日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< うちの音楽教育 | main | 長崎・佐世保 ハウステンボスの武道体験場 維新館にて >>

有名人には、昔はドラッグ、今はアル中や更生施設入り多いね

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m

ボン・ジョヴィと言えば『リヴィン・オン・ア・プレイヤー』【Livin' On A Prayer (1986) - 歌を聴く】の世界的大ヒットで知られ日本でも大人気、ガンズ・アンド・ローゼズと並んで80年代ロックを代表するバンド。私も大好きですが、ただ、ブリティッシュ系と違ってアメリカ系はよく聞く曲がかなり限られてます。
------------------------------------------------------------------------------
ボン・ジョヴィのギタリスト、リッチー・サンボラがアルコール依存症治療のためリハビリ施設へ  2011.4.30 シネマトゥデイ
人気バンド ボン・ジョヴィのギタリスト、リッチー・サンボラがアルコール依存症の治療のため、リハビリ施設に入所し、予定されていた北米とヨーロッパのツアーへの参加ができなくなったことがわかった。
ボン・ジョヴィは、1984年にデビュー以来、日本で圧倒的な人気を誇るロックバンドとして、約30年近く多くのファンに愛されてきた。昨年12月には東京ドーム公演を行い、劣らぬ人気ぶりを見せつけたばかり。そんな中で、ボーカルのジョン・ボン・ジョヴィとともに、カリスマ的な人気を誇るギタリスト、リッチーのリハビリ施設入所のニュースは世界中のボン・ジョヴィ ファンにショックを与えた。
現在51歳のリッチーは、1994年にへザー・ロックリアと結婚し一女とともに暮らしていたが、へザーの親友・女優のデニス・リチャーズが、夫のチャーリー・シーンのDV、浮気などの相談をしているうちに不倫関係に発展。へザーには離婚され、その後、デニスとも破局したリッチーは、アルコール依存症が悪化。2007年にもリハビリ施設に入所し、2008年にはまだ11歳だった長女を同乗させて飲酒運転していたことで逮捕された・・・

------------------------------------------------------------------------------

こういう事例はわかりやすい。子供もいるってのに、人の家庭より、自分の家庭を何より大切にしなきゃならないのにね。これでは娘の将来も確定してるようなもの。いい加減、カネやセックスばかりに振り回されるのやめましょうよ。
トップ・バンドの人気ギタリストの成れの果てがアル中って・・・リッチーの生真面目さと弱さが表れてます。
更生施設に入れられたから表に出てきたけど、これは氷山の一角で、施設に入らないで苦しんでるこの種の人たち、きっとゴロゴロいるでしょうね。

“リッチー”といえば、もう一人の著名ミュージシャンである、リッチー・ブラックモアを思い浮かべる人の方が多い気もします。ディープ・パープルレインボーを通して、彼の方が音楽バカと奇人変人ぶりは上だと思いますが、そちらのリッチーは3度目の結婚の後、70歳近くになる今もブラックモアズ・ナイトなる夫婦バンドを作って人生を楽しんでます。こんなの見てるとリッチー・サンボラの行く末も、これからどうなるか知れたものではありませんが・・・

尚、アル中の恐さを知るには、有名な「ムーン・リバー」の作曲者 ヘンリー・マンシーニの音楽でも有名な『酒とバラの日々』という映画がわかりやすくてオススメ。夫婦揃ってアル中になって没落する話です。一つ教えておきますが、一度、アル中になった人には、絶対にお酒を勧めてはいけません。一滴たりとも飲ましたら終わりなんです。

『リヴィン・オン・ア・プレイヤー』〜『ウォンテッド・デッド・オア・アライブ』メドレー  アコースティック・バージョン (1989)
ボン・ジョヴィ (ジョン・ボン・ジョヴィ&リッチー・サンボラ)
Bon Jovi - Living on a prayer / Wanted dead or alive (acoustic / live)

ウットリするような、若き二人の雄姿は必見!

