日本の面影

Glimpses of Japan   旧:うぃすぱー・ぼいす
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< 萌え系 日本神話がひどい件 | main | 朝日新聞の売国職員の処刑方法はどれがいい?
〜 反日 朝日新聞には命をもって償ってもらう以外ないだろう >>

子供向け番組への左翼の本格参入はヤッターマンから
〜 ビデオの普及以降、作品作りが変わった

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2011.10.7)
この間、子供が、
「○○くんはドロンジョが好きなんだって。ドロンジョのオッパイをムギューしたいんだって」
と話してました。
そんなこと言ってた○○くんは、先生(保母さん)に叱られてたとのことですが・・・
私たちの世代では、幼児がそんな話、普通ならしてなかったと思います。
ヤッターマンには、やっぱり何かあります。
うちでは今、『タイムボカン』は見せても、『ヤッターマン』は子供に見せないようしてます。

人気ブログランキングへ  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-------------------------------------------------------------------------
(2010.12.15)
子供に安心して見せられる番組かどうか、まずは区別するのに最もわかりやすい基準。
それは番組が、ビデオデッキが普及する前の放映だったかどうかです。
この時期を境に、作品の作り手のスタンスが大きく変わってしまっています。それまでは放映時の入魂一発勝負で作ろうとしていたものから、ビデオ商品化まで照準において、ただ、ダラダラと作品を作り続けるセールス狙いの傾向が定着し始めたのもこの頃。
それは、1976〜1977年頃を境とします。

尚、ビデオの本格的普及は、1977年に松下電器から普及型のVHSビデオデッキ「マックロード」の発売がなされたところから始まります。その2年ほど前からビデオデッキ自体は発売されてましたが、本格的普及は1977年の松下の普及タイプから。

さらにこの頃は、それまで下っ端だった団塊世代が30歳を過ぎ始め、アニメ制作現場で第一線でバリバリにやり始めた時期にも当ります。要するにこの頃、日本ではアニメ制作現場スタッフの大きな世代交代が起こったのです。
実際はビデオの登場よりも、当然こっちの方が作品作りに影響を与えてます。
そのカギはヤッターマンにあります。

逆に言えば、ビデオが普及し始める前である1975年ぐらいまでのものなら、ほぼ安心して子供に見せられる作品が多いわけですが、それ以降のものは危険がいっぱいとなります。

ただし、注意すべきこととして一点。
私は最近、石森章太郎のオリジナル 『仮面ライダー』(1971年)と『サイボーグ009』(1968年)を子供と見ていますが、この頃のワルモノにナチスのハーケンクロイツやドイツ軍の紋章のようなものがやたら出てくること。
この頃、ドイツ・ナチスをワルモノにした作品、日本のみならず世界的にも多数あります。
“ナチス=独裁=悪”というイメージは、この頃の徹底したイメージ戦略により、今のように形成されたものと思われます。

『仮面の忍者 赤影』(1967年)にも、悪役で卍党(まんじ党)というのが出てきます。それを見て知っていたウチの子は、仮面ライダーとかでナチスのカギ十字が出てくると、「あっ!卍党だ!」と言ってました。
ちなみに赤影の作者は、石ノ森氏や手塚治虫と並ぶ大御所 横山光輝の作品。如何に当時の漫画界で、ナチスが悪役イメージとして定着していたか、おわかりでしょう。
石ノ森章太郎や横山光輝も左翼だったとか言うのでなく、この当時の時代背景からして、これはもう仕方ないことだと思います。

そして、昔話などの原作を茶化した作品作りがなされた典型『ヤッターマン』のタイトルについて。

以下は、『ヤッターマン』の前身『タイムボカン』(1975年・詳しくは画像クリック)の各タイトルの一部

黄門さまはステキだペッチャ
牛若丸と弁慶の大決闘だペッチャ
突撃!ヤマタのオロチだペッチャ
鶴の恩返しだペッチャ
かぐや姫は美人だペッチャ
サルカニ合戦だペッチャ
足柄山の金太郎だペッチャ
海さち山さち仲直りだペッチャ
赤い靴は悲しいペッチャ


この通り、原作を貶めるようなタイトルは、さほど見当たりません。

しかし、1977年より放映された同じタイムボカン・シリーズとされる『ヤッターマン』(詳しくは画像クリック)になると、

ヤメタイ国の女王だコロン   (邪馬台国)
柿太郎の鬼退治だコロン    (桃太郎)
マンジュとスシ王だコロン   (安寿と厨子王)
くらい山のひよ若丸だコロン  (比叡山の牛若丸)
泣き虫鉢かぶり姫だコロン   (鉢かづき姫)
わらしべノン太だコロン    (わらしべ長者)
あっぱれトマトコケルだコロン (ヤマトタケル)
二宮銀次郎だコロン      (二宮金次郎)


どうです? わかりやすいでしょう?
この通り『ヤッターマン』では、原作や登場人物を茶化したタイトルばかりになります。オリジナルを全く知らずに、いきなり最初にこれらを見た子供たち、どんな影響を受けるでしょうね?

