日本の面影

Glimpses of Japan   旧:うぃすぱー・ぼいす
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< 保育園拡充・幼稚園との一元化に発せられる、反日教育集団 日教組の思惑
〜 保育園・幼稚園にまで、反日左翼教育の魔の手が及ぶ!
| main | 武士の子女教育カリキュラム 〜 貝原益軒『和俗童子訓』より >>

DVやセクハラは存在しないが、虐待は存在する
〜 女権洗脳の次に来る、子供の権利洗脳

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2011.8.10)
表題通り。DV、セクハラは存在しないが、虐待は実在するということ。
ただしDVは存在しないが、暴力というのは確かに存在する。

どういうことかというと、“DV”、“セクハラ”という言葉がなければ、そんなもの存在しない。つまりこれらは主観的な要素から作られたものにすぎず、要するにこれらも左翼の精神侵略、人権教育洗脳の産物にすぎないということ。
そもそも“DV”だの“セクハラ”だのという言葉が左翼マスコミによってプロパガンダされる前、1980年代までの日本ではそんな言葉は存在しなかった。だからこれらの言葉は非常に新しい。

“DV”、“セクハラ”、これらの言葉が日本で大々的に使用されはじめたのは1990年代以降。
こんな言葉があるから、何かイヤなことがあると、女はすぐ、そういう言葉に当てはめようと男の粗探しするよう仕向けられてるわけ。要するにそっちの方にベクトルが向くよう、今の女たちが洗脳されてしまってるってこと。自分にも非がある可能性を考えることを断ち切ってしまうわけ。

“DV”だの“セクハラ”だのという言葉が使われるようになったことで、主に女の側の被害者意識を煽り、これは「DVではないか」、「セクハラではないか」等、何かイヤなことがあるとすぐ、自分のことは棚に上げて、とにかく相手を悪者にして叩き潰したいがため粗探しをして、“DV”や“セクハラ”という言葉を武器にカネもらったり、別れる口実にしたり・・・そんな風に向けられるようなシステムが出来上がってます。

“DV”や“セクハラ”なんて作られたものにすぎないが、虐待は紛れもなく実在する。この違いをわかりやすく言えば、とるにたらないDVやセクハラなんかで人が死ぬことはありません。もちろん暴力は存在するし、夫婦間、親子間での殺人など実在します。ナイフで人を刺せば相手は死にますが、それはもはやDVとかいう類のものではなく、もっと大きなもの、法律的に言えば刑法の域。
しかし子供が対象の虐待や遺棄では、大したことしなくとも簡単に子供が死にます。子供は抵抗できません。

親がパチンコやってる間、子供が箱に詰められて窒息したり、車に置き去りで死んでしまったりとか、いろんな事件が後を絶たない。
しかし、妻を箱に詰めてパチンコへ行ってる間に死なせてしまったなんて話はまずないし、DVなんてのはあくまで人権意識を植え付けるために作り出された造語にすぎません。

“虐待”については、ずっと昔から実在するわけだから、左翼も“DV”や“セクハラ”のような造語を敢えて作る必要もなかったので、“虐待”という言葉は奴らもそのまま使っている。奴らのこれからの作業としては、単にこれまでの“虐待”の概念の領域を広げればいいだけ。

子供が死ぬような虐待に比べれば全然大したことないのに、今の女は何かあるとすぐ、相手(男)のDV等を立証しようと必死になりますよね。
そもそも1980年代までのように、DVやセクハラなんて言葉自体が存在しなかったなら、そんな発想する女もいないわけで、食事に誘われたり、「これをやっとけよ」とか夫婦間で言っていたにしても、そんなの当たり前のこととして誰もが理解するわけであって、いちいち“セクハラ”だの“DV”だのに結びつける人はいないわけ。

もちろん当時だって、異性を食事に誘う上司や同僚なんて当たり前にいたし、今では、「やれ!」と大声で言うようなことあれば“パワハラ”なんて言葉まで使われて、人権侵害だと騒がれかねません。
ちょっと女にきつく言っただけで、今では女の側が「DVだ」って騒ぐことができますよね。

