日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< ド底辺!? 援交アバズレ年増女の増殖 | main | マジで、男が女に食われる時代は起こりえます >>

ショパン 『小犬のワルツ』 を6歳の子供に弾いてもらいました!

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m

いつもご来訪ありがとうございます。
子供のピアノですが、今しばらくは練習曲でなく、子供が弾きたがるもの含め、初級から中級レベルの、指が届く弾けそうなものをやってもらってます。
『小犬のワルツ』は大人でもミドルレベルで、子供なら憧れの曲だったりもするかと思いますが、挑戦してみました。今回、使用した譜面は右の曲集からです(「ピアノ名曲150選 中級編」音楽之友社。詳しくは右画像クリック)。

気になるところはまだまだありますが、とりあえず今は一通り弾いてもらうことを念頭に置いてます。ビデオ撮ってると、どうしてもどこかしら2、3、つっかかってしまうのですが、とりあえず6歳 現段階のものをアップさせていただきますね。6歳でのこの曲の演奏は、YouTubeにはなさそうでした。
これもまた来年7歳になった時どこまで成長してるか、興味深く見守っていきたいと思います ^▽^)

ショパン 『小犬のワルツ』 6歳 ピアノ

人気ブログランキングへ  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
◆軍歌『若鷲の歌』 = 「予科練の歌」を、6歳の子供にピアノ弾き語りで歌ってもらいました!

◆日本舞踊公演に行ってまいりました 〜 本当の日本人の出で立ち・立ち居振る舞いを忘れず、子供たちにも伝承を

◆男に男らしさ、女に女らしさを求めるのは当たり前 〜 “あやまんJAPAN”に見る日本女性のイメージ崩壊

◆6歳子供ピアノ バロック編 〜 バッハ パルティータの『メヌエット』を弾いてもらいました!

◆6歳子供ピアノ 古典派編 『エリーゼのために』を弾いてもらいました!

◆わが子の育て方、しつけの仕方 〜 母親のための人間学 家庭教育の心得

◆幼児期に触れるものによって、音痴にも醜悪な美的センスにもなりうる

◆子供には生の声、楽器音を聴かせましょう 〜 ボーカロイドなんかダメ

◆子育て、死生観が変わる。読んでおきたい日本の古典 〜 『土佐日記』と、一茶の俳句

◆飛行可能な零戦展示中! 〜 マニアでなくても感無量!所沢航空発祥記念館

◆子供が親との平等、子供の権利を主張する時代が間近 〜 デモをする子供たち
トップ | 子供のピアノ・歌 演奏 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

”子供”と思って演奏を聴いていました。が忘れかけていた情熱がダークな嫉妬になりそうでした(^O^)
咲子 | 2013/02/01 11:37 AM
お子様がんばられたのですね。幼いのにたいへんご立派な演奏で、関心いたしました。
小犬のワルツは、6歳での演奏はないみたいですが、7歳で結構すごいのを見つけました。外国人のようです。
http://www.youtube.com/watch?v=zN9R9L3QGsM
塩見 | 2013/02/01 12:59 PM
すごいですね。
6歳でもこれだけ弾けるんですね。
お子さんもとてもがんばったことだと思います。
しまりす | 2013/02/01 6:19 PM
みなさまご来聴ありがとうございます。
また軍歌にも挑戦していく予定です ^^)
サファイア | 2013/02/03 9:57 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/413
この記事に対するトラックバック
←もひとつクリック!