日本の面影

Glimpses of Japan   旧:うぃすぱー・ぼいす
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< 今の若いママたちって、いったい子供たちにどんなオヤツ食べさせてんだ!? | main | 大日本帝国の唱歌を歌い継ごう! А10月17日は神嘗祭
〜 唱歌『神嘗祭』を10歳の子供にピアノ弾き語りで歌ってもらいました! >>

もう日本人なんてどこにもいない 〜 往年の日本映画を見て
〜 子供を世界で通用する日本人にしたいなら

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2012.12.3)
「日本を取り戻すぞー!」なんて言っても、何だか意味がわからないという人はたくさんいると思います。
でも、日本を取り返すより先に、自分が日本人であることを取り返さないといけないと思うよ。
日本を取り戻そうなんて言われても、本当に取り返せるかは難しいけど、自分が日本人であることを取り戻すくらいなら、国に頼らなくとも自分一人で、その気になれば誰でも出来ると思いますよ。それと自分の家族くらいなら出来そう。
そういう人が増えていけば、自然と日本だって取り返せると思う。逆に人々に日本人たる部分がないのなら、いつまで経っても日本は取り返せないでしょう。これは現実生活はともかくとして、個々の人がその美意識や価値観を、どこに置くかによって決まるといっていい。
あれから、ダンス、ヒップホップなんてものまで学校で教えられることになってしまいましたね。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

---------------------------------------------------------------
(2010.4.8)    (戻る)
既に守るべき日本人なんて、もう、どこにもいないのだ。
結論として、こうならざるを得ない。
いるのは、単に日本国籍を持っているだけの者だ。

少し前までの日本人が持っていた、世界に比類ない感性、品格、強靭な精神力、正常な貞操観念、暖かい人情と家族意識・・・・・
そんなもの、今や誰も持ち合わせていない。
もはや、守るほどの日本人なんてどこにもいないのだ。

今の歴史モノのTVドラマなど 。
衣装や設備・・・要するにハードだけが日本的なものを真似、その中身は本来の日本人でないも同然。
特に女性の身のこなしや喋り口など、ひどいものだ。
これは昔の日本映画を見れば、一目瞭然。

今の時代劇はストーリーしかなく、人物や状況の描写、シャベリ口が全然ダメ。
これは時代劇に関わらず、今の日本におけるあらゆる創作モノ、映画・TVドラマ、アニメ、小説などについて、すべて同じことが言える。

1950年代、日本映画黄金期の溝口健二 映画『雨月物語』(詳しくは右画像クリック)。
もちろん原作は、江戸時代 上田秋成の代表作、日本初ともいえるベストセラーとなった作品。
ベネチア映画祭で監督として最高位を受賞した、この映画の美しさにこそ、世界が憧れた日本人の美意識が集約されている。


自分はすでに、今の日本人なんかを守るのでなく、日本の伝統・文化を身につけ、本来の日本人としてのアイデンティティを確立するモードに入っている。

そして、自分の子供だけは立派な日本人に育てたい。
しっかりと日本文化・歴史を語れる、世界で恥をかかない日本人に子供を育てたいなら、
男の子なら柔道、剣道などの武道。
女の子なら茶道、華道など、日本舞踊や書道、琴奏のようなものもよいだろう。
和作法は男女とも習得させるべし、特に女の子には絶対!

習い事における日本的なものの区別のキーワードとして、“道”にこだわるのもいい。

千利休の茶道は、日本人の美しい身のこなしや精神文化が集約されている。
茶の湯には少し前から通っている。
加えて、弓道でも始めようかと思っている。
市内にも、都合よく弓道場を見つけた。

最も大切なのは、排外主義的な外国人排斥だけ叫ぶのでなく、日本人が本来の価値観を持った日本人に戻ること。
誰もが本来の日本人としてのアイデンティティに目覚め、日本の伝統・文化を大切にするようなったなら、そのとき真の日本の復活が起こり得るだろうが・・・・・

映画 『 雨月物語 』 予告編  (1953)
監督:溝口健二  出演:森雅之、田中絹代、京マチ子 他


『雨月物語』について 続き

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

---------------------------------------------------------------
(戻る)◆女子供の洗脳で男もバカになった! 〜 コストでは代えられない精神性

◆本来の日本人の作法、立居振舞を子供たちに習得させましょう 〜 学校教育に責任転嫁したり期待しすぎてはいけません

◆世界が憧れた日本の家族の絆 〜 小津安二郎映画に見る世界

◆失われた日本人の精神性と天皇の祈り 〜 日本人の精神性は世界随一であった

◆日本人の美意識が結集!溝口健二『雨月物語』〜 品が悪くなった日本女性

◆自虐史観は日本人共通の唯一の宗教だった 〜 自虐史観からの脱却は日本における宗教革命

◆日本人の美的センスは世界一!〜日本人はジャポニスムを忘れてしまった?

◆萌えキャラ自衛隊、K-POPとか見てるだけで、この国は終わってる感が・・・〜 現実として、今の日本でいいものって何がある?

