国際シンポジウムを開催すると表明した。
首相は「我が国はこれまで残念ながら女性の活躍の優等生とは言えなかった」と指摘。その上で「これからは日本が発信源となって先進国でも途上国でも女性が輝く社会を実現していく」と述べた。シンポジウムには、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事らが参加する予定。
また首相は、内閣が掲げる「女性の活躍」の一環として、「来年採用される国家公務員の3割は、確実に女性にしていく」と約束した。

*************************************************************

女性の社会進出 日本が世界先導 首相、決意表明 2014.7.14 産経Biz
安倍晋三首相は13日、東京都内のホテルで開かれた「国際女性ビジネス会議」で講演し、日本が女性の社会進出に貢献していく決意を表明した。「日本が発信源となり、女性が輝く地球を実現していきたい。日本が世界の女性の元気をリードしたい」と訴えた。安倍政権が新たな成長戦略に、社会の指導的地位に占める女性の割合を2020年までに3割以上とする目標を設定したことなどに触れ「女性の輝く社会を実践できるか、勝負はこれからだ」と強調。15年度の国家公務員採用で女性を3割以上とする目標達成についても「確実にしていく」と述べた。
国際女性ビジネス会議は1996年から毎年、国内外で活躍する女性の経営者や公務員らが集まり開催されている。

*************************************************************

女性登用促進へ新法、企業に行動計画…政府方針 2014.7.14 読売新聞
政府は、女性の活躍を推進するための新法を制定する方針を固めた。
企業や地方自治体に、女性の登用を増やす行動計画を作るよう求めることが柱となる。早ければ秋の臨時国会に提出し、成立を目指す。
安倍首相は「女性の活躍推進」を成長戦略の中心の一つに位置づけており、「2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%にする」という数値目標を掲げている。新法は、目標達成に向けて企業の取り組みを加速させるのが狙いで、企業自らの手で女性登用に向けた目標を定めた行動計画を作ることに加え、女性がどの程度活躍しているかを対外的にオープンにするために、有価証券報告書などに役員・管理職に占める女性の比率を明示するように求める。

*************************************************************

女性管理職の登用目標、経団連主要企業が公表 資生堂など3社が「30%」明記
2014.7.14 msn産経
経団連が14日、女性の役員・管理職登用に関する目標を定めた会員企業の自主行動計画を公表し、トヨタ自動車など27社が数値目標を盛り込んだ。このうち、2020年に女性管理職比率30%達成を促す安倍晋三政権の目標と同水準を目指す企業が、資生堂、セブン&アイ・ホールディングス、損害保険ジャパンの3社あった。
経団連の公式サイト上で計画を公表したのは会長・副会長会社など47社。経団連は「定性・定量は問わない」としたが、27社が自主的に数値目標を掲げた。
経団連審議員会副議長で、女性の活躍推進委員会共同委員長の前田新造・資生堂相談役は「各社事情が違うので数値は単純比較すべきではない。経営者にとっては、決して義務的でなく、重要な経営戦略の一環で主体的に取り組むものだ」と強調した。
具体策として、セブン&アイは、育児中の女性社員のランチミーティングや男性の育児参加のためのコミュニティー活動を展開するほか、女性管理職向けの啓発活動などを進める。
26年4月時点の女性リーダー比率がすでに26.8%という資生堂は、男女問わず人材育成を強化し生産性の向上につながる働き方の見直しを進め、「能力ある女性リーダーの任用を目指す」とした。

経団連は15日の幹事会で自主行動計画策定と掲載を要請する一方、約1300社の全会員に対し、文書で協力を要請し、12月の公開を目指す。

*************************************************************

スーパー・フェミ政党自民党とファシスト・フェミ総裁 安倍総理の、日本を根こそぎ破壊する過激なフェミ政策のニュースが立て続けで、ウンザリなのですが……

なぜ私がこれほど毅然としてフェミニズムやフェミ女、フェミ男を批判し続けるのか。
でも、これは20年前の私がしていた会話。

A 「女で子供も産まないなんてバッカじゃないの」
私 「なんで? 別に子供産もうと産まなかろうと、そんなの人の自由じゃない。」
A 「そんな人、全然合わなーい!」

B 「妻にはずっと家にいてほしいんだよ。外に出て仕事してたりとか、そういうの嫌なんだって」
私 「なんでダメなの? 別に女だって外に働き出ててもいいじゃない。」
B 「・・・・・・」


かつてはこの通り、結婚した女がいつも働き出てたりするのに何の抵抗もなかったし、寧ろ家計の足しになったりもするし、女も社会で働くことで視野も広まったりしそうだし、女もどんどん外に出て働いてた方がいいじゃないか、そんな風に思ってました。それどころか、子供産んで育てるかどうかなんて、その人の勝手じゃん、と当たり前のように考えてました。
けれども、「戦争に負ける前の日本はアメリカと同じくらい広かった」と教えてくれてた祖母の影響で、私には当時から自虐史観については全くなく、日本人として国には誇りを持ってました。要するに典型的なフェミウヨだったといえるでしょう。

それが今では、これほど確固たる信念を持って、強固に反フェミを主張し続けてるわけです。当然、そうなったのにはそれなりの理由がありますし、かつての私は完全に間違っていたと今では考えてます。
「女は家庭」それによって得られるもの、それは決して、お金や仕事のキャリアなんかと引き代えられるものではありません。