仕事ならおカネがもらえるけど、家事だとおカネはもらえない。それゆえ家庭で何か「やっとけよ」と男に言われると、「お金もらってるわけでもないのに、何でそんなこと強制されなきゃいけないのよ」となってしまう女たちが今は多いとするなら、そんなこと言われりゃ、本当なら男の方は逆に女を引っぱたきたくなるでしょう。言ったことやってなきゃ、「何でやってないんだ」と怒鳴りたくもなるでしょう。毎日、妻の帰りが遅けりゃ、さすがに疑って「何やってんだ」とぶん殴りたくなることもあるでしょう。

しかし、そんな理由は無視されて、何かあればすぐ「DVだ(=人権侵害だ)」と今では騒ぎ立てられてしまう。
さらに、手すら挙げてないのに「精神的な虐待を受けた」、「人格攻撃された」等、“DV”として通報できるありさま。当然、人権洗脳された女たちなら「バカヤロー」とヒトコト言われただけで、「人格を否定された!」って騒ぐわけですよね?

こんなのでは良好で円満な夫婦関係・人間関係なんて築けるはずありません。
“DV”や“セクハラ”なんてものはあくまで、人権教育洗脳によって人為的に作られたものにすぎないんです。その種の左翼の人権洗脳がなされなければ、その程度のことで“DV”だの“セクハラ”だのという言葉で騒ぎ立てられるなんてありえないわけ。

親が子供から縁切り、慰謝料、財産分与を請求される時代が目前
子供の権利の行く末


これは子供に対する問題にもそのまま当てはまり、今の傾向が進んでいけば、親からちょっと言われただけで、今の女が男に対して考えるようなのと同じ発想で、親の粗探しばかりする子供だらけになることを意味します。

何かと「権利侵害だ!」、「離婚だ」と騒ぐ今の女たちと同じように、すぐに「虐待だ」、子供たちがこんな風に発想するよう洗脳されてしまったら・・・
今の女たちと同じように、何かあるとすぐ通報、ちょっとイヤなことあっただけで、ちょっときつく言われただけで、「親元から離してほしい」・・・こんな発想するように子供たちがなってしまったら。

子供たちから、「虐待だ!」、「人権侵害だ!」、「カネももらえないのに、なんでそんなことやんなきゃいけないの!?」・・・
これではもう、親は子供に対して、躾けたり、教育したり、な〜んにも出来なくなってしまいますよね?

子供への人権教育が進んでいけば、「勉強しなさい」とか「ピアノを弾きなさい」とか、何かしなさいとか大声出しただけで、子供が「カネももらってないのに」、「子供の権利侵害だ!」、「強制されて精神的な虐待を受けた!」とかなってくわけ。
うちだって、子供に大きな声で言うことしょっちゅうですが、子供の人権教育で子供が洗脳されてしまえば、こんなのすぐに摘発されてしまうでしょう。

そして夫婦が別れる場合、今は女の側が慰謝料寄こせ、子供も寄こせ、財産分与もしろって必ず言いますよね。
これが親子間でも今後は起きていきます。
「ボク(私)は大人になるまでの20年間、親に無理やり勉強させられたり、やりたくもない嫌なことを強制され続け、言うこときかないとしょっちゅう叩かれていた。だからその分の慰謝料よこせ。そして金輪際、縁を切るに当たって、親が持つ財産の半分をよこせ」ってね。子供が普通に親に対して要求、それがまかり通る時代が必ず来ます。

そんなの、ひどい時代ですよね。でも、親にそんな要求する子供と全く同じことを、既に今の多くの女たちは男に対して平気でやってますよね?
この恐さ、罪深さ、これでわかりました? みんなやってるから、いいってもんじゃないんですよ。こんなの本当は鬼畜、外道、たとえ裁判所が許しても神様からすれば、もう地獄逝きが決まってるわけ。
でも、少なくとも私たちの若い頃は、別れるからといってそんな発想する女は少数派だったはずですが、1990年代以降の凄まじいフェミ・左翼イデオロギーの精神侵略で、今やメチャクチャにされてしまいました。

