日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

アバズレ主婦増産のため、左翼マスコミからの贈り物

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2017.10.16)
女子(笑)が集まって、「恋」を話題に自分の付き合った男ネタをエラそうに武勇伝のように(小娘に)話してくるオバちゃんとかって、例外なくクズだから。「こうした方がいいよ」とかね。たとえ何人かの男と付き合ったことある女でも、賢い女はそんな話、まずしません。節操なく恥ずかしいことと思ってるはずだから。もちろん、その種の話を自慢する若い娘や、男だってクズ。

それと少し前に今井絵理子とか上原多香子、斉藤由貴とかの不倫ネタが席巻してたけど、なんでこんな汚らしい日本女性が大手ふる社会になったんだろうね。ましてや今井なんて政治家、自民に限らず政治家になる奴もそれを選ぶ奴もクズだらけ。今井も上原も沖縄出身でちょっと毛色が違うのかもしれないけど、斉藤由貴とか50になるんですよ。50にもなって盛りのついたメス豚みたく…… 老人の世界も今じゃムチャクチャで、オレオレ詐欺は元より、老人向けに出会いパーティやろうとしたり、今や日本はヤクザもカタギも役人も含め、ろくでもないことばかり考える人間のクズに溢れてます。エロサイトからの請求絡みの老人相談まで増えてるみたいだし。老人向け出会い企画なんてのには、資産狙いのクズ婆あしか、まず、いないから。企画者も人間のクズでグル。
その歳になっても性欲だの金銭欲だのそういう欲望だけはあるようだけど…… 思い出を秘めて過ごしていこうとか、美しい人生を生きようとか少しは出来ないのかね。大体、互いに若かった頃のそういう楽しい思い出とかあるから老後を世話しあったり、子供だって小さい頃に面倒見てもらったからこそ親の面倒見てあげようとかいう気持ちも生まれ得るのであって。とってつけたように年寄が結婚して、すぐ病気になって、それで世話なんかするはずないし、狙ってるのは早く死んでもらってどんだけ遺産もらえるかとか……こいつらにはそんなのしか頭にない。大体、有名人や資産家老人とかにくっついてくる奴はほとんどが財産や名声狙いのどっかの怪しい組織やカルト教団の回し者、工作員しかいない。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
(2011.3.31)
『婦人公論』は1916年(大正5年)創刊の女性誌、元から「自由主義と女権の拡張を目ざす」がテーマのフェミ系女性誌だったが、発行部数は今も20万部を超え、これは『Ane Can』の25万部と大差なく、『Ane Can』等と変わらないくらいのミドルエイジ女性への影響力を持っている。
今では中央公論新社という会社が発行してるが、実は既にここは読売系の会社で、読売のアカ化・フェミ化にも大きな影響を及ぼしてる気がする。しかも共産党の不破哲三の恋愛話まで連載なんてね・・・アッハッハ。

小学館の『Ane Can』は女のアバズレ化というより寧ろパッパラパー化を狙ったような雑誌であるが、『婦人公論』は昨秋頃から露骨に離婚や不倫を煽るインモラル傾向が顕著となり、正に中年アバズレ女増産のための雑誌と化している。女性誌らしく一見キレイに着飾ってるが、内容的には低俗極まりなく、朝鮮 電通の匂いプンプン、韓流タレントの記事も目につく。
大体、片や女に婚外恋愛を煽りながら、夫への離婚慰謝料請求の特集までやってるモラル感のなさって、なによ。

こんな本が『Ane Can』並みに売れてるってことは、要するに、こんなタイトル並んだ雑誌を見て、フラ フラッと行ってしまう中年女性が相当いるってこと。こんなものにすがるなんて、ホント痛々しい。スピリチュアル系やカルト宗教にコロッと騙されたり、嵌りやすい状況ともいえます。
こんなのがお母さんだったりしたら、もう最悪。子供の将来まで決まってしまいます。

少なくとも、ここを読まれてる今の若い方は40、50になった将来、こんな本を読んでフラフラした中年女になってしまわないため、何をすべきかよーく考えてくださいね。
40代でトキメキを欲しがっている・・・いい歳こいた女がこんな本読んでるなんて、気持ち悪いと思いせんか? もちろん男も同じだし、女も男も50、60歳になった自分、必ず来ます。地に足つけてくださいよ。

予防法としては、とにかく耳障りのいい言葉やフレーズには最大限注意すること。だからもちろん、保守層や右派にとって魅惑的な言葉というのも存在します。実はそういうものほど、危険なものはないと思ってください。特に、「人気がある」「売れてる」・・・等、今どき騒がれるものはすべて怪しいと思えばいい。左翼、プロパガンダのプロは必ずそこを狙ってワナを仕掛けてきます。どんな人にだってスキはあるんです。

 『 婦人公論 2011/02/22日号 』
【特集】40代から始まる妻たちの婚外恋愛白書
〈親友どうしの“ガールズトーク”〉たとえ隠し通せても、もとの自分には戻れない 井上荒野×江國香織
〈読者アンケート結果・赤裸々レポート〉「私、夫あり、子どもあり、そして恋人ありです」
・〈Part1〉禁断の恋の効用は?
・〈Part2〉婚外恋愛のリアル
・〈Part3〉夫はただの「子どもの父親」


『 婦人公論 2011/04/07日号 』
【特集】40代からの結婚・再婚最前線 ――ときめきと安定が欲しい
〈人生の終着点が見えている年代だから〉「相手のおしめを交換できるか」をまず自分に問いかけて 工藤美代子
〈ルポ・運命の相手を探して〉婚活にゆれる女心 条件は、金か見た目か安心か 高木温子
〈超実践的アドバイス・今からだって遅くはない!〉“素敵な夫”を見つけるための9つのポイント 塩坂佳子
〈第一印象5割アップ作戦〉(1)姿勢篇 あなたを一瞬で若返らせる簡単レッスン 長坂靖子/(2)心構え篇 コミュニケーション力で「もう一度会いたい人」になる 竹内一郎
〈女ひとり、60にして立つ!〉私の“公開誌上婚活”敗戦記 松田美智子
〈夫たちによる覆面座談会〉“再婚”“年上”の壁を乗り越え、彼女と結婚したいと思った理由は……
〈読者体験手記〉要注意! ネットで出会ったトンデモ男 ●出会い系で知り合った公認会計士の正体は、古アパートの汚部屋に住む性病持ちだった(主婦・40歳)/●彼の子どもの手術費用から、投資や起業資金、時計まで26歳の青年に870万円もつぎ込んで(派遣販売員・53歳)



『 婦人公論 2010/11/22日号 』
【特集】決意したあなたに贈る離婚講座
〈エッセイ 私が信じる、別れの作法〉どんな謗りを受けようとも 島村洋子
〈お金・住まい・メンタル〉泣かないための離婚塾 岡野あつこ
・お金篇 相手からもらえるだけもらうための、8つの裏ワザ
・住まい篇 今の家に住み続けたい! そんな願いを叶えるには
・メンタル篇 迷った時、支えにしたい 3つの心がまえ
〈もめない、めげない、長引かない〉血液型で診断 上手に別れを切り出す方法 〈いつしか、娘が母で息子が恋人になって〉子どもはわかってくれていた 高畑淳子 〈弁護士が手ほどき──裁判に勝つための「事実」の集め方〉「浮気の証拠」と「不貞の証拠」は違います 西田研志
〈ルポ・調停離婚を経験した女たち〉夫のあきれた品性に、愛想も未練も尽き果てて 篠藤ゆり
〈割引から融資まで〉意外と知らない「母子家庭補助金・サポート」徹底リサーチ 〈読者体験手記〉うちの母は「シングルマザー」
●名字の変更3回、引っ越し13回、複雑な生い立ちのなかで、いつしか「恋愛下手」に(会社代表・25歳)
女の気になるキーワード ●韓国驀進 ●エシカルファッション

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
(2012.2.9)
AKB48 高橋みなみの母(43) 息子の友達15歳少年と淫行で逮捕 週刊文春 2012.2.16号

こんな事件あったこと知れば、この種の本を読んでるのがどんなバカ女たちか、とってもよく見えてきますよね。
フェミの行き着く先なんて、いい歳こいてスケベなオッサン化した、まだまだイケると勘違いした汚らしい阿婆擦れ女の大量発生! こんなの氷山の一角。
でも、男だとマスコミにボロクソ叩かれるのに、女でしかも力ある(AKB48)芸人だと外圧でマスコミは黙殺、隠蔽・・・

ちなみに今、出てる『婦人公論』 2012.2.22号 特集   着物を貶めるな!
婚外恋愛白書 2012 ―― 『もう夫では満足できない!!』
      「彼は恋する人、夫は愛する人」



人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
(2013.10.7)
このところの婦人公論。

『夫は犬だと思えばいい - 夫を捨てたい妻たちの本音』

『ダンナ生態図鑑 - 一緒にいるのが恥ずかしい』

『アラフィフ女子よ、欲望を肯定しよう! - 心とからだを癒すセックス』

こんな見出しに共感覚えて、「おー、そうだ!そうだ!」となってるような人、恥ずかしくありませんか? 自らの心の汚らわしさを鏡で見てくださいね。
たとえ別れても、こういう思考性の女を大切にしてくれる男なんて、誰ひとりいませんよ。
ただし、短絡的に女叩きだけしてる男たちというのも、この種の本に入れ込んでるバカ女どもと同類ですからね。