当時の私と同じような考えの人、「失敗したー!」ってなる前に、一刻も早く考え方を改めてくださいね。フェミ、リベラル思想……そういうのから導かれる結末、本当に恐ろしいことになりますよ。
とにかく私はここで言い続けます。そしてその思い、何とか子供に受け継いでもらって、子供、否、後々の子孫に亘って、たとえ日本がどうなっていこうと、ここで言い続けてほしいと願ってます。

一つ大事なポイントを言っておきます。男というのは、ほとんどすべてと言っていいほど、女のことばかり考えてます。お金が欲しいとか、仕事したいとか、アイドルや名誉ある職業でチヤホヤされるようなりたいとか、そういうのはすべて、女と遊びたいとか、いい女と結婚したいとか、良きにしろ悪きにしろ、すべてそれによって得られる“女”というメリットを求めてのことです。これはほとんどの男がそうなのです。大金持ちになりたいとか、有名スポーツ選手やスターになりたいとかいうのも、それに伴って得られる女、そういうのを狙ってのことです。だから男にとっては、社会進出や仕事上の成功とか、お金持ちになることとか、それ自体を最終目的にしてるわけでは決してないんですね。加えて子供だって、得られた女次第です。要するに男のエネルギーというのはすべて、その源泉は女だと言っても過言ではないくらいで、男は女が欲しいと思い、それにともなって一緒になった妻子を守りたいとかそういう発想が出てくるわけで、だから男の場合、そういう女や子供がいることで家族を取り巻く国や地域を守らねば、という思いが生まれてくるわけで、そういう女がいない大概の男にとっては、国なんてどうだっていいのです。そして、女がそんな風に男のための存在でなくなり、「私の人生、自分がどう生きようと自由じゃん」「男に尽くすなんてバカバカしい」とか、そんな風に考える女ばかりになれば、男にとって守るべき国なんてなくなるわけで、自分を慈しんでくれる守るべき女や家族のいない国なんてのは男にとって守る価値もないのです。

こういうのに気づかないで「女性の社会進出をー」「採用や管理職の30%以上を女にー」なんて、いびつな目標掲げる傍らで、「国を守れ」だの「尖閣を守れ」だの、ましてや「集団的自衛権は必要だー!」なんてのは、ほとんど意味がないし、そういうのはフェミウヨでしかないわけで、私からすればお笑いなのです。とにかく一組であるべき男女、家族をないがしろにして、男も女も単なる一個の同じ人間として「国のために」なんていうのは、ソ連のような共産主義国の発想であり、右翼どころか左翼なのです。

女の場合、社会進出したいなんて感情があったとしても、男にとっての“女”のような、そういう副産物”というのはまず、伴なえません。自らが仕事で大成功することで、家族を築いて守っていきたいとかそういう発想、普通の女はしません。女が管理職だの上場企業の役員だのになって仕事で成功”したいとか、わけのわからない“輝く女性”だの、いくら金持ちになりたいとか、そういうのだけ求めても、そしてそれがたとえ実現したとしても、決していい結果は生まないのです。本人は”勝ち組”のような気持でいるのかもしれませんが、もしもそういう女に子供がいたら、その悪い影響はダイレクトに子供に表れます。

それなのに、ただ「仕事で上が目指せるよう頑張れ」なんて言っても女が言うこと聞かないので、女に仕事での成功事例がたくさんあるよう無理やり見せかけ、「ホラ、仕事でこんなに成功してる人がいるんだから、あなたもそっちを目指さなきゃいけないんだよ」って、女に家庭や子育てそっちのけになってもらい、女を家畜として扱いやすくするため、フェミはこういう政策を急いで進めようとするのです。奴らの“成長”のために。

サタン オービタル (1997)
Satan - Orbital

クラブミュージック オービタルの代表曲。いろんなバージョンのある曲ですが、映画『SPAWN』(詳しくは右画像クリック)で起用されました。焼き殺されて地獄で生まれ変わったSPAWN、映画は大して面白くないのですが、サントラ(音楽)はすごくいいです。
-----------------------------------------------------------------------------
◆特に女の子の場合は、育て方をハッキリさせておかないとヤバイことになりますよ 〜 子育てについて 女の子編

◆“道徳教育”と称して進められる、これからの日本人家畜化教育について 〜 もはや大多数の家畜化は逃れらない

◆フェミ政策全力推進! やっぱ、安倍ってパッパラパーだろ! 〜 安倍と自民党なんて、パッパラパー集団だってことがよくわかった!

◆今の格差社会は男女雇用機会均等法が廃止されないとなくならない 〜 雇用均等法前の日本はこんなだった

◆投機王リバモア 人生の失敗とは 〜 巨万の富でも賄えない喪失感

◆心の拠り所と守るべき人を持たなくなった日本人 〜 親も兄弟姉妹も、友達も学校もみんな嫌い

◆フェミ系右翼の台頭 〜 フェミ系右翼と排外主義は相性がいい

◆どうでもいい、集団的自衛権行使問題……そして自衛隊は、“国防男子” “国防女子”なんだって、プププ 〜 韓国カルト団体に熱烈支援される売国 自民党の、世界のため日本人に死んでもらう憲法改正案