◆“なでしこ”女子サッカー選手もファンも在日の手の中

◆本物の“大和撫子”入門 〜 我の否定、徹底した自己犠牲精神 新渡戸稲造『武士道』より

◆古代日本史における朝鮮半島の倭国領を歴史から取り返さなければならない! 〜 朝鮮に文化をもたらし、古代朝鮮半島南部を支配した倭人

◆三船敏郎、チャールズ・ブロンソン、アラン・ドロン 往年の豪華キャスト 〜 侍の武士道の美徳が満開! 映画『レッド・サン』を見ました
トップ | 世界に比類なき日本人の精神性 | permalink | comments(13) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

昭和13年夏、退却する中国国民党軍は黄河堤防を爆破して洪水を引き起こして日本軍の追撃を阻止しようとした。
これにより、九州の面積に相当する地域が水没し、80万人とも言われる人命が失われた。
この時、日本陸軍に召集されていた映画監督の山中貞夫は、
民生回復のため、炎天下1ヶ月にわたり不眠不休の奮闘の末、病に倒れた。
享年29、出征前に完成させた映画「人情紙風船」は傑作の誉れ高い。
靖国神社に眠る映画監督 | 2010/06/28 10:18 PM
私も真の日本人になりたいため、
茶道、華道を習いました。
茶道は特に奥が深く、もっと
習いたいのですが、諸事情で今は
中断です。
しかし、ほんの少しであっても日本の
伝統的な文化に触れることによって
日本の素晴らしさを感じることが出来ました。着物も自分で着付けができるようになりたいし、日常的に着こなしてみたいです。
日本人に生まれるのではなく
「日本人」になっていかなくてはならない、
そう思います。
翡翠 | 2010/09/03 3:36 PM
おっしゃる通りです。

剣道、柔道、弓道、合気道、茶道、華道、書道などには、先人の残してくれた生きる知恵がギッシリと詰まっていると思います。それらは「ああしろ、こうしろ。」とは言いません。「自分で考えよ。」と突き放します。
この「突き放す」が日本人の強靭な精神を育んできたと感じています。

このままだと、血は日本人でも「精神が日本人ではない日本人」で満たされてしまいます。私はそれを大変
危惧しています。私はこのようなことを「時代の流れ」として、軽く受け流すことはできません。

日本人が日本人の精神を失うと、必ず精神の安定を失います。そして、これは心理学を学んだカウンセラー
や、セラピストではどうにもなりません。


映画「それから」を見て驚きました。
あの「ポテトチップスの女の子」の身のこなしの美しいこと。藤谷美和子さんでしたっけ。

私は茶道と日本舞踊を少々。

「人情紙風船」、最後のシーンがいいですね。
巴 | 2010/10/02 4:36 AM
日本人は、日本人がどういう生き方をしてきたのか、知らないといけませんね。
どういう生き方をしてきたか、繋いでいくには、やはり親が子に伝えていくことを繰り返していくしかないと思います。
暫くの間の日本は、それが大いに欠けてたのだと思います。

こちらのサイトで、色々と知り、学んでいく中で、今までの全く違ったように、世の中が見えるようになりました。
また、最近おかしいなと感じていた事の答えが見つかったような気持ちでした。

たった、100年少しで日本人は多くのものを失ったんだなと悲しくなります。
ここ数十年は、劣化がとくに著しく空しくなります。
実は日本人が日本人で無くなっていること、それらを感じない方たちが多過ぎて、何の為心配して、何を守ろうとしてるのか見えなくなるときがあります。

2012年は分岐点で、今後の価値観が変わっていく年だと書いてるものを昨日見ました。
今までは欧米的だったものが、日本的に変わっていくのかもしれないと書かれているものだったのですが、もしもその時が来るのなら、その機動力になれるよう力に成れるよう、しっかり修練していきたいです。

サファイア様の書かれたお話や、小説が読みたいなと、最近思うことがあります。
緑 | 2012/12/04 1:19 PM
衆院選公示日になり、政党の新聞広告やTVCM・ネットのバナー広告が頻繁に目に入るようになりました。
今のほとんどの日本人に 、「取り戻す」の声は響いていないと思います。
申し訳ないですが、政策の中身ではなくセンスで票を入れる層には、安倍総裁は声と顔のイメージがあまり良くない気がします。
それと、自民党の公約の中の「女性力の発揮」には、少々がっかりしています。
指導的地位にいる女性が30%を超えても、日本が良くなる理由がないと思います。
でも他の政党の方が、もっと酷い…夢物語を語るフェミニストには、絶対に未来は任せられないと思ってます。
viola | 2012/12/04 2:03 PM
今日、運転中、久しぶりにラジオを聞いたのですが、その中身にあんぐり、あきれるやら、どこの国の番組かとおもいました。内容は、クリスマスに女の子が貰うプレゼントについてでしたが、どう聞いても女の子の年齢を十数年からうん十年も過ぎた女性の話がメインでした。どうやら成人を過ぎても女の子なのだそうですが、男女共同参画で、男女同一賃金を叫んでいるマスコミがなぜか、クリスマスのイベントや食事は男性ならぬ男の子が持つのが当たり前との見識のよう。同じ賃金ならどちらも同じ条件では?
鷹の爪 | 2012/12/04 7:41 PM
今日本人は人種改良されています。
メディアを見ても、日本人的な顔立ちの男女は出てきません。それは、当然、子供達の異性の選択にも影響するはずです。
若い日本人たちは、日本人的な配偶者を選ばないと思います。
彼らの規範は、既に日本的で無いものに置き変えられています。
だから、未婚率が増え、離婚も増え、出生率が下がっているのでしょう。
これは人種改良が起こっているから、人為淘汰の結果です。
いつまでもこんな状態でいいのか?
少なくとも私は、色んなところで訴えて行きたい。
私は崖に向かって走って行くレミングの群れの中で、皆は崖に向かっている!と、精いっぱい叫びます。
通りがけ | 2013/11/15 10:18 PM
ざっとですが、

