日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う
<< 今のまま側室を設けると、皇室崩壊を招きそう
〜 三船敏郎の愛人 喜多川美佳とその娘 三船美佳のフェミ母子を見てみよう
| main | 日本人の心を奪われた日本人 〜 世界最強だった日本軍
〜 守るものを失った日本人 >>

当サイトで最初に読むべき記事・カイドライン

(2015.11.25)
さらにこの後、1日4〜5千人位のアクセスにまで増えてる時期もありましたが、今はずっと減ってしまってます。それでも1日千人を下ることはまずなく、昨日はなぜか最近には珍しく三千人近くが来られたようです。新たに読んでくださってる方も相当数おられることでしょう。
安倍自公政権になり、政治ブログランキング内のカラーもこの頃とは変わってしまいましたが、フェミが批判されないのは相変わらず。街宣左翼やマスコミには極右なんて言われ(これってギャグが混じってると思うよ)、ネトウヨの間では保守政権なんてされてる安倍政権自体が、超フェミ政党なんですし。
朝日新聞らマスコミはよく叩かれますが、一時盛り上がっていた電通のような広告代理店批判が鳴りを潜めてるのも、きっと安倍政権が広報工作部隊に電通系を利用してるからなのでしょう。なので、これからはその辺りへの批判も再度強めなければいけなさそう。

個人ブログを装ってても、アチコチで拡散されてるところはどう見ても個人ではないし、商業保守、商業右翼的な怪しいネット保守芸人も幅を利かせてる。
でも、ここに関しては完全に個人だって気づいてるから善意で私を応援して下さってる方ばかりでしょうし、でも本当に完全な個人なのですから、どういう方が私を応援してくださったり、どんな方に読んでいただけてるのかというのも私自身まるでわかりません。それでも一般レベルでは、この頃から5年以上が過ぎ、フェミのおかしさに気づかれた人ははるかに増えてることを実感します(それもネット上の感触でしかないわけですが)。

古いエントリーはなかなかアゲないものも多いし、ここ1、2年から読み始めた方は古い記事より新しめのところを中心に読まれてることだとは思いますが。
これはずっと前のエントリーなので、今から読み始めるなら、他にもっと読みやすいところがたくさんあるわけですが……読んでほしいところはバナーとかで入りやすくしてるつもりです。
---------------------------------------------------------------
(2011.10.13)
これを書いた頃は1日2000人だと多い方でしたが、おかげさまで今では1日3000人平均ぐらいです。
一人でも多くの方の目に留まればと、いつも願ってるのですが・・・
---------------------------------------------------------------
(2010.7.14)
ここは多くのネット上の保守系サイトと違い、あまり時事ネタは扱わず、時期を問わず読める内容のものが殆どです。
現在、一日千人から多い時は三千人くらいの方々が訪れてくださっています。
ランキング上位のサイトの殆どに、実は何らかの支援組織があったりする中、何のバックボーンもないのに、地味な内容でこれだけ訪れてくださってる方がいることは、私にとっても苦労してやってきた甲斐があるというもの。みなさまには大変感謝いたしております。

最初は某Yの掲示板で、下劣な左翼の誹謗中傷を受けながらやっていたため、奴らの言葉遣いに対抗しての書き口だったことも多く、一般から見ると中には品性のない書き方しているものが多数あるかもしれませんが、どうか何卒、お許しくださいませ。 m(__)m

もともと最初にやりはじめた時は、負担になるので、毎日の更新よりも体系的にまとめることを重視、読み応えある内容を目指してました。しかし毎日更新するとアクセスが伸びるようで、一人でも多くの方々にここを目にしていただきたいという願いにも叶うので、ちょっと疲れ気味ですが、現在は概ね日々の更新を継続しています。

しかし、その弊害と言ってはなんですが、記事が増えてしまい、初めて来た方には、どこから読めばいいのか、わかりにくくなってしまったようです。

そこで本日は、当サイトに初めて(割と最近)お越しいただいた方のために、そのガイドラインとでもいうべきものを、簡単にお知らせさせていただきます。

昨年まで自分は、左翼・売国・反日的な団体や人物・マスコミらを痛烈に非難してました。その時の方が、今の何倍もアクセスがあったりしたものです。しかし、たとえそれら勢力が凋落しても、本来の日本人の精神性の復活がない限り、何ら意味がないと考えるようなりました。そこで従来の日本人の覚醒を目指すため、新たに当サイトを開設し、今のようなスタイルに至りました。

ぶっちゃけて言うなら、今の日本の、フヌケ化してエネルギーの乏しくなった男たちと、自堕落でエゴイスティックになってしまった女たち、それらの一人でも多くに、元の誇り高い日本男児、大和撫子に戻って欲しい。

