日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< 女が仕える価値ある男、男が守るべき価値ある女
〜 今の“男女平等”社会のままで目指せると思いますか?
| main | 戦前の道徳教科書『修身』に見る加藤清正の武勇伝
〜 自虐史観の正反対から見る豊臣秀吉の朝鮮侵攻 >>

日本人の歴史の血と骨であった仇討ちについて真剣に考えてみよう

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m

宮司だった弟夫婦が宮司である姉を襲った後、自決
富岡八幡宮殺傷、本庁離脱が凶行引き金か 4人死傷の惨状明らかに
2017.12.9 スポニチ
大相撲の歴代横綱が奉納土俵入りをする富岡八幡宮(東京都江東区)の女性宮司ら4人が死傷した事件で、発生直後の惨状が8日、明らかになった。宮司の富岡長子さん(58)を切りつけ殺害したのは、弟で元宮司の富岡茂永容疑者(56)。姉の自宅近くに待ち伏せし、妻(49)と日本刀などで襲撃。その後、茂永容疑者は妻をあやめ、最後は自らの命を絶った。捜査本部は跡目争いを巡り恨みを募らせ殺害したとみて捜査を進めている。
捜査関係者や周辺の防犯カメラの映像などによると、長子さんは7日夜、八幡宮の敷地内にある自宅へ運転手の男性(33)とともに車で帰宅。車を降りた直後、付近の住宅の陰で約1時間前から待ち伏せていた茂永容疑者が日本刀で襲撃。長子さんの遺体の状況から、首や心臓など急所を狙って切りつけたとみられる。
走って逃げた運転手を茂永容疑者の妻、真里子容疑者が別の日本刀を手に追い掛けた。最初の現場から約100メートル先のスーパーマーケット前で運転手に襲いかかった。「おまえだけは許してやる」。目撃者はこんな叫び声を聞いたという。運転手の右腕はほぼ切断状態。病院に救急搬送されたものの命に別条はなかった。
その後、茂永容疑者は境内へ戻ってきた真里子容疑者の胸や腹を刺して殺害し、自殺したとみられる。自身の心臓付近には3カ所の刺創があった。現場付近には刃渡り約80センチの日本刀1本が、真ん中から折れた状態で落ちており、ほかにも刃渡り約45センチの日本刀1本、刃渡り約20センチのサバイバルナイフ2本があった。
神社本庁などによると、茂永容疑者は1995年から6年間、宮司を務めていたが、頻繁にトラブルを起こし退任。その後、宮司に復帰した父親は亡くなる前、自身の後任について、長子さんにするよう遺書を書いた。そのことを逆恨みしてか、06年1月には茂永容疑者が長子さんに「積年のうらみ 地獄へ送る 覚悟しろ」などと書いたはがきを送ったとして、警視庁深川署に逮捕されている。
地元では姉弟の長年にわたる確執は有名だった。背景には宮司の跡目争いがあるが、一体なぜこのタイミングで事件は起きたのか。
茂永容疑者は半年ほど前から周囲に「宮司に戻りたい」と漏らしていた。だが、6月には富岡八幡宮が神社本庁からの離脱を決め、宮司代務者だった長子さんが宮司に就くことになった。同じ頃、同容疑者から電話を受けた八幡宮の関係者によると「修業期間の短い人間が宮司になるのは許せない」と何かに取りつかれたように話していたという。
7月ごろに電話を受けた男性は「泣きながら不安定な様子で、長子さんの批判や不満を繰り返していた」と振り返った。氏子の男性は「本庁を正式に離脱した9月に長子さんが宮司になり、復帰の夢がついえた。それが凶行のきっかけになったのでは」と指摘した。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆

この事件は一般の仇討ちとはちょっと違うけど、とっても日本人的ですよね。女を殺すのは本来、武士道的に合わない感じだけど、今や日本は男女平等にされてしまったし(実はエセだけど)、そうなりゃ女が殺されるようなるのも当然。しかも結婚もしてる男系をさしおいて女で宮司を継いでるわけだし。男女平等なんてものがますます進めば、これからは女がますます殺されるし、これまでなかった女系天皇なんてのも生まれてしまえば、当然、女性天皇が殺される可能性も高くなりますからね。

あやめた側の弟夫婦は日本人の魂持ってますね。日本刀で斬ったってのもいい。夫婦で自決ってのも素晴らしい。すごく羨ましい夫婦ですね。昔ならきっとこれで神社を奪回できたろうけど、現代では奪回できずに“殺人犯”にされ自決するしかなかった弟さん……顔立ちは決して悪くない。悲劇的ではあるけど、日本人の魂を呼び起こさせる目の覚めるような出来事ですね。警察や裁判所なんかクズ。現代の法では弟夫婦は凶悪な殺人犯、誅された姉は罪のない被害者のように扱われ、マスコミでも単なる肉親同士の怨恨だの逆恨みだのの事件として、弟夫婦をこぞってキチガイ極悪人に仕立てていくだろうけど、宮司である姉は弟に対して「ムーンがお仕置よ」「ルナの神さまに罰せられる」なんてわけのわからないことブログに書いてたりで、さらに「神官にセクハラされた」等フェミ臭いくだらないことまで……セーラームーンに毒されたパッパラパーか?既にまともな神道の宮司ではなくなっていた。いずれにせよ弟に殺されるほどの恨みを買ってたわけだから、やってはいけないことをやった、言ってはいけないことを言ってしまった、だからこの事件も必然なのでしょうね。現代では“殺人事件”なんてされてしまうけど、あやめた本人たちからすれば神命として日本刀で穢れを清めようとする強い意志の表れなのでしょう。夫婦が互いに刃を向けあって自決という現代ではとても珍しい古風な日本人的な死に方もあって、屑マスコミどもは弟夫婦を叩きまくるだろうけど。

