日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< 男の子が赤いランドセル背負ってるのってどうよ?
〜 男女観破壊、左翼イデオロギー刷り込みのベネッセCM
| main | 1970年代初頭までの青春ドラマも見ておきたいね >>

子供が小さいうちに、本物の格闘技を見せておこう!

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m

この原稿書いた時は知らなかったのですが、力道山の時代はプロレスごっこで子供が死亡する事件まであったことを、先日、靖国そばの昭和館に行った時に流されてた昔のニュースから知りました。私が子供の頃はそんな事件は聞いたことなかったのですが、それより前のプロレス黎明期は無用意にマネした子供たちに深刻な事故が起きたこともあったということですね。子供達には何かしらフォローしておかないと何が起きるかわからないところがあるようです。でもやっぱり昔の黄金期のプロレス、若いジャイアント馬場やアントニオ猪木などのビデオはとっても魅力的だしオススメ。何よりあの時代の空気がビンビン伝わってきますし、これはプロ野球の試合等、当時の映像には同じことが言えます。

人気ブログランキングへ  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
(2013.5.14)
長嶋さんの国民栄誉賞は、個人的には妥当だと思ってますが、今ではとても短い期間だったことがわかったあのテレビ黄金期、当時は野球も大人気でしたが、それと並んでプロレスの人気が物凄かったんですよ。
私の母が巨人キチガイで特に長嶋さんの大ファンだったので、うちでは必ずTVでは巨人戦を見てたんですね。私が見始めた頃はV9の末期で、長嶋さんの全盛期は過ぎていて、むしろ王さんの方が成績的には目立っていて、私からすると「長嶋さんってそんなにスゴイの?」って感じだったのですが、後に長嶋さんの得点圏にランナーがいる時の驚異的な打率とかを知って、後になってその凄さやあれだけのファンがついていた理由がわかったような感じです。長嶋ファンっていうのはそういう長嶋さんの側面や人柄をよく知ってるから、そんな長嶋さんに熱狂するんですよね。
こんな時期に長嶋さんへ受賞させたのは、大横綱 大鵬へ生前あげることが出来なかったことも理由にあるそうですが、当時の相撲もいいのでしょうが、私はそれより当時のプロレスラーたちにあげるべきだと思います。

一大ブームを築いた力道山なき後、日本はそれ以上のプロレス黄金期を迎えます。ジャイアント馬場アントニオ猪木という、とてつもない二大スターも現れました。
私は馬場さんの若かりし黄金期はリアルでは見れなかったのですが、激しい格闘技の大スターであった馬場さんの普段見せる人柄、明るさがとっても好きでした。私がプロレスをあらためて見てみようと思ったのは、ここでオススメに選んでる『タイガーマスク』を子供に見せてからで、この中で馬場さんはとっても人格者に描かれてるんですね。そして漫画なんか見ただけでは本物の格闘技の凄さがわからない。だから子供にも本物を見せたいと思って、うちでも見てみることにしました(詳しくは右写真クリック)。

大衆懐柔のための娯楽に、支配者はパンとサーカスを民衆のため用意したと言われていますが、そんなことどうだっていいくらい、当時の格闘技は本当に物凄い。
アメリカの悪辣な巨漢レスラーたちとも互角にわたり合い、バッタバッタとなぎ倒す日本男児。私が子供の頃は、こんなのが毎週のようにテレビで放映され、頭から血を流したレスラーたちに大人も子供も熱狂し、特に男の子にとっては、格闘技、そして力の大切さを思い知らしめる上でとってもいい影響を与えていたことでしょう。女の子の方も、あんなのを見たら女の方が男より強いなんて、間違っても勘違いすること、絶対ありえません。もちろんプロレスラーは特別ではあっても、男とは強いものなんだって、自然と敬意を持つことでしょう。男に対して、ぶをわきまえた口の利き方してる女なら、男に引っぱたかれることなんてまずありえません。むしろ男はそういう女こそ守ろうとします。けれど、女がぶをわきまえない口の利き方してるようなら、引っぱたかれるのは必然ともいえます。これは女に限らずです。