◆反シナ・反朝鮮というだけの短絡的なネトウヨがマンセーする、日本における拝金主義・フェミニズムの権化 福澤諭吉について

◆“男の浮気” と “子供の死” には覚悟をしておいた方がいい 〜 本当に強い女性とはこういうこと。女としてのポジション確認

◆要するにアリの世界 〜 男女共同参画だの左翼の社会ってのは

◆そして左翼マスコミは、働く女性と若いママ向けにはこんなものを用意 〜 キレイとカワイーにしか価値観を見出せなくなった女たち

◆本物の“大和撫子”入門 〜 我の否定、徹底した自己犠牲精神 新渡戸稲造『武士道』より
トップ | フェミニズムで腐った男女観 | permalink | comments(18) | trackbacks(1) | - | - |

音楽でも男女観を破壊し続ける左翼 〜 演歌の皮を被ったアンチ演歌

(2016.10.3)
ヘミングウェイ原作の『キリマンジャロの雪』(詳しくは右画像クリック)という映画が好きだったのですが、何か好きかというと、雄大で厳しい自然、弱肉強食の生々しい動物の世界など、そういう描き方がとっても好きなんです。今の“カワイー”が強調されるような動物の描き方でなく、昔の動物の出てくる映画ってのは『ハタリ!』(1962)とかもそうですが、誤魔化しがなく物凄く迫力がありました。撮影も命がけでしたから。今の動物が出てくる映画ってのもやっぱりつまらない。
この映画のもう一つのポイントは、病に伏して死を待つ、アフリカに住む探検好きな小説家の回想記になっていて、4人の女性との思い出が中心なんですね。そっちの方は私は興味ありませんでしたが、とにかく出てくる動物の場面がとっても好きでした。今は女で男性遍歴などを武勇伝のように自慢げに話すバカが増えてますが、この映画と同じようなパターンで女性の回想記の映画を作ると現代ではウケるのではないでしょうか。女しか見ないでしょうが……
これはフェミで金儲け企む左翼マスコミへの大ヒントになってしまいますね(笑)

映画『キリマンジャロの雪』(1952) 予告編
監督:ヘンリー・キング 出演:グレゴリー・ペックエヴァ・ガードナー 他

-----------------------------------------------------------------------------
(2010.3)
坂本冬美の自称演歌『またキミに恋してる』(2009)の無理矢理ヒットは、私の論評への当てつけか!?
かつて朝日新聞が、自分が某Yの掲示板で書いていた投稿に対し、AERAなどで挑戦的な記事を書き続けていた。明らかに私の投稿に連動していたのである。

そして私が某掲示板で、邦楽における女が男に対する呼称で、“アナタ”から“キミ”に変わっていることを指摘したが(このブログに書くずっと前。くわしくは、歌に見る男女観の変遷 参照)、それから間もない今回のヒットは、あまりにタイムリーすぎる。
自分のアンテナは特別製。だから、保守派よりも反日左翼が私のアンテナを参考に日本破壊工作の戦略を練っているのだ。
一般に保守派はあまりに鈍感で人が良過ぎる。ここを見ているのも、もしかしたら保守派よりも私の記事を参考にする反日左翼の方が多いのかもしれない。

この曲の作為的で不自然なヒットは、日本の演歌文化の破壊まで目指している反日左翼の暗躍がある。
音楽、映画、アニメなどの芸術系マスメディアを含め、既に日本のマスコミは、すべて反日勢力に牛耳られているのだ。

一見、演歌調の日本的な外面をした曲が秘めた、中身は反演歌的な(反日)曲にダマされてはならない!
女性演歌歌手が男を“キミ”と呼び始めることは、演歌の伝統文化破壊に当たる。

こんな坂本冬美の曲がすごくいいとか、そういうマヌケなコメント見るだけでも、日本人のすっかりボケてしまった感性のアホさ加減がよくわかる。

『また君に恋してる』 坂本冬美 (詳しくは右画像クリック)
演歌では、女が男を呼ぶ場合、これまで「あなた」と呼ぶものしか殆ど存在しない。そして、尽くす女性の心情を歌うのがほとんど。
女性に演歌で男のことを「キミ」と呼ばせて、恋多き軽い女の心情を唄ったものを作為的にヒットさせたのは、日本的な演歌の皮を被り、実は男女観破壊を目論んだ反日イデオロギーが裏にある。
左翼による作為的なヒットなのだ!

TV・マスコミと同じく、反日勢力に牛耳られた音楽界の低迷もひどいもの。
今は昔と違って、数万枚のセールスでチャート1位とかが獲得できる。ほんの一部の在日や左翼に買ってもらえば達成できる数値。
嵐とかは本当に売れてたようだが、東方神起のヒットとかは左翼マスコミの作為的な操作によるものだ。

続き→ ◆『 また君に恋してる 』ヒットは反日勢力の陰謀(続き)〜 坂本冬実に仕掛けた勢力が判明

『あなたに会えてよかった』小泉今日子(1991)詳しくは右画像クリック
別に演歌でなくとも、今やこういうタイトルが曲についているだけでも、聴けばとても和みます。(ちなみにこの歌詞はキョンキョン自信、そしてこのPVは、沢尻エリカとの騒動で話題になった、あの高城剛の作品だそうですよ。2015.10.15追記)。
-----------------------------------------------------------------------------
(2012.1.16)
鋭い方なら、演歌歌手であるはずの坂本冬美のこんなファッション見ただけでピンと来るし、この歌がどういうメッセージを持ち、どんな層をターゲットにしてるかなんて一目瞭然でしょう。