下は戦前は誰もが知っていた仇討ちもの、曾我兄弟のお話。新・講談社の絵本『曾我兄弟』より(詳しくは画像クリック)。今回の富岡八幡宮の事件では仇が姉になってしまいましたが、「曾我兄弟」は兄弟団結して父の仇をとる話です。最後は死にます。
私は法学部を出たけど、現代の法律学なんてデタラメだらけだって確信してるし、今の歪な法律、なんといってもそこには心というのがありませんね。子供が将来のことを話してる時も、「弁護士ってのは人の恨みを買う仕事だからね」って言ってあります。他の学問だって経済学とか、科学とされてるものだってみんなデタラメだらけ。現代の学問なんてそういう欺瞞に満ちてるってところに気づくところがまずはスタートラインですね。「それでも卒業すりゃあ、それなりに評価されることもあるって程度に考えておけ」と言ってあります。

安倍政権が屈辱の日韓慰安婦合意をやった時なんかも、安倍のところに「おまえをブッ殺す!」って脅迫状がたくさん届きゃあよかったのに、それどころか朝鮮系エセ右翼が成りすます安倍親衛隊ネトウヨ屑どもは、合意に怒るどころか、「さすが安倍さん、スゴイ!」と安倍マンセー状態でしたからね。

でも結局、この神社で起きたこういう事件も、どうせ左翼に利用されていき、本気の魂持った人はますますワルモノにされ、日本人の魂持つ人も神社もどんどん淘汰されていき、結局日本人は魂の抜けた家畜衆になっていくのでしょうね。一見、絶望的に思えるかもしれないけど、ここを見ていただいてる方々は絶対にそうならないことを祈ってますし、大切な子供たちがそうならないよう私は全力を尽くします。キラリと光るものを持ってる人は必ず人を惹きつけたり、身近にいるダマされてる人々の価値観を打ち崩せるだけの力をも持ちえる、そう信じてるから。まあ、私はリアルでもモテてた方だし、30代の頃だって少なくとも同年代ではかなりモテてましたよ(でも、だからといって全然遊んだりしてませんよ。キマジメなところもありましたし、これでもおカタかったですから)。もちろん若い人がいれば、そりゃあ、負けちゃってましたけどね。
今はひどい世の中だけど、私にいい影響を与えてくれた人は数は少なくとも私の人生に確かにいましたし、であれば私はここを見ている皆さんにもいい影響を与えられるよう続けるだけです。子供たち、子孫たちがそれを継いでいけるようにも。未来の子孫が兄弟でこんな争いをするようになるのだけは何としても阻止しなきゃ。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
◆敗者の名誉を重んじた日本人 〜 日本で切腹が存在した意味

◆日本女性の魅力を引き出す、着物での美しい所作、歩き方 〜 映画『忠臣蔵』より

◆真実の日本の歴史 〜 戦前教科書 尋常小学 国史より ぁ‖萋鷭集沺)免親房と楠木正行

◆三船敏郎、チャールズ・ブロンソン、アラン・ドロン 往年の豪華キャスト 〜 侍の武士道の美徳が満開! 映画『レッド・サン』を見ました

◆女は軽々しく男とつきあうな! 男はビッチ尻軽女に心を惑わされるな! 〜 ストーカー予防法と、ストーカー利権拡大図る左翼

◆世界で忍者のイメージを決定づけた、最初の特撮TV時代劇 『隠密剣士』

◆溝口映画『山椒大夫』=「安寿と厨子王」に見る日本人の価値観 〜 左翼は日本の価値観に反する

◆天照大神が女神だからと女系天皇を主張するノーナシ左翼を一網打尽に論破、撃沈さす! 〜 男系継承を堅持したアマテラスとスサノオの子供たち

◆子育て、死生観が変わる。読んでおきたい日本の古典 〜 『土佐日記』と、一茶の俳句

◆本物の“大和撫子”入門 〜 我の否定、徹底した自己犠牲精神 新渡戸稲造『武士道』より

◆“男の浮気” と “子供の死” には覚悟をしておいた方がいい 〜 本当に強い女性とはこういうこと。女としてのポジション確認
トップ | 失われる家族の絆 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/539
この記事に対するトラックバック
←もひとつクリック!