日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー
<< “恥の文化”から“恥知らずの文化”に成り下がった日本 | main | 日本政府は死ね死ね団に乗っ取られた!
〜 今の日本を予見した“月光仮面” 川内康範 >>

美人はバカで性格悪いのが多い
〜 大切なのは、家族の幸せを願う自己犠牲精神

人気ブログランキングへ ←はじめにクリックお願いします m(__)m
(2010.7.16)
「美人はバカで性格悪いのが多い」
現代の既存価値観をブッ潰せ! 愛する子がいるなら、こう教えておくべし!
特に男の子の場合は、概ねこの習性を本能的に持たせ、美人を見たら警戒感を持つくらいでちょうどいい。

白雪姫の美しく腹黒い継母の話、ピーターパンに出てくる美しい意地悪な人魚たち・・・
昔の物語には、元々こういった教訓めいた、美しいものに潜む悪魔のような存在の女がたくさん出てました。「綺麗な薔薇にはトゲがある」。

しかし最近の左翼、フェミニズム傾向の元では、そういった人間的本質に関わるものが封印されようとしています。
ヘンゼルとグレーテルでも、子供を捨てようとするのはお母さん、日本の舌切りスズメでも、スズメの舌を切るのは意地悪なおばあさん。
もちろん、カチカチ山のようにタヌキに殺されてしまう優しいお婆さんの話、花咲か爺さんのように強欲な爺さん・男たちが出てくる話だって、たくさんあります。

こういった教訓めいた話が、左翼系の絵本ではなくなってしまい、子供たちが、人間の本質を見抜けないバカばかりになってきています。

TVなり何なりで見かける女の子に対して、もちろんウチの子も「カワイー!」とか、前はよく言ってました。
しかしウチではそういう時、
「美人はバカで性格悪いのが多い。可愛いかどうかなんて関係ないの。家庭的で優しい、家族を大切にする女の子を早く見つけて、結婚しなさい」
ウチでは、口が酸っぱくなるほど、いつもこう言ってます。まだ保育園の小さな子供にですよ。
でも息子は、どこぞの女の子を見て、バカっぽく「カワイー!」なんて言うことは、既になくなりました。

内面を見抜ける術を持ち、上っ面にこだわらない人格を身に付けれたなら、きっと周りの人(女性)からも好かれ、結果的に美人で性格のいい娘を獲得できる確率が何倍にもなるでしょう。
たとえ美人でなくとも、家庭的でやさしい伴侶を得れたなら、人生は大成功。間違いなく幸せになれます。
「良妻を得たキミは幸せになれる。悪妻を得たキミは哲学者になれる」  ソクラテス
こんな時代でも、こういう価値観を、ウチのように小さな子供のうちから徹底的に叩き込んでいる家があることを、覚えておいてください。

女の子なら、外見を着飾ることばかりにこだわり、いい男が欲しい! 
-------そんな気持は捨て去らせ、まずは自分の内面を磨くよう徹底的に叩き込みましょう。

そうすれば、その女の子も、きっと自然にいい男と巡り合えるようなるでしょう。
そして、できるだけ早く結婚させること。

昔は、なぜ女の子に結婚を急がせたか。
遅くなれば変な経験ばかり積んで、それだけスレてくるし、理想もどんどん高くなって、現実感のない女になってしまうから。

女が外面を着飾るのは当然、別にそれ自体を否定するわけではありません。もちろん外面がいいことで、得することもあるでしょう。それで、いい男とくっつけた。でも、本当に得したかどうかは、最後までわからないのです。
外面ばかりにこだわって、内面を磨こうとする女性、てんで見かけなくなってます。そもそも内面の価値・意味すらわかっていない。

もちろん、男だって早めに結婚すべき。
最近の現実離れした美少女アニメの幻想・・・
男なら、誰もが振り返るような女を連れ歩きたい! ……
そんなこと、いつまでも考えててはダメ!