私たちの子供の頃はこういうプロレスを普通にテレビでやっていて、男の子は学校でもよくマネ事で遊んでいたわけですが、当時はそれで誰かが大ケガしたなんて、少なくとも私は聞いたことありませんでした。いつもそういう遊びをしてるからこそ、子供たちの間でもこういうのやるとケガするとか、やりすぎにならないよう、力の加減具合とか、自然とコツを心得るようなっていたのではないでしょうか。しかし今では、こういう格闘も、下らないアニメやゲームなど、バーチャルから入ってくる人が多い。バーチャルでは痛さがわからないし、女も男と対等に戦ってたりで、これでは感覚がきっと狂っていくことでしょう。

うちの子は、ピアノやバイオリンのような文化系のみならず、いくらそんなのだけ上手になってもヘナチョコ男になってもらっては困るので、空手のような格闘技もやらせてますし、完全に文武両道です。家にもサンドバッグ代りのものがあるし(詳しくは右写真クリック)、子供はいつも、「パンチ!」「キック!」「チョップ!」と大暴れしてますよ ^▽^)

また、グローバル化・フェミ傾向の非常に強い現代でありますが、それに対抗するため、そういう格闘技に併せて、日本人なら時代劇を、アメリカ人なら西部劇を見せておくべきでしょう。
子供を持つ親御さんは、ヘナチョコヘタレに育てないためにも、子供たちに本物のアクションある古い日本映画や西部劇を見せておいた方がいい。そこには刀や銃を持つ乱暴者が、同じように刀や銃を持ったそれなりの人格を持った正義の英雄にとっちめられるという、一定の構図・美学があります。とってもわかりやすいんです。平和脳左翼的な映像プロパガンダ・精神侵略に対抗するには絶好の素材。それについて詳しくはまたいつか。

ジャイアント馬場(36歳 209cm) vs ジャンボ鶴田(23歳 195cm) (1974)
見たことない方はぜひご覧を。これ一つ見ただけでも、当時のプロレスの物凄さ、本物の迫力が、脳天に突き刺さるよう伝わってきますから。

人気ブログランキングへ  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
◆男が本気でぶん殴れば、一発で女なんて気絶するのが本当なんですよ 〜 トリプルライダーに見る、当時の逞しいアクション・ヒーロー

◆“なでしこ”女子サッカー選手もファンも在日の手の中

◆女の子しかいなくとも、家を継いでくれる男の子を産んでくれる可能性あることまで考え、女らしい立派な女の子になるよう育てましょう

◆日本舞踊公演に行ってまいりました 〜 本当の日本人の出で立ち・立ち居振る舞いを忘れず、子供たちにも伝承を

◆『マジンガーZ』に見る正常な男女観 〜 やっぱりガンダムよりマジンガーZ

◆最悪の“ダンス必修化”だが、それでも生き残りのため   せめて先回りで、男には男らしい、女には女らしいダンスを仕込んでおきたい

◆ヘナチョコ男とパッパラパー女はいらない 〜 命とは尊く儚いもの

◆子供も大人も注意! 講談社は最大の左翼出版社 〜 女の堕落と男のフヌケ化はワンセット 〜 『 のだめカンタービレ 』に見る、現代の病理とヒトラーの予言

◆女子供の洗脳で男もバカになった! 〜 ジェンダーフリー 日本総フヌケ化

◆日本にはもう、強い男がいなくなるの!? 〜 文化に愚鈍な保守が多すぎる!

◆フェミニズム・アニメと単に強い女が出てくるアニメの違い 〜 反日ドラマと仮想敵を日本にしただけのドラマの違い

◆女子柔道なんてなんの価値もない。やってる連中見てりゃわかるだろ? ただし、監督告発したこの女たちがやったことは日本破壊のための“革命” 絶対許すまじ!
トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

うわー、このブログでプロレスが取り上げられるとは思っていませんでした。
私は小橋建太さんのファンでした。
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/keiba_fight/2013/05/12/post_120/
11日に引退試合がありました。
長い間、有難うございました。
引退後は体を労り奥様とのんびり過ごして欲しいです。
小橋さんも「見るべき本物」に加えて頂きたいです。
マリメッコ | 2013/05/14 1:53 PM
通りすがりですみません。


