日本の面影

Glimpses of Japan   旧:うぃすぱー・ぼいす
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< イザナギとイザナミに見る、日本における男女のあり方 〜 日本神話を題材に | main | 大日本帝国の唱歌を歌い継ごう! 〜 『一月一日』 9歳 ピアノ弾き語り >>

女が仕える価値ある男、男が守るべき価値ある女
〜 今の“男女平等”社会のままで目指せると思いますか?

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2013.11.1)
聖書には、「夫は妻を守れ、妻は夫に従え」に象徴されるような夫婦のあり方を教義的に説いた言葉がありますが、日本神話(古事記)にその種のものはありません。
しかし日本神話には、世界で類を見ない、夫婦のあり方を象徴するエピソードがあります。

聖書(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)はじめ、世界の神話では大概、唯一神(または絶対神)がいて、その神が一人で天と地、すなわち世界を作ったという話ばかりなのに対して、日本神話の国産み、神産みでは、最初からイザナギとイザナミの夫婦神によって本州、九州等の数々の島々、神々が作られたところに着目しましょう
また国生みの初め、女のイザナミから男のイザナギに声をかけて失敗してしまったエピソードは、日本における男女のあるべき姿を強烈に象徴する話です(右の絵は絵本『にほんたんじょう』より。詳しくは画像クリック)。
さらにイザナギとイザナミはその時、既にいた他の神様たちに相談して国産みをやり直しています。これは、日本人が昔から一神教とは全く異なる世界観を持っていたことが伺えます。このところ、「日本人こそ本物のユダヤ人」なんてエキセントリックな言説まで出回ってますが、ユダヤやキリスト教の一神教たる世界観と日本神話の世界観は、このように根本からして全く異なっています。もしも日本人がユダヤの血筋であるというなら、「神は日本を作った」となってしかるべきですが、聖書の世界観と日本神話の世界観とは似ても似つかないものであるわけで、ユダヤと日本人がつながってるなんて到底ありえないと言えましょう。

日本は一人の神様が作ったのでなく、イザナギとイザナミの夫婦神によって作られたのだということ。聖書のアダムとイブは、神が作った大地に神が新たに作り上げたものにすぎません。しかし、日本のすべては一組の男女の神様から作られた点、このことから日本人は古くから夫婦というものに最大の重きを置いていたのであろうことが伺い知れます。夫婦神で国を作り上げたという神話、いろいろ調べましたが、日本以外に見当たりません。
「日本のすべては夫婦神から始まった」、男と女が揃わなかったら日本はなかった、日本人のDNAを忘れないためにも、しっかり念頭に置いておきましょう。だから男と女は、一人、二人と数えるのでなく、一対、二対…日本人なら、こうあるべきなんです。
日本神話について詳しく存知あげない方はコチラご参照

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
(始めから)   (2010.8.31)
先日は調べるうち、一部のプロテスタント系教会の驚くべき左翼・フェミニズムの実態を知ってしまい、全然違った方向にいってしまったので、今日は話を戻して、もともと書きたかったことを書きます。
以下は先日の言葉の繰り返しになりますが、

「夫は妻を守れ、妻は夫に従え」
夫婦のあり方を説いたイエスの言葉です。

さらに新約聖書の言葉。
「妻たちよ、主を信じる者にふさわしく、夫に仕えなさい。
夫たちよ、妻を愛しなさい。つらく当たってはならない。
子供たち、どんなことについても両親に従いなさい。それは主に喜ばれることです。
父親たち、子供をいらだたせてはならない。いじけるといけないからです。」


これらについて、ヒステリックな左翼・フェミが決まって言うのは、イエスの言葉に対しては、一方的に「夫に従え」なんて、男女平等の今の時代に合わない・・・

新約聖書の言葉についても、左翼・フェミからすると、「奴隷のように女が男に仕えるなんて時代錯誤も甚だしい」とか、「暴力夫もいるのに、そんな男の言うこと聞いてられるか!」とか、決まってそんな風に言ってきます。

さらに、子供は親に従いなさいという言葉に対しても、「虐待するようなひどい親だっている、そんな親のいうこと何で聞かなきゃならんのだ」・・・とか。

言葉尻ばかり捉えて、揚げ足とりばかりする左翼やフェミニストは、そういう貧相な思考回路によるヒステリーばかり。
こんな奴らと議論しても始まらない。いったいこいつら左翼の頭の中はどうなってるのか!?