人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
(2016.8.29)
俳優の高畑裕太容疑者を逮捕 ホテルで強姦致傷の疑い (2016.8.23の各社報道)
ホテルの女性従業員に性的暴行をしたなどとして、群馬県警は23日、俳優の高畑裕太容疑者(22・母は女優 高畑淳子)=東京都渋谷区大山町=を強姦致傷の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認め、「女性を見て欲求が抑えられなかった」などと話す一方、「企ててはいません」と計画性は否定しているという。
県警によると、高畑容疑者は23日午前2時〜2時半ごろ、前橋市内のビジネスホテルの客室で、40代の従業員女性の手足を押さえつけるなどして強姦し、右手親指などにけがを負わせた疑い。高畑容疑者は歯ブラシを部屋に届けるよう要望。客室へ届けに来た女性の手首をつかんで、無理やり部屋に連れ込んだという。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
婦人公論で威勢よく、“離婚のススメ”〈子どもはわかってくれていた。弁護士が手ほどき──裁判に勝つための「事実」の集め方。「浮気の証拠」と「不貞の証拠」は違います〉等エラぶっていた高畑淳子でしたが、その息子が強姦罪で逮捕されました。この高畑、今ほど父親の必要性を痛感してる時期はないでしょうね。母がこれだから、もちろんその息子も……欲求を制御できない、正に“歩く性器”という形容がピッタリですね。娘の方はどうだろう……まあ、男の子は絶対かかわらない方がいいタイプの娘でしょう。
男と女というのは対立する存在ではなく、続いてる存在ですからね。女は男の子に続いてくし、もちろん男だって女の子へ続いていく。マスコミや今の教育では近視眼的に男女が相対立してるかのようウソばかり教えられてますが、絶対、勘違いしないでくださいね。まさかここの読者にそんな愚か者はもういないと思いますが。

私はよく知らないけど、この高畑淳子って、何と50代になって起用が急増した女優なんだとか。大した実力もないのに、きっと離婚を機に母子家庭、働く女フェミの広告塔として持ち上げられてたのでしょうね。息子の事件は、それでつけ上がってたツケでしょう。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
◆そして左翼マスコミは、働く女性と若いママ向けにはこんなものを用意

◆ド底辺!? 援交アバズレ年増女の増殖

◆『エマニエル夫人』〜『失楽園』〜『千と千尋の神隠し』 女への阿婆擦れフシダラ洗脳工作の時系列ポイントと『或る女』

◆プリキュア洗脳されたパッパラパー母娘たち 〜 こんなのが今の女性の目標!?

◆フェミ系右翼の台頭 〜 フェミ系右翼と排外主義は相性がいい

◆保守・排外系団体に、人権左翼やフェミ左翼がいっぱい紛れ込んでますね 〜 引っぱたくことは覚醒作用を起こす

◆白昼から子供向けにポルノを垂れ流す変態TV局ども!

◆30歳以下で女性が男性の収入を上回ったというショッキングな現実!〜 ついにここまで来たかって感じ

◆働く女を30%増やすって、働けない男が30%も増えるってことでしょ! 〜 女優遇が日本を滅ぼす!

◆家族の絆さえシッカリしてれば、人間は幸せでいられます!〜 腐りきった価値観を捨て去りましょう

◆女が仕える価値ある男、男が守るべき価値ある女 〜 今の“男女平等”社会のままで目指せると思いますか?

◆半開きの目、恍惚の表情でアイスを舐めるサザエさん 〜 壊したくてウズウズしてる危険な左翼のサイン

◆男女雇用均等法から株価が下がり続ける日本 〜 世界で日本だけ沈没!
トップ | フェミニズムで腐った男女観 | permalink | comments(62) | trackbacks(3) | - | - |

フェミは左翼、でも 「面会保障を!」、なんて言ってるのも左翼なんですよ!

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2012.7.18)
当初からこのサイトを見てフェミ洗脳が解けたという女性から感謝の声を頂くことは多かったのですが、今は男性側からも共同親権はじめとする家族解体への左翼のワナなどに気づけたことへの感謝の声を頂くことも多く、これってとってもウレシーことです。
ともすれば憎しみのあまり、ダークサイド(暗黒面)に落ちて、間違った方向へエネルギーをつぎ込んでいくことになりかねないわけで、誰もがそのリスクは持ってます。

ツギハギするのでなく、根っこに目を向けましょう。いくらツギハギしても元が腐ってれば決して解決なんて出来ません。それでは子供にも幸せは絶対に訪れません。
少なくとも夫婦平等、男女平等なんて言ってるようでは、互いにいがみあうような家族にしかならないこと、断言しておきます。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
(2010.11.1)   (始めから読む)
もちろん、女性の自立や女一人での子育てを煽るフェミニズムは左翼です。
でも、「男親への面会保証を!」、なんてやってるのも左翼なんですよ。
要するに両方左翼なんです! この手の団体、双方とも同じ左翼。
成す術なき愚かで近視眼的な人々は、これに翻弄されて家族解体に加担しているだけ。

フェミ女はもちろん、子供に会えなくなった男性も冷静さを欠いて、左翼の家族解体推進に力を貸しているということ。
知ってか知らずか、個人も団体も、無意識なうちに家族形態の存続を邪魔に思ってる左翼から、利用されているんです!

面会権保障なんて、また変なもの作って、弁護士はもちろん、左翼 人権利権屋どもが喜ぶだけ、また餌食にされるだけですよ。
目先しか見ない男女の感情的な対立構造を作って、左翼、否、これを操る黒幕は両方を食い物にして大儲けするだけ。
フェミニズム人権派弁護士らに人生をメタメタに狂わされた男たちが、今度はそんな外道どもを自分が利用せざるを得ない。
嫌でもそうせざるを得ない状況に追い込まれている。
奴らの計画は非の打ち所がなく完璧、まったく恐るべきもの。正に悪魔です。

スムーズな離婚推進、離婚への抵抗感なくして安心感を与えるような政策なんて要りません!
「離婚を減らしましょう!」
「離婚をしにくくして、悲劇に見舞われる家族・子供を減らしましょう!」
、と
どうして、こういう政策を採ろうとは、誰も言わないんですか!?
面会保障だの共同親権だの枝葉末節、こんなツギハギばかり付け足して、離婚を減らそうという根幹的なことには全然手をつけようともしない。

離婚なんてしちゃダメだ! そういう価値観さえ取り戻せば、左翼 人権利権屋のツケ入る隙なんてなくなるのに。

「離婚した親の面会保障を!」なんてのは、保守活動でもなんでもありません!

「離婚なんてダメ!」
本物の保守なら、家族を守りたいなら、そういいう価値観づくりに全力を注いでください。

離婚なんてしたら、それこそ痛い目に会う!
離婚なんてしたら、食っていけなくなる!
離婚なんてしたら、それこそ子供に会えなくなる。
離婚なんてしたら、世間に顔向けできない。そんな子がウチにいるだけで恥ずかしい。
未婚の母なんて、とんでもない!


そういう昔と同じ価値観に戻らない限り、離婚や子供を巡る問題なんて、どんどん難しくややこしくなっていくだけで、何の解決にもなりません!

勝手な親の都合だけで面会権を盾に、子供を機械的にアッチやったりコッチやったり、子供たちの家族観までメチャクチャにしていくだけです。
変な権利だの規則だので、家族形態が益々いびつになり、人間の精神も荒廃するばかり。
そして、いわゆる人権利権屋を繁盛させていくだけ。

いい加減、気づきましょう。

映画『クレイマー、クレイマー』ハイライト(1979)Kramer vs. Kramer
出演:ダスティン・ホフマン、メリル・ストリープ、他

アカデミー賞 作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞など総ナメ、米国で社会問題化していた離婚と子供を巡る問題を扱った著名作(詳しくは右画像クリック)。ある日突然、妻が家を出て行った。残された父 テッド(ダスティン・ホフマン)と子 ビリーは苦労しながらも二人きりの生活を始め・・・ところが母 ジョアンナは離婚成立時に息子の養育権をテッドに認めたにも関わらず、今度は母性を盾に、その奪還を裁判所に申し立てる。結局テッドは「子の最良の利益(best interest of the child)」の原則により敗訴し、泣きじゃくるビリーを説得して、ジョアンナへ引き渡そうとする。しかしジョアンナは、これほど父親を愛するビリーを見て・・・

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
(始めから)◆共同親権だの面会保証だのって、これらも家族解体推進法案ですよっ!

◆フェミ二ズム批判するなら、女が見に来て女に「そうか!」と思わせるような内容にしなきゃダメ!

◆日本は早急に離婚抑止政策をとれ!〜 韓国に見習うべきこと

◆子育てに失敗しないために 〜 ある保守系教育機関より - PART 1

◆30歳以下で女性が男性の収入を上回ったというショッキングな現実!〜 ついにここまで来たかって感じ

◆日本の男女平等度が先進国最低水準とインチキ格付けする、国連オブザーバー団体 “世界経済フォーラム” とは

◆マグマ大使のゴアって、共産主義者だったんだな 〜 未来の“こども園”ってこんな感じだろ。パパとママを知らない子供たち

◆現代は中世ヨーロッパ暗黒時代にも匹敵する文化不毛カルトの時代   ギリシャ時代に帰りましょう

◆結婚に魅力がなくなってリスクになった 〜 本来、結婚や花嫁ってのはね

◆家族の絆さえシッカリしてれば、人間は幸せでいられます!〜 腐りきった価値観を捨て去りましょう

◆女が仕える価値ある男、男が守るべき価値ある女 〜 今の“男女平等”社会のままで目指せると思いますか?