昨日に続いて小学校の先生の話
小3の時、足の骨を折って入院したことを書いていますが、その時に関連します。
他の生徒たちからは、若くて美人と評判だった担任の先生がいました。
しかし、その○○先生は、教え子である自分が骨を折って1ヶ月入院してた時、見舞いにも来なかった。
そして、ある友達と私が遊んでいて、その友達が勝手に転んで怪我をしたことがありました。そいつは私に押されてケガしたと、周りや家に言っていたらしい。
その時の担任の○○先生から、そのケガした子の賠償・治療費だとして、ウチの家に金を請求して支払わせていたらしい・・・当事者である自分には一切、何の確認することもなしに。いつのまにか知らないうち、勝手に私がワルモノにされていた。
担任としての管理責任そっちのけで、子供の保護者に責任を求める学校の先生。とても左翼、日教組的ですね。


話は変わります。
先日、七夕がありましたよね。保育園の短冊に書いたウチの子の願い事。
「何をお願いする?」、と子供に尋ねて、書いたもの。

「みんなが幸せになりますように。」
「やさしくて親切な女の子と結婚しますように」
あと一つ、確か何が欲しいとか書いてた気がします・・・

おうおう、100点満点じゃないの ^▽^)
そうそう、自分の幸せでなく、まずは周りのみんなの幸せを願うこと。
それと、外面よりも内面重視の結婚観。
そうすれば、必ず自分の幸せもついてくる。

まずは家族の幸せを願うこと。
女なら、夫と子供・・・
男なら、妻と子供・・・
それから、お父さんやお母さん、お爺ちゃんやお婆ちゃん、孫・兄弟姉妹なり、自分に合わせて周りのみんなの幸せを願えばいい。

「幸せになりたい!」
そう、思った瞬間、幸せなんて遠のきます。そう思ってる限り、自分の幸せなんて永遠に訪れないのです。

誰もが幸せになる権利を持ってます! 輝ける人生を! 一度しかない人生を楽しみましょう! 自分らしく生きましょう! --------
み〜んな、人を楽な方へおびき出して破滅に誘う、左翼マスコミの戯言です。
最近のマスコミが作り出す変な幻想、耳障りのいい甘言にそそのかされてはいけません。

大切なのは、家族にだけは幸せになってほしい、その自己犠牲精神。
辛く、きつい仕事でも、家族を食わせ、守るため、必死に働こうという気持。
毎日、地道な家事ばかりでも、家族みんなが幸せになっていれば、それだけでいいという気持。

それどころか、「なんで自分だけ、こんな目に・・・自分だけ損してる・・・」
-------- そもそも発想の仕方が間違ってるのです!

「男の人は、仕事で頑張れば評価されてお金も貰えるけど、家事なんていくら頑張っても報酬あるわけじゃないし・・・」
そんなこと言ってた覚えある方、骨の髄まで拝金主義に侵されてますよ。
そんな発想、金輪際、一切捨て去りなさい!

自分の幸せよりも家族の幸せ! 家族が幸せになればこそ、自分も幸せになれる!
それを実践、そういう価値観形成、社会づくり。
刹那的な快楽、薄っぺらな幸せを求めようなんて、思わないことです。
そして家族全体、子孫代々、同じ価値観が共有できるよう、小さな頃から教え続けること。

この価値観作り、選択の間違いさえしなければ、必ずや幸せは訪れるでしょう。
もちろん、その選択を間違ったら、どういう惨めな人生が訪れるかも、しっかり教えておかなければ、単に子供に反発されて終わってしまうでしょう。
今の自分にはそこまで教えることができますが、もしかしたらみなさんの中には、そこまで子供たちに教えることは、難しいと考える方もいるかもしれません。
でも、そこまで教えることこそ、とっても大切なことです。このサイトには、それを教えるいろんなヒントがあります。
もちろん幼児のうちは、そこまで言う必要ありません。しかし小学校半ばに入る頃には、そういったことにも触れていかねばなりません。
何とか子供たちに伝えてみましょう。

親だって、頑張らなければなりません。親だって、決して楽してはいけません。
子供に、TVばかり見せたり、TVゲームを与えてあげれば、親はとても楽です。
でも、堕落した子供は、堕落した親から生まれるのですよ。
昔はTVもゲームもありませんでした。学校だってありませんでした。
そんな中で、親はどうやって子供たちに教育、シツケしたのでしょう。
畑仕事しながら、合間に子供たちと遊んであげたり、虫や小動物をオモチャにして遊んだり・・・

男性も、仕事で疲れてても、特に子供が小学校低学年ぐらいまでの小さいうちは、5分10分、ちょっとだけでもいいので、必ず毎日一緒に遊んであげましょう。お風呂に入れてあげたりとかもいいでしょう。
別に毎日でなくてもいいです。時間と体力の許す限り。