いわば奴らは、この歌で男性化した女心を坂本に唄わせてるわけですが、その男性版ともいえるのが今では女性歌手のヒット曲ばかり歌っている徳永英明。そっちでは女性化した男心を徳永に唄わせてるわけです。完全なジェンダー反転。
他にも女性演歌歌手の大御所はたくさんいるし、坂本はどっちかというと演歌歌手の中でも影の薄い心象を個人的に持ってましたが、坂本と徳永は昨年末はもちろん、このところ紅白にも連続出場。
こういうところに強烈な政治意図が感じられます。

ファンには申し訳ありませんが、坂本にしろ徳永にしろ、元々オリジナルヒットなんて大してないのに、こういう不自然で作為的なヒットには、ジブリと同じく某学会等による腕力操作の匂いがプンプンします。そこに、流行ってるからとツラれるような人が利用されてしまうわけ。視聴率が高いと煽られて下らないドラマ見たりしてるのと同じです。
-----------------------------------------------------------------------------
(2010.12.10)
この『またキミに恋してる』、ホントかどうかは怪しいですが、今も女性が歌うカラオケソングとして人気が高いそう。きっと、この曲に感情移入して歌ってる女性というのは、まんまと左翼・フェミにやられて幸せな家庭を築けなかった方々なのでしょうね。もういい歳なのに寂しさに耐え切れず、何十年? 十何年? 何年?ぶりかで昔の彼氏に電話……そして寝る、そんなシチュエーションの歌。
将来、こんな歌に思い入れを抱かなくていいよう、貞淑で家庭的な女性を目指しましょうよ ^^)
この曲の歌詞について詳しくは、【コメント欄】 もご覧ください。
-----------------------------------------------------------------------------
(続き)◆坂本冬実『 また君に恋してる 』ヒットは反日勢力の陰謀(続き)〜 仕掛けた勢力が判明

◆歌に見る男女観の変遷 〜 失われた自然に叶った男女観

◆教育破壊で日本弱体化を達成の日教組 〜 反国旗・反国歌の変態集団が子供たちを教育

◆女子供の洗脳で男もバカになった! 〜 コストでは代えられない精神性

◆フシダラ女には“ズベ公”、“アバズレ”の蔑称を!〜 女こそ使いまくれ

◆フェミニズム家庭崩壊=左翼 朝日新聞=朝鮮 〜 腐った反日新聞の朝日

◆民主党ピンク女優 田中美絵子 保存版写真付!=菊地美絵子

◆AKB48の現代と25年前のおニャン子クラブに見る日本人の反応の様変わり 〜 やっぱり幼稚化!? あの頃の素直な感情どうだった?

◆日本にはもう、強い男がいなくなるの!? 〜 文化に愚鈍な保守が多すぎる!

◆腐った左翼マスコミの総本山!? 電通という会社 〜 スタッフは自由業同然、サラリーマンとは名ばかり

◆ホモ監督の制作で左翼が大好き、名作とされる映画 『 二十四の瞳 』について

◆日本破壊・売国バラ撒き“クールジャパン”国策で支援されるキチガイ劣悪音楽・アニメ・デタラメ日本文化(=暗黒勢力・朝鮮文化)

◆“日本海”が歌詞に多数含まれる、日本の演歌文化を守りましょう!!
トップ | フェミニズムで腐った男女観 | permalink | comments(20) | trackbacks(1) | - | - |

特に男の子がいるなら絶対読むべし! 〜 フェミ女に巻き込まれた男は破滅

(2012.2.2)
女にキツイこと言うと、今の腐れマスコミや左翼かぶれの女たちが、何かと狃性の敵”なんてレッテル貼ろうとしてきますよね。
でも本当にわかってる女だったら、細木数子とかもそうでしたが、女だからこそ女に厳しいこと言うはずです。
本当は女に甘いこと言う奴ほど、女をたぶらかす悪魔・カルトと同じ、女の人生をメチャメチャにする女の敵なんですよ。

他にフェミ批判が殆どなかった当時、私の初期のフェミ批判は、今に比べてかなりキツイ書き方に見えるけど、かつて100歳の双子姉妹で世界中の人気者となった“きんさんぎんさん”のぎんさんの娘さんの言葉、ぜひ早めに下の動画ご覧になってください。
シングルマザーで貧困だと騒ぐ女、お涙ちょうだいに誘導しようとするTV女子アナをズバッと断じる、ぎんさんの娘さん。
本当の日本女性、真のヤマトナデシコとはこういうものですよ。これこそ真に強い女性のあり方。
女が強くなったなんてウソっぱち。チャラチャラしたバカになっただけ。
ぎんさんの娘さんが言うように、安直に離婚なんかせず何事にも耐えられる女性、そういうのこそ真に強い女性なんですよ。
昔の日本女性は、皆こうだったから真に強かったんです。本来、これが当たり前。
今では頑張るべきベクトルの方向が完全に間違ってます。そして男だの国だの、周りのせいにしてばかり。
今の価値観は狂ってる、狂わされてるんです。

-----------------------------------------------------------------------------
(2010.4.10)
最近の異常な女性優遇、これを甘く見てる人が多いが、左翼・フェミニズムは悪魔のイデオロギー。
左翼に骨の髄までシャブられているエセ保守も、実はやたら多いので事態は絶望的だが……

昔なら、たとえ女がロクでもない男を結婚相手に選んでも、男から離縁されたり、ましてや子供まで奪われるなんてのは、めったなことでは有りえなかった。
多少、夫婦関係に不満があっても、それでも離婚さえしなければ、破滅する女なんて、まずいなかった。何といっても、子供とだけは一緒にいれた。

