日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< 国連だって日本弱体化を図る工作機関
〜 5歳にオナニー推奨 変態 日教組と国連
| main | 真実の日本の歴史 〜 戦前の日本史教科書準拠 参考書より
仁徳天皇と雄略天皇 顕宗 仁賢 両天皇 >>

終戦日に寄せて。世界各国が自国のため戦ったことを歌っている、
ドノヴァンの『ユニヴァーサル・ソルジャー』について

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2013.8.26)
日本では8月15日が終戦日とされてますが、その後もソ連による日本人のシベリア抑留が続いたり、満州や朝鮮はもちろん、本土でも米軍により日本人は悲惨な事態に晒され続けました。

お盆に私の実家 福岡へ行った際、当時の満州や朝鮮で、ソ連兵や朝鮮人、シナ人らの被害に遭った女性たちへの対処に当てられたという、二日市保養所跡にも立ち寄って参りました。

【二日市保養所】  以下、Wiki(2013.8.26現在)より引用
終戦直後より在満・在朝日本人は塗炭の苦しみを味わうことになった。追放や財産の略奪に止まらず、強制連行や虐殺などで、祖国の地を踏むことなく無念のうちに斃れた者も少なくなかった。これに加えて女性は、朝鮮人やソ連兵、中国人等による度重なる強姦を受けた末、心ならずも妊娠したり、性病に罹ったりしたにもかかわらず、何ら医療的治療が施されずにいた。そして強姦により妊娠・性病罹患した女性の中には、これを苦にして自殺する者が少なからず出た・・・
在外同胞援護会救療部では、引揚船に医師を派遣し、引揚者の治療に当たったが、殊のほか女性の性的被害が多いことに愕然し、早急に専門の治療施設を作る必要があると上部に掛け合った。こういう経緯で、1946年(昭和21年)3月25日に「二日市保養所」が開設されることになった。医師は在外同胞援護会救療部員(旧京城帝国大学医学部医局員によって構成)が担当した・・・
麻酔薬が不足していたため、麻酔無しの堕胎手術が行われ、死者も少なからず出た。当時の医師の証言によると、閉鎖まで約500人に堕胎手術を施したという。梅毒や淋病などの性病患者も約500人いたという。

   


上の写真はJR二日市駅、保養所跡の石碑とその裏の文面で、石碑の横に祠(ほこら)があるのですが、本来その中にあるはずのお地蔵様(母子像らしい)が、なぜか私が行った時はありませんでした。お地蔵様は、いったいどこへ行っちゃったのでしょう?
今はあるのならいいのですが、また、何者かに盗まれたりしたのではと、ちょっと心配してるのですが……

尚、石碑裏に刻まれている文の内容は以下の通り。

【建立趣旨   福岡市 児島教三】
昭和二十一・二年の頃、博多港には毎日のように満州からの引揚船が入っていた。
その中に不幸にしてソ連兵に犯されて妊娠している婦女子の多いことを知った旧京城帝国大学医学部関係の医師達は、これら女性を此処 −旧陸軍病院二日市保養所− に連れてきて善処した。
この事実を千田夏光氏のルポ『二日市・堕胎医病院』(晩聲社刊)で知った私は、堕胎が当時法律で禁止されていることを知りつつ職を賭して行った彼等の人道行為は後世に伝えらるべきであると思いこの碑を建てた。
そして今は夫々の家郷で平穏な日々を送っておられるであろう彼女たちが三十数年を経た今日、この地を訪れて往時の先生や看護婦さんに感謝の意を伝えたい時、この碑がそのよすがとなれば、と念じている。

昭和五十六年三月
福岡市博多区堅粕四丁目 平藤権 刻字


人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
(2012.8.16)
『ユニヴァーサル・ソルジャー』  ドノヴァン  (1965)
Universal Soldier - Donovan
   詳しくは右画像クリック