遊んであげないけど、毎日、お土産を買ってきてあげる・・・これもダメですよ。これではスネ夫タイプになってしまいます。
小さい頃、一緒に遊んであげたりスキンシップがあるのとないのでは、将来の親子関係に雲泥の差が生まれますよ!
ただ一方的に、国を愛せ、親を大切に、なんて言っても、子供たちには決して伝わりません。 (続く)

『こんにちは赤ちゃん』  歌: 梓みちよ (1963)
懐かしい昭和の香り、優しいママのイメージいっぱい。そして赤ちゃんができてからの、ママとパパのジレンマをさりげなく唄ったこの歌を、改めてお楽しみくださいませ。

人気ブログランキングへ  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

---------------------------------------------------------------------------
(続き)◆親がどれだけ遊んでくれたか、子供は必ず覚えています 〜 親に対する“好き嫌い”の根底にあるもの

◆そして左翼マスコミは、働く女性と若いママ向けにはこんなものを用意 〜 キレイとカワイーにしか価値観を見出せなくなった女たち

◆男の子には、仕事やお金より大切なものがあることを実感させておくこと 〜 子育てについて 男の子編

◆女子供の洗脳で男もバカになった! 〜 コストでは代えられない精神性

◆自然の摂理に反し続ける日本 〜 歪曲された男女観と価値観

◆自分は家族崩壊!エセ人権派弁護士の正体

◆そもそも、生きるとは辛いもの 〜 ピープル・ハブ・ザ・パワー

◆保育園拡充・幼稚園との一元化に発せられる、反日教育集団 日教組の思惑 〜 保育園・幼稚園にまで、反日左翼教育の魔の手が及ぶ!

◆フシダラ女には“ズベ公”、“アバズレ”の蔑称を!〜 女こそ使いまくれ

◆フェミニズム家庭崩壊=左翼 朝日新聞=朝鮮 〜 腐った反日新聞の朝日

◆「母はハリウッドに殺された!」 〜 何でも周りのせいの左翼脳とは

◆女の子には“赤い靴” 〜 親不孝娘を描いたアンデルセン童話のダイナミズム
トップ | 保守系 子育て 教育 | permalink | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

電車で見かけた二十歳前後位の女性3人連れ
カバンに付けたキャラクターを、さかんに
「カワイー」とか言ってました
詳しくは知りませんがミッキーマウス
とかたしかその手のものです
近頃の女どもそれも二十歳にはなったと思わ
れるような大人が「カワイー」とか言ってる
のを聞くと「お前ら、いくちゅだ」と思わず
テレビのバラエティーとかでスタジオに集め
られた女どもがさかんに「カワイー」なんて
やらされてますね
こういうのってやっぱり奴らの白痴化工作
なのでしょうか
こんな単純な言葉一つで人間の精神を変えら
れるとしたら、何と恐ろしいことか
憲法だの日の丸だの言う前に、
日本は終わっちまう
サファイア殿のご子息様の爪の垢でも飲ませ
たい
すしめし | 2012/10/08 9:14 AM
美人は本当にバカで性格悪いです。

美人は全員アバズレです。

美人で性格いい人なんていません。

美人が同性から嫌われるのは単純に性格が悪いからです。

本当に性格がいい人は老若男女に支持されます。

美人は年とったら白雪姫の魔女になります。

日本の昔話に、美人に声をかけたら化け物だったという怪談話が多い由縁。
ゆじゅ | 2013/07/15 10:05 PM
ある意味、美人は気の毒です。美人であればあっただけ、年を取ることへの恐れも生まれるし、自惚れに溺れてる分、心の美しさの大切なんて考えにも及ばないし、美醜にしか拘るものを見いだせない。ゆじゅさんの言うように外見しか誇るもののないバカばかりで。

私は整形に関しては全否定するつもりはありませんが、結局、顔の形を整えたところで内面の美しさを確立できていないかぎり、どれだけ形をいじったところで意味はありません。
(勿論、いい男を捕まえるためにとか、もてるためにとか、そういう理由での整形は問題外)

肝要なのは親が

「美醜がすべてではなく心の美しさが大事である」という価値観を子供に徹底的に教え込むことでしょう。
そのためにも、容姿コンプレックスを過剰に刺激するような昨今の低俗なメディアから子供を守ってあげなくてはならない。