特に、“トマトコケル”なんて日本神話の英雄をコキおろしたタイトル・・・奴ら左翼の下劣な品性が伺い知れ、今見ると非常に腹が立ちます。
権威や神を貶めるのこそ、左翼の常套手段。
もしも欧米で、こんな風にキリストを茶化した番組が大々的に放映されたりしたら、どうなってしまうでしょうね。
原作やモデルとなる人物への敬意とかも全く感じられないし、当時の制作者がとても面白がって番組を作っていたこと、伺い知れます。

また、“わらしべノン太”というタイトルからも、制作者の特徴が顕著に伺えます。“ノンポリ”(政治闘争していた全共闘らの学生に対して、政治参加しない学生層のことを指す)という言葉に代表されるように、いわゆる全共闘左翼世代が多用したものに、“ノン”という言葉があります。
他にも“ノン気”(のんけ)とか、これはいわゆる同性愛者・ホモではない、ソノ気のない正常な性意識を持ってる人のことを指す言葉。

要するに『ヤッターマン』より前の日本のアニメ作品については、子供たちにとって、将来に向けて生きる信条とすべきメッセージが、概ね常に訴え続けられていましたが、これ以降の作品では、その種のメッセージがなくなり、単に子供を楽しませるだけのものが、主流になっていったということです。
つまり、それまで教育上の観点からも配慮して作られていたものが、これ以降は刹那的な遊園地のような作品ばかりになってしまったということ。

子供向け番組による、左翼の人間堕落化の精神侵略が本格的に始まったのは、間違いなくこの頃からです。

そして、初めて子供向けアニメで恋愛をメインテーマにした『キャンディ・キャンディ』も1976年の10月からで、ほぼ同時期の放映。

その後の人気作『うる星やつら』(1981年)になると、今見るとセックスを連想させる、かなりきわどいシーンが盛り沢山です。『キューティーハニー』(1973年)の頃は、ちょっとハダカが出てもセックスを連想させるものは、さほどありませんでした(今のものではなく当時のもの)。

そして、それまでスポーツものでは所謂“スポ根”が主流とされていた中、努力の大切さを説くよりもエンターテインメントを主眼とし、野球モノで人気を博した『ドカベン』の放映も1976年の10月から。
その後の80年代になると、スポーツものにまで恋愛・女が絡み始め、『タッチ』(1985年)のような作品も登場、人気を得ました。

別に『ドカベン』『キャンディ・キャンディ』とかまで、それほど有害だとは言いませんが、この頃からすれば革命的な出来事であり、好んで子供に見せるべき作品には思えません。

たとえば『ゲゲゲの鬼太郎』なんかも、1960〜70年代まではおどろおどろしく、非常に教訓めいた内容でしたが、80年代のものでは明るくエンターテインメント的な作り込みが追求され、主題歌の雰囲気なども非常に軽い内容となってます。
80年代ものを見て育った方には、納得いかない部分もあるでしょうが、私も60年代のオリジナルを見て育ったわけではありません。しかし、60年代のオリジナルに忠実なモノクロ鬼太郎の世界に比べると、世界観の奥深さ、怖さはその後の作品の比ではありません。

このブログが伝えたい最大のメッセージは、これまで左翼に作られてきた価値観の中で育てられてしまってきたことに、一刻も早く皆さんに気づいていただき、これまでの誤った価値観を捨て去ってほしいということです。
間違ったまま次世代の子供たちに引き継がせてはなりません。

『 歌の贈りもの 』  バリー・マニロウ  (1975)
I Write The Songs - Barry Manilow

1970年代半ば、魅力的な声で大人気だったバリー・マニロウ(詳しくは右画像クリック)。私の大好きな歌です。元はキャプテン&テニールも歌っていたのですが、バリーの歌で大ヒット、世界的に知られるようなりました。彼の歌をよく聴くことあっても、歌ってるのを見るのは初めてという方、多いのではないでしょうか。 カッコイー! ^▽^)

人気ブログランキングへ  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-------------------------------------------------------------------------
◆萌え系 日本神話がひどい件

◆親日ヒーロー 『 レインボーマン 』を全部見た!