ヒップホップダンスとは、アメリカで発祥したストリートダンスの一種。
明確なダンススタイルはないと思われているが、ヒップホップ文化のブレイクダンスしかあてはまるものはない。ブレイクダンスの名称はラップする時に踊るダンスが最初のスタイルで、子供達がブレイキングやエレクトリックブギに進化させたと多くのニューヨークの黒人達が言う。

ジャズは、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に派生した音楽形式。西洋楽器を用いた高度な西洋音楽の技術と理論、およびアフリカ系アメリカ人の独特のリズム感覚と音楽形式とが融合して生まれた。

アメリカの音楽等の文化は黒人が作り白人が体系化したといえると思います。

日本は近代化以前は大陸の影響も受けつつ文化を作っている、以後は急激に西洋を取り入れ、戦後の占領期を経てアメリカの属国化の中にいる。

武道はスポーツに取り入れられ結果ばかり問われる。
精神文化を表すものは形だけになる。

以下は貼り付け

文明は伝播しない。文化や文物は移動や交易で伝播するが、文明は伝播しない。ただ征服されただけだ

数学者の岡潔(1901-1978)
日本民族の生命は日本的情操情緒である。これがいったんこの列島を去れば、ここは名も知らぬ土人の島になるのである。

音楽だって絵画だって、美がわからなくなっている。いまの音楽なんて、あれは肉体の本能の満足というようなものになってきていないか。

数学と物理は似ていると思っている人があるが、とんでもない話だ。職業にたとえれば、数学に最も近いのは百姓だ。


里山 | 2013/11/16 3:13 PM
仰る通りですよ。
私が思う「国際社会」というのは、自国のレベルの基準を世界の先進国に合わせるのではなく、自国のアイデンティティーをもってして、世界各国のそれと競い合う、理解し合うことだと思う。
正直いって、「我が国の文化水準が足りていない」といわんばかりに、他の先進国のレベルに近づけようとする連中のオツムの程度は、文化先進国の「お前の国は未だに時代遅れなことをしてるのか」とその国を貶すそれと対して変わらない気がする。
そういう点では、安倍はじめ与党の連中は最悪だ。こんな奴等の「強い日本を取り戻す」で喜んでいる輩はいい加減目を覚ますべきだ。
快傑虹孔雀 | 2013/11/16 7:22 PM
やはり明治維新の再評価は必要だと思います。東京裁判の戦犯を再評価したんだから、戊辰戦争での賊軍も再評価すべきです。昭和がああなったのも靖国が落ち着かないのも占領下が終わらないのも全てだと思います。
コオヤマキ | 2013/11/16 11:21 PM
大和民族の血を引いているが、心は日本人のそれではない。
こんな男女が最近増えてきています。
何とかしないと、
このままでは日本人の道徳的水準が中国人並になってしまいます。

ご先祖様、非力で申し訳ございません。
カンケル | 2014/12/10 10:47 PM
NHKが最近、時代劇をよく製作してますが、着物やセットがそれらしいだけで、俳優のセリフもストーリーも少しも時代劇らしくなくて観る気がしません。若い人があれを真に受けると思うと暗澹たる気持ちですね。
a | 2014/12/11 11:42 AM
汚らしい蛆虫在日を追い出すのは、あくまで俺たち日本人が日本人らしさ、ひいては日本らしさを取り戻すための手段にすぎませんからね。
しかしネットを見ていても思うのですが、想像以上に糞左翼による洗脳(主にテレビ)が深刻なようですね。
この洗脳をどうにかしない事には、たとえ蛆虫在日共を排除できたとして、根本的解決にはならんでしょうね。
これからの子供たちへの教育はもとより、俺たち世代自身をどうすべきか。俺と同世代の連中は既に保守と意識が微妙に噛み合わないし、言っては難ですがちょいと希望が見出しにくいですね。課題が山積み過ぎる。
イムヤ | 2014/12/11 8:20 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/58
この記事に対するトラックバック
←もひとつクリック!