日本の面影

Glimpses of Japan   旧:うぃすぱー・ぼいす
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< 北朝鮮の幼児ダンスにソックリな “ポケモン” ダンス | main | 天皇陛下万歳! 大日本帝国万歳!
〜 愛国者なら大ヒット作『明治天皇と日露大戦争』は必見! >>

日本神話が題材のスペクタクル巨編 映画 『 日本誕生 』について

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2011.1.8)
『日本誕生』(1959・詳しくは右画像クリック)はとてもいい映画だと思うのですが、左翼の暗黙の圧力のせいか全く知られてないし、ほとんど話題にされることがありませんよね。もともと東宝の映画1000本目の記念碑として、大々的に作られたものであったはずなのですが。
時期的に初代『ゴジラ』(1954)から5年後の作品で、TVシリーズ『月光仮面』(1958)の翌年に当たります。当時の特撮技術の最高峰だし、きっとハリウッドの『十戒』(1956)が意識され、後の聖書の創世記を描いた『天地創造』(1966)にも大きな影響を与えたはず。

古事記などの原典からはかなり脚色されてるようですが、日本神話を大掛かりに再現した唯一の映画はこれだけだと思います(尤も今の映画制作者がこういうのを題材にすると、ひどいものしか出来ないだろうし、絶対にやってほしくない)。
ヤマトタケルの話をメインに、天の岩戸やヤマタノオロチのエピソードなどが含まれます。イザナギとイザナミの国産みの部分が物足りず、“日本誕生”というタイトルなら、もっときちんと描いて欲しかったですが、ヤマトタケルが白鳥になってからの天変地異など見応え十分です。

とにかく悲劇のヒーロー ヤマトタケルが可哀そうでなりませんが、男ばかりでなく、昔のヤマトナデシコの代表として命を懸けて荒れた海を沈める、妻であったオトタチバナヒメのエピソードなど、今のノー天気な若い女性にも聞かせてあげたいものです。
こんなヤマトタケルを“トマトコケル”とかコキ下ろす下劣な左翼の感覚、到底理解できません。
やはり、これまで日本人を世界に比類ない立派な民族として支え続けてきたのは、ちょっとぐらい理不尽あっても、それにひるまない自己犠牲精神だったのだと思います。だから『フランダースの犬』のような悲劇的な話が、日本人の心にも強く響いていたのでしょう。

世界の三船敏郎の演技は素晴らしいし、アマテラス役の原節子なんかも、やっぱりこの人しかいないだろうって感じ。
尚、基本的に大人が楽しむための内容で、幼児と一緒に見るには向かないと思います。でも日本人なら必見の映画。

映画 『 日本誕生 』 予告編 (1959)
出演:三船敏郎、原節子、他  監督:稲垣浩  特撮監督:円谷英二


人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

----------------------------------------------------------------------------
◆近いうち、3D世界で性器まで完全装備 大掛かりなセックス・マシンも出現!〜 萌え系やオカマ、ゲイなど政治利用されてますが、3Dには細心の注意を!

◆日本の童謡の世界は比類ない最高のもの 〜 それと子供には神話絵本も!

◆イザナギとイザナミに見る、日本における男女のあり方 〜 日本神話を題材に

◆日本神話の絵本について 〜 子供たちに日本と天皇へ愛着を持たせましょう

◆神棚と天照大神について 〜 日本神話 “アマノイワト”伝説の美しい絵本から

◆サルが人になったとする進化論と、日本人・陛下がサメの子孫とした日本神話、あなたはどっちを信じますか?