今は女が「DVだ!」と言えば何だって出来る
これからは子供が「虐待だ!」と言えば何だって出来る時代に


つまり子供への人権教育が進むってことは、子供が今の人権洗脳に陥ってる女たちと同じように、何やらせても「人権侵害だ」、「虐待だ」、「人格否定された」、「慰謝料払え!」、「財産分与だ!」と騒ぎ出すことにつながるわけ。子供がそんなことほざいてたら、本当なら引っぱたいて当たり前ですよね。

また、安直に誰かへ「DVだ」、「セクハラだ」だの言ってる人というのは、子供から「虐待だ」と言われるに等しいほどの精神的な攻撃を相手にしてるということ。早く、それに気づいてください。

“DV”、“セクハラ”・・・そんな言葉を安直に男に対して使ってる人は、子供から「虐待だ」、「人権侵害だ」、「精神的攻撃を受けた」、そう罵られる日が近いことでしょう。
何かと「DVだー」なんて騒いでる女が如何に醜悪であるか。恥知らず、その時の姿を鏡で見てみたらいい。

だから、警察でも取り締まれる本当に実在する過度な暴力や虐待以外、警察以外の変な機関によって取り締まられたりするのをやめさせなければならない。要するに“DV”だの“セクハラ”だのという、左翼が家族解体、人間関係破壊、私たちを丸裸の個にして力を弱めるためプロパガンダ推進で使ってきた言葉を撲滅しなきゃいけないわけ。(今や警察もろくでもない組織になりつつありますが)

DVの調査・管理というのも、実は内閣府の男女共同参画局が中心にやってます。だからこんな部署はもちろん、その管轄の配偶者暴力相談支援センターなんてのも要りません。

こんな部署廃止して、DV防止法のような人権統制法を廃案にしない限り、今後は子供に何かやらせようとするだけで、「人権侵害だ」と罵られ、引っぱたいたりしようものなら、それこそ即座に「虐待だ」と騒がれ、通報されて親が連行されるような時代、必ずやってきます。
既に「DVだ」のヒトコトで、女が何でも出来る時代、システムがもう出来上がっちゃってるんだから、「虐待だ」のヒトコトで子供が何でも出来ちゃう時代、もう間近に迫ってます。既に子供が申し立てれば、親の親権を停止する手筈まで整ってるんですよ。

だから左翼による人権意識洗脳で作られた“DV”だの“セクハラ”だの、そんなバカげた概念を叩き潰さなければならないわけ。
間違いなく、今後は子供が同じ類のこと言い出すようになります。既にそういう流れ、出来上がってるんです。

そんな時代が来るなんて、考えただけでおぞましいですよね。子供にそんな要求される、世にも恐ろしいことですよね。でも実は、もう目前、既に子供に対する人権教育はビシバシ進められてます。
「親に叩かれたら通報しましょう」、「やりたくないことさせられたら訴えて慰謝料もらいましょう」・・・今の女と同じような人権意識が子供たちへ植え付けられれば、こんなの普通になってきます。

少なくとも今はまだ、親の言うことを聞かなくて怒られた子供たちが、だからといって親と別れようとか、親に慰謝料請求して財産分与してもらおうとか、そんな発想する子供は異常だし極めて少数派でしょう。
でも100年前なら、男に対してそんな発想する女だって極めて異常に見なされていたわけ。でも今じゃ、そういう発想するのが当たり前ですよね。

そうやって家族は解体され、個々の個人にこれからの人間は追いやられていくんです。
そんなバカなと思うかもしれませんが、100年前、今のように女が離婚したら慰謝料もらって子供を奪っていき、財産分与までされるのが当たり前になるなんて、誰も予想してなかったはずで、当時そんなこと言おうものなら、「厚かましいんだよ、アホか」で終わりだったでしょう。でも今じゃ慰謝料、財産分与、子供強奪、そんなの女が請求するのは当たりきしゃりきですよね。
このままだと親子の関係も、必ずそうなっていきます。