>「卵子バンク」提供、3組成立 半年後に体外受精

(朝日新聞) 2013年05月13日 19時03分

 【下司佳代子】病気などで卵子がない人に無償で卵子を提供する「卵子バンク」で、9人の提供者が決まり、うち3人は血液型などから、提供される夫婦との組み合わせが決まった。バンクを運営するNPO法人「OD―NET」(神戸市、岸本佐智子代表)が13日発表した。

 9人は、35歳未満で子がいる女性。卵子提供で生まれる子に将来、自分の名前や住所を伝えることに原則夫婦で同意し、血液検査で健康に問題がないと確認された。この中から、法人理事の弁護士や小児科医ら5人で構成する「マッチング委員会」が、提供される夫婦の結婚年数や不妊治療歴、血液型などを考慮して組み合わせを決めた。

 今後、最低3回、カウンセリングを受けて意思が確認され、約半年後に採卵と体外受精が行われる予定。(引用終わり。)

ここ最近、男が女を監禁する事件がやたらに取り上げられています。
でも、これらはみな、過去に起きたものばかり。
なんで今頃になって、そんなにむきになって叩くのかなと思ってみたら、
どうやら、卵子バンク推進の為のカムフラージュ臭いがしてきました。
マスコミは、監禁は悪だと断定していますが、
それを言うなら、この卵子バンクは、それ以上の監禁です。

長文、愚文、記事の趣旨に関係ない文章、すみませんでした。
とおりすがりα | 2013/05/14 5:48 PM
こんばんは。

私のところは大正生まれの祖父がプロレス好きで、よく観てましたね。テレビのチャンネル決定権も祖父にありましたので、祖父以外の家族も必然的に観てました。視聴は夕飯を食べたあとの時間帯です。家族団らんの一時がとても懐かしく思います。
黒松 | 2013/05/14 9:50 PM
私の主人がプロレス好きで、ネット上のプロレスサイトや動画を毎日見ており、プロレス雑誌も見ておりました。
私はプロレスの良さがまだ分からないのですが、主人と一緒に動画を見ると、プロレスラーの健康で頑丈な肉体に感心しました。でも技は痛そうで見ていられない・・・と感じてしまいます。

私なんかは、最初はプロレスなんか見たら暴力的な人間になるんじゃないかって思っていましたが、主人はとても優しくてまったく暴力的ではないんです。子供の頃はそれこそプロレスごっこをしていたそうです。

今は起きている時間帯にテレビ放送されていないので、主人は残念がっていました。

それと、私は最近知ったのですが、プロレスラーの方々は慈善活動をよく行っているそうですね。プロレス団体はあまり儲からないそうなのですが、そんな中でもよく慈善活動をしているそうで、これにも感心しました。
葉っぱ | 2013/05/15 3:05 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2014/05/23 6:53 AM
こんにちは。
昨日は福沢諭吉とルソーの記事で、勉強させていただきました。いつもありがとうございます。
そういえば、昔はよくテレビでプロレスやっていましたね。実は血を見るのが嫌いで、苦手でした。
ところで、力道山が長崎の平和祈念像のモデルだったと知りました。彼が朝鮮の人で、アントニオ猪木をイジメていた、と書かれていました。もし本当なら、ちょっと問題ではないのかな、と思いました。
mayflower | 2015/07/03 6:58 PM
格闘家には北朝鮮系の方が多いそうなので
人柄がよく親日家ならよいのですが…。

先日、国会で民主党から人格攻撃をされた安倍さんが
「私にも家族がいる」と反論。
知性の足りないフェミ男ぶりに、本当にがっかり。
もちろん人格攻撃は下劣です。
でも、首相という公人が、国会という公の場で、
質問されてもいないのに妻の話なんて、非常識。
しかもあんな馬鹿嫁のこと、誰も聞いてない!
彼はリーダーとしても、保守政治家としても、ダメダメですね。

保守系自民党議員で、他にいい人がいればよいのですが…
葵の園 | 2016/03/31 11:38 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/425
この記事に対するトラックバック
←もひとつクリック!