日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< 日本庭園の六義園に行ってきました | main | くるぶし出し靴下の強制に見る、ファッションセンスも破壊される日本人 >>

本物のサーカスを見ておこう!

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m

今日はサーカスの話です。昔ほどではないにしても、今でもボリショイサーカスとかは時折、日本に来てるようですね。
そして昔のアメリカ映画に出てくるサーカスの代名詞的存在であったリングリングサーカスというところが潰されてるのはご存知ですか。象への虐待だと騒ぐ左翼カルト動物愛護団体らの抗議で象のショーが取りやめさせられ、以後、サーカス団の人気は凋落、19世紀から続いていた歴史あるアメリカのサーカス団は2015年、解散することになりました。日本に限らず、世界の人権や動物権利団体というのは、「多様性を守れ!」と騒いでは、このように世界の多様な文化を廃絶させる最低のクズ集団なんです。

日本にも世界的に有名な木下サーカスがあります。岡山が根城なので西日本の方はお手軽に行けるのでしょうが、関東に来ることはあまりないのですが、ただいま千葉の柏で木下サーカスが興業中なんですよ! 私が子供の頃、どこのサーカスだったのかはわかりませんが、本物の空中ブランコショーを釘づけになって見たのは今でもよく覚えてます。もう中学生になってしまいましたが、子供にもどうしても本物のサーカスを見せたかった思いをずっと持ち続けてましたが、「東京に来ないかなぁ」と思いながらチラチラとその動きに注目していた木下サーカス、「これはチャンス」とばかり早速行ってまいりました ^▽^)
少し高くても、いい席で見たいと思って行ったので、目の前で猛獣も見れ、手を出せば触れそうなほどで大満足でした。もう、行ってみたら、本当に夢のようなひと時でしたね! 最初はしょぼいと感じるところもあったのですが、マジでハラハラドキドキ、心配しながらも心の底から楽しんでまいりました。外国人のキャストも多いですがそれがまたスゴイんです。本物のたくさんのライオンによる猛獣ショーもあったし、象さんも出てきてくれたし、空中ブランコも楽しかったし、子供も本当に大喜びでしたよ。一度は子供に見せたかったバイクアクロバットもあって。撮影禁止なので写真はありませんが、右はお土産にもらった下敷きです。会場には巨大テントが設営されていたのですが、こないだの台風では大丈夫だったでしょうか。

昔のアメリカ映画にはサーカスがよく出てきますよね。特にアニメとかだと、キャストをこき使うサーカスの団長なんかが時折、悪い奴に描かれたりもしてますが……それはともかく、『ダンボ』『ピノキオ』にも出てくるサーカス団、列車で大移動、あれこそが過去のアメリカに実際に存在していた、昔ながらのサーカスなんです。
そして、その往年の本物のサーカスを見れる絶好の作品が、この映画『地上最大のショウ』です。アカデミー作品賞など数々の賞を受賞した堂々たる大作ですよ。もはや今では見れない、迫力ある象のショーもたっぷり楽しめます。

尚、木下サーカスは柏(我孫子)で11月まで開催中です。

映画『地上最大のショウ』(1952)より (詳しくは右画像クリック)
The Greatest Show on Earth
監督: セシル・B・デミル
出演: チャールトン・ヘストン、ベティ・ハットン 他

【予告編】

【迫力の象のサーカスなど】

人気ブログランキングへ  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
◆ピノキオからイッツ・ア・スモール・ワールドへの様変わり 〜 ディズニーに見る子供たちだけの世界

◆日本庭園の六義園に行ってきました

◆【保存版】愛国保守派オススメ・スポット特集 〜 子連れもカップルもOK!

◆子供の5歳卒業前にピアノを弾いてもらいました   ディズニー アメリカ音楽編

◆飛行可能な零戦展示中! 〜 マニアでなくても感無量!所沢航空発祥記念館

◆昨年の国内旅行から 〜 奈良、京都、宮島、姫路、萩……

◆1970年代初頭までの青春ドラマも見ておきたいね

◆フェミ左翼、グローバル反日勢力に乗っ取られた大相撲 〜 悪の巣窟 評議員制度、協議会、第三者委員会、放送倫理委員会BPO等も

◆「当たり前だのクラッカー!」

◆子供が作った、まりつきカラクリ人形です

◆日本女性の魅力を引き出す、着物での美しい所作、歩き方 〜 映画『忠臣蔵』より
トップ | 保守系スポット | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

このサーカスへのいちゃもんに限らず左翼は屁理屈をつける事と都合よく事実を捻じ曲げる才能だけは見事なものですからね(褒めてませんよ)
サヨの方こそ世界各地の文化を守る、と謳っておいて実際は世界の(勿論日本の)個性的な特色からくる風習は気に入らなければ断固根絶やしにしようとする意味不明さは本当に乾いた笑いすら出ます。
まぁ「自分さえ良ければどうでも良い」って言う根っからの外道精神が根本にあるみたいですし(始祖たるマルクスも浪費家のニートという腐れクズの見本の様な人物ですし)
こえだ | 2018/10/04 7:38 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/553
この記事に対するトラックバック
←もひとつクリック!