日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< 自分は家族崩壊!エセ人権派弁護士の正体 | main | 官僚改革?改悪だろ ダマされる愚民
〜 官僚天下り禁止で公益法人が民間の支配下に! >>

日本のGDP 外需が内需を支えている
〜 輸出潰滅なら日本のGDPは半減!

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m

GDPというのは概ね、
【企業・個人・政府が最終財・サービスを国内消費するに要した総額 + 輸出分】である(正確には微妙に違う。くわしくは ↓ 参照)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/国内総生産

そして現在、今の日本の輸出額(=外需)は表面上、日本のGDPの13%ほどしかなく(下グラフ)、金額として70兆円ぐらいにすぎない。

各国の輸出と輸入がGDPに占める比率 (滋賀大学 大川助教授の資料引用)

だから、日本が多くの輸出で成り立っている国と一般に思われているのは間違いで、日本の実態は外需がGDPの1割ちょっとしかなく、ほとんど内需だけで成り立っている国であるから、日本が外需に頼らなくなっても、日本経済への影響なんて大してなく、GDPが1割減るだけで済む・・・・・・・・・
こんな風に考えてるような大バカ者が、非常に多い。

これは、とんでもなく無知蒙昧な妄言だ。
こんなことを平然とヌカス、脳ナシ経済学者やデタラメ アナリストなど、日本には大バカ者だらけ!

もしかしたら、これを読んでも、難しくて多くの方には理解できないかもしれないが、かなり噛み砕いてわかりやすく説明するので、頭をフル回転して、ぜひとも皆さんには十分理解していただきたい。
少なくとも、これを理解できれば、GDPや経済についての見方がかなり変わるはずだ。

まず、電機、自動車、ハイテクなど、日本を代表して血の滲む努力を続けている輸出企業からは、一般として製造に当たって次のように資金が流れている。

メーカー(胴元) → 部品A社・・・
      
         → 部品B社・・・・
      
         → 部品C社・・・・

         →    ・    →   ・・

         →    ・    →   ・・

という具合に、輸出企業としての胴元メーカーからの支払金は、製品の〔輸出向け〕or〔内需向け〕に関わらず、いろんな会社を流れて行き渡り、A〜C社のような下請け各企業の売上として計上され、これらはすべて内需として計上される。
名目上は、最終財として製品になるまでの原料・部材等の中間財はGDP計上から外されることになってはいるが、現場を知る人なら、そんな厳密な区別などできるはずないのをわかっているはずだ。そもそも企業は、別に政府が正確なGDP集計するために会計処理やっているわけでもなんでもない。たとえ原材料がGDPから外されても、部品はすべて製品。製品(最終財)と部材(中間財)の厳密な区別なんて不可能。本来、GDPに計上されないはずの原材料や燃料を厳密に区別するのだって、現実の統計では非常に困難。

所詮、机上の統計数値なんてテキトーな振り分け、いいかげんな数合わせで作られているにすぎない。
政府発表のGDPに算出されていない、ウラ経済での資金流通だって、きっと想像を絶するものがあるだろう。

国としては、子会社でも何でも、下請け全企業に税金も課され、それぞれ親子企業揃って国の税収にも貢献する。
さらに、輸出企業で販売された代金は、メーカーや商社の従業員報酬に成り代わって個人に行き渡り、それがおのおの消費されることで内需GDPとして、さらに計上される。

それにより、胴元メーカー及び下請けの従業員らすべての個人は、いろんな小売・サービスを消費していくことになるが

スーパー、商店、飲食などの小売店、他サービス業者では

小売店・サービス業者  → 卸A社・B社・C社

という具合に、胴元の業者が支払った資金が、やはりA〜C社のような卸元に何重かに行き渡り、これもすべての卸元で売上として計上され、内需を押し上げることとなる。

要するに、輸出企業である胴元メーカーが支払う金額(下請けへの支払・従業員への報酬)は、その何倍にもなって日本のGDPに跳ね返っているということだ。

さらに、国内において個人がモノを買う場合、自動車のトヨタ・ホンダ、電機のキヤノンなど多くの大手メーカーは直販をしておらず、いったん販社や小売店にすべて卸されるので、それだけで売上がほぼ倍増し、内需を倍化させ、日本国の税収増にもつながっている。
また、メーカーから海外への直輸出がなされず、商社が間に入ることで、メーカーから商社に卸した売上が内需を押し上げることもある。
もちろん、それだけで国の税収だって、その分上乗せされる。