左翼ってのは、言葉や物事の端っこだけ取り上げて、それがまるで全体であるかのよう偏向的に騒ぐ。イメージや全体でとらえるということが出来ないんだな(左翼の指導者は、実はわかってるけど悪意でそうやってるんだけどね)。
なんでもかんでも、言葉の上っ面しか捉えることができないし、その深い意味やイメージを膨らますことだってできない。

しかし、利用できそうなものは勝手にコジツケて解釈し、イエスや聖書の教えだって、何でもかんでもキチガイ染みた論法で歪曲して並べ立てる。

「夫に従え」、「夫に仕えなさい」
これらは決して、別に亭主がああしろ、こうしろとかいうのを奴隷のように聞けとか言ってるのではないでしょう。
聖書でだって、夫は妻に優しくあれ、グチとかも聞いてあげなさいといったこと、ちゃんと教えられている。

そもそも、こういった言葉の目的は、円満な家庭の存立基盤を確保しましょう、という家族の根幹に関わる話を説くためのもの。
夫の言うことをまるで聞かず、勝手なことばかりやってる妻では、もはや正常な家庭を保ち得ず、そんな妻なら男だって守る気すらしないでしょう。
現代よくあるのは、夫が妻に対して「仕事を辞めて家庭に入ってほしい」と言っても、女が仕事を辞めない、いつもウチにすらいない、カネだっていくらでも持ってる・・・そんな中で男が女の何を守ってやれるというでしょう。

男女それぞれ自分のエゴで好き勝手やっていくなら、家族がバラバラになってしまうだけ。
刹那的な享楽に溺れる以外、存在価値なきパートナーに成り下がってしまうだけです。
そんなんなら結局、売春婦(情夫)で足りることとなる。

男女なら、一人、二人と数えるのでなく、二人で一組なのです

男女とは、“二人”ではなく“一対”。
つまり、一人、二人という数え方でなく、二人で一組。
右手と左手が揃って正常なように、男と女は同じではなく、それぞれ適した役割があって、二つあって初めて機能するもの。利き腕があって、サポートする腕もある。
右の靴があれば、左の靴も要る。片方だけ、あるいは同じものが二つでも意味がない。

夫婦が、同じように仕えあって愛しあうなんて、ありえないということ。
右手が二つあってもダメ、左手が二つでもダメ。左右それぞれ違うものが必要なんだから。
だから子供たちにとっての親も・・・

子供の頃から男女平等意識を植えつけられて育った若い女性たちからすると、男を立てるなんて、既にお笑い草としか思ってないようです。
現実問題として、学校でも会社でも男を立てず、男のいうことなんて聞きやしない女性ばかりの中、頭ごなしに「男なら女を守れ」なんて言っても、それを実行に移そうとする男は苦しみ抜いたあげく、悲劇が訪れるだけでしょう。

つまり、女が “男が守るべき価値ある女”、男が “女が仕える価値ある男”、でなければ、イエスの言葉だって、成立しえないということ。
本来、結婚相手を探すとは、この言葉に見合った相手を探すことであり、自身も、この言葉にふさわしい男あるいは女を、それぞれ目指さなければならなかったはすです。

では、どうすりゃいいのか。
そもそも“男女平等”なんてのは、女性の不満・鬱憤を巧みに利用したものであって、男性のためのものではありません。
実はカルト詐欺的なダマしの手口で、男女平等の世界はとても素晴らしく、そこには女性の素晴らしい未来が待ってるといった、魅力的な言葉で女性を惑わせ、実は男女分断を図って不幸に陥れるためであったにすぎません。

現在の離婚申し立ての8割が女性からであり、離婚後に子供を引き取るのだって8割方が女性。
この数字を見ても明らかな通り、現実として、やはり女性主導による男女分断と家族破壊工作が進んでいると言ってよいでしょう。
それら離婚した女性からすると、「自分は男から、こんなひどい目に会わされたー!」なんて思い込んでる人たちばかりでしょうが。

左翼は、男性よりも女子供の洗脳を優先すべしで、これまで女性をターゲットに膨大な洗脳工作を図ってきました。
だからやはり、おかしくされてしまった女性が元に戻らないと、何も進まないように思います。
昔ながらの男女観を持ちえてる女性は、今でも多数いるでしょうが、この状況を放っとけば、世代を経るごと益々メチャクチャになっていくだけでしょう。
何かと離婚だのDVだのセクハラだのと騒ぎ立てる女性ばかりでは、男性だって守る気がしないでしょうし。

