日本の面影

Glimpses of Japan   旧:うぃすぱー・ぼいす
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< 竹島を武力行使で即奪回せよ! そして、まずは容易に取り返せる古代における朝鮮半島の日本府“任那”を日本史上に奪還し、日本人に再教育せよ!
〜 韓土の日本領も奪回! 朝鮮半島にある前方後円墳
| main | 子供が作った、まりつきカラクリ人形です >>

離婚と自殺の増加トレンドは一致 〜 離婚・自殺と宗教の関係
〜 加えて自殺増の背景には、日本の特殊な人口構成が影響

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2014.12.4)
ここで自殺者数推移について検証してみましょう。
前に私が予言していた通り、団塊世代の年齢移行により、それまで突出して多かった50歳代の自殺と、60歳代の自殺者数が2010年に逆転しています(下グラフ 赤○部分)。けれどなぜかその後の2012年、13年と、60歳代も全体も自殺者が急減していますね。これは何なんでしょう。自殺要因を持った人が減ったというより、安倍政権になって集計の仕方が変わったのではないかと勘ぐっています(自殺認定基準の変更等)。あるいはこのところ老人の生活保護受給者が急増していることから、生活保護で生きながらえる人が増えたことも可能性としてはありそうです。
(参照サイト http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2740.html

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

---------------------------------------------------------------------------
(2010.7)
日本に自殺が増えたということで、マスコミや各所で、やたら失政による不況のせいだと騒いでる連中がいるが、このところ自殺が増えた本当の原因は全く別のところにある。
ただし、政策のせいというのは、当たってる部分もあり、もっと突っ込んで言えば、このところの左巻き政策のせいである。

日本の自殺と離婚の増加はほぼ一致する。
離婚増などによる日本の家族崩壊が、日本の社会すべてに悪影響を及ぼしてるのだ。
離婚と自殺には、相関関係がある。下のグラフをよく見ていただきたい。
日本だけでなく、離婚率と自殺率の高い国というのはほぼ一致する(後述するが米英を除く)。





安直な離婚は、人生の破綻につながりやすい。
1990〜95年頃から、日本は離婚が増えはじめ、追いかけるように、自殺も増えていった。

日本は以前から自殺傾向が割と高い国だったが、離婚増と自殺増が最も顕著に表われているのが韓国だ。
もともと離婚率も自殺率も日本よりずっと低く、儒教倫理規範が強かった韓国だが、やはり日本と同じく、95年以降の左巻き政策の影響か、離婚の急増に合せて、自殺が激増した。

韓国が儒教国家というのは過去の話で、離婚率・自殺率の高さからして、家族崩壊の度合いは、今や日本以上といえよう。
流れとしては、離婚が増え、その後、自殺が増え始めるというウェーブをつくる。

心の拠り所を失う家族の崩壊は、即自殺増に直結する。
すぐに離婚だの、女性の自立だのDVだの、騒ぐ左巻き諸君、それを煽る左翼マスコミは猛反省すべし!(左翼マスコミは日本の家族破壊目的を達成しただけ!?)

結婚なんぞ古くてバカバカしい形態だの、父親不要論を唱えるような、急進的キチ害フェミニストは、今後、間違いなく地獄に落ちよう。
自堕落な母親のツケは、将来の息子の離婚、孫を奪われ、そして自殺・・・犯してきた罪の全部が未来の自分に戻り、最悪の結果となって返ってくるであろう。

無知な日本人(愚民)に対して離婚を煽る、日本の左巻き勢力や左翼マスコミの責任はそれ以上、非常に重い。
左巻き弁護士の家庭とかも、もっぱら崩壊しているようであるが・・・・・

一般人の先を行き、ポコポコ子供を作って結婚してはすぐ離婚する、社会へ非常に大きな影響力を持つ現代の芸能人・著名人たちにも、天誅が下されるのは必至となろう。


さらに、日本で自殺が増えている大きな原因として、もう一つある。
実は、自殺の半数が健康を苦にしてのもの。

原因・動機別 自殺者数比率  [平成21年中(2009年)・警察庁調べ]