とにかく左翼の人権教育洗脳に嵌められて、奴らが作った“DV”だの“セクハラ”だの“パワハラ”だの、そういう変な造語に惑わされるのはやめましょう。それだけで、奴ら左翼の術中に陥ってるってことなんです。

左翼に植え付けられた既成価値観、これまで取り囲まれていた環境、すべてを疑ってください。すべてを見直してください。

今は、たとえば「夫憎し」の女だと、別れてカネもらうための口実を作るため相手(男)の粗探したりする方へばかり力を入れることに、ベクトルが向かうよう仕組まれてます。そして、そういう態度は必ず相手(男)に対する態度にも必ず表れるので、相手の方もますますきつい態度になるだろうし、その関係は悪化の一途を辿っていくだけでしょう。
しかしこれも、もし別れたら、慰謝料や財産なんてもらえない、もちろん子供だってもらえるはずない・・・そういう世界であったなら、辛抱して安直に別れようなんてせず、現状の中で出来ることに力を入れ、自分なりに何かしらいい方向へ進もうとベクトルが向いていくわけです。そうなれば関係改善のチャンスは、きっと何倍にもなると思います。

子供たちに同じことされたくないなら、向いているベクトルの方向を変えてください。うまく別れるためにエネルギーを費やすのでなく、まずは家族が破綻しないで何とかするような方向にベクトルを変えましょう。

実在する、子供への重大な虐待よりも先に、奴ら左翼が、大したことなく人が死ぬわけでもない男女間について“DV”や“セクハラ”なんて言葉で大騒ぎしてきたのは、まずは夫婦や組織内の人間関係をズタズタにして、家族や組織の結束を弱めた上で、それから母子家庭など一人親に追い込んで虐待を増やし、最後に「子供の虐待だ」、「人権侵害だ」と騒ぎ立てて子供たちを奪って都合いいように洗脳、個人を丸裸にしてしていくのが一番やりやすいからだという、緻密な策略があるからでしょう。

この順番と逆に、“DV”や“セクハラ”より先に、子供への虐待を奴らが騒いでいたなら、子供を奴らに奪われる人が先に続出して、夫婦はかえってそれを警戒し、夫婦の絆や子供への思い、家族の結束が強まることになっていたかもしれません。

だから“DV”とか“セクハラ”なんてどうでもいい言葉は無視して、まずは命に関わるような深刻な“子供への虐待”だけ監視していれば、本来はそれで足りていたんです。

児童虐待問題より先に、本来、自己責任にすべき男女間の問題を大騒ぎして、男女関係・夫婦関係をメチャクチャにした、奴ら左翼 世界征服を企む勢力の狙いを読みとってください。

映画 『 誰も知らない 』 より (2004・詳しくは右画像クリック)
監督:是枝裕和  出演:柳楽優弥、YOU 他
昨年の大阪の母子による遺棄、2児虐待殺人事件は記憶に新しいが、この映画は父親の異なる4人の子供がいる母親が子供たちを長期放置して一人を死なせてしまった巣鴨子供置き去り事件(1988年)をモチーフにした話。子供の一番上は当時、既に14歳(推定)であったが、この母親は学校に子供たちを誰も行かせていなかった上、出生届けすら出されていなかった。母親は恋人のところにずっといて、子供たちには時々お金を送ってあげてるだけだった。
映画では演出上、長男をシッカリ者のとてもよい子に描いてますが、実際は兄弟の面倒見も決してよくないDQNだったようです。ただ、学校も行かず、表に出れない生活を強いられていたわけで、子供たちを責めることなんて到底できないでしょう。実話が元になってるだけにとても痛い映画。
主演の柳楽優弥は2004年度のカンヌ国際映画祭において史上最年少及び日本人として初めての最優秀主演男優賞を受賞。名作とは思いますが、フェミ左翼が嫌がる母子家庭における深刻な児童虐待がテーマなだけに、今のマスコミはこの作品を推すのを避けてるフシがありますね。