だからやはり、左翼による女性の洗脳を解いて、男性に対する価値観を元に戻すことが先に思います。女性が男性に求めるものが変わることで、男性も変わらざるを得なくなるわけですから。
そうすれば、男が守るべき価値ある女、女が仕える価値ある男も自然と増え、結婚というものだって次第に魅力的なものとなっていくでしょう。
女性の洗脳を解くには、それもやっぱりマスコミが一番? 困ったものです。それが期待できないから、こういうところで地道に活動していくしかない・・・

とにかく、女性自身が男女平等を批判するしか、今の閉塞的状況を打開する道はありません。
男性がこれを批判しようものなら、それこそ左翼の餌食にされて蹴落とされるだけですから。
だから、一人でも多くの女性の洗脳を解かなければなりませんが、状況は非常に深刻で、厳しいです。
日本を守りたいという、まっとうな女性のみなさん、ぜひこのことについて大きな声をあげてほしいです。

男の出世は家族の幸せのためのプロセスに過ぎず! 目的ではありません

よく、主婦をはじめとする女が口にすること
「男は会社とかで頑張れば評価されて報酬もあるけど、主婦はいくら家事をガンバっても評価されないし褒美もない」
こんな発想する方、骨の髄まで左翼の唯物史観、拝金主義に侵されてるということを自覚しましょう。そんな発想、一切捨て去らなければなりません。

そもそも男が働いていたのは、出世や人生を豊かにするためなんかでなく、すべて家族=妻子のためでした。
本心としては、できるものならイヤな仕事なんかしたくないし、ゴロゴロ楽して遊んで暮らしたい。けれど大金持ちでもない限り、そんなの無理。

そして今は女性が働きだした。しかし女性が働くのは、大概が家族のためというものでは決してありません。
豊かな輝ける人生を! 生きがいある仕事や恋は女性を魅力的にします! 歳なんか関係ありません!・・・なんて左翼のバカげたキャッチフレーズに、家庭を捨てた多くの女性たちは、まんまとダマされています。
それによって、男も女も生きる目的を失い、家族も失うこととなったのが、今の日本人。

いろんなものを失ったことに気づく頃には、過去にも若い頃にも戻れない。もはや、やりなおしは効きません。
そのせいで若者たちにとっても、家族の安心感すら得られず、未来に希望すら持てない社会になってしまったのです。
しかし、安心できる家族がどんなものかすらイメージできない今の若者には、どうすれば安心できる社会になるのかということすらわかりません。
割のいい仕事さえあればいい、お金さえあれば何とかなる・・・
これでは唯物史観、拝金主義でしか物事を判断できない人間ばかりになります。
つまり、安らぎある家庭の存在価値すら、多くの若者たちにはわからなくなってしまっているのです。
貧しくとも、毎日の家族の笑顔さえあれば、意外と人は活き活きと明るく生きていけるものなのに。

仕事や出世、お金だけでは、人生は決して豊かになりません。
安心感が得られるのは、あくまで家族の支え、笑顔があるからこそ。
離婚常態化、家庭破壊が急激に進む今、その安心感も家族の笑顔も見られなくなりつつあります。

男は会社で評価されたり、カネを稼ぐためだけに、イヤな仕事して生きてるわけではありません。
どんなに出世して高給になっても、妻子に認めてもらえなければ、男にとってやることすべて無に帰するも同じ。
いくら会社で出世しても、家族に褒められることもなく家庭で小さな扱い受けていては、もはや生きてる甲斐もないでしょう。
まして離婚されて、子供まで奪われたら・・・
男だって、家族から「頑張ってるね。ありがとう」と感謝、褒められてこそ、ガマンして仕事してきた甲斐があると感じとれるでしょう。

いくら家事なんかやっても誰も褒めてくれないとボヤいてる方、亭主を褒めたこと、一度でもありますか?
子供に対して、お父さんは「私たちのため一生懸命働いてくれてる」と、褒めてあげてますか?