しばらく団塊世代が60代に当たる時期で、60代といえば、最も健康を害しやすい年齢だ。

下の年代別自殺者数推移だが、90年代末から2000年代までは、50代の自殺が突出している。これは団塊世代が50代だったことによる。

当面は団塊世代が60代になるから、今後は60代の自殺者数が50代のそれを超えて、ここしばらく突出し続けることになるだろう。



このグラフ推移を見てもわかるとおり、自殺者の比率が50代から60代に移りつつある傾向が既に伺える。

わずか4年間の団塊世代だけで900万人もいるのだから、こうなってしまうのは仕方ないともいえる。
参照:日本の年齢別人口構成

加えて現在、60歳代以上の熟年離婚が、何と離婚数の2割を占めるほどになっており、今後しばらく団塊がその年齢に当たることもあり、今のままだと熟年離婚がしばし激増するだろう。

それに団塊世代は、自分の子との親子関係であまりうまくいっていないケースが多い。
これは団塊世代が、自分の親からしっかり愛情を受けていないケースが多く、自分の子への愛情表現方法がわからず、子供との付き合いがヘタになりがちだったことによる。

さらに30代の団塊ジュニアの未婚率、これまでの30代に比して際立って高く、もう60を過ぎる団塊世代だが、孫がいないのもめずらしくない。年齢別人口構成を見ても明らかな通り、団塊ジュニアの人口は多いのに、そのジュニアにあたるべき子供の人口が全く増えていない。
熟年離婚をしてしまい、孫もいないとなれば、自殺するに当たってのしがらみもなく、変な言い方になるが、命を絶ちやすい環境にあるとも言えてしまう。

だから結論として、政策なんかに関係なく、ここ10年ほどは60代の団塊世代の自殺が急増するだろう。
痛ましいことだが、そうなるのは間違いない。

自殺が多くなるのは、不況だの、政策のせいだけではない。自殺の最大の原因が健康を苦にしてのものであり、現在の日本の年齢構成上、自殺が多いのは仕方ないといえよう。
だから日本での自殺は、政策に関わらず暫く減らない。今後しばらく60代の自殺が減ることはないだろう。

団塊世代の多くが亡くなっている、20年後になれば、自然と日本での自殺が減っていく可能性はある。

しかし、民主党政権での左巻き共産主義政策が定着してしまえば、年寄りだけでなく、急激に若年層の自殺がかえって増えていくこととなるだろう。
理由は、左巻き政策により離婚が急増、さらに道徳・倫理教育の欠如による、強い生命力を持たない者がはびこることとなり、日本人が逆境に対応できない、より弱い精神性の者ばかりになるからである。


そして日本は、なぜ昔から欧米に比べて自殺が多いのか。
これは、欧米と違って、無宗教であるのが大きい。
無宗教で信仰心のない日本人に、左巻き教育するのは非情に危険だ。
生きていくに必要な忍耐心、現実適応力などがナシ崩しとなり、日本人の人間力が崩壊する。

やはり、生きていく上で、信仰心というものは絶対に必要。
信仰心というのは、神を信じるとかそんなことではない。
たとえ辛い境遇でも、それをプラス転換して、前向きに生きれるような教えを信じること。

「辛い試練を乗り越えれば、必ず実りある結果が得られる」

「悪いことをすれば、バチが当たる」

「自殺も罪である」


等、これだけを信じるだけでも、立派な信仰心だ。

今の日本は、左巻き政策・教育のせいで、こういった生きていく上で信条とすべき大切なことを、どこも教えなくなってしまった。
昔の親は、こういうのを当たり前に子供へ教えていたが、今ではこんなこと教える親、果たしてどれだけいるか。
だから、ツライことからすぐ逃げる、何でも人のせいにする、自称弱者が急増した。