人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
(2012.4.21)
3人に1人がDV被害=妻の4割相談せず−内閣府調査   2012.4.20 時事通信
内閣府は20日、「男女間における暴力に関する調査」の結果を発表した。それによると、結婚を経験した女性の3人に1人が夫から言葉を含む暴力(DV被害)を受けたことがあると回答し、そのうち4割が周囲に相談しなかったことが分かった。調査結果を踏まえ、内閣府は被害者が公的機関などに相談しやすい環境の整備を図る
調査は2011年11月から12月にかけて、全国の成人男女5000人を対象に実施した。有効回収率は65.9%。
結婚したことがある女性のうち、夫から身体的暴行や精神的嫌がらせなどを受けた人は32.9%で、3年前の前回調査33.2%と比べ、ほぼ横ばい。夫によるDV被害を受けた女性の41.4%が周囲に相談していなかった。前回の53.0%からは改善したが、内閣府は「公的機関に相談した人が少ない」として、支援活動の広報強化や相談窓口増加などの対策を講じる

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆

内閣府ってのは、左翼・売国丸出しですね。どんなポジションなんだよ!
「被害者がこんなにいる!」、「相談した人が少なすぎる!」、要するにこいつらは自称“被害者”増やしてカネ(予算)が欲しいだけ。フェミの巣窟 内閣府男女共同参画局予算は既に10兆円とも言われ『男女平等バカ』宝島社。詳しくは右画像クリック)、さらなる広告費や相談窓口、支援施設増やしたいだけ。アホか!って感じ。
オモテの名目がそれでも、内閣府の予算ってのがつまり、工作資金に成り代わってるんですよ。もちろん多大なサクラ相談者やネット上の工作員費だってここから流れてます。

内閣府のDV広報活動ってのは、女の被害者意識を煽る洗脳工作活動って意味ですからね。
でも、そういうのに感化されたアホどもからDV申し立てがあれば、それだけ破壊される夫婦・家族が増えてしまうわけで・・・子供との生き別れなど、深刻な実害受ける人も増えることになる。
「DV」「DV」と騒いでる女なんてロクなもんじゃないからね。
前夫でDV受けた、今のもDV夫だー……こんなの女の側に何の責任もない方がおかしいでしょうが。
左翼の金儲け、日本人の家族破壊のための造語にすぎない“DV”。そんな言葉聞いたら、いい加減「ダサッ」って反応するぐらいになってくださいね。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
(2013.6.27)
家族に限らず、恋人にまで拡大適用されるというDV法改正……アホクサですね。権力に頼らず、てめえのケツぐらい自分で拭きなさい。こんなことで、国なんかに「助けてー!」なんてなる女なんて、自分のアホさ、パッパラパーぶりを露呈させてるも同然なんだよ。恥ずかしいと思わないのかね。
下らない痴話話につぎ込む、これら莫大な経費は全部、国のカネ、税金からですよ。こんなもの、一人受け入れて寝泊りさせるだけで、100万円位すぐかかっちゃいますよね。
こういう法律で一番メリットを受けるのは、やりたい放題のビッチ女。
自民党(自公)がやるのは下らないことばっかり。人々の分断、恥知らず無責任女(男)の育成、そして利権固め・利権(カネづる)拡張ばかり。
【参照:デートDV被害者等も保護のDV法改正(ストーカー規制法も改正) 2013.6.26 産経

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
◆DVや虐待を流行らし、家族解体を目論む左翼勢力のワナ 〜 責任転嫁で本質問題を誤魔化さす左翼の極意

◆DVの本当の実態 〜 配偶者間の殺人 加害者の男女比は大差なし

◆女は軽々しく男とつきあうな! 男はビッチ尻軽女に心を惑わされるな! 〜 ストーカー予防法と、ストーカー利権拡大図る左翼

◆フランス革命に見る人権派による残虐な子供の管理 ≪ルイ十七世の惨劇≫ 〜 キチガイ左翼組織 児童相談所に拉致された子供たちを一刻も早く取り返せ!

