日本の面影

Glimpses of Japan   旧:うぃすぱー・ぼいす
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< 幼児期に触れるものによって、音痴にも醜悪な美的センスにもなりうる | main | 高慢な女がのさばり、男がバーチャルに嵌った世界の成れの果て
〜 『セクサドール』 石森章太郎の世界 >>

心の拠り所と守るべき人を持たなくなった日本人
〜 親も兄弟姉妹も、友達も学校もみんな嫌い

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2010.3)
精神の寄り所を失った、多くの日本人。
無機質な刺激の中に身も心も埋没させる、迷える羊に成り下がってしまった。
多くの人の中にいてはもちろん、家族と一緒にいてすら、疎外感しか覚えない。
温もりの失せた、居場所の無い心の喪失感。

最近の日本人、若者と親の劣化のひどさ。
本人の責任ではないのであるが、
一定年齢以上の人からすれば、若年層の現場を知ると、信じられないほどモラルレベルが低くなっているのだ。
その実態は驚くべきほど。

家族関係は破壊されて殺伐とし、まともな愛情で育てる親、しっかり叱るような先生も少ない。
男らしさ、女らしさも存在しない。
物欲、性欲だけが充満する、救いようのない世界。

こないだママちゃりで子供を後ろに乗せて走ってると、自転車に乗った10人くらいの高校生が暴走族のように歩道をバラバラと動きながらすごいスピードで追い越していった。小さな子供が歩いていたりしたら大変なことになる。
歩道に立ってる人とかも、その危なっかしさにビックリしてた。
さらに追い越し際に、ウチの小さな子に向かって指まで立てていきやがった。

昔だって悪ガキはいた。
しかし、これがアホなヤンキー系の高校ならまだしも、そこは偏差値70を超える有名な進学校(公立)。
昔は進学校なら、そんなに変な奴はいなかったはずだが・・・

教育上必要な何かが、完全に欠けている。
公立だから日教組の影響が強いはず。
私立だと、ここまでひどいことはないのだろうか・・・

こんな連中がそのまま大人になり、子供まで育てていくことを考えると、非常に鬱屈とした気分になる。
日本人の血の通った心の復活は、至難の技。


好きに生きろと言って、ほったらかしにするよりも、本気で叱りながら子供を育てていくことの方がずっとエネルギーがいる。
人は叱られたことがないまま育つと、愛情というものを感じない人間になってしまうようだ。
もちろん、そうなると他人に愛情を示すこともできない人間になってしまう。

やれ、国歌だ、国旗だ、天皇だ・・・などと言う前に、個人主義・快楽主義が行き過ぎた、この殺伐としてしまった日本の人間関係をまずは回復させないと明るい未来はない。

物質的にめぐまれ、食うに困らない。楽しいゲーム、アニメもいっぱい。
セックスだって、あっちこっちで好き放題。
しかし、何も残るものはなく、心の寄り所もなく、いつまで経っても疎外感しか残らない。

必要なのは、ズタズタにされた家族の復活。
家族だけは切れることはない、必ず応えてくれるという、安心できる夫婦関係、親子関係、家族関係。
必要なのは、そのささやかな幸せ。


戦時下の若者たちが、国や天皇のために戦っていたと言うのはウソだ。
本当に彼らが守ろうとしたもの、それは家族。
何よりもお父さん、お母さん、妻子、兄弟姉妹ら家族のために命を賭けて戦っていたのだ。

自分だって、家族のためになら命を賭けることはあっても、国のためだけに命を賭けることはない。
国を守ることで家族が守られる可能性があるからこそ、命を賭けて戦おうと思うこともあるわけで・・・単に国や日本のためにだけ戦えというのでは、命を賭けることはありえない。

ウラを返せば、守るべき家族を持たない人にとっては、天皇を敬えだの、国を愛せなどと言っても、馬の耳に念仏としかならない。
この手の連中にとっては、国なんてどうだっていい。
自分個人の利益と快楽さえ得られれば、それでよいのだ。

何より大切にすべきは家族・・・そういう価値観を確立してこそ、日本、国旗、国歌、天皇を愛する意味が出てくる。
家族分断に拍車をかける、夫婦別姓なんてとんでもない!
愛国心や天皇を愛する気持は、家族や親など目上の人への敬意を持つことに直結している。