しかしフェミニズムでは、財産はもちろん将来の希望から子供までをも、根こそぎ男から奪い取ることを目的としている。
正に悪魔のイデオロギー、フェミ女に巻き込まれた男は破滅だ。もちろん、そのツケは女の側、そして子供にまで必ず回ってくる。

子供を奪われて不幸になった人々をよく知るからこそ、声を大にして言っておかねばならないと思っている。
何より、私の子供の安心できる未来、幸せを願ってのこと。
そして、子供の将来の幸せというのは、ここにいる、より多くの人たちが幸せになってもらうことによって成り立つから。

きっと実際に、女に子供を奪われた者は、ここにも多数いるだろう。
彼らが、相手の女への恨みや憎しみに凝り固まっているのは、いた仕方ない。

しかし、だからといって不動産じゃあるまいし、離婚したら子供の持分折半で共同親権だとか、そんな杓子定規なことして収まる問題であるはずもない。
面会権というものも、子供のためにあるのでなく、むしろ親の権利主張のためのものにすぎない。
最も不幸になるのは、巻き込まれる罪もない子供だ。

ちなみに、あのオノ・ヨーコは、前夫との間に娘 キョウコがいて、ジョンとの結婚当時、娘は前夫側で育てられていた。
裁判でヨーコは、娘との面会権を法的に勝ち取ったが、娘本人が面会を嫌がり、現実では面会できなかった。
確かにオノ・ヨーコは、芸術家、実業家としては天才。
しかし当時、母親としての彼女は、きっと最低だった。

家族崩壊、離婚の激増は、日本人から希望や安心、信頼を奪い去った。
それでも子供がいるなら、自分はともかく子供の幸せを願い、子供が同じ過ちだけは繰り返さないよう、全力を尽くすべきだろう。

男の子がいるなら、息子が勝間のようなズベ公、アバズレ女に引っかかることだけは、死んでも阻止しろ!

少し前まで、娘を嫁に出すなら、当然ながら相手の男がマトモかどうか注意を払ったろう。
しかし今は、かつての嫁の結婚相手に対してやったように、腐ったフェミ女に孫・子が巻き込まれないよう、最大の注意を払え!

息子が腐ったフェミ女を嫁に娶ってしまうと、息子の人生は破滅となる。
その子供も巻き添え、もちろんキミの孫だって奪われる。
カワイイ子には旅をさせろと言うが、取り返しのつく失敗と、取り返しのつかない失敗が、この世には存在する。
この人生の失敗は取り返しがつかない!

現在、婚姻数に比して離婚数は3分の1ほどなので、キミ自身がそんな破滅人生に巻き込まれる確率は3割程度。
これが孫・子までの二世代で考えると、今のままではほぼ100%が破滅の人生に巻き込まれてしまうこととなる。
夫婦別姓なんかで、離婚がもっと増えてしまえば・・・・・

肝に銘じておくべし!


また、妻子と別れても、経済的には恵まれているおかげで、カネだけ元妻に送ってやってるから別にいいじゃないか・・・・・
そう思ってる男性、きっと多いかもしれない。

しかし子供とは、カネで育つものではない。
物理的には、エサさえ与えれば、牧場や養殖と同じで人だって成長する。

しかし、その子供の心には、どんな深い闇があるか・・・・・

このリバモアの話でも読んでみて、人の幸せとは何か、よく考えてみていただきたい。
リバモアと別れても、経済的には何不自由なかったリバモアの元妻子。
なぜ、それがこんな悲劇を生むか・・・・・

勝間や安室なんざ、所詮このリバモアの元妻と同レベル。

子供が本当に欲しているものとは何か・・・・・
人生を変えるようなブログとの出会い、きっとこの世にあるかもしれない。

『ハリウッド・ティーズ』  ガール
Hollywood Tease - GIRL  (1980)

この曲で衝撃的なデビューを飾ったガール(詳しくは右画像クリック)。後に、ギターのフィル・コリンがデフ・レパードへ、ボーカルのフィリップ・ルイスがL.A.ガンズへと流れました。ボーカルもすごくいいが、ギターのフィル・コリンの驚異的なテクニックが強烈。アルバム2枚出しただけながら、後のロックシーンに大きな影響を与えた存在感あったバンド。
-----------------------------------------------------------------------------
(2014.8.27)
女性専用車両への抗議ということで、わざわざそこに乗りこむ男性がおられるというのは前から知っていましたが……このビデオ、大変話題のようです。
人によっては変人と思われるだろうし、あまり感心できるものでもないけど(私は「差別反対!」と騒いでる人たちとはスタンスが全然違うし)、度胸ありますねえ。何らかの信念持ってるのは間違いないので、女性専用車両にはあまり関心なかったのですが取り上げます。
絶叫女の方は……これってもう人生終わってますね。本来、女を守ってくれるはずの男を敵としか見なしていない不幸せな世界観。相手が男というだけで、こんな態度しか取れないようでは、悪意を持たない男性からも嫌われます。本当に男に対する異常な潔癖症なのか、それとも男嫌いを誇張してるだけなのか。いずれにしろ、男性に対して公共の場で面と向かって汚らしいもののように罵るってのも、明らかな人格的欠陥。この男性は意図して乗ってるわけだけど、もしも知らずに乗った人がこれほどキツイこと言われたら、立ち直れないのではないでしょうか。
とにかく、ちょっと自分の言う通りにならないからと、この程度のことで絶叫したり泣きわめく女って……そんなに男が嫌いなら、そういう女が外に出たらかえって迷惑受ける人の方が多いし、ずっと引きこもってればいいのに。これでもしも男の子を産んだりしたら…こんな女を母親に持った子供が可哀想すぎます。
女は感情的になりがちです。だからこそ武家の女性は決して甘やかされず、徹底して感情を抑える教育がなされていました。今では殆ど失われてしまいましたが、その強靭な精神性が日本女性、大和撫子の強さだったのです。女だからと優遇されたり甘やかされてると、女は際限なくツケあがっていきますから。日本の男も女も、それをよくわかっていた。

