日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< ビリー・ジョエル オネスティ(Honesty) ピアノ弾き語り(12歳) | main | 真実の日本の歴史 〜 戦前の日本史教科書準拠 参考書より
天智天皇 律令の選定 >>

世界で忍者のイメージを決定づけた、最初の特撮TV時代劇 『隠密剣士』

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2014.6.3)
初の本格的な特撮TV時代劇『隠密剣士』は、最初の子供向け特撮TV番組として大人気を博した『月光仮面』の大瀬康一が主演。脚本には後の『仮面の忍者 赤影』『仮面ライダー』にもつながる伊上勝らが参加。
『月光仮面』(1958)は大変な視聴率だったようですが、その頃はテレビがまだそれほど普及しておらず、実際には見れてた子と見れなかった子の格差があって、家にテレビのない子は映画の方を映画館で見ていたそうです。だからテレビと映画のどっちを見たか、当時の子供たちによって『月光仮面』のイメージが違っていたとか(TVと映画では出演者も違っていた)。
そして、この『隠密剣士』(1962・詳しくは下画像クリック)の頃になると一般家庭にもテレビがかなり普及、こっちの方がずっと多くの子供たちが見ていました。

徳川将軍の異母兄でありながら、幕府を守るための危険な隠密役を自らかって出ている主人公 秋草新太郎(大瀬康一)、日本の忍者のイメージを世界で決定づけたドラマなので、新太郎(シンタロー)の名は海外でも有名です(ただし新太郎は忍者ではない)。それを補佐する伊賀の忍者役に、『仮面の忍者 赤影』の白影役でも知られる牧冬吉。私にとっては白影のイメージが強烈な牧さん、『隠密剣士』は一度も見たことなかったのですが、この頃から忍者役としてのイメージが確立されていたのですね。また、赤影の甲賀幻妖斎でおなじみの天津敏さんも、やっぱり悪役の頭領役で出演しています。

全10部(約130話)からなっていて量がちょっと多いのですが、前に特撮セレクションのところで書いてる通り、今もファミリー劇場で放映されています。とにかく素晴らしいので、見れる環境の方は録っといた方がいいですよ。
今、DVDを全巻集めると大変な金額になってしまいますが、右写真の商品(「甦るヒーローライブラリー 第1集 隠密剣士 傑作選集」)は第二部・五部・九部のみが収録されていて、実際その3部については人気も高いようで、内容的にも面白く、『隠密剣士』を楽しむにはこれだけでも十分でしょう。

本格的な時代劇でありながら、子供だってとっても楽しめます。ここの動画をご覧になれば、日本人本来の動き、立ち居振る舞い、仕草等が子供にだって非常によくわかると思います。役者の力量からして今と全然違うし、道行く人々、道の様子からして、当時のスタッフは大変なこだわりもって作っているし、今のデタラメ時代劇とは全然異なります。出てくる家も、本物の日本家屋が使われていますから、当時の本当の家の構造だってよくわかります。
だからこういうのを見たら、今の作品なんてもう、見れません。
特に女たちの動きや言葉遣い、今のカス女優たちは話になりませんね。あんなものを撒き散らしてる制作スタッフ・TV局は、犯罪集団に等しいです。

これ見て育った子供たちなら、今のTVドラマや映画に出てくる女優・俳優たちのおかしな動きや言葉遣い等、すぐに気づけます。ウチの子は、今どきのドラマやアニメ見てると、特にその女優の言葉遣いや動きにはすぐにイチャモンつけるように既になってますから(^▽^) きっと将来、周りの女の子にすら影響を与えられるくらいの子に育ってくれるだろうと信じてます。私が数多くのフェミ女の考え方、生き方を変えさせることが出来たのと同じように。
既に女の子をお持ちの親御さんは、ぜひ生粋の日本人娘を育て上げてくださいね。もちろんウチの子も自ら、立派で魅力的な男の子に育ってもらわなければなりません。

『隠密剣士』 (1963) (第二部 忍法甲賀衆、第五部 忍法風摩一族編 より)
本作における忍者初登場シーンに始まり、忍術とは……等。女優たちの所作、立ち方や座り方、襖の閉め方からして、今のドラマに出てくる女たちとまるで違います。もちろん男優も。そして江戸時代の町民、武士、村人らは、言葉遣いから動作、歩き方まで実はそれぞれ全然違っていました。そういうのにもこだわって、当時のスタッフは正確な再現を目指していたのです。江戸時代、道を行き交う人たちってのは、歩き方から、服装、立ち居振る舞い等、本当にこんな感じだったんだろうなって思います。尚、これに出演の若い女優さんたち、今の70歳半ば位になりますね。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
◆働かなくても、金目教さえ信じれば幸せになれる!? 〜 『仮面の忍者 赤影』 金目教 = ミンス教 編

◆日本女性の魅力を引き出す、着物での美しい所作、歩き方 〜 映画『忠臣蔵』より

◆日本政府は死ね死ね団に乗っ取られた! 〜 今の日本を予見した月光仮面 川内康範

◆子供向け 安心できる特撮ドラマ おすすめセレクション

◆子供向け 安心できる人形劇ドラマ おすすめセレクション

◆お台場で開催中の『サンダーバード博』へ行ってまいりました!

◆ウルトラマン円谷がパチンコ傘下に! 〜 女子供の洗脳に熱心な左翼売国勢力

◆ドラえもん、仮面ライダーだって、今や子供を左翼洗脳で堕落させる道具

◆子供をフヌケ化 宮崎アニメの左翼性 〜 強烈な反日・共産主義イデオロギー

◆見ておきたい戦争映画の名作

◆子供に見せるなら、『ハリー・ポッター』より『スター・ウォーズ』だな

◆映画『Sayonara』 愛を貫いて死を恐れない、ヤマトナデシコ〜 変れば変るもの。日本人の美意識

◆謡曲の魅力 〜 日本人の心としての能の世界
トップ | 保守系 子供向け作品 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

 今日は。
 『隠密剣士』、聞いた事は有りましたが、今回初めて動画を見ました。時代劇は古い物ほど素晴らしいですね。良い物を見せて頂きました。
 私が子供時代だった昭和40年代の時代劇は本格的で面白かったです。『遠山の金さん(中村梅之助版)』、『大江戸捜査網(杉良太郎版)』、『銭形平次(大川橋蔵版)』、『水戸黄門(東野英治郎版)』、『木枯らし紋次郎』、『子連れ狼(萬屋錦之介版)』等々、書き出したらキリガ無いけど感動を覚える物ばかりでした。子供だったけど内容もそれなりに良く分かって当時から時代劇は好きで見ていました。
 私の記憶では昭和40年代の時代劇が最高!(それより以前の物はもっと素晴らしいでしょうね〜、見たいです!)それ以降はどんどん劣化して行きますね。
 2000年以降の物はもう時代劇と呼べません。役者達は所作も全然出来なくて、ただ装束着て現代の立ち振る舞いで台詞をしゃべっているだけ。現代ドラマに見えてしまいます。歴史を書き換えられた気分です。
 最近放送されてる時代劇と称する物を見たら、殺陣が全然出来てなくて、ただ刀振り回しているだけ。動きが韓流に見えて仕舞いました!日本の武道ではあんな動きはしない。ストーリーも感動なんて皆無で面白く無い。
 所作の出来ない物は時代装束を着装しないで欲しい!日本人の美しさが汚された気持ちで悲しいです。
 日本人なら古い時代劇を見て欲しいですね。古い物ほど美しくて素晴らしいです。
 
 
 
ももっち | 2014/06/06 3:19 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/454
この記事に対するトラックバック
←もひとつクリック!