また先に書いた、叱ることのできない大人が多くなった反面、感情にまかせてしか叱らない親も激増している。
節度を持って叱れない、ほどほどで抑えられない、精神が子供のままの、わがままな親。
さらに、叱るどころか、子供を人間として扱うことすらできない、幼稚な親による虐待も多発。

そんな親一人に育てられることになった子供の環境は、悲惨だ。
子供にとっては地獄でしかなく、将来の大人になったとき、その親子は絶縁関係となる。

米国で昔、精子バンクというものがあり、科学者など優秀な男性の精子を保管し、優秀な遺伝子の子供が欲しいという女性に提供する産業があった。

これを利用するような女性は、夫婦・家族の和、男の苦労への理解もなく、自分のエゴだけで子供をつくる。
正常に男と付き合うことなく、優秀な子供が欲しいからと、優秀な男の遺伝子だけをカネで買う。
まさにフェミニズムの極地。
当然、子供に対しても、子供のためだとか言いながら、自分のエゴを押し付けようとするだけ。
もしも自分が、そんな目的のために生まされてきてたりしてたら、ゾッとするではないか。

精子バンクを利用されて作られた子供は、みな不幸となった。
頭が優秀でも、大人となった子供の多くの母子間は、絶縁状態に。
子供はインタビューで話す。「もう二度と母に会いたいと思いません」。

精子を提供していた男性も、事実上の自分の子供が虐待を受けたり、不幸になっている現実を知り、精子の提供者がいなくなり、事業も廃止された。

安直な離婚を推進している、今の日本のフェミニズムは、このようにエゴイスティックな母親による不幸な家庭、不幸になる子供を増産していることを意味する。

これを放っておけば、外国人参政権がどうたら言って外人に支配される前に、既に日本人の勤勉で粘り強かった精神性は破壊され、モラルハザードにより日本は間もなく崩壊する。 (続く)

『アナーキー・イン・ザ・UK』 セックス・ピストルズ
Anarchy in the UK - Sex Pistols (1976)

親の愛情を感じずに育つと反社会的な左翼になりやすい。セックス・ピストルズ(詳しくは右画像クリック)、パンクロックの草分けであり、パンクを代表するバンドだが、実際のサウンドはとってもポップ。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
(2013.7.7)
またしてもフェミの圧力で安藤美姫の“未婚の母”問題への正常な批判が一切できない世論が形成されてるわけですが、これは今のマスゴミや団体がいくら持ち上げようとも、それに罪があるのなら三代と言わず一代目でガタがくるので、放っとけばいいと思います。
どうも父親が外国人や在日臭い感じもするし、もしも在日や朝鮮人だったら今は彼女を擁護してる人たちもどんな風に手の平返して、ネット世論が変るものなんだろうなって興味津々な部分もありますが・・・

今回の件を周りが批判しようとしまいと、神様はその母と子に重い十字架を背負わせ、その将来は今の行いがもたらしうるものと寸分たがわぬ結果を導きだすこととなります。
母親が償いきれなかった罪は、間違いなく子に引き継がれ、子供はそのネジレ、罪に手足を鎖で繋がれ生きていくこととなります。これを私は確信持って断言します。

彼女がかつて私が取材した未婚の母たちのように本心としては後悔する日、そう遠いことではないでしょう。子供からは「うちにはどうしてお父さんがいないの?」って問われ続けるでしょうが、その答えで、母親が正しいのだと理解でき、母親には本当に非がないと子供がわかってくれるようなものでもない限り、子供にそれを納得させるための術はありません。
ここの読者はそんな愚かなことに自分や子孫代々の子供たちが巻き込まれないよう最善を尽くしましょう。

とにかくわが子には、選択を誤って人生棒にふるような事態に陥らないよう、一見華やかなものに見えるバカなものにダマされないよう、日頃から親として身を示して言い聞かせ続けるしかありませんね。