上記グラフの通り、米国は離婚が多くても、自殺が非常に少ない。もちろん、自殺を禁じるキリスト教による倫理観を、小さな頃から教えられてるからこそだ(自殺しなくとも、肥満による自然死が多いからという一説もあるが)。
それに、年寄りでも教会などで常に人と交流していることは、自殺防止の作用が働く。
日本の多くの老人には、欧米における教会のような役割をするところが全くない。

さらに、ロシアやベラルーシなど旧ソ連諸国は、極端に離婚も自殺も多い。これは共産主義思想で宗教がしばらく禁止された、信仰破壊による後遺症だ。
ロシアでは、ロシア正教復権の兆しがあるようだが、これが普及していけば、自殺減につながっていくだろう。ただし効果を得るには、何十年と世代を経なければならないほど時間がかかる。





熱心なクリスチャンの多い、米英やイタリアは非常に自殺が少ない。
米国はプロテスタントなので離婚は多いが、自殺が少ない。
カトリックの本家 イタリアは、離婚も自殺も非常に少ない。

米国は、不況でも自殺が少ない。不景気の時でも、米国人は簡単に自殺しないのである。
その代わり、ストレス、肥満による病気、死亡が増えているようだ。

イエスがもう一つ、「太るな」、という教えさえ説いていれば、これほど肥満が増えることもなかっただろう。

日本は、肥満は少ないが自殺が多い。
やはり自殺を禁ずる、宗教的教義が存在しないのが大きく影響している。

途上国に自殺が多くないことからも、自殺は経済的豊かさより精神性、個人の問題であり、宗教や信仰の影響も大きい。
多くの日本人は信仰を持たないが、たとえば日本人がみなクリスチャンになったりすれば、自殺を禁じるキリスト教の教えにより、当然自殺は激減する。

恐らく今でも、統計は出ないが、日本人で信仰を持ってる者の自殺は、持たない者に比して、極端に少ないと思える。
信仰を持つ者は、どんなに辛いことがあっても、それを人生の試練と考える。要するに、信仰のない者とは、根本的に発想法が異なるのだ。


先進国でも熱心なカトリックの多い、イタリアの離婚と自殺の少なさは注目に値するが、これさえも世界全体の左傾化で崩れつつある。

また最近、フランスは極端な左巻き政策により、2003年頃から離婚の増加で、母子家庭が急増しているようだ。
もともとフランスは、カトリック信者の多い国であったが、最近はキリスト教離れが著しいらしい。
このツケは大きいだろう。この政策をとり続けると、これからフランスは自殺が急増していくと自分は見ている。

あえて、自殺防止に最も効果的な政策をあげるとすれば、日本人にしっかりした信仰を持たせることであろうが、実行は極めて困難。たとえ実行するにしても、変なカルトが蔓延する危険もある。

『 イム・ニン・アル 』 オフラ・ハザ Im Nin'Alu - Ofra Haza(1988)
折しもワールドミュージック・ブーム、大人気だったイスラエルの女性歌手 オフラ・ハザ(詳しくは右画像クリック)。若くして2000年に故人に(エイズ)。既成曲をクラブ調にアレンジ、世界的にヒットした「イム・ニン・アル」、ヘブライ語の「I Love You」。博愛ではなく、まずは家族を愛しましょう。女なら夫と子供、男なら妻と子供。それを最上の美徳とする価値観づくり。節操ないメスブタは、彼女のようにエイズで死んでも知らないよ。それに付き合う同類の男も同じ。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

---------------------------------------------------------------------------
◆最も有害なのは反日法案より今のフェミニズムだと早く気づいて!

◆専業主婦の出現が抜群の家庭安定をもたらした!〜長期で見る日本の離婚率推移

◆自殺対策なんて、奴らは利権化することしか頭にない! 〜 公の“萌え”、パッパラパー化について

◆共産主義は資源のない日本では成功しない 〜 真っ先に共産化すべきは利権を貪る巨大メディア

◆命より大切なもの、それが “人間の尊厳”〜『 母に捧げるバラード 』に見る、日本のおっかさん 真の保守精神 〜 スポットが当てられる幼児遺棄事件、もっと広く深く見て!