◆ゴルフクラブで30分近く殴りつけて、わが子を殺してしまう母親

◆家族分断・人民奴隷化めざす左翼 〜 北朝鮮化への入口に立つ日本!社民 福島みずほの思想に見る

◆強烈なカルト悪平等主義の洗脳 〜 子供に“さん”づけ、先生が生徒に敬語を使う

◆日本の男女平等度が先進国最低水準とインチキ格付けする、国連オブザーバー団体 “世界経済フォーラム” とは

◆特定業者・業界の利権を確保し、個人への厳罰を狙い撃ちした著作権保護期間延長〜ダウンロード刑罰化〜クールジャパン戦略〜そして児童ポルノ禁止法改定への流れについて

◆ヘナチョコ男とパッパラパー女はいらない 〜 命とは尊く儚いもの

◆離婚と自殺の増加トレンドは一致 〜 離婚・自殺と宗教の関係 〜 加えて自殺増の背景には、日本の特殊な人口構成が影響

◆日本は早急に離婚抑止政策をとれ!〜 韓国に見習うべきこと

◆保守・排外系団体に、人権左翼やフェミ左翼がいっぱい紛れ込んでますね 〜 引っぱたくことは覚醒作用を起こす
トップ | 失われる家族の絆 | permalink | comments(12) | trackbacks(3) | - | - |

この記事に対するコメント

以前学校の授業で躾として平手打ちをすることも立派な暴力と教わった記憶があるのですが、そういう目的だったんですね…。
やなぎ | 2011/08/10 9:01 PM
これ多くの人が勘違いしているんですがDVは「夫が妻に暴力をふるうこと」ではありません
「夫婦間暴力」なので夫が妻に虐められていてもDVなんです
ホーキング博士が妻に虐待されていたという事件が有名です
(ホーキング博士は頭しか動かせない車椅子生活なので妻が虐待してもなんにもできません)

現在のDV防止法と対策にはこの事が全く触れられていないんですよね
北海道では妻が夫を殴り殺害したことをうけて対策本部を設けましたが
ごくわずかしか発覚してません
本当に男女平等であれば夫が妻を訴える事も考えるべきなのに…

またDVというのは広島高等裁判所が1986年に出した
「例え夫婦間であっても性行為を強要すれば強姦罪に該当しうる」
という判例からDVが広まりました
ただし事案は夫が友人と共謀して妻を輪姦
輪姦する前に夫婦関係が破綻していたということであり
これが夫婦間であったかというのは未だに疑問視されています

>妻を箱に詰めてパチンコへ行ってる間に死なせてしまったなんて話はまずないし

日本でも年間で約2200〜1800件の殺人事件があります
それだけ事件があると病気の妻放置してパチンコ行ったグズが出てきてしまうんですよ…
みみ | 2011/08/10 10:18 PM
自分が子供の時、カネに執着すると親から「守銭奴にはなるな」と叱られました。
今は守銭奴が街に溢れてます。
これを正すには「武士道」の精神の復活が必要だと考えてます。
tatsuya1963 | 2011/08/10 11:04 PM
DVは言語道断ですが、体罰教育は必要です。
境界線が難しいですが…
coffee | 2011/08/11 1:02 AM
数年前に、みのもんたのザ・ジャッジという法律相談でこういう事例がありました。結婚して数年。子供が事故にあって病院に運ばれた際、血液検査の結果で何と子供は夫の子でないと判明しました。実は妻が浮気して作った赤の他人の子でした。初めて妻の裏切りを知った夫は当然妻と離婚しました。しかし、離婚後に妻は何と夫に養育費を求めました。夫の子ではないのに。けれど法律は血の繋がりがなくても戸籍で子供を認知したら取り消せません。哀れな夫は養育費を払う義務があると判断されました。これは実話だそうです。こんな事が知らず知らずのうちにたくさん起きてたら日本はどうなるのかなと思いました。父性とは何だろうと考えさせられました。妻の浮気理由が夫が仕事で忙しいから寂しかったそうです。夫が大黒柱として稼いでるお陰で生活が成り立っているのにふざけていると思いました。そしていざ離婚になったらお金頂戴とせがむ図々しさ。守銭奴と言う言葉がぴったりです。自業自得なのだから世の中の苦労を知って反省するべきだと思いました。本当に女性に不倫を進めたり、男性からお金を絞りとる事を吹き込む今の風潮は何とかしないといけませんね。このままだと子供だって影響を受けてしまいます。人心の乱れは社会の乱れ。そして国が滅ぶ前兆。今の腐った風潮に流されず生きたいと思います。
ヤマト | 2011/08/11 1:45 AM
>間違いなく、今後は子供が同じ類のこと言い出すようになります。既にそういう流れ、出来上がってるんです。