スポーツ選手だの有名人なんてのは、所詮、操り人形でしかないし、捉え方によっては典型的なお金の奴隷とも言えてしまいます。別にスポーツ選手に限らず、今ではお勉強やスポーツ、演奏などの文化的・技術的なことで、とにかく優秀な成績を上げることのみが目的とされてしまってる風潮があるわけで、確かにそれは科学的なトレーニングを積んでたりで、それなりに効果は上がるものなのでしょう。
でも彼(彼女)らは、否、彼らに限らず、そんなことよりもっと大事な人格教育、そして立派な母親として父親として、まっとうな人間らしい子育ての仕方を教えてくれてるようなところが今ではなかなかないわけで(その辺の子育て本なんかデタラメばかりです)、今回の彼女がこれから普通の母親としてまっとうな子育てをしていくとも到底思えないし、スポーツに、恋に、自分のこと優先で子供はどっか(あるいは身内の誰かとか)に預けっぱなしになるのは目に見えてるわけですね。要するにこの種の人たち、技術的な訓練受けてるだけで、人格教育ってのが完全にないがしろにされており、つまりフィギュアスケート選手やダンサー、他のスポーツ選手だって多くがそうですが、ロボットでしかないわけ。要するに、スケートで上手に踊れる機械にすぎないし、そんな風な育て方しかされてないんですね。それ以外のことはまるでダメだったりで。
先人の教育者・偉人たちの多くには、そういうのより「まずは人格教育」、単に上手に出来るだけの機械に育て上げてはならないってのが根底にあったのですが、今ではそういう理念はどっかに追いやられて、単に技術的に上手なだけ、早いだけとか、そんな育成の仕方しかされなくなってしまってます。

彼女がこのサイトでも見てしまい、人生観・価値観がガラリ転換するようなことでも起きれば変ってくることもありましょうが・・・現段階では先は見えてます。

未婚の母だのシングル・マザーだの礼賛してる人ってのは、その危うさをわかってる悪魔の使いとしての確信犯もいますが、よくわかんないまま、それがいい時代だなんて思ってるノータリンばかりなわけで、それらが将来どういう重大な問題をはらんでいくかということはまるでわかっていません。
私自身、女が働いてて何が悪いんだ、シングルマザー批判なんて差別だって、かつては思ってたし、そういうのの何が悪いのかって教えてくれる人ってのは現代では滅多にいないわけで。結局、わかってない人たちってのは、自分がそれでひどい目に会わないとわからないケースが殆どなんですね。でも、それじゃあ、大概手遅れになってしまうわけで。

昔、私が取材したことある未婚の母たちの本音というものがどういうものであったか。
彼女らも“未婚の母”ブームだからと時代に乗っかって安易な選択をしてしまったわけですが、その気安さからは想像もつかなかったようなことで相当痛い思いを後になってしてしまってる人が殆どなわけで。
子供だけはシッカリ地に足着いて育っていけばいいのですが、身勝手な母親のツケ、結局は子供も大きくなって最早手遅れというパターンが圧倒的なわけで・・・それでもその過ちに気づいた母親ってのは、まだずっと救いがあります。

ここを読まれてるシングル・マザーもたくさんおられるのを私は知ってるし、子供が小さければまだいくらでもチャンスはあります。大きくても、自らの過ち、すべてが間違っていたことを認め、自分次第でまっとうな方向に軌道修正させていくのは、決して不可能ではないでしょう。

ここにはアメリカのかつての精子バンクのこと書いてますが(どうもアメリカではまた復活してるんですかね)、日本では精子バンクならぬ、卵子バンクなるものが既にスタートしてしまってますね・・・

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
(続き)◆男女観・家庭破壊の行着く先 〜 夫婦別姓で家族の安心と信頼は消滅

◆失われた日本人の精神性と天皇の祈り 〜 信仰とは信条を持つこと。神を信じる否かは関係ない 〜 母と子が父の無事を祈る『里の秋』

◆“道徳教育”と称して進められる、これからの日本人家畜化教育について 〜 もはや大多数の家畜化は逃れらない

◆家族分断・人民奴隷化めざす左翼 〜 北朝鮮化への入口に立つ日本!社民 福島みずほの思想に見る

◆フェミニズム家庭崩壊=左翼 朝日新聞=朝鮮 〜 腐った反日新聞の朝日

◆日本は早急に離婚抑止政策をとれ!〜 韓国に見習うべきこと

◆生活保護予算は既に3兆円!? バラ撒き民主党政権で3倍か!? 〜 母子家庭生活保護 実質年収は500万円に匹敵!?