◆フェミニズム家庭崩壊=左翼 朝日新聞=朝鮮 〜 腐った反日新聞の朝日

◆DVの本当の実態 〜 配偶者間の殺人 加害者の男女比は大差なし
トップ | 失われる家族の絆 | permalink | comments(10) | trackbacks(2) | - | - |

誇りある日本人の精神性復活のため、メスを入れるべき二つの条件
〜 パチンコと男女雇用機会均等法の廃止

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m

これを書いた2010年よりも、目に見えて外国人がそこかしこで増えましたね。どこ行っても、店とかに行けば店員だけでなく客にも外国人がワンサカいます。外人は叩き出されるどころか、ますます増えました。ホントにもう、外人なんていりませんよね。でも自公政権はこれ以上に外国人を増やそうと外国人に対する日本就労拡大を進め、その家族にまで日本への移住を図り、事実上の移民推進政策をとっていくわけですね。加えて消費税も10%へ増税ですか。そしてパチンコは落ち目だから、今度はカジノで新たな巨大利権までつくるんですね。いったい今の日本の政治家って何を考えて生きてるんでしょう。将来なんて何も考えてないんでしょうね。今とにかく自分にカネさえ入ってくれば、今の地位と利権さえ守れればと、頭にはそんなことしかないんでしょうね。

今の8%で既に消費税収入は17兆円ぐらい、消費税1%増税でおよそ2兆円の税収になるそうです。10%への増税なんかしなくても、10兆円近い予算を仕切ってる男女共同参画費を廃絶すれば消費税増税どころかたやすく減税できますね。強大、凶悪なヤクザ フェミの利権となってる男女雇用均等法や男女共同参画法なんて、とっとと廃止してください。

それに、女性の社会進出に加えて最近はLGBTなんてワケのわからないキラキラまやかし言葉を使って屁理屈こねて人権利得ゴリ押し、ホモレズ推進まで図ってるマスコミ、ゴロつき反社会勢力と強力タッグを組んで派手なデモ、パフォーマンスを繰り広げる(フェミ・人権)マフィアども。奴らに牛耳られた脅迫社会から脱しないと大変なことになります。政治家、議員の皆さん、いい加減、悪魔に魂を売るのはやめて、腐りきった利権を手放しなさい。その醜悪な魂を入れ替えなさい。国に対してとりかえしのつかないことをやったんだし、日本人であるなら責任とって腹を切りなさい。もともと外国人の議員なら往生際よくこのまま処刑されなさい。でないともう日本は終了します。もちろん悪徳の限りを尽くしたあなたの将来、子孫も終了です。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
(2010.12.11)
みなさま、いつもご来訪、そしてコメントやメールありがとうございます。
最近は殆ど返しきれませんが、ここを見てよかったという声を聞くたび、大変嬉しく思っています。
一人でも多くの方に気づいてほしいし、自分自身、絶望的な中にも、一筋の光を感じています。

今日は難しい精神論よりも、日本人が復活するための割と簡単な二つの必須条件について。
簡単といっても、実行には多大な抵抗があるわけですが、内容的には法律一つで大きく変わる、いたってシンプルなものです。

一つは、パチンコの禁止

朝鮮人なんぞ、パチンコさえ禁止したら、とるに足りない存在。
しかし、今の30兆円とも実態は50兆円ともいわれる巨大なパチンコマネーは、戦前の三菱・三井・住友など全財閥を合わせたぐらい強大な力を持ってます。
このパチンコ関連団体と癒着した、表向き保守派とされる政治家や著名人はもちろん、官財・マスコミにも手先が多数います。

『朝鮮人や中国人を叩き出せ!』なんていっても、実現性は殆どありません。もちろん今の状況を考えれば外国人批判はそれなりに必要と思いますし、私だって叩き出せるものなら叩き出したいですけど、冷静に大人の頭で考えれば誰だってそんなのムリだと気づくのではないですか? これに気づかせないよう、未だに面白がってそればかり煽ってるところ、白痴化された保守層をターゲットにした、ゴマカすための悪意が感じられます(意識せずして左翼にうまく利用されてることも含め)。

そこまで排外的な政策を採らずとも、パチンコが禁止されるだけで、これまで稼いでいたパチンコの莫大なアブク銭のおかげで傲慢・非道の限りを尽くせていた奴ら朝鮮人も、国に帰らざるを得ないか、たとえ日本に残っても本来の日本の価値観に合わしていかざるを得なくなります。そうなれば、いわゆる戦前と同じまっとうな価値観に、奴らも回帰していかざるを得ません。

この時、間違ってもパチンコ業者への救済措置なんか採ってはいけませんし、もちろんいわゆる在日特権だって廃止しなければなりません。また、新たに間違ってカジノでもやり始めたら元の木阿弥、同じことの繰り返しになります。

パチンコは今の反日売国勢力(左翼)を支援している最大の資金源、いわば奴らのエネルギーの源。
日本のパチンコ廃止は、左翼・朝鮮人勢力のみならず、日教組や某宗教学会はもちろん、国連ら今の左翼勢力の最大の資金源を断つこととなり、世界を動かすことにもつながります。

もう一つは、男女雇用機会均等法の廃止

男女雇用機会均等法は、悪平等の導入で日本人のヤル気や競争力を失わせ、1990年代以降の男女や家族の結束を破壊してしまった、元凶たる法律。
平等どころか、能力差や性差を無視した悪平等の根幹でありながら、悪平等洗脳イデオロギーの元、その批判が完全にタブー視されてます。これを批判するとヒステリックに騒ぐのが、莫大なパチンコマネーや男女共同参画予算に支援された左翼・フェミニズム勢力でもあります。
テレビでこの法律を堂々と批判したのは、近年では細木数子だけでしょう。(施行前は長谷川三千子らも批判していた。コチラご参照)

一見耳障りのいい平等思想とは、家族や組織の結束を阻んで弱体化するための洗脳工作と思ってください。
他国には、たとえ法律で男女平等が謳われていても、キリスト教等の宗教的基盤による相対立する男女観や家族観というものが基本的に根強く残っていますが、宗教的価値観土壌が全く存在しない日本では、左翼のやりたい放題にされ、戦後日本人の価値観が根こそぎメチャクチャにされてしまいました。これまで長い間、日本人の価値観というのは口承だけで奇跡的に残ってきたもので、他民族の宗教のように教義化されたものではなかったからです。

男女雇用機会均等法は、いわば日本人に足カセを付け、檻に閉じ込めてしまったような悪法。この法律の廃止で、日本人を蝕んでしまったカルト悪平等イデオロギーに風穴を開け、まずは戦後左翼に作られた価値観を粉砕しなければなりません。男女共同参画法はこれを強大に利権化するための一角にすぎません。

これによって不安定な派遣労働者数を大幅に縮小させ、施行前の1980年代までと同じ、男性のほとんどが正規採用、女性も職に就くのは一般職の正規採用中心で、かつての通り寿退社が主流となって、大方の女性は家庭に戻っていくこととなるでしょう。(この法律施行前の状況についてはコチラに詳しく書いてます)

女性だって、正常でシッカリした男とくっつくことに最大の価値観を見出し、賢い女性なら、そのために自分を磨き始め、貞淑を善しとしていきます。今のように、上っ面のキレイさや破廉恥なものばかり求めるのでなく。
男だって、それに応えるべく、強く健全な男性を目指していきます。

この二つを実行すれば、間違いなく日本は大きく変わります。
戦前まではいかなくとも、少なくとも日本が元気だった70〜80年代の価値観には戻れます。
国や国旗、国歌、天皇の問題、教育や国防意識だって、行き過ぎた個人主義・快楽主義の元凶たる、この二つさえ解決すれば、間違いなく徐々に改善されます。
もちろん中共は脅威ですが、それはこういった国内の本質的問題とは全く別に考えなければなりません。

根幹問題である、この二つに触れない保守論は、すべて本質的問題から目を逸らすためのマヤカシと思っていいくらいです。すべて枝葉末節的なツギハギにしかなりません。
どっかの正論大賞だのも茶番だし、ネット上で大人気でヤヤコシイ経済論の本をたくさん書いて、保守を食い物に儲けている人とかも、奴らの操り人形です。
保守のつもりでも、意識してか、気づかぬうちか知れませんが、奴ら左翼の操り人形になってるに等しいということ。

この二つの実現は難しくとも、内容的には全く難しくなく、極めて単純明快なものであること、おわかりでしょう。
逆に言えば、この二つが日本で実行されない限り、たとえ売国 民主党政権が倒れようとも、今の希望の持てない日本の国内状況は何ら変わることありません。
日本人の再生を願う真の保守の政治家・活動家なら、まずは、この二つの実現に特化集中した行動を起こすべきです。

もしも近いうち、この二つが実現しない場合、恐らく私がとる行動は・・・

トゥゲザー・フォーエヴァー 』 リック・アストリー (1988)
Together Forever - Rick Astley
(詳しくは右画像クリック)
バブル真っ只中、ユーロビート全盛期の代表、大ヒット曲。もともと結婚ってのは、このタイトル通りのはずでしょう?

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
◆最も有害なのは反日法案より今のフェミニズムだと早く気づいて!

◆朝鮮人というより問題はパチンコ。国連も左翼も朝鮮パチンコが支配

◆パチンコ市場30兆円!GDPの1割が在日!? 〜 在日マネーに支配される日本

◆“地球” “平和” “命” に注意! 〜 左翼に乗っ取られる保守系団体の典型例

◆左翼メディアの日本人白痴化洗脳工作について 〜 『 人間獣化計画 』 と 『 中共対日工作要綱 』

◆強烈なカルト悪平等主義の洗脳 〜 子供に“さん”づけ、先生が生徒に敬語を使う

◆現代は中世ヨーロッパ暗黒時代にも匹敵する文化不毛カルトの時代   ギリシャ時代に帰りましょう

◆30歳以下で女性が男性の収入を上回ったというショッキングな現実!〜 ついにここまで来たかって感じ

◆男女雇用均等法から株価が下がり続ける日本 〜 世界で日本だけ沈没!