夫に対して、そのガンバリをヒトコトでも褒めてやれば、必ずやあなたの亭主も、あなたの日頃の努力を、さりげなくお返しで労ってくれるでしょう。
賢い女はこれに気づいてますが、主婦なんてバカバカしいと思ってる人は、これにさえ気づいていない。
それでも、妻の苦労を労ってくれないような亭主には、毎日ここを読むようにでも言ってみてください。

そして男性御仁! 妻が家事なんてやり甲斐ないって風にボヤイていたら、

「いくら会社で評価されても、オレにとって何の意味もない。オマエに評価されて喜ばれてこそ、オレの幸せにもつながるんだ!」

と、しっかり言い返してあげましょう。

『あ〜よかった』 花*花 (1999) 詳しくは右画像クリック
この頃はまだ、明るい夫婦・結婚観を持ちえるための、いい歌がいっぱいありましたね。
-----------------------------------------------------------------------------
(2011.8.31)
これに関連して、家庭内の規律について。
夫婦間と同じく兄弟姉妹についても同じようなことがいえるので、頭に入れておいてください。
兄弟姉妹の上の者に対して、「おまえはお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだからね」と言うのに併せて、下の者には「お兄ちゃん(お姉ちゃん)の言うことをちゃんと聞きなさいよ」と言っておかないと、いがみあうだけの兄弟姉妹になってしまいます。
こういうヒトコトがあるかないかで、人間関係なんて大きく変わってしまいます。上の者に「おまえはお兄ちゃんなんだから」と言ってるだけでは、完全に片手落ち。

これほど家庭というのは社会における基本中の基本。
だから夫婦についても、男である夫の方に「男なんだからね」と言うのに併せて女である妻側にも「夫(男)の言うことを聞きなさいよ」、こうあらないと秩序ある家庭というのは全く成り立たなくなってしまうこと、おわかりいただけるでしょう。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

-----------------------------------------------------------------------------
(始めから)◆最も有害なのは反日法案より今のフェミニズムだと早く気づいて!〜 聖書を曲解、悪用してフェミニズム運動に利用する狂ったキリスト教団

◆誇りある日本人の精神性復活のため、メスを入れるべき二つの条件 〜 パチンコと男女雇用機会均等法の廃止

◆朝鮮・同和・原爆・弱者 ← 左翼の食い物 〜 利権あさりと誹謗中傷に明け暮れる左翼

◆子供も大人も注意! 講談社は最大の左翼出版社 〜 女の堕落と男のフヌケ化はワンセット 〜 『 のだめカンタービレ 』に見る、現代の病理とヒトラーの予言

◆平和ボケ左翼は、自らが悲惨な目に遭うまで気づかない 〜 映画『わらの犬』に見る、フヌケ左翼男の豹変ぶり!

◆AKB48の現代と25年前のおニャン子クラブに見る日本人の反応の様変わり 〜 やっぱり幼稚化!? あの頃の素直な感情どうだった?

◆夫・子供のため無償で働くのは嫌でも、カネさえ貰えるなら売春だってやる 〜 拝金主義に侵された女とは

◆坂本冬実『 また君に恋してる 』ヒットは反日勢力の陰謀(続き)〜 仕掛けた勢力が判明

◆美人はバカで性格悪いのが多い 〜 大切なのは、家族の幸せを願う自己犠牲精神

◆草食男は日本フヌケ化のキーワード 〜 日本弱体化を図る売国マスコミの戦略

◆働く女を30%増やすって、働けない男が30%も増えるってことでしょ! 〜 女優遇が日本を滅ぼす!

◆畳の草履で揃えてみました
トップ | 失われる家族の絆 | permalink | comments(22) | trackbacks(1) | - | - |

この記事に対するコメント

フェミニストの言う「男女平等」は、平等ではありませんよね。
女性は男性から搾取されてきたから解放しなければいけないと言うのが、彼女らの言い分です。
事例を上げれば搾取に当たるものもあるかもしれませんが、女性は男性から守られてもいました。
酷い男性もいたかもしれませんが、そうでない男性もいて、全ての男性が悪いわけではなかったと思います。

女性が強くなって男性が弱くなったのか、もともと男性の弱いところを補っていた女性がその役割を忘れてしまったのか。
自分も反省するところがありますが、男性も世間がそうだから仕方ない、などと思わないで欲しいのです。
信を貫いている男性は女性から見ても分かりますし、そういう男性にはちゃんとお似合いの方が連れ添っていると思います。