◆専業主婦の出現が抜群の家庭安定をもたらした!〜長期で見る日本の離婚率推移

◆離婚と自殺の増加トレンドは一致 〜 離婚・自殺と宗教の関係 〜 加えて自殺増の背景には、日本の特殊な人口構成が影響

◆最も有害なのは反日法案より今のフェミニズムだと早く気づいて!〜 聖書を曲解、悪用してフェミニズム運動に利用する狂ったキリスト教団

◆フェミは左翼、でも 「面会保障を!」、なんて言ってるのも左翼なんですよ!

◆教育破壊で日本弱体化を達成の日教組 〜 反国旗・反国歌の変態集団が子供たちを教育
トップ | 失われる家族の絆 | permalink | comments(22) | trackbacks(1) | - | - |

この記事に対するコメント

進学校の生徒は服装もきちっとしているし、周囲もその学校の生徒なら優秀で悪いことなどしないという目で見るので、逆に裏でこっそり悪さをしている生徒もいるようです。
優秀な子供ほど大人の世界をよく見ていますから、自分がそうすることに罪の意識など持たないのでしょう。
楽しいし、人に迷惑を掛けてないのにどこが悪いの?…と思ってるのかもしれません。
逆にストイックな生徒は、思いつめて自らを傷つけてしまうこともあるようです。

こちらのブログは過去記事の中に興味深いテーマがあるので、新着コメントが分かるように上げてくださると、初めて来た方が見に行きやすいかなと思います。
viola | 2010/10/13 4:59 AM
うぃすさん、ありがとうございます。

私の住んでいる地域は三世帯同居の家庭も多く、お年寄りが尊重されているせいもあるのか、素直な子供らしい子供が多いような気がします。
人から聞いた話ですが、「人は人によって人になる」、遺伝子が優秀でも育てる人が利己的なら利己的な子供に育つということですよね。
viola | 2010/10/14 5:29 AM
素晴らしいブログです。しばらくここで勉強させていただきます。
麻呂 | 2010/11/30 9:45 AM
先まで読ましていただきましたが、見事な洞察力です。今の日本人になくなってしまったのが恥の精神。周りはどこ見ても毒だらけです。
ドデカメロン | 2010/11/30 4:34 PM
私の住む地方は、昔、日教組が創設された時期に時の知事が自民党の県議と協力して県内の日教組を一掃してしまい、わが県の公教育の教員の加盟率はほぼゼロです。
そのせいかとても公立教育がよい状態です。
反日左翼の異常な反対にあいながらも扶桑社の教科書も採択されました。

東京で仕事をするいとこが子どもの教育のために故郷に妻子を残すことにしました。
東京の公立学校の荒廃ぶりに驚いたそうです。自分の育った学校を当たり前だと思っていたのです。

日教組の弱い保守の地方では、まだまともな教育が残っていると思います。
ただそれもこの先、どうなるか不透明ですが・・・

ぶんぶく | 2010/12/08 11:53 AM
明治時代くらいだったでしょうか…ほとんどの日本人貧しいけれどよく笑うと外国人に驚かれたそうです。

占い師だけど日本人の魂を語る細木数子さんの番組が好きでよく見てました。

独身だったその頃から豆まきをしてますが、日本の文化や精神を大事にすると心豊かになる気がします。

日本は経済的に豊かになったけど幸せを感じられないってよく聞くけれど…そもそも貧富は関係なく、家族の絆を深め日本の心を大切にすることが幸せに繋がることを悟られないようにしてるような気がします。


ママサイトで、離婚したいだとか家事や子育てがツライだとか、たくさんの人が悩みを打ち明けています。
反日マスコミは日本の国益になるニュースを伝えないだけではなく、離婚や不倫を美化し家族崩壊や男女離反を煽ってることを知れば、だいぶ救われるのではないでしょうか。


塩野七生さんは日本人は資質があるのにそれをまとめるリーダーがいないというが、本当は団結しないように工作されてることを、日本人は知るべきだと思います。
ヤタガラス | 2010/12/08 1:04 PM
 初めてコメントします。とても勉強になるブログです。日教組の影響など知らなかった事が分かり、教育がどれだけ大切かと言うことが最近になって理解してきました。

勉強がトップクラスでも心が貧しいなと思う人。今の政治家を見ていて感じさせられます。
茶だんご | 2010/12/09 4:48 PM
まったく共感します。日の丸がどうとか、天皇陛下どうより、フェミ女を何とかしないと。