女性専用車両に乗った男性が女から「気持ち悪い!」と絶叫され、
女たちに腕を掴まれて追い出される、異様な動画が公開中!
 2014.8.27 BUZZAP
もう、ひとこと言っておくと、私も女性専用車両なんてのは不要だと考えてます。
-----------------------------------------------------------------------------
◆フシダラ女には“ズベ公”、“アバズレ”の蔑称を!〜 女こそ使いまくれ

◆本物の“大和撫子”入門 〜 我の否定、徹底した自己犠牲精神 新渡戸稲造『武士道』より

◆水面下で進む中国の人口侵略 〜 日本の女は悪魔の洗脳で家庭離れ

◆最も有害なのは反日法案より今のフェミニズムだと早く気づいて!〜 聖書を曲解、悪用してフェミニズム運動に利用する狂ったキリスト教団

◆フェミ二ズム批判するなら、女が見に来て女に「そうか!」と思わせるような内容にしなきゃダメ!

◆ジョンとヨーコの愛と平和は、誤魔化しのインチキ! 〜 子を失った痛切な叫び

◆投機王リバモア 人生の失敗とは 〜 巨万の富でも賄えない喪失感

◆日本人の心を奪われた日本人 〜 世界最強だった日本軍 〜 守るものを失った日本人

◆ウルトラマン円谷がパチンコ傘下に! 〜 女子供の洗脳に熱心な左翼売国勢力

◆『フランダースの犬』のネロは不幸だったと思いますか?〜 唯物史観、拝金主義で教えられないこと

◆共同親権だの面会保証だのって、これらも家族解体推進法案ですよっ!

◆フェミと、生き方の自由を主張するオタクは同種のもの 〜 たとえ独身で子供がいなくとも、やれることはあります
トップ | フェミニズムで腐った男女観 | permalink | comments(13) | trackbacks(2) | - | - |

夫・子供のため無償で働くのは嫌でも、カネさえ貰えるなら売春だってやる
〜 拝金主義に侵された女とは

(2012.2.21)
本来、女は子供だって安心して産める20代前半までの大して仕事なんかしないうち結婚するのが一番いい。女が長いこと労働者やってると完全に脳ミソが拝金主義に侵されて、大概がカネをもらえない家事なんて到底出来なくなってしまいます。左翼はそれを狙ってるわけ。

猿にしろイルカにしろ、芸を仕込まれる時の動物はエサ欲しさにインストラクターたちに従うわけですが、当然、こいつらは餌をくれなきゃ従いません。
でも、食い物にしろお金にしろ、ちょっとずつ小出しにされてるだけで、何か大きな収穫が得られるというわけでは決してない。
要するに拝金主義に脳ミソが侵されてるというのは、女がこういう餌付けされた状態と全く同じということなんです(もちろん今じゃ似たような男もたくさんいる)。洗脳、飼い慣らされてるわけ。
目先の食い物やお金にはすぐ食いつくけど、お金にならない子育てや家事、家族への奉仕の大切さなんてまるで見えない。
子育てなんか特にわかりやすいと思うけど、目先のお金にならなくても、本当はもっと大きな収穫・実りが得られるものの価値が見えなくなってしまってるわけ。あるいは子育てに力を入れてるつもりでも、力を注ぐべきベクトルが間違ってたりとか・・・

奴らは自由だの人権だのいろんな言葉使ってたぶらかしてくるわけですが、多くの女がお金もらえない家事や子育てが出来なくなってしまったのと同じように、これからは子供たちがおカネもらえないと頑張らない、親のいうことを聞かない・・・洗脳された女が「DVだ〜!」「セクハラだ〜!」って騒ぎだしたように、既に子供たちも「人権侵害だ〜!」「虐待された〜!」って、すぐ騒ぐようなってきますからね。
-----------------------------------------------------------------------------
(2011.8.9)
本来、日本においては、“ダンナ”という言葉はカネ絡みの関係を指すことが多いが、“主人”とは神聖な関係を指すので、正統派保守系 女性が外の人に対して夫のことを話す場合、“主人”と呼ぶべきと前に書いてます
案の定、こういうこと書くと、決まってフェミが騒ぎ出します。
「夫を主人と呼ぶのは、女である自分が奴隷だと認めたも同じ」だなんて騒いでる奴らがいますが、そんなのフェミ左翼の策略ですからね。
元々、日本には奴隷制度なんてないし、奴隷がその持ち主を“主人”と呼んだりすること、これまで日本では100%ありませんでした。
妄想オタク向け漫画に出てくる奴隷的なメイドの女が、男を「ご主人様」なんて呼んでる話、これも日本人をパッパラパー化するのに加え、“主人”という言葉を貶める左翼の策略が混じってると思ってます。
本当は女中(メイド)が雇い主を呼ぶ時の呼称こそが「ダンナさま」だったんですからね。女中は「ご主人様」なんて絶対呼んでませんでした。