------------------------------------------------------------------------------

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m


◆「母はハリウッドに殺された!」 〜 何でも周りのせいの左翼脳とは

◆ジョンとヨーコの愛と平和は、誤魔化しのインチキ! 〜 家族を捨てた逃げ口上

◆アバズレ主婦増産のため、左翼マスコミからの贈り物

◆腐った価値観を決定づけたもの 〜 節操ない男女観とセックスに毒された日本人

◆自然の摂理に反し続ける日本 〜 歪曲された男女観と価値観

◆今の格差社会は男女雇用均等法が廃止されないとなくならない 〜 雇用均等法前の日本はこんなだった

◆女子供の洗脳で男もバカになった! 〜 ジェンダーフリー 日本総フヌケ化

◆フシダラ女には“ズベ公”、“アバズレ”の蔑称を!〜 女こそ使いまくれ

◆音楽でも男女観を破壊し続ける左翼 〜 坂本冬実「また君に恋してる」演歌の皮を被ったアンチ演歌

◆とどのつまり日本で保守の復活には 〜 価値観のリストラクチャー “Sex As A Weapon”
トップ | 日々雑感 | permalink | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

ドラッグ、酒、女。
Rock・Jazz・Funk等の世界では日常的ですね。
天才的才能がプレッシャーとなりドラック等に逃げ込まざるざるおえなくなったミュージシャンは本当に多いです。
ジミヘン、クラプトン、ジャニス・ジョプリン、ジャコパス、ジョン・フルシアンテ等々。
彼らの音楽は、小生すごく好きです。
しかし彼らの人生は好きじゃないです。
tatsuya1963 | 2011/05/01 10:41 PM
ボンジョヴィは大好きです!

勝手な親に振りまわされる生活は、子どもには地獄でしょう。その子どもの将来にも悪影響がありそうで心配ですね。

リッチーには娘さんのためになんとか立ち直って欲しいです。
私の知っているフェミ女は、自分の家庭をメチャクチャにしておきながら、よその家庭トラブルを一生懸命助けていました。違うだろうって思いましたが。
他の記事の女性の告白も読みました。結局ダメ家庭の子どもはその親の犠牲になってしまう。
私も気をつけます。
夏 | 2011/05/02 12:56 AM
ハリウッド俳優も、薬物、アルコール中毒多いです。だから映画も興味ある作品は見ますが、彼ら自体にあまり肩入れする事はありません。
せん | 2011/05/02 10:53 AM
アル中は酒は飲んではいけませんね。断酒していてもまた飲めば同じです。
うちはダンナがアル中で自分で止める事が出来ず、以前は外で飲まれると最後、深夜に大喧嘩が年に4〜5回はありました。10年目にしてやっと断酒できました。ダンナの親子関係、子供時代から遡らないと駄目な程、こういった問題は難しいと思います。本人も心底やめる、酔って朦朧とした頭でもそう思える程じゃないと難しいと思います。
私はとにかく酔っている状態をコテンパンにやっつけるという方法をとり( 注;危険なので人には勧めません )深酒した時のいい気分をぶち壊す事を徹底しました。その思考回路を断絶してやるというやり方です。
女に手を挙げる男ではありませんが、私も容赦しないので寸止めや物を壊すなどありました。コタツを叩き壊す等々。
他、絶対に私は怯まない事、一発でも喰らってはいけな事。
要は人生を舐めるな!家庭を舐めんな!って事です。お前は一体、どんな人生を送りたいんだ?子供を自分と同じように泣かす気か!と喝を入れる訳です。すごく後で消耗しますが、私が選んだ男なので子供に対し責任があります。共依存になる気も無いので、苦労は積んでも駄目なら捨てる気合いが必要だと思います。
だから、口論位でDV?なんて片腹痛いのです。イザという時、ちゃんと向き合えない夫婦や家族は脆いと思います。
狛子 | 2011/05/04 4:20 AM
リッチーだけでなく妻も同じように施設入っていたのですね。子どもがかわいそうです。
夏 | 2011/05/04 9:46 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/264
この記事に対するトラックバック
←もひとつクリック!