◆売国政策に関わらず日本人は滅亡だ!〜急増する外人女との結婚 〜 貞操観念最悪の現代日本女性

◆失われた日本人の精神性と天皇の祈り 〜 信仰とは信条を持つこと。神を信じる否かは関係ない 〜 母と子が父の無事を祈る『里の秋』

◆日本の男女平等度が先進国最低水準とインチキ格付けする、国連オブザーバー団体 “世界経済フォーラム” とは
トップ | 世界に比類なき日本人の精神性 | permalink | comments(21) | trackbacks(0) | - | - |

アンパンマンやなせたかしと人権左翼や狂った法務省との深い関わり

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2011.8.20)    (始めから)
法務省のメイン政策に人権擁護が掲げられています。
そして、その人権イメージキャラクターとして、“人KENまもる君”と“人KENあゆみちゃん”というのがいて、人権啓発イベント等で活躍しています。
くわしくはコチラを)。

以下は、そのテーマソング『世界をしあわせに』の歌詞。

光があふれる この街で
だれかが泣いている 助けをよんでいる
ちいさな生命(いのち)でも 見すてることは できない できない
人権まもる まもる君
やさしいこころ あゆみちゃん
み・ん・なで まもる 手をとりあって
世界をもっともっと しあわせにしよう

あなたもわたしも おんなじね
だれでも生きている あしたを 夢みてる
だいじな生命(いのち)だよ いじめることは いけない いけない
人権まもる まもる君
やさしいこころ あゆみちゃん
み・ん・なで まもる 手をとりあって
世界をもっともっと しあわせにしよう

悲しい涙が こぼれても
いつかは乾くのさ みんなで助けあおう
すべての生命(いのち)には 生きる権利が あるんだ あるんだ
人権まもる まもる君
やさしいこころ あゆみちゃん
み・ん・なで まもる
手をとりあって 世界をもっともっと しあわせにしよう


作詞者はイメージキャラクターの作者でもある、『アンパンマン』のやなせたかし。作曲はミッシェル・カマとされてるが、これもやなせ氏のペンネーム。
この“カマ”という名前、オカマに由来してるのではないかと指摘する人もいます。

歌はコチラで聴けます。(やなせ氏のコーラスのかぶりが強烈なので注意)
http://www.moj.go.jp/content/000021240.wma

“人権擁護”の歌を、アンパンマンのやなせたかしが作っている。
“世界中の人々の人権、命を守る”ため、こんな歌まで制作する、やなせ氏とアンパンマンを支援している勢力の正体、さすがにおわかりでしょう。

アンパンマンには親子というものが全く出てきませんよね。スヌーピーのピーナッツ・シリーズの世界も同様ですが、私はこういうのに前々から非常に違和感を感じてました。
いったい彼らの親というのは、皆、どこに行ってしまったのでしょう。
親がいない子供たちだけの世界を描いた、やなせたかしワールド、おまけに人権左翼との深い関わり。

私はアンパンマンの知育系DVDを、子供が1歳の頃から見せてました。“あいうえお”や色・数・形などに関するもの。4枚ほどウチにありますが、それらには変なイデオロギーは感じられませんでした。しかし、アンパンマンの映画を見た子供が「日本がなくなってもいいじゃない」と言ってきたこと、これは偶然ではないでしょう。うちは幸いTVシリーズは見せてないし、それまで映画も殆ど見せてませんでした。

下記は法務省の人権擁護についてのページより、16項目からなる「主な人権課題」から。
http://www.moj.go.jp/JINKEN/kadai.html
法務省がオカマや同性愛者をわざわざ政治的に擁護していますが、そんな必要ありませんよね。
国を挙げて「ホモやバイを差別するな!」、もうこの国の政府は狂ってきてます。
男女共同参画局と同じく、フェミ・イデオロギーも強烈ですね。

【性的志向】
「男性が男性を,女性が女性を好きになる」ことに対しては,根強い偏見や差別があり,苦しんでいる人々がいます。性的指向を理由とする偏見や差別をなくし,理解を深めることが必要です。
性的指向とは,人の恋愛・性愛がどういう対象に向かうのかを示す概念を言います。具体的には,恋愛・性愛の対象が異性に向かう異性愛(ヘテロセクシュアル)同性に向かう同性愛(ホモセクシュアル),男女両方に向かう両性愛(バイセクシュアル)を指します。
同性愛者,両性愛者の人々は,少数派であるがために正常と思われず,場合によっては職場を追われることさえあります。このような性的指向を理由とする差別的取扱いについては,現在では,不当なことであるという認識が広がっていますが,いまだ偏見や差別があとを絶たないのが現状です。
法務省の人権擁護機関では,これらの人々の人権擁護を図るため,啓発活動や相談,調査救済活動に取り組んでいます。

【女性】
今でも,「女だから…。」などと言う人がいます。女性というだけで社会参加や就職の機会が奪われることはあってはなりません。また,女性を,パートナーからの暴力,性的な嫌がらせ,ストーカーなどから守る必要があります。
男女平等の理念は,日本国憲法に明記されており,法制上も男女雇用機会均等法などによって,男女平等の原則が確立されています。しかし,現実には今なお,例えば,「男は仕事,女は家庭」といった男女の役割を固定的にとらえる意識が社会に根強く残っており,このことが家庭や職場において様々な男女差別を生む原因となっています。
また,夫・パートナーからの暴力や職場等におけるセクシュアル・ハラスメント,性犯罪などの「女性に対する暴力」の問題も,女性の人権に関する重大な問題の一つです。

【子ども】・・・

【外国人】・・・

【同和問題】・・・


読んでるとウンザリしてきますが、これらは男女共同参画つまりフェミ推進のため、DV問題なんて全然大したことなかったのに、今ではDVシェルターやDV相談センター、男女共同参画推進室などに数兆円の予算がつぎ込まれて既にフェミ左翼の利権とされてるのと同じく、年間数十人の子供が亡くなってるだけで“虐待防止・人権擁護”を名目にこれらのため更に数兆円がつぎ込まれ、それで虐待死が減るわけでなし、それらが強大な権限で運営される事態になりつつあること、大いに注意しておきましょう。
そんな風なことが進むと、かつての共産主義国のような国家・施設による、もはや表に出てこない、より恐ろしい虐待が生まれていくこととなります。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
(2012.7.16)
やなせたかしによれば、人間はアホだから、人間のせいで“宇宙のバランス”が崩れてしまってるとのことです。
【アンパンマンのサイト、先月のやなせ氏のあいさつの言葉】
http://www.anpanmanshop.co.jp/1-1-images/goaisatsu1206.jpg

皆さん “人間の力”で宇宙のバランスを崩してしまわないよう、もっと気をつけましょう!
左翼と環境マフィアって、とっても仲良しですよね。プププ

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
(始めから)◆家庭内の児童虐待より本当に恐いのは、虐待を名目に国家が親子引き剥がしに介入してくること

◆「日本がなくなっても地球だけあればいいじゃない!」 〜 アンパンマンが襲い掛かる! 子供たちへの恐るべき地球人洗脳

◆ヘドラよりも、実はエコラやフェミラの方が恐かった 〜 エコや環境も左翼の専売特許ですね

◆子供をフヌケ化 宮崎アニメの左翼性 〜 強烈な反日・共産主義イデオロギー

◆命より大切なもの、それが “人間の尊厳”〜『 母に捧げるバラード 』に見る、日本のおっかさん 真の保守精神 〜 スポットが当てられる幼児遺棄事件、もっと広く深く見て!

◆フェミと変態オカマを煽るマスコミ 〜 “男の娘”凌辱ものまで

◆DVの本当の実態 〜 配偶者間の殺人 加害者の男女比は大差なし

◆マグマ大使のゴアって、共産主義者だったんだな 〜 未来の“こども園”ってこんな感じだろ。パパとママを知らない子供たち

◆反シナ性を利用して、チベット、ウイグル問題から保守層・保守系政治家を左翼に取り込むカラクリ

◆人権侵害救済法案 〜 どうしてこんな売国法案が日本政府から出されるのか

◆家族分断・人民奴隷化めざす左翼 〜 北朝鮮化への入口に立つ日本!社民 福島みずほの思想に見る

◆自分は家族崩壊!エセ人権派弁護士の正体
トップ | 失われる家族の絆 | permalink | comments(28) | trackbacks(4) | - | - |

日本の男女平等度が先進国最低水準とインチキ格付けする、
国連オブザーバー団体 “世界経済フォーラム” とは

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m

いつもありがとうございます。
「医科大入試が男女差別だー!」って屑マスコミは大騒ぎするけど、女子に家賃補助して男子にはしないって、これじゃ女子はバイトしなくても男子はバイトしなきゃいけなくなるし、こういうのこそ完全な差別だろ。日本の学校は狂ってるし、最高学府 東大も行政も司法も議員も狂ってる。騒ぐのはいつもマスコミにそそのかされ、暗黒資金から支援されるバカで厚かましいフェミ女だけ。女がくだらないことで裁判沙汰するくせ、ここまでやられても裁判やって騒ぐような男はいません。
女子を大学にやるような家よりも、男子を大学に入れなきゃならない貧しい家の方が実際は多いと思うぞ。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
(2016.11.15)
東大、女子学生に月3万円の家賃補助 来春に初めて導入2016.11.14 朝日新聞
東京大学は来年4月から、一人暮らしの女子学生向けに月額3万円の家賃を補助する制度を初めて導入する。志願者、在籍者ともに約20%にとどまる女子学生の比率を高める狙いで、「まずは女子の志願者増につなげたい」(同大)という。
対象は、2017年4月の入学者で、自宅から駒場キャンパス(東京都目黒区)までの通学時間が90分以上の女子学生。主に1、2年生が過ごす駒場キャンパスの周辺に、保護者も宿泊でき、安全性や耐震性が高いマンションなどを約100室用意。家賃を月額3万円、最長で2年間支給する。保護者の所得制限もつけない。東大は現在、女子学生の40%が自宅以外から通学している。
東大は、多様な人材による研究や教育力の向上を目指し、高校訪問や女子高校生向けのイベントを開くなど女子の受験を呼びかけてきたが、ほとんど増えなかったという。地方の入試説明会などで、女子の安全な住まいについて心配する保護者が多かったため、こうした支援に乗り出した。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
またまたフェミがとんでもないことを! 随分、ふざけた施策だね。月3万円なら年間36万円もあげるってことだよね。しかも随分いいマンションに住ませてもらえるみたいじゃない。
女だからと、こんな風に優遇された環境で育ってきた女なんて、ろくな人間に育ちません。つけ上がった勘違い女を生むだけで、何一ついい効果なんて見込めません。それに若い女に一人暮らしなんかさせると、ろくな連中が寄ってこない。なんで優秀な女性をわざわざそんな環境に追い込みたがるのか。
世界の国ランキングにしろ大学ランキングにしろ、全部国際左翼が男女平等やグローバル化を指針に切り分けてるだけで、あんなもの気にする必要ない。東大はこれやれば男女平等度が上がるとかパッパラー思考になってるわけだけど、こんなことやって、どこが平等なんだろうね。今の日本は最高学府自体が左翼、フェミの巣窟と化してる。一流私学も同じ。生きる手段のため、やむを得ず学歴を得るためだけ大学へ行くことになるわけだけど、今の世相、本当の勉強は自らやるしかありません。正しい学問なんてどこも教えてくれない。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
(2012.9.28)
女の社会進出がどうたらとか、この種のくだらないランキングを目にすること多いですが、そもそも尺度を変えればこんなの、「女にも死ぬまで外で働かせようとする国ランキング」であって、また「家庭に入る女より社会的地位に着いた女の方が偉いとされる国ランキング」と言い換えた方が的を得てるわけで、算出基準やネーミングなんてプロパガンダの目的次第でいくらでも偏向・歪曲させられるもの。
この種のランキングとか、国際基準がどうたらなんて、これからもいろいろ見かけることあるでしょうけど、すべてインチキ、国家(日本)破壊を目的としたバイアスかけられたものだって思っといてくださいね。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
(2011.5.18)
大体、仕事やる女性を増やそうなんて、何でそんなことする必要あるの?
しかも男を減らして女性枠だけ無理矢理拡大なんて・・・