いつもご来訪ありがとうございます。
政治がらみは疲れるので、本当はマッタリしたサイトでもやりたいです (^^;
終戦日ということで、戦争絡みの曲を紹介。
一般に反戦ソングとして有名で、地味にサラッと唄っていながらも、ドノヴァンの最初の大ヒットで英国では1位にもなった曲(1966年)。このビデオは和訳付。

「左翼の反戦歌じゃねえかよ」と思われる方もおられるでしょうが、下品な左翼的な絶叫型の反戦ソングではなく、ひとこと擁護しておくと、「日本人は日本のため戦ったのだ」とシッカリ歌ってくれてるところ。
この曲を初めて知った時、当時の私は「日本なんか」って気持ちがあったし、外国のメジャーが「(その)日本が戦った」と歌詞で唄ってくれてるということで、非常に驚きました。
戦争に否定的な歌ではありますが、世界の一角として日本が出てくるところは日本人の誇りをくすぐってくれるし、私も好きだった曲です。
この歌詞に出てくるくらいだから、世界における日本の存在感というのは、当時から大変なものだったのだと思います。もちろん、この曲にはシナや朝鮮なんて出てきません。

ドノヴァンについては、前に映画『ブラザー・サン・シスター・ムーン』の主題歌も紹介してますが、左翼、共産主義者的な唯物論者なら、決してああいう歌詞は書きません。

この『ユニヴァーサル・ソルジャー』ビデオの和訳では、ヒトラーやシーザーが一方的にワルモノに仕立てあげられてますが、ちょっとイキすぎかと。
ドノヴァンの心中にはもっと深いものがあったはず。
全体的にこのビデオの和訳では、「戦争反対!」で左翼がバイアスつけてる感じしますが、実際はちょっと違う歌詞でしょう。

最後に戦争を終止させることは出来ないのだと結論づけてるよう感じます。
当時のアーチストたち、平和を愛しても、世界の元が混沌であることがわかってるし、今の左翼のように偏狭な貧脳ではないんですね。
たとえ“反戦ソング”にとらえたとしても、少なくとも「世界は一つ」だなんて騒ぐ、今のお花畑 左翼的なものとは全く異なるタイプの歌でしょう。

「平和のため戦う」と言って戦う人々のことをうまく表現してるし、だからといって「戦争なんて反対!」とヒステリックにわめいてるわけでもなく、ドノヴァンはいろんなポジションの人がいることをよくわかっており、人間の内面性の問題を突き詰めてるような歌なんだと私は思ってます。

誰もが外に敵を求めがちなんですが、本当の敵はそれぞれの人の内にいるものなんだって・・・この歌はそういうことを訴えているのだと思います。

ユダヤが、グローバル金融勢力が、ロスチャイルドが、イルミナティが、アメリカが、フリーメーソンが、朝鮮人が、シナが、アングロサクソンが、共産主義者が、資本主義が、宗教が・・・いろんな陰謀が渦巻いてるわけだけど、世界は混沌、アメーバみたいなものであって、神様でない限り完全な支配者としてすべての陰謀の黒幕たりえたりとか、そういうことはありえないわけで。

対立を煽って戦争を引き起こさせるブラックゴーストや日本人をツケ狙う死ね死ね団のような組織も実在するわけですが、それに加えて1960年代の『サイボーグ009』の最終回に出てくるような国の支配者に憑りついて、世界を不幸に導いてしまうようなもの、そういう存在、わかる人には捉えることが出来るんだって思ってます。

参考までに原詞はこう。反戦色が強すぎるビデオの和訳と違って、実際はちょっと違うように感じるのですが・・・

Donovan - Universal Soldier

He's five foot-two, and he's six feet-four,
He fights with missiles and with spears.
He's all of thirty-one, and he's only seventeen,
He's been a soldier for a thousand years.

He'a a Catholic, a Hindu, an Atheist, a Jain,
A Buddhist and a Baptist and a Jew.
And he knows he shouldn't kill,
And he knows he always will,
Kill you for me my friend and me for you.