三等兵 | 2011/04/21 12:50 AM
仰る通りだと思います。
私は外国に出て初めて外国人としての立場やその理不尽さを知りました。
それを思えば日本国がどんなに国民を保護してくれているか感じられるはずです。
毎年グアムだのハワイだの多くの人が外国に出ているのに、国家の重要性を理解しないのは何故なのでしょう。
世界遺産見ておいしいもの食べて、それがどれだけその人の人格を向上させるのでしょう。
サクダ― | 2011/08/24 2:56 AM
物欲、性欲、食欲、金欲・・・・等々。
切りが無いですね。
自分も出来てませんが、今の日本人には
“足りるを知る”が必要と考えます。

77年当時、パンク系のバンドでは
トム・ロビンソンバンドが一番好きでしたが、
トム・ロビンソンがゲイと知った時は
引いた覚えがありますw。
tatsuya1963 | 2011/11/03 8:33 PM
行き過ぎた個人主義、自由主義は世界支配を企む勢力の仕掛けた罠であると早く気づくべきです。
それも、分別ある大人が!
大人が変われば、子供も変わります!

行き過ぎた個人主義や自由主義にモラルなんて存在しません。
犯罪だって個人の自由と思っている奴等、実は沢山いるんですよ。
そういう間違った価値観やら概念を徹底的に粉砕し、本来日本人が持ち合わせている礼儀正しさや勤勉精神、自己犠牲の精神を取り戻す事が大事です。

こう言った、元来日本人が持ち合わせている精神、実は世界支配を企む勢力には恐怖なのです。
神風 | 2011/11/03 9:14 PM
残念ながら、ここに書き込んでいる人間は少数派だと思います。

中学高校時代、弟達が真似しないように、素行と身なりを正していた私は、シャツをズボンから出したりズボンをずり下げる挨拶もしない大多数に変人呼ばわりされていました。
正そうとかいう気持ちの前に、善悪の基準からオワッテますよ。
通り過ぎるオタク | 2012/01/26 9:23 PM
適当なカテゴリが見つからずこちらで失礼します。
2012.5.4 msn産経ニュース
「憲法と私 立命館大学教授 加地伸行 先祖 敬う家族共同体の姿を再び
 ・・・・・(略)
 <日本の伝統を破壊した24条>
 ・・・・・(略)
 日本国憲法は日本の伝統を破壊し尽くしてし まった。
 その根源は第24条にある。
 第24条第1項はこう述べる。「婚姻は両性の 合意のみに基づいて成立し」と。
 この条文は個人主義の立場に立つ。
 「両性の合意のみ」が家族を形成するという
 宣言であり、その具体像が核家族である。
 夫婦二人の幸せだけでいいとしてきたこの家 族像には、親も見えない、子も見えない、ま して親類などはむしろ煩わしいとなる。
 ・・・・・(略)
 或る僧侶が引く次のような実話は、現実のす さまじさを物語って余りある。
 或る夫婦は、老親の面倒をみず、親の建てた 家から追い出し、庭に掘っ立て小屋を作り、
 そこに住まわせた。老親が亡くなったあと、
 小屋を壊そうとすると、夫婦の子がこう言っ たという。
 「お父さんやお母さんが年とったらそこへ入 ってもらうから、壊さないでほしい」と。
 ・・・・・(略)
 <日本人古来の死生観を基盤に>
 ・・・・・(略)
 家族主義は家制度を超えて、実は日本人の死 生観に基づいている。すなわち、
 1.祖先から子孫・一族へという生命の連続。
 2.子孫の慰安(子孫が祖先を慰安する)によ り人々の記憶に残ること。
 この両安心感が死の不安や恐怖を鎮める。
 そうした古来の死生観の上に立った家族主義
 だからこそ、日本人は最期にはそこに依る。
 今も微動だにしないこの死生観の上に立つ家 族主義において、家族の在り方の抑止力とな っているのが、祖先なのだ。
 とすれば、24条は、日本人の死生観に基づき
 祖先を敬愛する家族共同体の姿を示すべきだ
 」
 要するに、24条を個人主義の立場から、家族 共同体主義の立場へ変えるべきということで すね。
 24条ってモロ個人主義の左翼思想なのです  ね。
 憲法の中にまでしっかりと日本弱体化の種が
 撒かれているのですね。
 