同じように、男が妻のことを“カミさん”と呼んだからといって、それで夫が妻の下僕だと認めたなんてことにも、全然つながりません。

対して“ダンナ”という言葉は、以下のように女が男をモノにしてからのカネによる付き合い、経済的支援をしてくれる男の意味合いが、昔から非常に強いです。

『京都 舞妓と芸妓の奥座敷』(相原恭子 著、文芸春秋)より

【旦那】
 舞妓や芸妓の話をすると、なぜかすぐに旦那のことを思い浮かべる人が多いようで、「旦那さんかぁ。お金があれば、そりゃなりたいなぁ!」とか、「余命いくばくもない、となったらしてみたいことの五指には入る」などという男の人もいる。花街における旦那とは、基本的に芸妓の経済的スポンサーということになるのだが、本来の意味では単にそれだけの存在ではない。大げさに聞こえるかもしれないが、旦那衆といえば花街の人たちとともに花街文化を作ってきた人たちでもある。
 旦那はお茶屋で粋に遊ぶことがで出来て、お茶屋のおかあさんたちから信頼されるような人間関係をきちんと築いて、花街内で旦那であることを公にすることができなければならない。こそこそと特定の芸妓とおつきあいするのでは旦那と認められないどころか、花街のルールに違反することになるのである・・・


こういうの読んだだけで、そもそも日本における“旦那”という言葉には、極めて金銭、経済的な関係に深いつながりがあることおわかりでしょう。

しかし、“主人”という言葉はカネではない神聖なつながりを示し、文字通り、主とは神のことも指すし、男が妻のことを“カミさん”(神)と呼ぶのと同じようなものでしょう。

芸妓の世界なら、別にカネによる関係、スポンサーであるからといって汚らわしい間柄というわけでなく、当たり前の関係でもあるわけですが、芸妓と旦那の関係は明らかに夫婦のような神聖な関係ではありません。

いずれにしろ“旦那”という言葉は非常に俗っぽいし、むしろ芸妓や売春宿のような世界でよく使われていた。また、日教組系の団体が主婦に対して、夫を“主人”と呼ばないようにという運動を起こしてたりで、近年、夫を“ダンナ”(あるいはそのまま“夫”)と呼ぶのが普及してしまったのには、夫婦関係をそういう非常に軽いものにしようという奴ら左翼の意図が隠れていると見て間違いない。本来、神聖であるべき夫婦の関係を俗っぽいものにせしめようという、フェミや左翼の思惑が働いてるわけ。

それに“主人”という言葉が神からの由来であるなら、“主人”との関係において終りはありません。たとえ死んでも主人は主人です。それに対して“旦那”は、コロコロ変えることができるもの。
(また最近では男でも女でもどっちでも使えるものとして“パートナー”という言葉がマスコミによって普及されてしまい、今じゃ“パートナー”という言葉を意識せず使ってる人も多いですが、“パートナー”というのも元々はジェンダーフリー系の左翼・フェミ用語であり、これも意図的な仕込みなのです。加えて、パートナーというのはとっかえひっかえ出来そうなイメージもありますしね。2017.7.15追記)

タダで使われる結婚なんかイヤだと言って売春宿に戻ってくる女を描いた『赤線地帯』
一度、身についた垢はなかなか落ちない


黒澤明や小津安二郎と並ぶ名監督 溝口健二の遺作に『赤線地帯』という映画があります(詳しくは右画像クリック)。舞台は赤線廃止が間近の売春宿。そこの売春婦が結婚を夢見て嫁いでいったが、ただでコキ使われる結婚なんて冗談じゃないと言い、即刻、逃げ出して「働いたら働いただけ自分のお金になる、こっちの方がいい」と言って再び売春宿に戻ってきます。
でも、これって売春宿の話だけじゃありませんよね? こういうの見て、「ハッ」とするような方なら、まだ救いがあります。左翼の洗脳で拝金主義に侵されきった脳ミソ、これまでの価値観をすべて見直しましょう。特に「仕事はお金がもらえるから頑張りがいあるけど、家事なんていくらやっても、お金もらえないし、やりがいもないから」なんて言ってた覚えある人、これまでのすべてが間違っていたこと、早く気づいてくださいね。

嫁に行って逃げ出してきた女の言葉、「一日中 仕事、ご飯、洗濯・・・(そんなのイヤ)」、それに対して「嫁に行ったんだから、そのぐらい当たり前じゃない! 身についた垢って、なかなか落ちないものね」と言って、逃げ出してきた女を諭そうとする仲間の言葉が心象に残ります。
そういう生活を耐えて家族で頑張っていってこそ、きっと後で、いいこともたくさんあるのにね。目先だけ。ちょっとやって、すぐに逃げ出してくるようでは・・・男にもそんな風な人、今じゃたくさんいるんでしょうけどね。