しかし、家族を愛せ、国を愛せ、天皇を愛せ・・・いくら頭ごなしに言っても、そう簡単に他人に伝わるものではありません。
しかし、それらを怠ったら、どんな結果、不幸が待っているか、未来の子供たちがどれだけひどい目に会っていくか・・・
それらを如何にして、より多くの日本人に伝え、一人でも多くの方々を世界に誇るべき元の美しく誇り高い日本人の精神性に戻し得るか、常にそのため、どんな表現をすれば伝わるか、いつもそればかり考えています。

このサイトの趣旨は、いわば、戦後作られた現代日本の既成とされてしまっている、すべての価値観の粉砕です。
今の日本、みなさんが置かれてる状況が如何に狂っているか・・・ほとんどの方々が、戦後の唯物史観、拝金主義、刹那的な快楽主義・・・に精神が犯されてしまっているのです。

それらをわかりやすく知らしめるべく、みなさまに最初に読んでいただきたいエントリーを、以下に示させていただきます。
これらは当サイトのポリシーを理解しうる、根幹に当たるテーマばかり。
長々と続いているものもありますので、いっぺんに読もうとせず、ゆっくり時間をかけて、お読みいだだければと思っています。

◆心の拠り所と守るべき人を持たなくなった日本人 〜 親も兄弟姉妹も、友達も学校もみんな嫌い

◆失われた日本人の精神性と天皇の祈り 〜 信仰とは信条を持つこと。神を信じる否かは関係ない 〜 母と子が父の無事を祈る『里の秋』

◆今の格差社会は男女雇用均等法が廃止されないとなくならない 〜 雇用均等法前の日本はこんなだった

◆売国政策に関わらず日本人は滅亡だ!〜急増する外人女との結婚 〜 貞操観念最悪の現代日本女性

◆日本人の美意識が結集!溝口健二『雨月物語』〜 品が悪くなった日本女性

◆女子供の洗脳で男もバカになった! 〜 ジェンダーフリー 日本総フヌケ化

◆ジョンとヨーコの愛と平和は、誤魔化しのインチキ! 〜 家族を捨てた逃げ口上

◆投機王リバモア 人生の失敗とは 〜 巨万の富でも賄えない喪失感

◆今のTV・TVゲーム・音楽・映画・ファッション……全部注意を!特に子供 〜 サイト開設は左翼・外国人の異常性に気づいたからだが・・・

◆そもそも、ここで敵視する左翼とは 〜 このサイトが目指していくもの


これらを読んで、今まで正しいと信じていた価値観が如何に間違っていたか、一人でも多くの方々に気づいていただければと考えております。
上記を先に読まれた上で、自分の興味あるカテゴリー記事を中心に進んでいくのが、よいのではないかと思います。

女性ならば、見てくれや表面上のキレイさだけを求めるのでなく、日本女性として内面の美しさや身のこなし、喋り口を磨くこと、男女が本来あるべき形をしっかり見据えておくことが如何に大切か・・・
男性なら、ただの美人やセクシャルで露出が激しいだけの女たちに惹かれたりせず、一見キレイに見える相手でも内面性を見抜けるようなること。刹那的な快楽に溺れず、さらには美しい姿勢のお婆ちゃんたちに敬意を持てるようまでなれば・・・

-----それらを十分理解、実践するに至れば、腐った戦後価値観から脱却できたと言っても過言ではないでしょう。

恐らく、このサイトをよく読んでわかっていただければ、男女のあり方や異性に対する見方はもちろん、街や電車の中にいるときの世界が全く違ったものに見えるようなるでしょう。
そして、たとえ辛いことがあっても、それを試練と考えうることで、みなさんの今後の人生が全然違うものになっていくであろうこと・・・
ぜひ、周りの方や各所でご紹介いただければ幸いです。

そうして、一人でも多くの方々が、現代の腐った価値観から脱却していただくことを願っております。
それらを少しでも多くの方々に気づいていただくことこそ、自分の子供にとって、そして、みなさんの子供たちにとっても、明るい安定した未来につながっていくのだと信じています。

--- 尚、基本的に私はここの編集長でもあるというスタンスです。だからここは、自由な意見交換するような場ではありません。私の意に対してネガティブだったり理解不能なコメント、明らかに当サイトが主張するイデオロギーと毛色が違う方のご意見やトラックバック等は削除させていただきます。あくまで、徴力ながらもオピニオン・リーダー的スタンスをとる筆者と賛同者の情報発信スペースという位置づけです。
新聞に投書して、たとえ自分の意見が掲載されなかったからといって、新聞社に抗議するような人は常識的にはいません。それと同じく、当サイトにコメント等が掲載されなかったといった抗議につきましても、一切受け付けることはございませんのでご了承ください。全くオープンな議論の場をお求めの方は、他のネット掲示板やコミュニティ等をご利用くださいませ。---

トップ | 日々雑感 | permalink | - | - | - | - |














2010.3〜