男女共同参画基本計画の目標では、女性研究者比率を30%にって・・・要するにこれって男がその分減らされるってことだよね。
いい加減、男女共同参画とかで騒いでる連中なんて、日本破壊工作を推し進める朝鮮人や共産主義者の手先と、奴らに洗脳された天然工作員ばかりだって気づかないとね。
奴らは、これが世界標準だとか言って押し付けてくるけど、それを強力にバックアップしている今の国連は朝鮮人事務総長を担いでる、いわば日本破壊を企む奴らの黒幕と言ってもいいくらいの存在。

仕事は無限にあるわけでないし、仕事する女が増えれば、仕事のない男が増えるのは当たり前。
下の九大のニュースでは、(男女)平等に反するとクレームあったから見直すことになったよう書かれてるけど、それじゃあ、どっちも左翼じゃん、って感じ。いちいち差別だなんて騒がないで、そんなことより日本の社会が狂っていくからだと、ハッキリ言えるようならなきゃダメだね。

日本で女性の社会進出が遅れてると奴らが言うなら、それは見方を変えれば、日本の女性は仕事なんかしなくとも自由に生きて楽しんでいる・・・すなわち女が仕事することにこだわる必要なんかない、女性に優しい社会ともいえるわけですが。
つまり正反対の見方すれば、女性が仕事なんかせずとも子育てや家庭に専念できる、女性を大切にする国ランキングなんて感じで作れば、恐らく日本は、今はともかくかつてなら世界トップレベルになっていたことでしょう。

世界基準なんて日本には何の意味もないし、そんなの世界征服を企む、奴らのプロパガンダにすぎません。
女と男が同じように仕事しなきゃいけない必要なんて全くありません。男女同じように仕事させようなんて、完全に共産主義者の発想ですよ。女も男と同じように一生、外に勤めに出て働かなきゃ生きていけない社会なんて、全然いい世界には思えねえぞ。
*************************************************************
九大入試「女性枠」見直し 「男子差別だ」と苦情相次ぎ 2011.5.18 毎日新聞
九州大が理学部数学科の来年度後期入試で初めて導入する「女性枠」に対し「男子差別だ」などと批判が出たため、九州大が内容の見直しを検討していることが分かった。募集人員の一部を女性に限定することで、将来的に「理系女子」の研究者を増やすのが狙いだったが、平等性への疑問の前に再考を迫られた・・・

九大は「女性研究者増は喫緊の課題。まず入学者を増やすことが必要」として女性枠導入を決め、数学科の12年度後期入試で募集人員9人のうち5人を女性に割り当てることにし、昨年3月に公表した・・・

同様の制度を導入した大学の中には、効果が得られず止めたケースもあり、「理系女子」養成の“特効薬”とは言えないようだ。金沢工業大は2008年度入試で女性限定の「女子特別選抜」を始めたが、志願者は12人で募集定員(40人)を大きく割り込み、2009年度も13人にとどまり2年で中止した・・・

内閣府によると、国内の女性研究者の比率は13%(2009年時点)で米国より約20ポイントも低い。昨年12月に閣議決定した第3次男女共同参画基本計画では、2015年までに女性研究者の採用比率30%を目標に掲げている。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

------------------------------------------------------------------
(2010.10.15)
既に知ってる方も多そうだし、あまり時事モノを扱いたくなかったのですが、やっぱり取り上げます。
この世界経済フォーラムというところ、調べたら相当、胡散臭いところですよ。いかがわしい多くの宗教団体も構成員に含まれてるようで、きっと創化とかも関わってるでしょう。
結局は、日本弱体化を図ってるだけの、利権まみれ圧力団体にすぎません。
*************************************************************
“男女平等度、日本は世界94位”   だと!?
http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101201000925.html   (2010.10.12 共同通信)
ダボス会議で知られるスイスのシンクタンク、世界経済フォーラムは12日、女性の社会的地位の改善状況を順位付けした2010年版の「男女格差報告」を発表、日本は134カ国中94位で前年に比べ順位を七つ上げた。
1位は前年に続きアイスランドで、上位4カ国を北欧勢が占める構図はこの数年間変わっていない。米国は19位と前年より順位を12も上げた。アジア勢ではフィリピンが最高位の9位、中国は61位だった。
同報告は各国の女性の地位を、経済面での進出度合い、教育水準、政治参加、健康の4分野で分析し数値化した。

日本は先進国、主要国の中では最低水準。今回は女性の推定収入や女性議員の増加が認められたため上昇した。昨年10月には大幅に順位を上げ75位と発表されたが、日本の女性団体の指摘を受け101位に訂正された経緯がある。

*************************************************************

このニュースで、昨年の順位付け発表後、日本の女性団体の抗議で日本が格下げされたとあるが、どこの団体だよ!?
日本の女性団体というのは、こういう日本を貶めるための工作活動やプロパガンダだけは、随分と熱心なんだね。

尚、この世界経済フォーラムというのは、次世代のグローバル・リーダーとして、世界各国から“ヤング・グローバル・リーダーズ”という表彰者を毎年、選出してるらしい。

【世界経済フォーラム “ヤング・グローバル・リーダーズ” これまでの日本での受賞者】
藤原紀香
勝間和代
三日月大造(民主党議員・元日本鉄道労働組合連合会青年・女性委員会議長)
他多数・・・なんだ、極左フェミみたいのばっかだな。


インチキ集団 “世界経済フォーラム” とは・・・やっぱ国連じゃん! (2010.10.15 Wikiより) 
国際連合の経済社会理事会のオブザーバーの地位を有し、スイス連邦政府の監督下にある。
スイスのダボスで開催される年次総会が特に知られており、選ばれた知識人やジャーナリスト、トップ経営者や国際的な政治指導者が一堂に会し、健康や環境等を含めた世界が直面する重大な問題について議論する場となっている。

1990年代後半、世界経済フォーラム、G7、世界銀行、世界貿易機関(WTO)、国際通貨基金(IMF)は、資本主義とグローバル化が貧困を拡大し、環境を破壊していると主張する反グローバル化活動家から厳しい批判を受けた。
オーストラリアのメルボルンで開催された世界経済フォーラムでは、1500人におよぶデモ参加者が抗議行動を繰り広げ、200名の代表者が会議会場への入場を妨げられた。ダボス会議へは抗議デモが繰り返し発生、ロックグループ U2のボノが「雪の中に集う金持ちたち」と皮肉まじりに会議に抗議した。

2000年1月には、1000人を数える抗議者がダボスを行進し、その間、現地のマクドナルドの窓が割られた。現在の同フォーラムへの抗議デモは、主にスイスのチューリッヒ、ベルン、バーゼルで行われている。世界経済フォーラム、スイスの州、および国内当局とで分担されている警備費用については、スイスの国内メディアでも幾度となく批判の的になっている。

年次総会は「華やかさと陳腐さが入り交じったもの」とも称され、深刻な経済問題を遠ざけ、実質的な成果をほとんど生み出さないと批判されている。特に、経済に関する専門知識をほとんどまたは全く持ち合わせていないNGOの参加が増えていることが槍玉にあげられている。ダボス会議は今や、実業界や政界の重要人物と並んで、見識ある専門家と世界経済をテーマに議論するというよりは、メディアの関心を呼ぶ昨今の政治的主張(世界の気候変動やアフリカのエイズ問題など)に焦点を当てている。


Two Hearts Beat As One - U2  (1983)
U2といえば、一番好きなのはこれ(アルバム『WAR』に収録。詳しくは右画像クリック)。初期の曲で、このギターワークの斬新さに、当時ブッ飛びました。ただ、ボノは反捕鯨のグリーンピースを支持してるとかで、これは全くいただけないし、結局、左翼じゃねえかよって感じもありますね。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
(2012.10.26)
男女格差、日本は101位 主要国で最低評価続く  2012.10.24 47NEWS 共同通信
ダボス会議で知られるスイスのシンクタンク、世界経済フォーラムは24日、2012年版の「男女格差報告」を発表、日本は調査対象となった135カ国中101位となり、前年より順位を三つ下げた。順位低下は2年連続。
女性議員が少なく、企業幹部も男性に占められていると指摘。先進国や主要国の中で最低水準の評価が続いている。
首位はアイスランドで、上位は例年通り、北欧諸国となっている。米国は22位で前年より順位が五つ下がった。中国は69位で八つ順位を下げた。アジア太平洋地域ではニュージーランドの6位が最高位。フィリピンが8位で続く。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
日本破壊大好きの左翼マスコミは、こういうの持ち上げて必死に騒ぐけど、こんなデタラメランキングにそそのかされて「日本サイテー。もっと女性の社会進出増やせ! ランク上位を目指さなきゃ。」なんてなるのは、バカの極みだからね。そんな奴らこそ本物の知的障害者、全部病院送りにした方がいい。もちろん、バカ政治家、マスゴミ、自称知識人、官僚、特定団体職員のノーナシどもも。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
◆30歳以下で女性が男性の収入を上回ったというショッキングな現実!〜 ついにここまで来たかって感じ

◆働く女を30%増やすって、働けない男が30%も増えるってことでしょ! 〜 女優遇が日本を滅ぼす!