もともと溝口健二はこのサイトでも絶賛している『雨月物語』『山椒太夫』のような戦後の世界的な名作を生む前、戦前は『祇園の姉妹』などで身売りされる女、男から使い捨てにされる芸者姉妹を描いたりで、女の悲哀、女の人生の理不尽さを訴えた監督として、左翼も好むタイプのようです。しかし遺作となった、この『赤線地帯』ではむしろ、拝金主義に陥った女や、育てた子供が大人になってから見捨てられる女(母親=シングルマザー)を描いてたりで、女性の自由や自立を主張したフェミニズムを暗に批判していることが伺えます。恐らくこれは、戦前はトップ美人女優で戦後は化け猫女優として復活した入江たか子が代表を務める入江プロに溝口が所属し、一時は入江とデキていたが険悪な間柄となって激しい確執が生まれたりで、フェミ的な女の最たるものともいえる入江のような女優の生きざまに嫌悪感を覚えたりとか、そういうのが何か大きな影響を与えたように感じます。きっと溝口も、フェミニズムによる暗澹たる未来、女の不幸、日本の行く末(要するに現代)を見てしまったのであり、それが晩年の作品作りに表れたのでしょう。

映画 『 赤線地帯 』 (1956) より 「身についた垢は落ちない」
監督:溝口健二  出演:若尾文子、京マチ子 他

-----------------------------------------------------------------------------
(2012.6.28)
映画『赤線地帯』では、売春宿の店主が赤線禁止に反対し、売春婦たちに「本当におまえたちのことを考えてるのは私だけだ」なんて言ってたけど、そんなの明らかにウソであること、さすがにおわかりでしょう。
ただの運命共同体にすぎず、店主なんて売春婦たちや客を食い物にしていたにすぎないわけですから。

要するに当時、赤線禁止に反対していた人たちと同じパターンで、「表現の自由、子供たち個人の嗜好の自由を守れ!」なんて言って、青少年に対するエロ規制にエロ系右翼は反対していたわけですが、あの時、率先して規制に反対先導していたのは、エロを利権に金儲けしていた漫画・アニメ・ゲームなどマスメディア業界筋にすぎなかったということ。それにつられてたのが奴らに飼い慣らされた、オタクやエロ好きな愛好家たち。
しかも、青少年エロ規制は子供が見るものへの規制であったのに、さも大人が見るものまで規制されるかのよう、あの時猛反対していた筋は大騒ぎしてました。

業界の連中は、運命共同体とも言える、手駒である作家や制作スタッフたちと、飼い慣らしたエロ好きな青少年少女たちに、「規制されれば、おまえたちの自由(人権)や生活が侵害されるぞ! 本当におまえたちの生活、自由な趣味・嗜好を守ってやってるのはオレたちだけだ」なんてそそのかして、金儲けを続けたいがためやっていただけ。

つまり、青少年エロ規制の時の反対者たちのつながりというのは、当時の赤線廃止を巡っての反対者たちの構図にそっくり当てはまります

売春宿 = エロ漫画・アニメ・ゲーム利権業者・筋

売春婦 = 作家・制作者

売春宿の客 = オタク、エロ漫画・アニメ・ゲーム愛好家


と言う風に、非常にわかりやすいです。
ただし、私は赤線を廃止したのがいいか悪いかといえば、別にあってもよかったのではないかと思ってるし、当時の廃止論者の一番の主張は左翼的で、女性の人権が侵害されてるからっていうのが頭にあったわけで、だったら寧ろ廃止しないで残しておくべきだったと思います。
それに今では性風俗産業の繁栄が成り代わってるだけだし。

でも、赤線に子供も行っていいなんてなってれば論外だし、そうなれば私が猛反対するのは当たり前。
エロは、別に大人が密かに楽しんでる分については概ね構わないのですが、ただし足を入れすぎると嵌って抜け出せなくなり、正常な男女のつきあいや子育てが出来なくなってしまう人々が増産されます。大人の分まで規制する必要はありませんが、大人でも嵌ったら大いにリスクのあること、ここでは警告し続けてるわけです。

違法ダウンロード刑罰化は、子供に対してのみ規制するのでなく、エロに限らずすべての情報発信が妨害されることになりうるわけで、重大な問題を孕んでます。早く廃止させねば・・・
---------------------------------------------------------------------------
◆現代は中世ヨーロッパ暗黒時代にも匹敵する文化不毛カルトの時代 〜 アラビアンナイトに見る豊かな心を持った自由な奴隷

◆女が仕える価値ある男、男が守るべき価値ある女 〜 今の“男女平等”社会のままで目指せると思いますか?

◆“奥さん”と“ダンナ” 乱れる日本語 〜 正統派なら“主人”と“家内”

◆個性の追求、結婚できない無縁社会の到来 〜 漱石に見るネコの意味するもの

◆70年代後半から男を呼び捨て子供番組による男女平等精神侵略 〜 日本人なら、女が男を呼び捨てにしてはいけません

◆本当に男女平等、男女差別をなくせというなら、男女別の競技なんて廃すべき

◆『子育て幽霊』 小泉八雲が書き残した日本の昔話 〜 ドラマ『日本の面影』より

◆アバズレ主婦増産のため、左翼マスコミからの贈り物

◆ド底辺!? 援交アバズレ年増女の増殖

◆フェミ二ズム批判するなら、女が見に来て女に「そうか!」と思わせるような内容にしなきゃダメ!

◆わが子の育て方、しつけの仕方 〜 母親のための人間学 家庭教育の心得

◆反シナ・反朝鮮というだけの短絡的なネトウヨがマンセーする、日本における拝金主義・フェミニズムの権化 福澤諭吉について

◆女が自分のため好き勝手やりだしたら、男にとって守るべきものも守るべき国もなくなってしまいます!
トップ | フェミニズムで腐った男女観 | permalink | comments(27) | trackbacks(2) | - | - |














2010.3〜