日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< 奴隷だって飼い主次第、奴隷自身の心の持ちようで幸せにも不幸にもなる
〜 対して欲に際限ない現代人は不幸にしかなれない
| main | 「原爆は天罰!」 公明党=創価学会教祖 池田大作の歴史観
〜 朝鮮人の発想だろ >>

本家ディズニーも顔負け! 日本人なら初期の東映アニメは見ておきたい

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2016.9.19)
日本のオールドアニメファンは前から欲しがってたという、知る人ぞ知る伝説的なアニメ、戦前の『くもとちゅうりっぷ』『桃太郎 海の神兵』が待望のDVD・ブルーレイ化されてますよ(詳しくは右画像クリック)。取捨選択しながら作品を見る人にとっては、いい時代になりました。TVマスコミ垂れ流ししか見ない人はどんどんバカになっていきますが。
人気ブログランキングへ  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m
----------------------------------------------------------------------------
(2012.3.8)
昨日は初期のディズニーの良質な作品について触れましたが、今日はそのディズニーに勝るとも劣らない日本のアニメ作品群のご紹介。

日本のアニメは一般に『鉄腕アトム』(1963)で始まったと思われてる方、多いかもしれませんが、本当の日本のアニメ黎明期はそのずっと前に遡ります。
トーキーアニメも既に戦前からあったし、戦中も桃太郎などを題材に戦意高揚アニメなどが作られていました。
そしてディズニーにも対抗しうる本格的なアニメ制作が開始された時期というのは、やはり50年代の東映アニメからと言ってよいでしょう。初期の東映アニメには非常に良質な作品があります。
『白蛇伝』(1958)に始まり、『少年猿飛佐助』(1959)、『西遊記』(1960)、『安寿と厨子王丸』(1961)、『アラビアンナイト・シンドバッドの冒険』(1962)、『わんぱく王子の大蛇退治』(1963)といった風に、ほぼ年1作ペースで長編カラー作品が発表され、この1963年にテレビで『鉄腕アトム』が始まったことで、アニメ映画の制作スタンスも大きく変わったようです。
なので、ここで私のいう東映初期アニメとはそこまでのもの。

シナの話を題材にした『白蛇伝』『西遊記』より、まず見るべきは『安寿と厨子王丸』『少年猿飛佐助』でしょう。特に『安寿と厨子王丸』には森鴎外の『山椒大夫』で知られる伝承を元に、本来の日本人の感性、魂、美意識のすべてが結集され、 日本文化とその高い精神性が子供向けにわかりやすく描かれています(詳しくは右画像クリック)。
また『少年猿飛佐助』はベネチア国際映画祭児童映画部門で銀獅子賞(最高位)を受賞するなど、その優れた作品性は世界でも認められています。

尚、『わんぱく王子の大蛇退治』は日本神話のスサノオをわんぱくな子供に見立てた扱いですが、偉大な神様の一人であるスサノオをそんな風に扱ってるところ、子供向けにいいとか思われる方もおられるかもしれませんが、私はそういう軽く扱おうとするところに何となく左翼臭を感じるので私は見ておらず、何ともオススメする気にはなれません。私の感性としては、やはり日本神話には、ある程度の格調高さを求めたいところ。

また、これら初期の東映アニメにはクマやネズミ、ウサギやサル、イヌやシカといった動物キャラが人間を助ける役として頻繁に登場します。しかし猫は出てきません。この頃はまだ、猫は怨念が宿った動物ということで、きっと日本では今と違って一般に忌まわしい動物とされていたはず(少なくとも1960年代頃までは。私の子供の頃も猫のイメージなんてそんなものでしたから)。
猫がカワイーと持て囃されるようなったのは、反日左翼作家として名高い井上ひさしがヨーロッパの寓話を元にシナリオを書下ろした、同じ東映の映画『長靴をはいた猫』(1969)辺りからでないかと思います。あれはとっても楽しい映画ですよね。でも恐らくあの頃からか、あの映画をきっかけにか、一般に日本ではダークな側面のあった猫のイメージが可愛いらしいものに書き換えられ、日本人の感性が狂わされてきたように思います。

上記の初期東映作品、どれもとっても素晴らしい作品。中でも『アラビアンナイト・シンドバッドの冒険』なんて、ディズニーが作ったのではないかと見まがうほど(詳しくは右画像クリック)。
『鉄腕アトム』登場のずっと前から、如何に日本人の感性、制作スタッフが当時から優れいて、アメリカからすればそれが脅威的にさえ感じられたであろうこと、間違いありません。ディズニーの『アラジン』を見るくらいなら、東映の『アラビアンナイト・シンドバッドの冒険』を見ましょう ^▽^)