 
 
 
すしめし | 2012/09/09 2:45 PM
管理人様、こんにちは。

この件に関するエントリーを期待しておりました。私は古い人間なのかもしれませんが、「未婚の母」や「デキ婚」を祝福する気にはなれません。

もちろん、片親で立派にお子様を育てている親御さんも知っておりますが、ご結婚後に不慮の事故や病気などでパートナーがお亡くなりになった場合とは、根本的に違うと思います。

恐らく、今回の一件も、批判は許されないのでしょう。
ブリンデン | 2013/07/07 11:03 AM
某SNSでは安藤美姫の未婚の母問題については、かなり批判的な意見が多く見られました。
個人レベルでは、まだこの件に関してはまっとうな感覚を持っている人も多くいるように感じたのですが、一部では「中絶せずに産むだけ偉い」や「シングルマザーを批判するな」といった意見も見られました。

本人が公表するまで出産はおろか妊娠したことですら報道されなかったのは何か裏がありそうですね。
しまりす | 2013/07/07 11:28 PM

肺がんになった夫を治療費が無駄とさっさと死ねば良いと高額治療に難色を示す奥さん。要するに、「拝金主義」お金が全てであり、お金の前には、夫婦の愛情も親子の愛情も、先祖への感謝も、世話になった友人への感謝もない人達。付き合いはお金のためのうわべであり本心ではない。
当然社会への貢献など考えていない。社会貢献するとするなら世間体であろう。

と書き込んだが、これはとあるクリニックの理事長と車中で会話した話です(´・ω・`)
(`・ω・´)おっちゃん | 2013/07/08 3:09 PM
浅田真央と安藤美姫、マスゴミからの扱われ方が正反対。
何かありそうです。
端くれ | 2013/07/09 3:11 AM
私立も酷いとこは酷い。
市邨なんかはアバズレの巣窟で、エリート男子を見かければ玉の神輿を狙ってSEXまでする・・・それだけならいざ知らず、青山学院もひめゆり部隊を貶めたり、売春や麻薬が蔓延・・・
私立も左傾化が進んでいる所、いじめ不祥事で浮き彫りになりやすい(不祥事系のいじめ内容は時代を先行していたり日教組教育の悪影響が出やすいのと同時に左傾化が浮き彫りになりやすい)が、まだこんなもんじゃなさそうだぞ。
というか、いじめでも、犯罪に値するような内容が多く、今の悪ガキはジャイアンとはレベルも違うから、そのうち、いじめ自殺ならぬ、いじめで実際にナイフ持ち込んで被害者 を刺し殺す、なんて事が起きそうだ。
恐ろしい世の中になりましたね。
名無し | 2014/03/18 9:55 PM
>1922年にアインシュタインが日本を訪れた時に、
日本に託した言葉だと云われています。

h ttp://xn--obkn365u1guzob621c.jp/index.php?go=6IaP6h
>アインシュタインが残した日本へのメッセージ

>近代日本の発達ほど世界を驚かしたものはない。
その驚異的発展には他の国と違ったなにものかがなくてはならない。
果たせるかなこの国の歴史がそれである。
この長い歴史を通じて一系の天皇を戴いて来たという国体を持っていることが、それこそ今日の日本をあらしめたのである。
私はいつもこの広い世界のどこかに、
一ヶ所ぐらいはこのように尊い国がなくてはならないと考えてきた。
なぜならば、世界は進むだけ進んでその間幾度も戦争を繰り返してきたが、最後には闘争に疲れる時が来るだろう。
このとき人類は必ず真の平和を求めて
世界の盟主を挙げなければならない時が来るに違いない。
その世界の盟主こそは武力や金の力ではなく、あらゆる国の歴史を超越した、世界で最も古くかつ尊い家柄でなくてはならない。
世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。
それはアジアの高峰日本に立ち戻らねばならない。
我々は神に感謝する。
神が我々人類に日本という国を作って置いてくれたことである。