◆大日本帝国の唱歌を歌い継ごう! 〜 神武天皇が即位、日本建国の日とされる『紀元節』 9歳 ピアノ弾き語り

◆半開きの目、恍惚の表情でアイスを舐めるサザエさん 〜 壊したくてウズウズしてる危険な左翼のサイン

◆昭和の歌はいいなあ  『パーッといってみよう!』

◆世界が憧れた日本の家族の絆 〜 小津安二郎映画に見る世界

◆ホモ監督の制作で左翼が大好き、名作とされる映画 『 二十四の瞳 』について

◆ナンバー・ワンにならなくてもいい。もともと特別なオンリー・ワンの末路 〜 “オンリー・ワン=独り” と書き残して死んだ 『 二十歳の原点 』 高野悦子

◆三船敏郎、チャールズ・ブロンソン、アラン・ドロン 往年の豪華キャスト 〜 侍の武士道の美徳が満開! 映画『レッド・サン』を見ました
トップ | 日本の神話・神道の話 | permalink | comments(8) | trackbacks(1) | - | - |

この記事に対するコメント

日本誕生、見たいです。最近父が黒沢明の
映画や戦争の映画を借りてきて見てるのですが、昔の映画は良いですね。私は平成生まれですが、戦争ものや時代劇でも昔の方がいいです!今の映画はきれい過ぎるというか、胡散臭く感じます。昔の女優はとても上品ですね。華やかさもあります。
最近になって三船敏郎と仲代達也の素晴らしさを知りました。草食男子なんてくそくらえです。私はこういう大和男性に魅力を感じます。
はる | 2011/01/08 2:18 PM
この映画は神話通りに真面目に作られ、名優揃いで安心してみれるお薦め作品ですね。この監督稲垣浩様が本当に素晴らしい。『忘れられた子ら』や『無法松の一生』等々、日本人魂のこもったものが多いです。日本映画は昭和20年代までのものの方が、昔の日本人らしい立ち振る舞い、所作、風情、情緒、粋な計らいが脚本、役者、監督、カメラ、衣装、美術にみれて断然、良いですね。
大根 | 2011/01/09 12:17 AM
観てみたいです。
かなりに力作であったことが宣伝から伝わってきます。
coffee | 2011/01/09 8:02 AM
昨日はBSで、ビスコンティの『若者のすべて』を観ましたが、
冗長で紋切り型で、人物描写も表層的で詰まらない映画でした。
同じ時期の日本映画を観た方が余程マシだと思いました。
犬HK最低 | 2011/01/09 12:40 PM
日本誕生は素晴らしい映画です
でも残念なことに1959年は映画の当たり年で邦画・洋画とも名作がいっぱいあり他に客獲らてしまったんです
「ベン・ハー」「網走番外地」「人間の條件」「ギターを持った渡り鳥」「独立愚連隊」「雪之丞変化」「東海道四谷怪談」「月光仮面」「少年探偵団」「宇宙大戦争」「北北西に進路を取れ」「お熱いのがお好き」
しかも「ベン・ハー」の日本初上演は昭和天皇と香淳皇后が招かれた天覧上映だったんです
「東海道四谷怪談」「人間の條件」「ベン・ハー」「北北西に進路を取れ」は今見ても傑作
日本神話も良い作品なんですがあまりにも相手が悪すぎる…本当に悪すぎる…
2年ぐらい後に上映してくれたら大ヒットだったのに…
虎 | 2011/12/23 7:24 PM
この映画見てみたいです。
しかし、三船敏郎の娘が創価とは情けないですね。
マリメッコ | 2011/12/24 2:30 PM
「日本誕生」は二十数年前に観たことがあります(ビデオかテレビかどちらだったのか忘れました)。神話のロマンを感じさせる素晴らしい作品でした。クライマックスで白鳥が飛ぶシーンが忘れられません。東宝は後年、ヤマトタケルを映画化しましたが(私は未見)、紹介記事を見ると今風のロボットアニメみたいなイメージで、何だかがっかりしました。品格ある日本神話の映画化は現代では困難でしょう。でも誰か制作してほしいものです。
冬の人 | 2011/12/28 10:45 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2013/10/31 10:14 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/220
この記事に対するトラックバック
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 北京大学に留学し政治家に転身した支那工作員の蓮舫 都知事選 蓮舫氏、検討排除せず http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110107-00000014-...
←もひとつクリック!