◆要するにアリの世界 〜 男女共同参画だの左翼の社会ってのは

◆国連だって日本弱体化を図る工作機関 〜 5歳にオナニー推奨 変態 日教組と国連

◆専業主婦の出現が抜群の家庭安定をもたらした!〜長期で見る日本の離婚率推移

◆女が仕える価値ある男、男が守るべき価値ある女 〜 今の“男女平等”社会のままで目指せると思いますか?

◆朝鮮人というより問題はパチンコ。国連も左翼も朝鮮パチンコが支配

◆“腐男塾”だの、“腐女シスターズ”だの・・・なんかリアルな名前・・・〜 もしや、冗談で済まないほど腐ってんの? 日本人は・・・

◆朝鮮・同和・原爆・弱者 ← 左翼の食い物 〜 利権あさりと誹謗中傷に明け暮れる左翼

◆離婚と自殺の増加トレンドは一致 〜 離婚・自殺と宗教の関係 〜 加えて自殺増の背景には、日本の特殊な人口構成が影響

◆競争原理封殺! やる気と才能を削いでしまう日教組教育 〜 恥の意識と闘争心を教えてくれた、人生を変えた小5の恩師

◆日本は早急に離婚抑止政策をとれ!〜 韓国に見習うべきこと

◆歌に見る男女観の変遷 〜 失われた自然に叶った男女観
トップ | 売国政党・組織の日本解体政策 | permalink | comments(23) | trackbacks(3) | - | - |

犬が亭主の人気漫画と日本の伝統文化“化け猫”の話
〜 同性愛、フェミニズム、オタク、ペットはワンセットの日本破壊工作

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2014.3.2)
   
よく宣伝されてますが、このような雑誌があの朝鮮系といわれるベネッセから出てて盛況のようですhttp://pet.benesse.ne.jp/。しかもこの本は書店で扱われておらず、直販のみとかでボロ儲けだそう。
特に、独身でペットなんかに嵌って、「日本を守れ!」となってしまってる人……早く気づこうね。
こういうのに入れ込んでる人って、私は気持ち悪いです。

ペット好きなフェミは、イヌ・ネコの気持ちごときにこれほど必死になれるのなら、そんなものよりもっと男性の気持ちを考えてあげたら、普通に健全な家庭が築けるのではないでしょうか。
さらにこの頃では、ベビーカーもどきに子供代わりの犬を乗せて散歩してる人が増えてきましたね。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
(2012.8.18)
ペットに嵌りすぎると、いい結婚ができなくなるからね。
別に冗談で言ってんじゃないよ。 
はい。  かたや、子供(洗脳)向けに『おおかみこどもの雨と雪』・・・お父さんは狼、ねぇ・・・

フラゴナール 『犬と遊ぶ娘』 1768-70年頃

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
(2012.1.19)
右写真は先月発売されていた安室奈美恵のシングル『Sit!Stay!Wait!Down!』(「座って!ステイ!待って!ダウン!」という意味)のプロモ写真。
ソフトバンクCMの“お父さん犬”で男が貶められていることをご存じで、奴らの思惑を読み取れる感性の鋭い方なら、こういう写真見るだけでピンと来るでしょう。
女が、男を犬っコロのように扱う、あるいは獣姦にもつながっていく・・・奴らにとってはどっちでもいいわけです。

それとアニメの『犬夜叉』、当初私は好きでしたが、「お座り!」で男の犬夜叉を虐げるヒロイン カゴメは、今にして思えばこの流れのハシリであり、フェミ・左翼の強力な先制的な精神侵略プロパガンダの一環だったように思います。あのアニメは、女の腐女子的な願望を引き出させていたわけです。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
(2011.7.5)   (始めから)
昨日のような、腐れマスコミ フジテレビのドラマ『全開ガール』で使用されてる、男が猫のように吊るされたおぞましいイメージ写真なんか見ると、男の子を持つ親としては、こんな日本の未来を考えると非常に暗澹たる気持ちになりますよね。

また、小学生向け性教育漫画『ないしょのつぼみ』が顕著に示すように、元は保守系とされてた小学館ももはや完全に狂ってます。
『亭主元気で犬がいい』、こんな漫画やってるくらいで、何が面白くてこんなもの読む人がいるのか・・・

既に同性愛は当たり前になり、これが進めば当然、次は獣姦に発展するわけで、犬のお父さんが近い未来に多くの女にとって現実のものになるでしょう
漫画のイメージ(下写真)でも、書いてあるのは“舐める”、“嗅ぐ”の犬はエッチだとかモロですね。
TVは言うまでもないが、講談社の『少年マガジン』の副編集長も朝鮮人らしいし、他の集英社や小学館のような大手漫画誌にも、いったいどれだけ隠れ在日がいるんだって感じ。

ペットものが独占 ブログ・ランキングの怪

それとネットのブログ・ランキングについて。下のランキング画像は、ブログ村というブログ・ランキングサイトの総合ランキング。
上位をペットものが独占しています。
ペット・ブログのランキングではありませんよ。ジャンル問わず全登録ブログでのランキングです。



これって、どう考えても異常ですよね。
たかが誰かがペット飼ってる毎日の様子を報告してるだけのサイトなのに、本当にこれほどの人気があるのか。他の政治やニュース、芸能サイトを遥かに上回っている。
どうせ馬鹿マスコミも“カリスマ飼い主”だの、“カリスマ猫”だの“カリスマ犬”だのと持ち上げて煽ってるんでしょうね。

ブログランキングは、実際の来訪者数ではなく、間違いなく操作されて作られたランキングです。要するにインチキ
でも、奴らはやがてこれを本物にしていこうと企んでます。「ウソも100回言えば本当になる」ってのが奴らの常套手段なんですよね?

こういうことからいろんなことがつながってきます。
同性愛はもちろん、女性の自立を煽るフェミニズム、男を引きこもらせるオタク、そしてその代替として飢えた愛情を補完させるためのペット、要するにこれらは奴ら左翼の日本人の人格破壊・精神侵略のための最強ツール、日本人をまともに人と関わらせることから遠ざけるためのワンセットなんです。
TVゲームや歌に生身の人間を使わないボーカロイドとかも、これらの延長上にあります。他にもまだいろいろあるでしょう。

余談ですが、スウェーデンなんか、幼児向けに同性愛教育までなされる幼稚園だって既にあるキチガイ国家。
「子どもたちを"性別の固定観念"から解放する」幼児教育(2011.7.3 ニコニコニュース)・・・日本だって今のままでは、そう遠くない未来にこうなってしまうでしょう。  

日本では、“ネコ”と言えば“化け猫”だった

しかもペットについて奴らは、中でも特にネコを推してる。
もともと日本人にとってネコのイメージは、“化け猫”に代表されますが、ちょっと気味が悪く、いわば“人の怨念”を象徴したようなイメージがありました。(右写真は歌川豊国『ね 九番組 市の川市蔵・巣鴨氷川下猫又・氷川下』)
しかし奴らは、元々の日本人が持っていたイメージとは全く違う、それがとっても可愛らしく、育て甲斐あるもののように扇動している。
この思惑には明らかに、日本人の美意識・文化破壊が混じってます。
既に、鬼太郎の“ネコ娘”まで萌えキャラにされちゃってるし、奴らには抜け目がない。

独身女性における人気はもちろん、壮年誌とかにも、子供のいなくなった夫婦には「ペットを飼うのが夫婦円満の秘訣」なんてプロパガンダされてるし〜。
まあ、実際円満になるのかは知りませんがね。

結婚相手を探してる女とかにも、飼ってるペットを手放したくないからと、ペットを飼うのを認めてもらうことを条件にしてるような人もゴロゴロいます。
ペット優先で結婚相手を探すなんて、もう完全にイカれてますね。

しかも、ペットショップにはパチンコ屋と同じように在日の経営が多い。
何だかんだ言っても、ペットに嵌ってる人は奴らの手中に落ちてます。
もう完全に奴らのカモなんです。

別にペット飼うことが悪いとはいいません。私も子供の頃は家に犬がいました。
でも、ペットへの依存があまりに高すぎるようだと、まともな人間としては、やっぱり壊れてると言っていいでしょう。
1988年の人気TVドラマ『やっぱり猫が好き』だって、今にして思えば奴らの巧妙で露骨なプロパガンダの一環。この流れはあれ以降、ずっと継続されてます。「人より猫(動物)が好き」、やっぱり日本人に対する強力な価値観破壊工作だったんです。

かつて日本ではたくさんの『化け猫』映画が作られてきたのに、今はサッパリ。特に戦前から60年代にかけて、化け猫映画は大変な活況を呈し、人気がありました。
参照:化け猫映画リスト

今では目立って“化け猫映画”なんか作れば、どこぞのキチガイ団体から「可愛い猫を恐いものに見せるな! 動物差別だ!」とか猛抗議されそうにも思います。

猫が薄気味悪く、怨霊が宿ったものであるというイメージは、日本の伝統文化でした。少なくとも私は、今でも猫にはそういうイメージを残してます。
その価値観だって、奴らによって例外なく木端微塵に粉砕されてしまいました。
今、ネコと言えば“化け猫”が思い浮かぶ人って、どのくらいいるでしょうね。

私は腐れマスコミが書かない、いろんな情報、論説を書き続けてきてます。
ペットブームが内包する危険性、別に猫やペット叩きを目的に書いてるわけではありません。
けれどもペットショップの経営には、もちろん日本人もいますが、在日が多くを占めている事実。
加えてペットというのは、麻薬やパチンコと同じで依存性、継続性(中毒性)があります。一度、飼うと毎日エサもあげなければならないし、やめることもできませんよね。
こういうところに奴らはツケ入ってくるわけで、今の日本だとこの種のものには必ずと言っていいほど在日や同和が絡んでくる。

でももう、日本人はとっくに病んじゃってますね。奴らの食い物にされてるだけです。
だから、ペット依存にも気をつけてください。まんまと奴らの策略に乗せられないように。   (続く)

怪談 佐賀屋敷』 (1953) 出演:入江たか子、他
戦前は美人女優としてトップだった入江たか子が、化け猫女優として復活した大ヒット作品。彼女の化け猫シリーズ、日本人ならぜひとも一度は見ておきたいものです(詳しくは右画像クリック)。また戦前には、先代の“化け猫女優”と呼ばれた鈴木澄子という方がいます。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
(始めから)◆保守がネコ好きってのもウソっぽい 〜 保守にネコ好きが多いは本当か!?

