日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< 今の若いママたちって、いったい子供たちにどんなオヤツ食べさせてんだ!? | main | 真実の日本の歴史 〜 戦前教科書 尋常小学 国史より
第二十四 新田義貞 >>

手軽に茶の湯体験 開催中の『東京大茶会』

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m

すみません。行けそうなのは東京周辺の方だけになりましょうが、恒例の東京大茶会、今日(土)と明日(日)、江戸東京たてもの園でやってるようですね。来週20日(土)、21日(日)は浜離宮でやるようです。明日の江戸東京たてもの園は入園無料のようですよ(浜離宮もお子様は入園無料です)。実は先日、浜離宮に行ったのですが、どうせなら来週行けばよかったな。【参照:東京大茶会

人気ブログランキングへ  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
(2013.10.1)
日曜日に江戸東京たてもの園(東京・小金井公園。下写真は仕立て屋さんの室内)でやっていた『東京大茶会2013』に行ってまいりました。
10月12(土)〜13日(日)に浜離宮恩賜庭園(東京・中央区)でも第二弾があります。手軽に茶道体験できて、しかも300円から700円とお安い料金で参加できますので、東京近郊の方はぜひ行かれてみてくださいませ。

『子供のための茶道教室』というのも開催されていたので参加させました。お茶をタテるところはやらず、飲むだけでしたが、未体験のお子さんには勉強になったと思います。これまでウチの子は何度か茶会には一緒に出てますので、手をついてのお辞儀だけは日頃の仕込みの甲斐もあって、シッカリ出来るようなってるようですね。
江戸東京たてもの園は前にもココで紹介してますが、大茶会のこの日は入場無料だったので、大変な盛況ぶりでした。園内の建物各所で茶会が開催されていて、たくさんの着物姿の人が来ていたし、高橋是清邸や三井家旧邸、農家や商店の旧家屋などが移築された古い建物が立ち並ぶ中、この日は本当に素敵な空間になってましたよ。
尚、浜離宮の方では特に子供向けというのはないようですが、各茶会には概ね子供でも参加できるはずなので、親御さんが注意をはらいながら一緒に参加されてみてくださいませ。

人気ブログランキングへ  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
◆失われた日本人の精神性と天皇の祈り 〜 何事も試練として受け流す

◆あなたは反米? 親米? それとも反ユダヤ? 〜 日露戦争を勝利させた高橋是清とユダヤ人銀行家 ジェイコブ・シフ

◆本来の日本人の作法、立居振舞を子供たちに習得させましょう 〜 学校教育に責任転嫁したり期待しすぎてはいけません

◆【保存版】愛国保守派オススメ・スポット特集 〜 子連れもカップルもOK!

◆親次第で自虐史観なんてどうにでもなる 〜 日本のおかげでアジア諸国の独立が早まった・・・そんなことで喜んでるのも自虐史観の亜種にすぎない

◆戦前の道徳教科書『修身』に見る加藤清正の武勇伝 〜 自虐史観の正反対から見る豊臣秀吉の朝鮮侵攻

◆“道徳教育”と称して進められる、これからの日本人家畜化教育について 〜 もはや大多数の家畜化は逃れらない

◆日本舞踊公演に行ってまいりました 〜 本当の日本人の出で立ち・立ち居振る舞いを忘れず、子供たちにも伝承を

◆浴衣のテーマパーク お台場の『大江戸温泉物語』へ行ってまいりました!

◆映画『Sayonara』 愛を貫いて死を恐れない、ヤマトナデシコ〜 変れば変るもの。日本人の美意識

◆日本人の美意識が結集!溝口健二『雨月物語』〜 品が悪くなった日本女性

◆「道主貴(みちぬしのむち)」 玄界灘の三女神を祀る宗像大社を訪ねて
トップ | 保守系スポット | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

子供向けのお茶教室いいですね。
子供にこういう日本の文化にふれる体験教室が全国でもっと増えたらいいですね。

息子さんは小学2年生なのに、手をついてのお辞儀がきちんとできるとは素晴らしいです。
子供たちが朝鮮式お辞儀に汚染される前に、しっかりと日本の作法を身につけさせたいです。
しまりす | 2013/10/02 11:50 AM
茶道に華道、こんな女っぽい文化が武士から生まれたのは世界の摩訶不思議だと、昔は思ってましたが。
文化の根源は精神ですので、武士道精神が無ければ文化が形作られる事も無かったですし、文化を作った精神を知れば知るほど共感できる訳です。
例えば戦を生業にする人々が、散りゆく桜に人の儚さを重ねたりするのは別段可笑しな話では無いように。
通り過ぎるオタク | 2013/10/02 6:35 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/439
この記事に対するトラックバック
←もひとつクリック!