話は違いますが、最近吉本の芸人さんが出ている子供番組が気になります。
テレビ東京系の番組なのですが、子供はお笑い好きですから人気があるようです。
でもお笑いとはいえ、内容が少し変ではないかと思うコーナーが多いのです。
最近では、女装したお笑い芸人(“はんにゃ”の金田)が歌う「パンチしたっていいんだよ」という歌の歌詞に、大変違和感を感じます。
もしご存知でしたら、感想を聞かせていただけたらと思います。
viola | 2010/08/31 3:31 PM
俺の家庭はもはや死後となった、亭主関白その物です。 嫁も十分それで納得してるけど
決して嫁を見下してるわけではありません。
当然ながら嫁の人格も尊重して生活しています。
嫁に対し男の凄さを交際している時から見せつけてきた結果、必然的に現状のような形になった訳です。

歪んだ教育のせいで「男らしく」「女らしく」といった定義が否定され、結果性別不可能な人間が増えてきてるのも現実です。

ジェンダーフリーといった危険な思想です。

男は男らしく、女は女らしく、これが一体何がいけないのか? 

凶気に満ちたフェミニズム思想や偽善者ども
に鉄槌を打ち込むべし。 

としぼーん | 2010/09/01 11:25 AM
プロパガンダの常套手段は「対象」を賛美し、「敵」を咎めることにあります
愛国心を煽りたければ「祖国」を賛美し、「敵国」を咎める
フェミニズムを煽りたければ「女(妻)」を称賛し、「男(夫)」を咎める
各対象を「対立」させるわけです
この初歩的なプロパガンダが男女間、及び夫婦間(家庭)に及んでる危険性はもっと指摘しなけれなならない
そしてその先導役が「テレビ」「雑誌」であり電通であると・・・
しかもさりげなく「バラエティー番組」に組み込まれてるわけです
夫の○○は嫌だ!等の愚痴系から始まってる
それ以前に結婚させないために高収入高学歴等の条件をつけることで男女離反にも成功している
未婚女性(バブル期)に関しては「私は結婚してもよい【主体的且つ高圧的】しかし条件【高学歴高収入等】が満たないから結婚してあげない」
電通の工作は「結婚させる」ことが目的ではなく「結婚させない(男女離反)」のが主目的なのだがバブル期前後に情報を浴びた人々は
そこに気づかず条件が満たないから結婚してないだけだとうまく心理的な面まで洗脳できてる
別のサイトでも書きましたが自分で引用する

保守 →結婚、純愛、大家族、 母
フェミ→離婚、不倫、シングル、売春婦(キャバクラ、ホステス)

これに当てはめてテレビ欄を上から監視するとよく見えてくる
私は日本人には「情報防衛」が必要だと感じます
かなり危険なレベルまで左翼文化が溶け込んできてるのがわかると思います

>>viola
最近では、女装したお笑い芸人(“はんにゃ”の金田)が歌う「パンチしたっていいんだよ」という歌の歌詞に、大変違和感を感じます。


どうも男に女装させるが電通の趣味のようです
芸能人もミュージシャンも広告代理店の宣伝道具です
私の好きなミュージシャンが2名ほど女装させられてるPVありましたし・・・
あと浜崎あゆみのPVを見てびっくりするほどフェミニズムプロパガンダに使われてます
本人は気づいているのかどうかは知りませんがw
1983 | 2010/09/01 2:04 PM
離婚した女のメンタリティは驚くほど韓国の立場そっくりですね。
自分から望んで一緒になった(合邦)しておきながら、
泣く泣く離別したのにもかかわらず
夫(日本)はとても酷い奴だったとあること無いこと言い触らし、
夫の持ち物は平気で着服しておきながら、
慰謝料が少なかったからもっと出せと脅しつける。
全く迷惑千万です。
斜め上の半島根性 | 2010/09/01 8:17 PM
「とにかく、女性自身が男女平等を批判するしか、今の閉塞的状況を打開する道はありません。」

声を上げています。
フェミニズムは思想と呼べるものではありません。
そこにある理念は「女性の甘えと我がまま」です。
   女性 53歳
巴 | 2010/10/01 12:46 AM
「夫は妻を守り、妻は夫に従う」
バランスが取れていて平等だと思います
けど逆転しても(主夫がでてきたり)バランスが取れていれば平等です
しかし共働きだと家族というひとまとまりというより、個人と個人になってしまい
二人が一緒にいる意味もない…離婚ってことになるのかも