◆『 ぞうのババール 』 〜 王様の権威と必要性を理解させる児童向け作品

◆日本神話の絵本について 〜 子供たちに日本と天皇へ愛着を持たせましょう

◆子供も大人も注意! 講談社は最大の左翼出版社 〜 女の堕落と男のフヌケ化はワンセット 〜 『 のだめカンタービレ 』に見る、現代の病理とヒトラーの予言

◆女の子には“赤い靴” 〜 親不孝娘を描いたアンデルセン童話のダイナミズム

◆なぜ『ちびくろさんぼ』を左翼は嫌ったのか? 〜 殺されて生き返った絵本

◆働かなくても、金目教さえ信じれば幸せになれる!? 〜 『仮面の忍者 赤影』 金目教 = ミンス教 編

◆『フランダースの犬』のネロは不幸だったと思いますか?〜 唯物史観、拝金主義で教えられないこと

◆『松本零士 父に見た本物のサムライ魂』 子供には宮崎アニメでなく松本零士

◆子供をフヌケ化 宮崎アニメの左翼性 〜 強烈な反日・共産主義イデオロギー

◆ドラえもん、仮面ライダーだって、今や子供を左翼洗脳で堕落させる道具
トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(18) | trackbacks(3) | - | - |

この記事に対するコメント

確か一昨年のヤッターマンもかなりひどかったです。妙に女が色っぽかったり、教育上好ましいものではなかったです
かおる | 2010/12/15 3:16 PM
そういうことだったんですね!
私も「タイムボカン」と「ヤッターマン」に温度差を感じていたのですが、子供だったのでそれがなぜなのかわからず、モヤモヤしながらも結局は面白がって視てました。
オリジナルを茶化し、伝統を貶め、日本人の心を崩壊に導く企みのひとつだったとは。
気が滅入ってきます・・・。

冬の人 | 2010/12/15 6:48 PM
私もリアル世代ですが、タイムボカンしか全編通して見てません。面白かったのになんでヤッターマンに変わったのかと思ってました。

確かにドロンジョがやたらと裸になったり、手下のボヤッキーがエッチだったりするのはタイムボカンとは違うところです。

タツノコプロの作品ではみなしごハッチとか、けろっこデメタンはよく見ました。当時は幼稚園だったので詳しいストーリーは忘れましたが・・

みなしごハッチなんか見てると母親のありがたみを子供心に感じていました。
みかん | 2010/12/15 8:22 PM
「ベッチャ」というのは、宮城県や岩手県南部の「でしょ」という意味の言葉です。
しかし、「だベッチャ」とは言いません。
coffee | 2010/12/15 10:25 PM
するどい…!
毎回すごい着眼点ですね
小さいころは何も考えずに見てました
たしかに「トマトコケル」はむかつきますね
マンジュとスシ王なんてもう完全に馬鹿にしてますね
ふと思い出したんですが
フェミに染まった人って、
「古いしきたりなんて馬鹿らしい」
という人が多いですよね
私もそうでしたから(笑)
私は大火傷のすえ、なんとかフェミから脱出できましたけど
子供には、こんな痛い思いをさせたくない。
本当に気をつけないといけませんね
がんばってください。ランクリ
ぐうたらママ | 2010/12/15 10:34 PM
バリー・マニロウは感動的です!
サキ | 2010/12/16 12:15 AM
「ヤッターマン」ではネタがつきてパロディに走ったのかと思っていましたが、「タイムボカン」と比べて見ると一目瞭然ですね。
染み込んでしまった思想はなかなか変えられませんが、こちらを目にした方が少しでも気がついてくださればと思います。

バリー・マニロウが歌っている姿は初めて見ましたが、当たり前ですが若くてカッコいいです!
素敵な歌の贈り物、ありがとうございました。
viola | 2010/12/16 6:33 AM
「私、作る人。」「僕、食べる人。」の台詞のラーメンのCMが女性差別だと抗議されて放送中止になったのも75年くらいだったと記憶しています。これも左勢力のTV業界侵食の事例だと思います。
tatsuya1963 | 2010/12/16 11:16 PM
うちの子の世代は「仮面ライダークウガ」でした。
登場人物の中の悪役だった人物は実は良い人の面も持っていたんだ!
大人なら理解できるかもしれないけど、子供だと「悪い人も良い人」になってしまうの何だかおかしい??と感じていました。
まち | 2011/10/07 5:56 PM
小さい頃、安寿と厨子王のお話はちゃんと原典を知ってました。