◆美人はバカで性格悪いのが多い 〜 大切なのは、家族の幸せを願う自己犠牲精神

◆日本は早急に離婚抑止政策をとれ!〜 韓国に見習うべきこと

◆特に男の子がいるなら絶対読むべし! 〜 フェミ女に巻き込まれた男は破滅

◆自分は家族崩壊!エセ人権派弁護士の正体

◆失われた日本人の精神性と天皇の祈り 〜 信仰とは信条を持つこと。神を信じる否かは関係ない 〜 母と子が父の無事を祈る『里の秋』

◆心の拠り所と守るべき人を持たなくなった日本人 〜 親も兄弟姉妹も、友達も学校もみんな嫌い

◆投機王リバモア 人生の失敗とは 〜 巨万の富でも賄えない喪失感

◆家族の絆さえシッカリしてれば、人間は幸せでいられます!〜 腐りきった価値観を捨て去りましょう
トップ | 失われる家族の絆 | permalink | comments(14) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

こんにちは。
自殺の多いロシアですが、旧ソ連やカンボジアなどの共産圏では、宗教の禁止以外にも家族の破壊もやっていましたね。
カンボジアでは、それまでの家族関係を全部壊し、政府が決めた相手と強制的に結婚させられ、女性はまさに子供を産む機械にされました。

ソ連では、親子といえども体制に逆らう人間がいれば密告することが奨励され、12歳の女の子が両親を告発した事件がありました。彼女の告発で両親は処刑され、彼女は国家に讃えられ、国家が育てるとソ連政府が発表しました。しかし、数年後に親類の手にかかって殺されてしまいました。

そういう後遺症も残っていそうですね。
maaz | 2010/07/24 3:32 PM
こんにちは 興味深く拝読させていただきました。宗教心は 私は修身などの復活があれば違ってくると思います。やはり日教組が最大の癌だと思います。というのもキリスト教に始まる宗教というものが歯止めというのに反対だからです。

私は欧州に住んでいますがどうしてこんなにみんなキリスト教徒なのに盗みと嘘と そして何よりつい数百年前まで侵略の歴史があるのかと驚くからです。カルトも嫌ですし キリスト教も信頼に足りません。やはり日本は戦前の価値観を半分でも取り戻すべきです。
yaegaki-hime | 2010/07/24 5:24 PM
こんにちは
読み応えのある記事とちょっと一息つける動画でいつも楽しみです。
オフラ・ハザが亡くなっていたとは!
全然知りませんでした。
軽く浦島太郎です(- - ;)
Y | 2010/07/26 1:09 PM
左派右派かかわらず、「自殺者が3万人を超えている。小泉改革がッー」と言う人が多いです。

しかし上の自殺者数のグラフを見ると、不思議なことに1998年にポンと跳ね上がっています、全年齢で。
三洋証券が倒産した年で、経済的な理由だ、と言う人もいますが・・・、なんだかな〜。

私は、統計のとり方を変えたのではと疑っています。
八目山人 | 2010/12/29 11:45 AM
>イエスがもう一つ、「太るな」、という教えさえ説いていれば、これほど肥満が増えることもなかっただろう。

爆笑しました(笑。
アメリカ人は恋愛するのもマニュアル通りの国民性ですから、効果大でしたね。アメリカ人はここ50年で平均身長も低くなってます。健康被害は深刻のようです。

>あえて、自殺防止に最も効果的な政策をあげるとすれば、日本人にしっかりした信仰を持たせることであろうが、実行は極めて困難。

そんなことはないと思いますよ。日本には神道があり、その最高司祭が天皇陛下です。七五三、お正月と今でも日本人は神社に詣でています。天皇陛下を仰ぐことが、自然と信仰を持つことになっているのは素晴らしい仕組みですね。靖国に参拝させないのは、日本人に信仰を持たせないようにしているのですね。日本が傾き始めたのも、この頃からかもしれません。