夫の昇進を自分の手柄のように喜ぶ主婦がいます
こういう人に対して「おまえの手柄じゃないだろ」と言うのは二人一組という考えを破壊しています
妻が夫の手柄を自分の手柄のように考えられれば(内助の功)、誰にも評価されていないなんて思わなくなる
夫の受ける評価を自分も受けていると考えて生きていけばいいのでは
そうやって主婦業のやりがいを見つけていけば…
これが男女逆転しても、上手くいけばいいですが…
あます | 2011/04/20 2:27 PM
ほんの2〜3年前私もフェミでした。今から思うと恐ろしいと思うし気づくことができてよかったと心から思います。主人に対しても共働きですが私は反抗的でしたが、最近主人の言葉がよく理解できるようになりましたし、妻として夫を支えるとはどのようなことかよく考えるようになりました。このように考えられるようになったのはこのブログのおかげです。最近私の周囲は私の兄弟を含めてフェミニストだらけなのがよく見えるようになりました。
日本が好き | 2011/08/09 9:50 PM
お役に立ててウレシーです。もし、お子さんいらっしゃるなら、きっと子供にもいい影響与えてくれることでしょう。幸せな家族でいられること、祈ってます。
サファイア | 2011/08/10 12:21 AM
今から7年位前の話ですが、「お父さんが働いてくれるからご飯が食べられるんだよ」と
当時小学校中学年の娘が低学年だった息子に教えているのを聞いた時、ほんとうれし
かったです。ほとんど寝顔しか子ども達とは接することができないくら忙しい時期でした
が、仕事の疲れがふっ飛びました。その言葉を誰が娘に教えたのかと聞くような野暮
な事はしませんでしたが、家族のありがたみをすごく感じました。
tatsuya1963 | 2011/08/30 10:52 PM
こんばんは。
サファイア様のご指摘を見、左翼ってまるで反抗期の子供と同じでは?と気付きました。
ただ、子供と違って純粋さは等に失って、「文句言い」なだけ、本当たちが悪いですね。

対の考え方、とてもしっくりきます。
世の中見渡せば、対の原理で成り立つものが多いと思います。
その自然な摂理を感じ、読み解き、感動できないなんて・・・。
心の豊かさという視点から見ると、なんだかとても可哀想に思えてしまいました。

自らの【身勝手な利益】追求の為、増長し、大切な徳性、理性を欠落してしまったのだろうと思います。
ある種人の姿をした、まるで獰猛な動物なのではと思います。
人の獣化が進んでいるといいますが、この事ですね。

動物の方が純粋です、生きてく為、必要以上欲しいなんて言いませんから。


欲しい欲しい欲しい!
権利が欲しい!
金が欲しい!
自分勝手な自由が欲しい!
欲の塊。

その為に、理屈を並べ、脅し、騙し、まくし立てる。
もう良心を失って、仏教で言うところの餓鬼みたいです。



対って自然なことだと思います。
人間の身体を見たら分かります、左右対称、対ですよね。
両手、両足、両耳、両目、鼻の穴まで。
男女には凹凸があって。
大まかな気性や、考え方も、男性は外へ、女性は内へと、対になっています。

世の中は、大概が陰と陽で出来ていて、バランスが保てていると思います。
一つが二つで、二つが一つ。
それは夫婦も同じだと思います。
植物だって、最初に芽を出せば双葉です。

対の考えかたが理解できないなんて、彼らは、自分達の身体も、進化論だけで、このような姿に、成ったとでも思ってるんでしょうか。


なぜ対なのか。
そのことわり(理)さえも、身勝手な考えで否定するなんて、浅はかな人間心の奢り高ぶり、自然の理、法則への冒涜です。
話にならない。

身勝手、わがまま、それが左翼的なのかと、今日理解しました。


周りの方々は、男性を尊重する優しさのある女性が多いです。
私自身も、それが気持ちよいと思っています。

昔は、お風呂だって、一番風呂は、一家の長か、大黒柱が入ってました。
多少の気性や性格の違いはあっても、父には父の母には母の優しさがあり、良いんだと思います。
男女ともに、良さ(特性)があって、それが良いものを産み出すのだと思います。
男女は互いに、補い合う、助け合う、それが良いと思います。
緑 | 2011/08/31 4:50 AM
自衛隊は方向性間違ってませんか?
どっちに媚びてるの??