そして、このお話が自分の地元、福島県に伝わる伝説だったことを、先日、古本屋で買った子供向け読本で改めて知りました。

今、福島は原発災害で危機に立たされています。大切なものは失って始めて気がつくものというものですが、まさにその通りでした。私の住んでいる町は原発圏外ではありますが、いつ何が起こるかわかりませんし、私たちだっていつまでこの街に留まれるかわかりません。私は今まで、故郷の外に出て生きることばかり考えていて、自分の故郷にどれだけの素晴らしい宝物が伝えられてきたのか、目を向けることすらしませんでした。

今大きな危機にあるからこそ、大切なふるさとの遺産をなんとしてでも守っていかなくてはいけないのだと、改めて思わされました。もっと早く気がついていれば、と、思わざるを得ませんが、少しでも自分の出来ることをして、それを実践していきたいと思っています。そして、それらを貶めようとする悪しき連中、絶対に許しません。

安寿と厨子王も、安寿が死なずに生きて厨子王と再会するなどと改竄されてる絵本もあるようですが、原典を捻じ曲げて貶めるのはいい加減にしろと、馬鹿左翼どもに言いたい。
サウンドQ | 2011/10/07 10:04 PM
私の洗脳アニメはなんと言っても 巨人の星ですね、重いコンダーラを引く姿(笑うところです)や うさぎ跳びのシーン等、逆境に立ち向かい決して弱音を吐かない男のど根性を確立するにはピカ一でした。

ど根性ガエルのぴょん吉とひろしの喧嘩や仲直りで男の世界を学んだような気がします。
後藤 | 2011/10/08 2:02 AM
子は親の鏡

息子が幼稚園の頃、息子の友達が遊びに来た時にカミさんに向かって
アンダーヘアーを見せてくれと言ったことがありました。
彼のお母さんも一緒に遊びに来てましたが、彼のお父さんがAV好きで
子どもの前でも平気で見るため悪い影響を与えているので困っている
とのことでした。

きっと○○くんのお父さんも家でそんなことを何時も言ってるんでしょう。
親の言動には注意が必要ですね。
tatsuya1963 | 2011/10/08 6:32 AM
なるほど!
トマトコケルとか許せませんね!
coffee | 2011/10/08 7:47 AM
【アカの手口】真っ赤な革命大好き団体が幼児を朝鮮文化で洗脳している件w【フジテレビ】
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1318236135/

革命大好きおじさんが子供を朝鮮文化で洗脳している
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/ms/1318252685/

左派の革命思想は恐ろしいものがありますね
ん | 2011/10/10 11:53 PM
こんばんは。日本人なのに日本のことを知らな過ぎる自分がいることに気づき、立て続けに「武士の娘」、「武士道」、「小泉八雲集」を読破しました。最後の「小泉八雲集」には、その中の「日本人の微笑」にも書かれてあるのですが、古い日本が新しい日本を助けるだろうとその当時の小泉八雲が将来の日本を予測していたことは現在の日本に当てはまりすぎていて、八雲は100年以上の先のこともわかっていたのかなと感じ入りました。昔の日本を知ることは現在の日本人にとって大切なことだと思います。
日本好き主婦 | 2012/10/01 9:17 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2013/09/22 10:10 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2013/09/22 10:48 AM
少女漫画初のベッドシーンはベルサイユのばらだそうです。当時はかなり問題になったらしいです。

a | 2014/08/31 5:00 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/211
この記事に対するトラックバック
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 創価企業ヤマダ電機がサービス最下位の結果に逆切れして訴訟を起こしたが、恥の上塗りに。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101214-0000093...
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 韓国化したテレビ局 【マスコミ】 抗議デモまで起きた「韓流」、しかし若い女性にも大人気で放送権めぐり争奪戦も…フジ「韓国ドラマには夢や希...
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 画像は「週刊朝日」(2007年9月28日)【安倍逃亡】 http://www.asahi.com/paper/column20120930.html 2012年9月30日(日)付asahi.com...
←もひとつクリック!


 フォローお願いいたします