(続き)◆個性の追及、結婚できない無縁社会の到来 〜 漱石に見るネコの意味するもの

◆不可解なブログランキング そのカラクリ 〜 ランキング操作なんて視聴率や部数捏造以上に簡単ですからね

◆フェミと変態オカマを煽るマスコミ 〜 “男の娘”凌辱ものまで

◆“恥の文化”から“恥知らずの文化”に成り下がった日本

◆ヘドラよりも、実はエコラやフェミラの方が恐かった 〜 エコや環境も左翼の専売特許ですね

◆もはや日本文化の区別、正常な判断すら出来なくなった、おバカな日本人!〜 中国の英雄 孫悟空を冠した『ドラゴンボール』の奇妙さにすら気づけない

◆日本に漫画・アニメ文化が興ったのは、痛い敗戦があってこそ 〜 石森章太郎の世界

◆朝鮮人の家族のお父さんキャラには何がいい? 〜 マスコミの大八百長に比べれば、相撲八百長問題なんて子供の遊び

◆フェミと、生き方の自由を主張するオタクは同種のもの 〜 たとえ独身で子供がいなくとも、やれることはあります

◆近いうち、3D世界で性器まで完全装備 大掛かりなセックス・マシンも出現!〜 萌え系やオカマ、ゲイなど政治利用されてますが、3Dには細心の注意を!

◆消されたウィンピーとキチガイ博士 〜 なんでもかんでも差別! 言葉狩り? 殺されるイメージ表現

◆子供も大人も注意! 講談社は最大の左翼出版社 〜 女の堕落と男のフヌケ化はワンセット 〜 『 のだめカンタービレ 』に見る、現代の病理とヒトラーの予言
トップ | 日本の知られざる社会・経済事情 | permalink | comments(34) | trackbacks(4) | - | - |

子供の中学進学にあたり 〜 お受験レポート

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m

なんて下品なタイトルでしょうね(笑) でも、関心持ってるお子さんいらっしゃる方も実は多そうで…… メモ書きで結構、早くに書いたりもしてたのですが、もう受験が終わってかなり経ち、ここにアップするのがこんなに遅くなってしまいました。でも入学当初では気付けなかった学校や子供の同級生の様子など、今でないと書けないことも多そうです。

昨年、小学6年生の夏休み以後、今年1月まで子供は猛勉強してましたが、おかげさまで上位難関校の第一志望、第二志望とも受かりました。入試直後、子供は周りから「おまえ、天才!」とか言われたりしてたようで、それで子供がつけあがって困ってた時期もありました。
学校だけいいところに行っても、日本がどうして先の大戦をしたか、どうして日本が少子化になってるのか等、学校や塾では本当のことをどこも教えてくれないし、東大出ても何も知らないバカばかりだと前から私は言ってます。コチラで紹介の大東亜戦争の起こったワケの絵本なんかを子供に読ませたりもしました。

私自信は塾なんか一度も行ったことなかったし、大学受験もすべて自宅学習で合格でした(当時、私は旺文社のラジオ講座を主体に勉強してました)。塾では問題の解き方は教えてくれますが、勉強のやり方までは教えてくれません。だからうちの子の勉強のやり方は、当然、私の勉強のやり方を継承してるわけです。最初、私は小学生だとどうなんだろうかと一抹の疑問を持ちながら取り組んでましたが、私の受験勉強のやり方がそのまま使えたことになるわけで、だから子供には「おまえはこの勉強のやり方をこれから先、絶対変えるなよ」と言ってあります。つまり塾は問題の解き方を教えてくれるけど、勉強のやり方は親が教えるしかないのです。実績ある塾に行ったから成績が上がるというわけではないし、特に中学受験の場合、ほとんど親にかかってると思います。

小学2年生の頃まで塾とは異なる某学習系に通わせてましたが、3年生になった頃、やめました。そして4年生の冬期講習から、中学受験を意識しだして学習塾に行かせはじめました。最初は塾なんてどこでもよさそうに思い、特にこだわりなく某塾に行かせはじめましたが、ずっと後に調べたら志望校の合格者がそこにはほとんどいないことを知り、5年生の冬から別の塾に変えました。変わった後の塾は定型テキスト・問題集のような教材のみならず、プリントの料とかも物凄かったし、親のサポートなしに子供だけでやっていくというのは絶対無理だったと思います。はじめ私がそこに気づかず、塾から出された宿題とか問題を子供がやりっぱなしで、それらが整理されることもなく、ただ時間が過ぎていた間は子供の成績はむしろ下がっていた気さえします。前の塾は生徒それぞれに対して面倒見がよかったようですが、後の塾はその気になればどんどんレベルが上がっていけるとはいえ、そう簡単にはいきません。それに5年生の冬に塾を変えた時、前の塾ではまだ教えられてなかった単元が相当あり、特に社会・理科が入塾当初はまったくわからず、テストでほぼ0点だったりで、塾を変えた時「失敗したかも」とさえ思いました。でも私もめげずに何とか今の塾の内容に追いつかせようと、塾とは別の課題を毎日やらせながら何とか軌道に乗って行かせようと頑張りました(今の中学受験の算数と計算系の理科はムチャクチャ難しく、親が教えることはムリですが、何とか自力で頑張らせました。社会は最初、新しい塾で0点をとったりしましたが、社会だけは私でも教えることが出来ます)。最後はいい結果で実を結び、やっぱり変えといてよかったと思った次第です。

下賤ですが、まずは某学習塾による昨年度の(男子)中学入試偏差値をまとめた表(下画像クリックで拡大されます)。受験日複数校は入りやすい方の偏差値で載せました。いわゆる超難関校には、東大合格者数ランキングの常連校か、東大は切り捨てるが将来の大学受験も不要になりうる早慶系の学校へ行くという、2系統の選択肢があるといえます。
子供を中学受験させる方にとって、こういう表を見て、子供がどこまで伸びれるかというのが課題になるのでしょうが、一般にイメージされる高校受験偏差値からすると、中学受験の偏差値を見てもピンと来ないかもしれません。中学受験の偏差値60というのは、およそ高校受験の偏差値70にも匹敵するくらいではないでしょうか。だから中学受験で偏差値50あるなら大したものだし、60超えるなら相当優秀でスゴイといえるでしょう。

うちは第一志望は小学四年の時から決まってました。それまで塾には行ってませんでしたが、最初の入塾テストのようなもので子供は国語で相当な点数をとって塾の先生方から驚かれました。私の受験は国語で苦労したので国語が出来る子になってほしいとの思いを強く持って幼児期から育ててたし、コチラでも子供の国語の点数が非常によかったこと書いてますが、やっぱり親次第で子供は良くも悪くもなるんだと確信を持ちました。毎日、本を読み聞かせて、たくさんの本がウチにはあるし、そういう環境が子供にプラスになってたと思うし、子供が国語で秀でてたのはその結果だと思います。社会はやりさえすれば伸びると思ってたし、問題は理数系だと思ってたわけで、ただ計算については実は小学校に入った時からパソコンの計算ゲームをやらせてたんですね(『メキスウ』という計算ゲームソフト)。それで計算自体は子供は結構、出来るんです。でも中学入試は単なる計算ではなく、多角的な分析からの発想力が必要となり、学校にもよりますが難関校になるほどその傾向が強くなり、そういうひらめきのようなものが必要になってきます。そういうのは学校の授業では全く出てこないし、塾に行かないと身につかないわけです。理科も記憶分野はやれば出来るようになるでしょうが、物理系などは非常に難しいため、そういう理科や算数を普通の親が教えるというのはまず不可能で、3年生ぐらいから塾に通ってる子はそういう問題にも慣れてるでしょうが5年生の冬から大手学習塾に通い始めたウチはかなり遅い方といえます。そういう状況で理数系がどこまで伸びてくれるかがポイントだったわけです。社会と理科の記憶分野は前の塾でやってなかったところも教材をコツコツやらせていって追いつかせました。計算の必要な理科と算数のわからない問題は塾の先生にどんどん質問させていくしかなかったですね。それでやる気になってもらって、わからない部分もわかるようになってもらう以外ありません。6年生になると希望の学校への選抜コースがありましたのでそこに入り、その優秀な子が集まってるクラスでも子供は国語で一番を時折とったりするほどで、国語だけは大したものだなと思いました(それでも波があり悪い時もありましたよ)。社会は基本要点を忘れないよう常々暗記させ続ける、そして第一志望に受かるには算数・理科の難問が解けるようになってもらわなければならなかったわけで、下はウチの子の偏差値推移ですが、実質理数系の伸び具合に左右されてたと言ってもよいくらいでしょう。次々新しいところをやるのでなく、毎日、前日前々日の復習をやりながら必ず次に進みなさいと私は常々言い続けまして、それを守って子供もコツコツやったのでしょうか、ブレながらも綺麗な右肩上がりで受験直前には志望校の合格圏になんとか届くようになりました。

それでも算数や理科が悪い時はやらかしてしまうわけで、右は秋のテストでの成績ですが、概ねこんな感じだったんです。そうして子供も本気で頑張るようになってから点数のブレも減ってきて、なんとか理数系含めて合格ラインに届くようになってきました。