最近浅野温子さんが、日本の神話を語り継ぐ一人語りを各地で行っていて、話題になっています。日本人がもっと土着の精神に帰れば、復興は近いと思います。

私の住んでいる地域では、いつ地元の神社(小さな神社です)に参っても必ず参拝客がいます。この前道端にしゃがんでいる人がいたので、不思議に思ったら、祠にお供えをしていました。東京の話ですよ。

最近パワースポットという流行で、神社に行く人が増えています。伊勢神社は何の宣伝もしていないのに、参拝客数の記録を更新し続けています。日本人の生活の中に、神社に行ったり、神棚を飾ったりする習慣を取り戻せば、救いになるのではないでしょうか。
おはぎ | 2010/12/29 5:25 PM
そういえば
    ∧__∧
    ( *´∀)  森首相の「神の国発言」問題って、何だったんだろう?
   .ノ^ yヽ、
   ヽ,,ノ==l ノ
    /  l |
"""~""""""~"""~"""~"

愛国勢力大集合 | 2010/12/30 2:46 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2012/01/16 12:06 AM
自殺の原因のトップは病気です。が、病名はうつ病です。自信がないのです。拠り所が無いのです。
『日本人は神道が拠り所だ』確かに其の通りです、しかし神道はいちいち【太るな】や
【姦淫するな】とは言いません、己の良心に従って生きれば良いのです。

良心に従って生きていない人は淘汰されるべきなのかもしれませんね。

淘汰を間逃れし者達の子孫のみが大和民族
であるべきだ、との教えなのかもしれませんね。

後藤 | 2012/01/16 3:42 AM
枝野について

高齢出産の双子の子供がいて、2人とも精神障害があるらしい。電車などで、突然叫んだり、独り言を言ったり、挙動不審の子供がいますが、その類いのようです。

枝野は子供に会いたくないから、官邸で寝てから帰るそうです。

http://www.nikaidou.com/archives/13495
通りすがり | 2012/01/16 3:59 PM
離婚ビジネスの構図
http://barubarubon.blog.fc2.com/blog-entry-109.html

高齢者優遇、女性優遇をやめれば人口バランスが自然に近いものになるかも
http://barubarubon.blog.fc2.com/blog-entry-204.html
通りすがり | 2012/01/16 4:08 PM
ダルビッシュ、年俸1億2000万・20年契約を要求

タレントのダルビッシュ紗栄子(サエコ、25)が、現夫であるダルビッシュ有(25)に年俸1.2億の20年契約という超大型契約を要求していることが判明した。

サエコは2008年にダルビッシュと交際を始め、交際開始わずか3ヶ月でできちゃった結婚を敢行。その後は過去の数多の「短期間交際+でき婚タレントカップル」の例に漏れず、翌2009年の時点で早くも夫婦同士の浮気や不仲説が浮上し、離婚は時間の問題と言われていた。しかし予想に反して翌2010年3月に2人目の子供(次男)が生まれたことで、「子はかすがい」の諺の通りに夫婦仲が修復するかに思われていた。

しかし同年7月にダルビッシュ側の浮気が再度発覚すると、サエコは戸籍上は一応ダルビッシュの子である子供2人を引き連れてとうとう別居。現在は代理人のベビーシッターと共に、ダルビッシュ側と離婚契約に向けた協議を始めていた。その協議の中で、サエコ側は年俸1億2000万円の20年契約、総額24億にものぼる契約を要求した模様である。

契約協議の場で、サエコ側はこれまで「嫁」としてダルビッシュに貢献してきたポイントの数々を156ページにも渡る資料にまとめてダルビッシュ側に提示した。その内容は以下のようなものであった。
サエコのヘリウム声をこれまで思う存分聞かせてあげたこと。
サエコのナイスバディを少なくとも2回以上ダルビッシュに好き放題弄らせてあげたこと。
ダルビッシュの浮気などの行動について無言を貫いたことで、ダルビッシュの評判をキープできたこと。
事あるごとに子供のことを「チビダルくん」とブログで呼び、ダルビッシュの宣伝を継続して行ったこと。
あまりにも手抜きな手料理を度々披露して「ダメ嫁」キャラを定着させ、相対的にダルビッシュの評判を上げたこと。
今年はフォトエッセイ集も出し、Amazonのレビューで狙い通り大炎上に成功したことで、更にダルビッシュの評判を相対的に上げたこと。