http://cospic.org/ozuki/
コスプレピクニックon海上自衛隊小月航空基地祭
マリメッコ | 2011/08/31 11:27 AM
>「夫は妻を守れ、妻は夫に従え」
> 夫婦のあり方を説いたイエスの言葉です。

日本的ですね。
coffee | 2011/09/04 3:49 PM
サファイアさんがこの記事を上げられた時よりも男女平等の嘘に気付いた方は増えているはずですが、現実はますます悪くなっているように思います。

今日3月8日のGoogleのホリデーロゴは、「国際女性デー」でした。
結局そういうことですよね。
ところで、埼玉県教職員組合が主催する「2012国際女性デー埼玉集会」のポスターが、あまりに酷いと話題になっています。
このようなニュースを聞いて少しでもおかしいと思った方が、こちらのサイトを見てくださることを願います。


「さいたさいたセシウムがさいた」埼教組など主催イベント告知で記載
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120308-00000115-san-soci
viola | 2012/03/08 11:16 AM
痛いニュース(ノ∀`) : 「容姿抜群のバービーは女性差別!」 女性団体、磔にした人形を燃やし抗議…ドイツ http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1761859.html
独ベルリンに「バービーの家」 女性団体の抗議も
http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2013/05/17barbie/

慰安婦のイチャモンも凄いですが、これもキチ○イ。
サファイアさんもおっしゃってますが、西部劇はそのうち抹殺されそう。
確かにインディアンの扱い等、今の価値観で見ると白人目線で酷い部分ありますが、強い男らしい男ばかりでキチガイフェミには不愉快でしかないジャンルですからね。

それと、この手の狂ったフェミ団体は、女性を美で判断しまくりのミスユニバースでも狂気じみた抗議をしてるのですかね?
私が聞いたことないだけ??
なんか…金になりそうなところだけ騒ぐ、アグネスと同じ臭いがします。
マリメッコ | 2013/05/19 5:50 PM
「今時の現実の女が嫌で嫌で仕方ない男」と、「女は何人でも養いたい男」に二極化しつつある世の中。

最近思うことがあります。
何故、支配者層はフェミニズムを推進してるのか?
その真の目的は、「一夫多妻制にして世界中の女を自分のものにする」ことなんじゃないかと。

弱肉強食、優生学はこの世界の原理原則。雄は自分の遺伝子をばら蒔き、雌は優秀な雄のみを選ぶ。
しかしながら、自然界ではより多くの雌と交尾をして自分の遺伝子を残せる強い雄はごく一部のみ。大抵は、自分よりも強い雄に負けて殺されるか、雌に相手にされないまま死んでいく。
だから、自然界では雄同士が雌を奪い合うために闘い、雌に気に入られるために一生懸命きれいな翼を広げて見せて強さをアピールしたり、雌に餌を貢いだりして求愛をする。

核兵器によって自分たちの雄としての圧倒的な強さを見せつけ、被支配者層の男を攻撃し、女は優遇する。これは、どう考えても「他の雄を退けて、大多数の雌に気に入られようとする」ように見えます。
ゆじゅ | 2013/09/16 12:53 AM
価値観とかって幼少期に養われるもので、
コンテンツ業界なら「14歳の時に触れたコンテンツがその人にとって至高」である.

マクドナルドの故・藤田田さんは「人間は12歳までに食べてきたものを一生食べ続ける」と言ってた。

teru | 2013/11/02 7:48 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2013/11/02 11:17 PM
「夫は妻を守れ、妻は夫に従え」たしか俺はこういう日本にも適用できる規律ある倫理観に共感したからキリシタンになってたはずなんですが、なぜキリスト教のはずの学校で浮いていたのか。答えは、そこは外面だけキリストのカスフェミ左翼のウリスト教学校だったからなんですねぇ。社会科教師なんか特に顕著でいつも「女は頭がいい、男はバカ」みたいにキチガイフェミ洗脳をしてましたね。
小〜大学までエレベーター式なのでもしずっと通ってたらどうなってたか。考えただけで恐ろしい。まだ判断力の乏しい子供に異常な洗脳を施す恐ろしい学校があるんですよ。MARCHのどれかの事なんですけど。
日本ではこのようにキリスト教を偽った、糞在日左翼のウリスト教による洗脳の危険があります。
ですがサファイアさんのおっしゃる通り、本来キリスト教はかなり厳しい戒律によってなっており、糞左翼のような戯言でなってはいないので、正しい知識と倫理観があれば騙されることも無いのでしょう。
やはり教育が重要ですね。
イムヤ | 2014/12/09 1:39 PM
こんにちは。
先程NHKラジオの料理番組にて、ダイヤモンド&#8233;&#8233;&#8233;&#8239;ユカイが『料理作りは女より男の方が上手い』と何度も言っておりました。
ユカイ本人は料理ができないらしいのですが、それを司会の方に突っ込まれつつも『本気を出せば、女より作れる』と公言しておりました。