映画 『安寿と厨子王丸』  (1961)  予告篇
左翼的な革命ではない、上からの堅実な行政改革、日本的な世界観を象徴する作品だと思います。やまと絵的な美しい作画に加えて、清らかで献身的な安寿。本物の大和撫子とはこういうのを言うんですよ。

映画 『少年 猿飛佐助』(1959)予告篇 詳しくは右画像クリック
少年 佐助のカッコよさは元より、ヒロイン おゆうのけなげさ、身のこなしや言葉遣いのとにかく美しいこと! 当時と今のヒロイン像、何と変わり果てたことか。プリキュアはじめとする今のアニメキャラに出てくる高慢下品な女たちと比べて、どっちが本当に魅力的な女か、よく考えてくださいね。

人気ブログランキングへ  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
◆最近の女の子とプリキュア 〜 男の子が女の子にケリ入れられて入院

◆溝口映画『山椒大夫』=「安寿と厨子王」に見る日本人の価値観 〜 左翼は日本の価値観に反する

◆子供をフヌケ化 宮崎アニメの左翼性 〜 強烈な反日・共産主義イデオロギー

◆犬が亭主の人気漫画と日本の伝統文化“化け猫”の話 〜 同性愛、フェミニズム、オタク、ペットはワンセットの日本破壊工作

◆「男より女のほうが強いの!!」5歳にして終わってる女の子 〜 プリキュアになって戦う勘違い少女たち

◆日本に漫画・アニメ文化が興ったのは、痛い敗戦があってこそ 〜 石森章太郎の世界

◆プリキュア洗脳されたパッパラパー母娘たち 〜 こんなのが今の女性の目標!?

◆70年代後半から男を呼び捨て子供番組による男女平等精神侵略 〜 日本人なら、女が男を呼び捨てにしてはいけません

◆「日本がなくなっても地球だけあればいいじゃない!」 〜 アンパンマンが襲い掛かる! 子供たちへの恐るべき地球人洗脳

◆もはや日本文化の区別、正常な判断すら出来なくなった、おバカな日本人!〜 中国の英雄 孫悟空を冠した『ドラゴンボール』の奇妙さにすら気づけない

◆『ぐりとぐら』 『こどものとも』の児童書 福音館は反日出版社 〜 天皇を貶め、自虐史観に満ちた子供向け絵本

◆子供の5歳卒業前にピアノを弾いてもらいました 〜 ディズニー アメリカ音楽編
トップ | 保守系 子供向け作品 | permalink | comments(11) | trackbacks(1) | - | - |

この記事に対するコメント

 今日は。
 いや&#12316;、仰る通りです。東映初期の"動画"は最高の芸術です!当時東映のニューフェイスだった佐久間良子を撮影モデルに使って居ましたし、ディズニーを真似てフルアニメーションで作られて居たので、今思えばメッチャ贅沢ですね!テレビでは週1ではフルアニメーションなんて絶対に作れないので映画ならではの芸術作品です。
 子供の頃、学校が長期休みに入ると、朝、『東映動画』の再放送が有りました。アニメ好きだったので『白蛇伝』『少年猿飛佐助』『安寿と厨子王丸』等見て居ました。当時の子供は動画の最高峰をごく普通に見て育ったのですね。
 『少年猿飛佐助』『安寿と厨子王丸』は日本人は必見です。所作の美しい事。猿飛佐助は文句無く格好良い!忍者にメッチャ憧れましたもん。「将来、自分の子にはサスケ(サスケ違いで申し訳有りませんが・・・)の様に強く成って欲しい」と思って居た事を思い出しました。
 今は地上波で時代劇や忍者物なんてやらないですね。寂しい限りです。
ももっち | 2012/03/08 4:20 PM
私も子ども時代の思い出が強く8年ほど前「安寿と厨子王丸」「少年 猿飛佐助」のDVDを購入しました。安寿の日本的なやさしい顔、猿飛佐助の主題歌などが強く印象に残っていたからです。これらの映画は当時学校の映画鑑賞会で見ました。今見ると吹き替えの方々もすごい面々ですよね。私も当時の東映アニメは日本の面影、日本の神髄を表現している素晴らしい作品だと思います。私は今の宮崎アニメは生理的に受け付けません。あれを見ているとなぜか気分が悪くなります。私のこのDVDを多くの人に見せてやりたいと思います。
sumirehodo | 2012/03/08 5:18 PM
ももっちさんやsumirehodoさんの仰る通りです。
子供の頃は朝の再放送枠でよく放送されていて必ず見ました。

6作品とも全部覚えていて、実はネットで調べて「東映アニメ」でお気に入りに入れています。
主題歌は今も頭の中にあり歌えますよ。
特に「シンドバッドの冒険」は、歌の歌詞とシンドバッドの口の動きがピッタシ合うのです。
だけどこの歌ネットではどう調べても出てこず動画だけ納めています。