これらのアピールに加え、子供の養育面で万全を期すために高価な住み込みベビーシッター(♂)を雇っており、今後子供たちが成人するまでの育児の質をキープするためには年俸1.2億は「最低ライン」(サエコ)であると訴えている。また現在25歳のダルビッシュはプロ野球選手としてあと20年間現役を続けられる可能性はあまり高くないが、仮に現役を引退して年間1.2億の支払いが困難になった場合は「臓器を売ってでも払え」と要求している。

このようなサエコ側の要求に対して、ダルビッシュ側が提示した金額は年間1200万と10倍の開きがある。また「何で勝手に住み着いているヒモの分まで金払わないといけないのか分からない。そもそも長男も次男も本当の父親が誰なのか未だに分からない」とダルビッシュ側は発言しており、今後の交渉は困難を極めると見られている。

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/UnNews:ダルビッシュ、年俸1億2000万・20年契約を要求
通りすがり | 2012/01/16 4:11 PM
1955年から58年位まで
2003年と同じ位、数値が
ほぼ一緒になっていますが
どうしてでしょうか?
まさ | 2012/01/16 5:43 PM
良心の無い人間が増えましたね…。

日本人は正義と罪の文化ではなく、誇りと恥の文化です。
従って、誇りと恥を失ったら後進国と違いありません。

電車で化粧をし権利を叫ぶ女達、風俗に酒に溺れだらだらする男達、ゴミを道端に捨てる途上国精神の発露
こうなったのは誇りと恥を失ったからですね。


男達の自殺を止めるにはやはり守るべき存在が必要ですよ。守るべき存在は誇り高い人間の生きがいになります。
もちろん、守るべき存在は守りがいの無い傲慢で汚らしい娼婦ではありません。
恥の文化でない西洋の男達は女にぶら下がられるのを嫌悪し、確信犯的にフェミニズムの恋愛至上主義を正義として利用しています(彼等は、ヤり捨てて子供だけ攫っていくのが理想)が、日本の男達はプライドが高いのでむしろ精神的ダメージを受けている訳です。
そこに漬け込んで更に男性叩き、西洋の無責任男には鼻糞でも、日本の男達には効き目抜群です。
しかし、日本の男=結婚したい、西洋の男=結婚したくない、これだけ価値観に差があるのは文化でしょうか?。どうも、西洋の偉人はみんなそれらしき事を言ってる。


しかし、これからは女性の自殺も増えますよ。
女性のホームレスが出始めています。
二十代になるまでに女性の6割が非処女で、結婚の資格を失っています。男性は9割(処女好きでなく)非処女NGです。
これは
これからは政府が破綻し、優遇それ自体が継続できず、生活保護も払えなくなり、男性に頼らざる得なくなるというのに大半の女性が頼る資格を失っている事を意味します。

スケコマシ不潔→童貞キモい処女格好悪いの価値転換は非常にマズいです。
マスコミや教育の罪はどれだけ深い事か…
通り過ぎるオタク | 2012/03/24 8:26 PM
1998年に自殺者数が突然増えていますが、これは消費税増税のせいです。(3%→5%)
このとき増えた自殺者は男性のみであることからも、消費税のせいで企業の倒産が相次いだことがわかります。

5%→8%はなぜか増えませんでしたが、おそらく自殺者を「変死」に分類してごまかしてるのだと思います。
(安倍・自民は情報工作=国民へのウソつきを平気で行いますので)
ななし | 2015/10/07 4:02 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/129
この記事に対するトラックバック
←もひとつクリック!