一系の天皇を戴いて来たという国体を持っていること | 2014/07/18 11:55 AM
誇りを持てる教育を


アムステルダムの光芒【照らされた日本の誇り】
http://www.youtube.com/watch?v=Dx-BBg0AgP4



「平成3年に日本傷病軍人会代表団がオランダを訪問した際の、アムステルダム市長の歓迎のスピーチ」

>アムステルダム市長のスピーチ

>貴方がた日本は、先の大戦で負けて、勝った私どもオランダは勝って大敗しました。
今、日本は世界一、二位を争う経済大国になりました。 私たちオランダはその間屈辱の連続でした。 勝ったはずなのに、世界一の貧乏国になりました。
戦前のオランダは、アジアに本国の36倍もの大きな植民地インドネシアがあり、石油等の資源産物で本国は栄躍栄華を極めていました。
今のオランダは日本の九州と同じ広さの本国丈となりました。
あなた方日本はアジア各地で侵略戦争を起こして申し訳ない、諸民族に大変迷惑をかけたと自分をさげすみ、ペコペコ謝罪していますが、これは間違いです。
あなた方こそ自らの血を流して東亜民族を解放し、救い出す、人類最高の良いことをしたのです。
何故ならあなたの国の人々は、過去の歴史の真実を目隠しされて、今次大戦の目先のことのみ取り上げ、或いは洗脳されて、悪いことをしたと、自分で悪者になっているが、ここで歴史をふり返って、真相を見つめる必要があるでしょう。
本当は私共白人が悪いのです。
百年も三百年も前から競って武力で東亜民族を征服し、自分の領土として勢力下にしました。
植民地や属領にされて長い間奴隷的に酷使されていた東亜諸民族を解放し、共に繁栄しようと、遠大崇高な理想をかかげて、大東亜共栄圏という旗印で立ち上がったのが、貴国日本だったはずでしょう。
本当に悪いのは侵略して権力を振っていた西欧人の方です。
日本は敗戦したが、その東亜の解放は実現しました。 即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終わりました。
その結果アジア諸民族は各々独立を達成しました。
日本の功績は偉大です。 血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。
自分を蔑むのを止めて、堂々と胸を張って、その誇りを取り戻すべきです。
オランダ、アムステルダム市長のスピーチ | 2014/07/18 12:14 PM
あの長嶋茂雄だって息子の一茂を見れば家庭を考えない人はどうなるか分かるはず
家庭が相当めちゃくちゃになってますからねぇ……
逆に未だに家族全員で年に一度は温泉に行ってる落合博光は今でも円満
息子のフクシ君が書いた「フクシ伝説」は一見の価値あり
 
いやー本当の家族円満ってこういう事を言うんじゃないかと思う

博光氏は野球しか出来ないってわかってる
奥さんの信子は金を稼げないって分かってる
そしてそれを互いに分かってるから言い争った事がないそうだよ
あい | 2014/07/20 11:09 PM
まさに私自身がこのタイトルの通りです
付け加えるとするならば、自分自身も拠り所ではないといったところでしょうか
両親は思い通りにならなければ感情的になるような人達でした。また、教師たちはそれぞれの個性ばかりを尊重する「優しい」人間ばかりでした
そうして咲いた「世界にひとつだけの花」は自分自身の意義を追求し続け、けれども何一つ分かることはなく根ばかりが深くなっていきます
追求、という行為は即ち疑うことです。疑ううちに周囲をそして、自分をも信じることが出来なくなっていました
果ては精神病的に自殺まで図ろうとしました
……もはや疑いという地獄の路を歩むことでしか、自身の存在を証明することは出来ないでしょう
この状況を楽しむという方法でもって精神の苦しみに適応しましたが、恐らくは一生孤独に微笑み続けることになると思います
こうなります。教育を誤り、優しさを履き違えたただの甘言ばかりでは
幸運なことに、私がギリギリ立つことができているのは、仏教系の幼稚園であったり自然と肌で触れ合ったりと、幼少期の断片的な記憶があるからです
それが無ければ、きっと私が秋葉原で人を刺すようなことをしていたと思います
個人的に右や左という拘りがある訳ではありませんが、間違いは是正しなくてはならないでしょう




ひのもとひかげもの | 2016/02/10 10:30 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/45
この記事に対するトラックバック
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 首相になっても「国会の居眠り王」の菅直人 “ぬる菅”支持率急落も外交成果自画自賛 http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-201012...
←もひとつクリック!


 フォローお願いいたします