子ども条例がそれですね。
広島は反対派が頑張ったのと秋葉市長が退任して阻止できた様ですが、川崎はこの状態です。
http://www.city.kawasaki.jp/25/25zinken/home/kodomo/index.htm
http://www.city.kawasaki.jp/25/25zinken/home/kodomo/jourei.htm
>子どもは,大人とともに社会を構成するパートナーである。
>子どもは,同時代を生きる地球市民として国内外の子どもと相互の理解と交流を深め,共生と平和
を願い,自然を守り,都市のより良い環境を創造することに欠かせない役割を持っている。

もー(><)気持ち悪さ満載です。やっぱり出ました地球市民。
川崎は在日と人権屋に食い荒らされていますね。
左翼のしつこさは私達の想像を超えるので油断できませんが、反日都市広島が阻止できて本当に良かったです。
http://kodomo-hiroshima.blogspot.com/
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-842.html
http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-287.html
マリメッコ | 2011/08/11 10:38 AM
最近目についた日本人の劣化を表すようなニュースです。

男児に偽名教え込む 後見伯父、書類送検
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20110810/CK2011081002000067.html
>熊本市の慈恵病院にある「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」に預けられた男児の口座から未成年後見人の伯父(49)が約六千万円を着服したとされる事件

日本初の「生活保護受給者」デモ
http://news.livedoor.com/article/detail/5776770/
>「わたしたちの声をきいてください!生活保護利用者デモ」(実行委員会主催)が8月10日、日比谷公園をスタート地点にして行われました。参加者は70人(主催者発表)。「私たちの声を聞け!」「密室で決めるな!」「生活の実態を見ろ!」「命を財源で決めるな!」などと声を上げながら、東京駅近くまで練り歩きました。生活保護受給者によるデモは初めて。

何ですこの70人って?主催者発表だから水増しにしても半分でも35人。
炎天下にデモする気力体力があれば働けませんかね?
東京では冷房代まで出るんですね。
http://milfled.seesaa.net/article/217530104.html
日の丸だ英霊だと全然別の次元で日本は終わりかもしれません。。。 嗚呼
マリメッコ | 2011/08/11 11:21 AM
以前、ヴェトナム在住の北海道出身の方のブログを見ていたら、親戚の子供が道徳の時間に「人権」とかを習っていると書いてありました。
道徳の教科書は子供は持ちかえらないので話を聞くようにしていますが、人権という言葉は聞いていないと今のところは話しています。( 障害者の話やアフリカの人の話をしているようですが…なんだかナ )