口パクまで見事に一致するなんて、子供心に何と凄い技術なのだろうと驚嘆していました。
今見ても決して古臭くは見えない筈、ぜひ放送してほしいと思っています。
むらさき | 2012/03/08 8:39 PM
日本のアニメが『鉄腕アトム』(1963)から始まったと思ってはいませんでしたが、それ以前のアニメの素晴らしさを改めて感じ入りました。
coffee | 2012/03/09 7:51 AM
『桃太郎海の神兵』『くもとちゅうりっぷ』等の戦前、戦中作品も推したいところ。
既に著作権が切れているので動画サイトでも容易に観られる筈です
通りすがり | 2012/03/10 9:02 AM
2年間の歳月を掛けたと言われるだけあって、素晴らしい作品ですね。
お友達など、子供さんへプレゼントしたり見せたいものが、また増えました。
ご紹介ありがとうございます。
こんな素晴らしい作品、夏休みや子供向けに、テレビでも流してもいいように思います。
色彩も動きもとても美しいです。
日本画のようで、色も日本的なものを感じます。
今のアニメの色彩と違いすぎますね。
緑 | 2012/03/10 2:21 PM
いつも読ませていただいております。

「安寿と厨子王丸」をDVDで借りてきて見ました。

必死にならざるを得ない境遇にあった厨子王を羨ましく思いました。

良い作品の紹介をありがとうございました。
okakkusu | 2012/04/25 6:05 AM
昔のアニメなのに絵がそんなに古臭くないことに驚きます。本当に素晴らしいものは何時の時代でも色褪せないのでしょうね。今やっているアニメや特撮、左翼云々は抜いて考えたとしても2,30年後覚えている人一体どれだけいるのでしょうか?アニメならアトム、ヤマト、ガンダム特撮ならゴジラ、仮面ライダー、ウルトラQ、ウルトラマンどれも各時代新しい表現や斬新な手法で高い評価を得た作品です。最近の作品に後世へ影響をあたえるような新しい何かを作り上げたものがあるでしょうか?CGを使った演出は単なる技術の進歩がもたらしたものであり新しい表現の仕方ではありませんしその作品、監督だから成し得たものではありません。例えば初代ゴジラは当時始めて着ぐるみを用いた演出を使った作品として日本はおろかハリウッドにまで影響を与えました。こういった作品が今の日本にはありません。いや日本どころか海外にすらありませんね、アバターとかいう作品のお陰で3D映画が流行っているようですが最近3D映画が小さな子供や老人の脳に悪影響があると分かって来ました。本来なら業界が対策を考えなくてはならない事態のはずですが現実は対策どころか推進しています。おかげで3Dの悪影響を知らない若い親や老人がこぞって劇場に足を運んでいるのが現状です。ハリウッドにも変な勢力が圧力をかけているのでしょうか?3D映画にも黒い影を感じざる得ません。真当で良心的な映画監督には3Dを使用しない映画を作ってもらいたいですね。さて話は変わりますが東京スカイツリーがオープンしましたね。しかし初日からエレベーターが緊急停止したそうです。高さ634M気候や風の面を考慮しないはずがありません。それにもかかわらず緊急停止しました。あの日の東京がそれほど荒れていたとも思えません、多少風が吹いていることなんてよくあることですしましてや空に近い高さなら風が吹いていないほうがおかしいです。例の緊急停止本当に風が原因なんでしょうか?日本に世界一高いタワーができたともなれば普通なら大喜びしたいところですがなぜかスカイツリーを見ても喜べません。あのタワーが時々不気味に見えることもあります。このタイミングでのタワー完成と今、サファイアさんはいかがお考えでしょうか?記事でタワーについての見解が聞きたいです。
ムック | 2012/05/24 4:55 PM
遅ればせながら明けましておめでとうございます。
懐かしいアニメですね。
私の子供の頃は、これらの良質なアニメが、休日や祝日によく放映されていました。
今の子供達にも見せてやりたいですね。
しぃ | 2013/01/05 1:24 PM
ふいにふと、昔見た猿飛サスケが見たくなり、スマホで調べてアニメをみました。懐かしく[これ、これ]と嬉しくなりました。好きな人は皆DVDを借りて見たようなので、私も見ようと思います。まだ小学生だった私はテレビを楽しみにしていた記憶があります。
久美子 | 2014/10/24 8:24 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2016/04/18 8:39 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/352
この記事に対するトラックバック
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ フジテレビの老人焼き! http://news.livedoor.com/article/detail/6345530/ フジテレビの姿勢に非難殺到…番組で″火渡り″させ、老人が歩行不能...
←もひとつクリック!