これさえしっかりして流行などに流されない価値観をしっかり子供に根付かせられれば、容姿の美醜なんかで悩むこともなくなるでしょう。

たるんだ胸にシリコンを詰め込んだり、自然なしわを引き伸ばして不自然なつるつる肌にしたり、そっちの方がシワクチャの婆さんになるよりずっと気持ち悪いですよ。
あっとまーく+ | 2013/08/28 3:15 PM
知り合いの美人な奥さん、娘が自分に似ずご主人似のかわいくない顔に産まれてしまったものだから、何とかおしゃれな子にしようと、とにかく流行物を考えなしに取り入れ与えまくっています。
見てくればかりにこだわるものだから、娘に流行の太もも丸出しのショートパンツやミニスカートをはかせるものの、娘がその恰好であぐらをかいたり、足を広げているのには知らん顔。

上であっとまーく+さんが書かれている「美醜がすべてでなく心の美しさが大事であるという価値観」がすっぽり抜け落ちているんですね。
それでも周りの奥さん方からは「おしゃれな家族」ともてはやされているのですよね。
娘さん自身はお利口な子なので、立ち居振る舞いなどをきちんと躾ければ、もっと魅力的な女性に育つでしょうに。

まだまだマスコミの流す情報を鵜呑みにする人も多いでしょうが、心の美しさが大事という価値観を持った親御さんが少しでも増えていけばいいのに、と思います。
しまりす | 2013/08/30 5:02 PM
美人でも性格良くて教養のある上品な人いますよ。ただ、外見ばっかり気にして「私カワイ〜!」な品も教養も無い中身すっからかんタイプの美人が圧倒的に多いのも事実ですね。

高須クリニックを利用する整形美人のブログ
http://ameblo.jp/momotimi/


彼女に対して「かわいーですね!」「芸能人みたい!」のコメが多かったものの高須クリニックの医師のブログのコメント覧で中傷され激怒。下品な暴言吐きまくり性格の悪さを曝け出しました。

http://ameblo.jp/drmikiya/entry-11627969601.html#cbox

勿論中傷する方が悪いです。でも、あんなカワイイ外見の人がこんなに乱暴で汚い反論するなんて…と傍観しててショックでした。人間(特に女の場合)って外見で殆ど判断されるから見た目をきちんと整えていないと駄目なんだと思ってましたがあれを見て性格の美しさも重要なのだと気付かされましたね。
柘榴 | 2013/11/02 4:41 PM
創価学会の佐々木さやかも美人ですが、経歴を見ると、もろ学会にどっぷりとつかった創価大学卒なので、外側の論理はあんまりわからないんでしょうなあ。

題目の唱えすぎで声がどすの強い岩手弁になっている。
toi | 2013/12/09 2:36 PM
美人に警戒するってのは昔話とかにもある通り人間の裏を見ろっていう教訓でしょうね。

どんなに美人でも性格がカスだったり、無知無教養の馬鹿だったら近寄りたくないでしょう。ネットオタクの「カワイイは正義」ってのも元々二次元限定の話や、現実の尻軽売女に対する皮肉ですよ。
それに二次元女も今の声のデカい糞ビッチ共に嫌気がさした連中が作った理想(幻想)だから許されてるだけですし。二次元でも、美人でも性格が逝っちゃってる連中は比較的オタクから嫌われてます。一応。

しかし、見た目でわかることもありますよ。
糞チョンなんて、いくら整形しても醜悪で薄汚い本性が滲み出てるじゃないですか(笑)。
あっ、すみません。連中は整形しても美人からは程遠い存在でした。
ただ、内面が容姿に反映されるってのは少なからずあると思います。
イムヤ | 2014/06/26 11:55 PM
外見重視の風潮の中では、「美人は性格が良い」と言われることが多いです。その理由は、小さいころからチヤホヤ大事にされてきたので、人に対して明るく素直で、虐められ続けてきたブスのようにひねくれていない、などです。
確かにそういう一面もあると思いますが、それって単に恵まれた者の世間知らずに過ぎないと思います。
思い起こせば子供の頃から、容姿の良い可愛い子は、気が強くていじめっ子タイプが多かった。勿論、性格の良い子もいましたが。
今の風潮の中で「美人はバカで性格悪いのが多い」などと言えば、美人への醜い嫉妬だと叩かれてしまいます。
豆たぬき | 2014/06/27 11:45 PM
着飾るのが当たり前という価値観を刷り込むのは、服屋が儲ける為でしょう

最近ではオシャレしてない男性は不審者扱いですから
犬 | 2018/01/16 2:02 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://whisper-voice.tracisum.com/trackback/122
この記事に対するトラックバック
←もひとつクリック!