児童虐待はTVなどニュースにしなくてもいいのではと私は思っています。
語弊があるかもしれませんが、仮に見聞きしても一般的な人には関係あるのかなと思うのです。
こういった悲惨な事件の場合、両親もその親(祖父母)も子供を救っていない、誰からも見捨てられていますよね。
私が知っているパターンでは、ボーダーさんというか、そうゆう女性を狙う男もいますし性交すれば子供って出来てしまう。ボーダーラインの人って男にも賭け事にも弱いんです。
救い難い闇の部分というのはどうしても存在して、それを日に当てて何になるのかなと思う。ただ悲惨な事件に胸がかきむしられるだけですよね。
こういった事例は表に出さず坦々と行政が対応していればいいんです。
私は子供を家で育てている時あまりにも昼間のワイドショーで児童虐待の話題を出すので具合が悪くなりましたけど、意図的に出していたんだなって思います。他にも話題はある筈ですし。
サファイア様の書かれている様にDV→児童虐待の流れ、狙い通りなんだなって感じましたし、追々、子供が親を訴える事も有り得ると思います。
こういった事件から私達が省みるのであれば、自分達の地域性を高める事や家族軽視な人に気付いて貰う事。そう発想が行かずに掲示板にあるように、親や行政を感情的に責め立てるだけでは自分の良心がニュースによって傷ついたって文句を言っているだけではないかと。。だからヒステリックに責め立てようとも、所詮死んだ子供など他人事でしか無い偽善者の集まりですよね。そしてまんまと子供の人権とやらに乗せられてしまう。
本当にかわいそうな子供の力になりたかったら、身近な他人の子供にまずは、もっと関心を持てばいいんじゃないかと。でも子供がスーパーで泣き叫ぶだけで、それを今の人がどれだけ不快に思わず、極当り前の光景と思うのかなって疑問なんです。

狛子 | 2011/08/17 1:57 AM
イオン 岡田克也 在日 岡田克也 民主党 岡田克也 強姦韓国のDNA 岡田克也 エタヒニン在日韓国人の利益が最優先 岡田克也 ブログ 岡田克也 イオン 岡田克也 在日 岡田克也 民主党 岡田克也 強姦韓国のDNA 岡田克也 エタヒニン在日韓国人の利益が最優先 岡田克也 ブログ 岡田克也 イオン 岡田克也 在日 岡田克也 民主党 岡田克也 強姦韓国のDNA 岡田克也 エタヒニン在日韓国人の利益が最優先 岡田克也 ブログ 岡田克也 イオン 岡田克也 在日 岡田克也 民主党 岡田克也 強姦韓国のDNA 岡田克也 エタヒニン在日韓国人の利益が最優先 岡田克也 ブログ 岡田克也
強姦韓国のDNA 岡田克也 異常者 | 2012/04/23 12:15 AM
人権って国家権力に対してのものだろ?w
家庭内のことは人権関係ないでしょ
ルシファー | 2013/02/01 3:17 PM
TVニュースでも報道していましたが、外国人留学生のための就職ガイダンスが開かれたとか。

外国人留学生向け 東商が就職説明会 36社が参加
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130627-00000016-fsi-bus_all

自民党が外国人留学生の採用を積極的に推進しているので、参加企業が増えているそうです。
留学生30万人受け入れの方針は変更されないままで、留学費用も日本持ち、就職の斡旋もしてくれる。
日本人の職を奪う外国人のために、なぜそこまでするのかと思います。

女性管理職の比率を強制的に高めようとしたり、精神障害者を会社に押し付けようとしたり、自民党がやることは本当にくだらないことばかりですね。
viola | 2013/06/28 9:35 AM
 体罰が必要というのならば、むしろ、善なる暴力というのもあってもいいのではないかと思います。ムッソリーニがこんなことを述べています。

「暴力はむしろ道徳的なものである。 というのは、それによって我々が48年かけてもできなかったことを、わずか48時間でやってのけたのだから。」
通りすがり | 2015/03/17 11:55 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/310
この記事に対するトラックバック
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ エセ脳科学者(脳障害者)の茂木健一郎 http://blog.livedoor.jp/janews/archives/5511513.html 【芸能】茂木健一郎が“フジテレビ批判”を“人...
『芸能界デビューを志望する少女らに4年間にわたって性的暴行を加えていたとして、韓国警察は18日までに強姦(ごうかん)容疑でソウルの芸能事務所社長(51)を逮捕した。事務所に所属する男性アイドルグループのメンバーを加担させた疑いもある。この社長は、昨
韓国芸能界ウラのウラ | 日本は危機的な状態です! | 2012/04/22 11:35 AM
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 口だけ番長参上! http://news.nicovideo.jp/watch/nw243154 尖閣諸島「買うなら国が」=都所有は筋違い―前原氏 時事通信社:2012年4月20日(金...
←もひとつクリック!