流石NHK番組、苦笑が止まりません。
通りすがり | 2014/12/24 10:15 AM
いつからかテレビに出る人が男なのか女なのかわからない人たちばかりになっていったのは…。いわゆる変態の巣窟です。それが今の日本の現状と思われるのはとても不愉快で仕方ありません。

新婚さんいらっしゃいの新婚さんがいつのまにか新婚さんらしい初々しさに欠けている。アイドルがアイドルの純粋さをもたずに平気で下着姿を露わにしている。どんどんテレビのレベルは下がる一方です。恐ろしいことに誰もそれに苦言を呈していないということ。

イケメンイケメンと外見ばかりあげつらって中身について論じない風潮。

人の弱みをいじって笑いを誘う芸風。

強いものには相手が間違っていても、自分の信条とあわなくても迎合する上下関係。

最近のテレビ番組は人間性を疑うものが多いです。

朝からきちんとしたニュースをやっていたのに、いつのまにかゆるゆる系のショートアニメ、占い、動物の動画など、頭がゆるくなりそうな内容のばかりで本当に日本はおめでたい国になりつつありますね。先進国でそんな国日本ぐらいじゃないですか?

テレビを介して日本の崩壊具合がわかりますね。

アイーダ | 2015/07/14 4:38 PM
根本的な話、男に出来て女に出来ないことと女に出来て男に出来ないことを比べたら前者のほうがはるかに多いように思えるのだが。
それに戦争というか有事になれば今のように女が男を馬鹿にするような風潮なんて吹っ飛ぶだろうね。
何故なら女は男のように戦場に行けないからな。

少子化にしても根本的な原因は女が我が儘になったのが原因。
ドラマ等で嫁姑戦争を題材にした内容のを垂れ流して三世代同居を嫌がる風潮を作って核家族化が進んだ。
昨今の待機児童の問題にしても高齢者の自動車事故の問題にしても昔のように三世代同居、大家族制ならばなかったであろう話だと思う。

結論はやはり昔のように身分の上では女より男を絶対優位にしないと駄目。

今の時代きちんと男を立てている家と言えば秋篠宮家しか思い浮かばない。
秋篠宮家は秋篠宮殿下、悠仁殿下を中心に紀子妃殿下、眞子・佳子両内親王殿下が一方下がって控えているという本来あるべき構図になってる。
Aki | 2016/12/31 2:10 PM
大晦日、皆様でいかがおすごしでしょうか。

最近、道行く男の人が道を譲ったりしてくれなくなりました。
常日頃、道を譲ってもらって当然!などと思って暮らしていた訳ではもちろんないですが、そういう場面で男性が女性を優先してくれなくなって、改めて「今まで男性は女性によくよく気を使ってくれていたんだなぁ」と、今更に強く実感できるようになりました。

今の女性があまりにも態度が大きくて生意気だから、平等という名の特別扱いを声高に叫ぶから、男性だって腹も立つし「平等というなら気を遣う必要はない」となりますよね…。

あるいはもっと根深く、自己中心な人間ばかりになった時代のせいなのかも知れませんが…。
この間会社のビルの狭い出入り口ですれ違った男性は、まだとても若いのに声をかけて気持ち良く通行を譲ってくれて、感心しました。そういった躾の良い方も男女共にまだまだいるのだと理解してはいるのですが、全体的に人の心に余裕がなく、弁えのある者ばかりが損な思いをするようなことも増えて悲しく感じられます。
モモ | 2016/12/31 4:03 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/153
この記事に対するトラックバック
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 2009年10月11日、野田佳彦財務大臣は、千葉市中央公園で「韓日」友好の催しとして行われた「マダン祭」に参加し、「8月30日の衆議院選挙におき...
←もひとつクリック!


 フォローお願いいたします