そして受験料を支払った時にもらったものなども神棚に飾ったり、縁起担ぎ、願掛けを入試の頃してました(下写真は当時のウチの神棚)。
実際どんな風に勉強させてたかを書き表すのは難しいですが、とにかく子供の学習環境には配慮しました。うちは子供の学習机を居間に置いてます。子供部屋なんてありません。プライバシーというのは戦後、リベラル思想が押しつけられてスリ込まれた概念ですし、元々の日本人にそんなものはなかったんです。
そして子供の受験本で有名な佐藤ママ、息子3人と娘を東大理靴冒完合格させたという、受験界では有名なカリスマ的存在、今じゃたくさんの本が出てますがウチにあるのがこの『灘→東大理III 3兄弟の母が教える中学受験勉強法』(佐藤亮子・KADOKAWA、詳しくは右画像クリック)。これは子供の受験勉強期に買っていた本ですが、私はこの本を持ってはいたのですが受験前は全く読んでいませんでした。私は私の直観を大事にしたいと思ってたこともあり、せっかく買ったのですがあえて読まなかったんです。それを受験後となった今、改めて読んでみたのですがウチとの共通点がいくつもありました。
まず一番には、子供の学習机がリビングに置いてあるということです。上はこの本にある子供の学習机の様子で、うちと同じように居間に子供の机がある。しかも4人分が並べられてます。子供の勉強机は、常に親の目が届くところに置いた方がいいに決まってるんです。もちろん居間でテレビなんか見ないのでしょう。佐藤ママのご主人は共産党員の弁護士らしいのですが、佐藤ママは若い頃の海外留学なんて必要ないとも言われてますし、今のチャラチャラした子育てでなく、子供の学習は単に将来、仕事で自活出来るようさせるためにすぎないということもわかっていて、佐藤ママのやってることは保守っぽい子育てそのもので、しっかり地に足ついた考えを持ってる方です。

そして右もこの本から、子供の教材を百均などで買ったものに整理した様子の写真。ウチはスペースがなくここまでは出来ませんが、机横にラックや小さな本棚を設置し、科目別にもらった教材を置けるようにして、その整理は私がやるようにしました。大手学習塾に行かせはじめてわかったのですが、今の塾はテキスト、問題集だけでは済まず、もらうプリントなども物凄く多く、それを子供が自分で整理してやっていくというのはまずムリなんです。私は最初それに気付かず、塾にもらったものを毎日整理しなさいと子供に言いつけ、子供に自分でやらせようとしてたのですが、もうプリントだらけで机とかがムチャクチャになってくわけですね。成績も伸びない。それで教材整理は私がやってあげるようにして、とにかく子供は学習に励ませるようにしました。

またこの佐藤ママ、長男だけには最初、ゲーム機を買ってあげたようですが、後にその長男からゲーム機を回収し、以後の子にはゲーム機を一切持たせなかったということもこの本には書かれてあります。

中学受験、塾に通わせたりとかそんなのだけでなく、本当に親が大変です。一番のカギはやっぱり親でしょう。一度テキストを読み込んだだけですべて頭に入るような天才児はそうそういるものではないと思いますし。

とりとめないレポートになったかもしれませんが、一つ思ってることは、ウチの子が今度は親になった時、こんなことを継承させることが果たして出来るのか、と大変な疑問を持ってます。某大学系のように親もほとんどがその大学出身でオモテ向きは難関校でも実はおカネで入れるような学校なら別ですが…… 実際、子供がただいまお世話になってる学校OB関係者の中には自分の子も入れたかったけど入れることが出来なかったという方も数多いようです。息子の嫁が果たしてこんな子育て出来るだろうか、しかもここまでやることが本当に必要なのかどうか、正直それさえもハッキリわかりません。ただ学歴は現実として、特に男性にとっては彼女を探す上でも大変な武器になるであろうし、もちろんそれなりの仕事に就くにはあった方がいいと思ってるからにすぎません。でも今のように女までに小学生の時期から猛勉強させていい学校へ行かせる価値なんてあるのだろうか、とも思います。男はともかく、女はいい学校に行ったからと、いい男が寄ってくるわけでは決してありません。男ならそれでより多くの女が寄ってくることになりえることはありますが、女が高学歴だとかえって男性、家庭、子育てを遠ざけてしまう可能性すらあると思いますね。

どこに行ってるとは言いませんが、高校から入るより中学はまだノンビリした雰囲気もあって、子供は学校が楽しそうです。そんな中で英霊を称えたり、将来の強い影響力を持ちえるエリートの卵が集まってる学校で、そういう作品を紹介させたりとか、既に子供には周りへの愛国啓発を地道にやってもらってます。普通の人が憧れるような難関校にうまく入れましたが、うちのような底辺の家と違い、そこにいる子供たちは確かに物凄い家の人も多そうです。子供のヴァイオリン教室でも医者など富裕層がとっても多いんです。けれど実際のその親御さんたちの育て方を見てると、将来は危ないな、怪しいなって家がすごく多いんです。確かにお金持ちで元々、頭もよく筋のいい子供たちは多いかもしれない。だけどそれで将来安泰だ、なんて風には絶対ならない。せっかく猛勉強していい学校に入ったのに、入った途端、スマホやゲームばっかりやってる子もいるし、親はいったいナニ考えてるのやらってところも多い。子孫が絶えかねないリスクが強く感ぜられるし、そういう予感が私には漂って見える。女の子がひどいと、この傾向はさらに顕著に表れる。今は女に「自分らしく」だの「女性の自由」だの女権思想プロパガンダでほとんどの娘が洗脳されてますが、松田聖子のように「自分が 自分が」というタイプの女性が、幸せな家庭を築けるなんてことは100%ありえないと言い切れるからです。自分の夢の実現なんてのでなく、子供と家族の幸せのため頑張り、家族が幸せになってこそ自分も幸せになれるのです。もちろん自分の夢が最初から家族の幸せである方には言うことありません。男子で女子を蹴とばすような子はほとんどいませんが、今は男子のお尻を理由もなく蹴とばすような女子がゴロゴロいるんですよ。TVの影響は強烈、幼くして既に将来は決まってるんです。私の読者なら、このこと十分理解できるのではないでしょうか。なんで私が、ある種の人々が妬むような特権階級やエリートと思われる人々に冷ややかでいられるかというと、子供を一流校に入れて、ああいう一見、恵まれてるようなエリート層見てても、余裕持てるし、逆にうちの方が正しいと、ますます自信を持ってしまうわけです。その子たちや親の様子を見てて、決して将来(一人の人生でなく次世代にわたっての)安泰なんて感じられそうな人はほとんどいませんよ。かえってウチの子の方が勝てるチャンスはあるのではないかと思ったりしてます。

GARDEN GARDEN (1988)

人気ブログランキングへ  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
◆ネットは影響力があるのです。自信を持ちましょう 〜 アイドマの法則

◆短信 保守派へのネット弾圧が激しいですが

◆1970年代初頭までの青春ドラマも見ておきたいね

◆真実の日本の歴史 〜 戦前の日本史教科書準拠 参考書より  /逝紂々調陲領鳳

◆戦後の歴史教育を捨てよう。 歴史教育 再興   ̄糞彿歛姑如\鐐阿旅饂法米本史)学習年表

◆子供の英語教育についてです

◆デタラメ見本人間ゴリ押しマンセーで人格破壊される日本人 〜 女性の低脳化で、カルト化する女性芸人やスポーツ選手等への崇拝

◆フェミ左翼、グローバル反日勢力に乗っ取られた大相撲 〜 悪の巣窟 評議員制度、協議会、第三者委員会、放送倫理委員会BPO等も

◆満州は日本の生命線だったのです 〜 押しつけられた、日本軍による南満州鉄道爆破 自演説の虚偽

◆大東亜戦争(太平洋戦争)の起こったわけ (完答)

◆くるぶし出し靴下の強制に見る、ファッションセンスも破壊される日本人

◆子供のおねしょ対策について

◆うちの音楽教育

◆軍歌『若鷲の歌』 = 「予科練の歌」を、6歳の子供にピアノ弾き語りで歌ってもらいました!
トップ | 保守系 子育て 教育 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

『 耳なし芳一 』 安徳天皇の短い生涯にむせび泣く平家の亡霊
〜 ドラマ『日本の面影』よりァ塀)

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2011.4.21)   (戻る)
ドラマ『日本の面影』シリーズは今日で終わりです。

本日、ラストは平家の亡霊にとり憑かれた『耳なし芳一』のお話。
『耳なし芳一』を聞かせるには、やっぱり小学校高学年以上からでしょうか。

私が『平家物語』を初めて読んだのは小6の頃、学校の図書館から借りました。当時、SF小説ばかり読んでましたが、この『平家物語』は子供ながらに、とっても読み応えあった本です。
幼い安徳天皇が祖母に抱かれ、「波の下にも都がございます」と慰められての壇ノ浦での身投げ、私にとって日本史上で最も胸が詰まる劇的なシーンであると、前に書いてます

ご存知の通り、『耳なし芳一』は正にその『平家物語』の平家の怨霊にまつわる話(詳しくは右画像クリック)。
盲目の琵琶法師 芳一は、平家の亡霊に連れられ、毎夜、安徳天皇の墓前で平家物語を謡い上げているところを、他の法師たちに見つけられる。
平家の亡霊から守るため、寺では芳一の体の全面に魔除けのお経が書き上げられるが・・・

『耳なし芳一』  ドラマ 『日本の面影』(1984)より
出演:ジョージ・チャキリス、壇ふみ、他


人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
(戻る)◆『 雪女 』 男が約束を守る大切さを説く 〜 ドラマ『日本の面影』より

(始めから)◆ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の愛した日本 〜 ドラマ『日本の面影』より

◆ヘナチョコ男とパッパラパー女はいらない 〜 命とは尊く儚いもの

◆日本人の心を奪われた日本人 〜 世界最強だった日本軍 〜 守るものを失った日本人

◆謡曲の魅力

◆日の丸が脳天に突き刺さった 『 おそ松くん 』 は強烈だな 〜 三島由紀夫が自刃したくなるのもわかる

◆左翼ご用達 漫画家 水木しげるの鬼太郎 ゲゲゲの展覧会に行ってきました 〜 水木しげるさんへの子供の絵によるオマージュ

◆売国政権での幼保一元化に伴うリスク 〜 危険いっぱいの子ども園と一時預かり所の増設

◆子供の教育、シツケは親が責任を! 〜 親が子に何を語るか。祖母の失敗に学ぶ

◆女子供の洗脳で男もバカになった! 〜 コストでは代えられない精神性

◆失われた日本人の精神性と天皇の祈り 〜 日本人の精神性は世界随一であった

◆『リボンの騎士』が暗示するもの 〜 手塚治虫のポジション
トップ | 世界に比類なき日本人の精神性 | permalink | comments(7) | trackbacks(3) | - | - |
←もひとつクリック!