要するに、日本のGDPに輸出が占める13%のわずかなお金・・・・・つまり胴元メーカーが輸出で得た資金をすべての元金として、胴元メーカーのグループ内外の下請け先、さらに下請けの又請けへの支払金、加えてそれら関連する総ての企業従業員報酬の消費による小売店への支払などが、すべて内需として廻りまわって、日本の内需GDPを押し上げているのである。

つまり、単体で売買される農作物や資源なんかに比べて、自動車や電機なんかは、部品や仕入先も多いから、トータルでは末端の製品価格の何倍もの資金流通を生んでおり、末端価格の何倍もGDPに貢献しているということだ。

要するに、輸出される瞬間までのプロセスにおける多くの取引が、内需GDPとして計上されるわけ。
他にも、実態あるモノが流通しないサービスの売買だって、GDPには計上される。

逆にデル・コンピュータのように小売店を通さず直販やってるようなところ、さらにユニクロのように海外生産に加えて国内では直販・・・・・みたいなところは、GDPの押し上げにはあまり貢献していないともいえる。

今の日本の輸出額は表面上GDPの13%ほどしかなく、金額として70兆円ぐらいにすぎないが、その輸出で獲得した資金は、その何倍にもなって内需のGDPを押し上げてるってこと。

だから、日本のGDPが600兆円程度で、内需の割合が1割程度だから、たとえ外需がなくなっても、内需だけで残りのGDP500兆円分上がって、やってけるなんて話、到底ありえないんだよ。

日本のGDP推移

対して、日本が原料や食料などの輸入で海外に支払った資金は、日本が何かを輸出することによって海外から資金を獲得しない限り、日本に戻ってくることはない。
要するに、加工品を輸出するか、何らかの資源や食料を日本が輸出しない限り、日本に滞留する資金はどんどん減り続けるということだ。

日本で輸出されてる日本メーカー産、主に自動車、電機、ハイテク、ファッションなど、、、あとは不動産を外人が買った場合どうなるかも問題だが、それはどう計上されてるのか知らん。

簡単に言えば、日本製品の輸出で得た資金の70兆円、これがおそらく3〜5倍ほどになり、日本の内需を廻りまわっているということだ。
つまり、単に同じカネがグルグル回っているだけで、日本のGDPを何倍にも押し上げているってこと。
だから、日本に本当にあるおカネなんて、実際は・・・・・
GDP世界2位の日本の経済力の実態なんて・・・・・

具体例を挙げると、
たとえば120万円の自動車が海外に輸出されるに当たって、部品加工、組み立てなどのコストがメーカーにとっては仮に100万円としても、その自動車1台を作るための100万円が各仕入先を回りまわる金というのは、累積して200〜300万円ぐらいに達するんじゃないの?
自動車が120万円で輸出されれば、その金額だけが輸出分GDPとして計上されるわけだけど、輸出されるまではそれら回りまわる資金が200〜300万円ぐらいの内需を生んでるということなんだよ。

その上、輸出される直前でいったん、商社に卸されるようなことでもあれば、さらに自動車1台分の100万円ぐらいの売上が〔メーカー〜商社間〕で加算されることになるから、それも内需として上乗せされてしまう。
さらに、実態あるモノが流通しないサービスだって、世の中ゴロゴロ。

仮に日本の全輸出額が70兆円なら、その4倍が300兆円弱。外需の70兆円によって、日本では内需のうちの300兆円近くが支えられてるってこと! たとえ、そのすべてがGDPに計上されてるわけでなくとも、確実に内需の資金流通としては、そのぐらいに達するはず。

こうやって正しい説明を受ければ、いくら素人だって、日本から輸出される瞬間までに、実際はその何倍もの内需が生まれていることぐらい、たとえ正確な算出はできなくとも、容易に推測できるでしょう?