And he's fighting for Canada,
He's fighting for France,
He's fighting for the USA,
And he's fighting for the Russians,
And he's fighting for Japan,
And he thinks we'll put an end to war this way.

And he's fighting for Democracy,
He's fighting for the Reds,
He says it's for the peace of all.
He's the one who must decide,
Who's to live and who's to die,
And he never sees the writing on the wall.

But without him,
How would Hitler have condemned him at Labau?
Without him Caesar would have stood alone,
He's the one who gives his body
As a weapon of the war,
And without him all this killing can't go on.

He's the Universal Soldier and he really is to blame,
His orders come from far away no more,
They come from here and there and you and me,
And brothers can't you see,
This is not the way we put an end to war.

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
◆もしも日本がアメリカより先に原爆を開発していたら、どうしていたか

◆日本人なら『ねずみの嫁入り』の世界観を!〜 陰謀の黒幕を考えるのでなく全体として捉えられる感覚を持ちましょう

◆紛れもなく陰謀は実在しますが、表に出てる陰謀論者は結論を誘導し、真実を誤魔化します

◆朝鮮・同和・原爆・弱者 ← 左翼の食い物 〜 利権あさりと誹謗中傷に明け暮れる左翼

◆譲歩に譲歩を重ねた末路 〜 マキアヴェッリの言葉から

◆性善説的な視点に立った教育勅語、「修身」道徳教育の補完としては、「毒をもって毒を制す」のマキアベリズムこそ最適

◆ブラックゴーストと死ね死ね団 〜 中華民主党 VS 大韓民主党 〜 海外で人質とられる日本人科学者・研究者たち

◆子供も大人も注意! 講談社は最大の左翼出版社 〜 女の堕落と男のフヌケ化はワンセット 〜 『 のだめカンタービレ 』に見る、現代の病理とヒトラーの予言

◆ただし、博愛的な行動は破滅をもたらします 〜 まずは足元を守ってください

◆日本政府は死ね死ね団に乗っ取られた! 〜 今の日本を予見した月光仮面 川内康範

◆“道徳教育”と称して進められる、これからの日本人家畜化教育について 〜 もはや大多数の家畜化は逃れらない

◆フランス革命に見る人権派による残虐な子供の管理 ≪ルイ十七世の惨劇≫ 〜 キチガイ左翼組織 児童相談所に拉致された子供たちを一刻も早く取り返せ!
トップ | 日々雑感 | permalink | comments(3) | trackbacks(1) | - | - |

この記事に対するコメント

こういう歌を聴くと、人の一生とはなんだろうと?思う気持ちになります。
このような歌詞、歌を作る人は、現在二本に居るでしょうか?
綺麗ごとを書き連ねる歌より、こういう淡々とした歌って良いですね。

戦争を知っている人、戦争の影響をもろに受けて育った人、私たちの多くのようにどこか遠くに感じて生きている世代、聞えてくる意味も違ってきそうですね。

初めて見せていただき、曲を聴きましたが、歌詞に日本と出てきて、私も同じように嬉しかったです。

今の私たちは骨抜きですね。
緑 | 2012/08/17 11:03 AM
戦争は今後も繰り返し続きます。
戦争放棄している国は、侵略されて国民が大虐殺されていても防衛戦争をしないのでしょうか?
coffee | 2012/08/18 10:59 PM
マスコミはやたらと従軍慰安婦の騒ぎばかり取り上げるくせに、外国人から性的被害に遭った日本人の苦しみ・悲しみについて取り上げないんでしょう?
こういう話こそ日本人が知っておくべきなのに、学校でも教えないし、マスコミでも取り上げないのはおかしいですね。
しまりす | 2013/08/26 4:08 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/386
この記事に対するトラックバック
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 李明博「日王が韓国を訪問したいのならば独立運動で亡くなった人々を訪ね、跪いて謝罪するなら来なさい」 http://www.nikkei.com/article/DGXNAS...
←もひとつクリック!