要するに多くの内需の相乗効果を生む、日本の工業製品が外需(輸出)で10兆円増えれば、数倍の30〜40兆円になって日本の内需を潤すということ。

外需による資金に全く頼らないというなら、この70兆円の外需資金が日本を廻りまわることがないので、日本のGDP全600兆円弱から、内需で廻りめぐるはずの300兆円が差し引かれることになって、日本のGDPは半分の300兆円ぐらいに落ち込んでしまう。
もちろんこうなれば、一人当たりGDPも所得も半減。

それでかまわんという人もいるかもしれんが、もちろん、そうなりゃ、これまでの日本人のように世界中を旅行しまくって、ブランド品を買い捲ったりなんて、到底できなくなる。
そんな生活、絶対に今の日本人が望むわけねえだろうし、ガマンできるはずないだろ!

世界第2位の日本のGDPの内実。
日本が外需を捨て去るとGDPが半減してしまうという事実、これでおわかりか?
ここまで書けば、日本が本当は内需立国だなんて言ってる経済学者共が如何に無知で恥知らずなことを言ってるか・・・・・重々お分かりのことだろう。

国内産農作物とかなら、国内で消費されれば、すべて内需で完結して、もちろんそれは内需GDPに計上される。
あとはパチンコ、競馬、宝くじのようなギャンブル(約40兆円)も内需完結型だ。パチンコなんて、ロクに仕入なんてないからボロ儲けだろ。
パチンコなんか早よやめさせんかい!

今の日本で、GDPに占める純然たる内需なんて、そういう類のものぐらいだろう。
他に日本国内だけで、生産・消費されて完結していそうなもの。考えたら、何が浮かぶ!?

これが資源国だと、資源生産には部品組み立てなんかないので、通常なら仕入先がいくつもあったりとかそんなことはない。
だからGDP計上も単純で、同じ資金が廻りまわってGDPを何倍にするようなこともない。
しかし資源を輸出すれば、それは大した元手のいらない自国のカネとしてすべて蓄積される。

要するに日本など資源のない工業国というのは、GDPが大きくても、実は同じ資金が廻りまわってるだけで、現有資金なんて大してないんだよ。
基本的に自転車操業だから、この輸出にちょっと手を抜いてしまえば、すべてがガタガタになる。
こういったことを考慮すると、実際に日本に本当に滞留している資金というのは、世界二位のGDPに比して、相当少ないものとなるはずだ。実際あるお金、二位どころか、果たして20位にも入っているだろうか・・・

逆に資源国や農作物生産国だと、資金の流通が工業生産国みたいに大して重なっていないので、たとえGDPが少なくても、実質的な保有資金は先進国の何倍にも匹敵するほど余裕がある。

とどのつまり、日本が外需を捨て去れば、日本の内需も壊滅的な打撃を食らって、GDPは半減してしまう!!

これを理解できたなら、今日から貴方はきっと別人だ。
偏向脳の、おバカな民主党信者には難しくて、これでも理解できんか?
日本が内需だけでやってけるなんて言うマヌケ学者、保守系にも山ほどいるぞ。

これは去年書いていたものだけど、その時、自分のカキコを見られた方を除いて、このことを理解してる人、恐らく日本には殆どいないぞ。   (続く)

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-------------------------------------------------------------------------------
(続き)◆日本のGDP 外需が内需を支えている 〜 株価だけでなく、実はGDPも減り続けていた日本

◆反日日本人の中核 左翼団塊エリートに支配される日本 〜 マスコミと全共闘世代の暴走 〜 未だ革命思想を持つ大人コドモ

◆男女雇用均等法から株価が下がり続ける日本 〜 世界で日本だけ沈没!

◆パチンコ市場30兆円!GDPの1割が在日!? 〜 在日マネーに支配される日本

◆左翼 民主党政権で北朝鮮化する日本 〜 在日化する日本人 怠け者の国へ

◆失われた日本人の精神性と天皇の祈り 〜 信仰とは信条を持つこと。神を信じる否かは関係ない 〜 母と子が父の無事を祈る『里の秋』

◆日本文化を売り込み!? (笑)(笑)(笑) 日本文化破壊の間違いだろ 〜 「クールジャパン戦略」なんてのは、腐れ映像音楽コンテンツ業界利権保守のための新たなるバラ撒き政策
トップ | 日本の知られざる社会・経済事情 | permalink | - | trackbacks(0) | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/91
この記事に対するトラックバック
←もひとつクリック!